FC2ブログ

プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年8月18日『納涼夫婦放談 Part.1』(#1401)

長崎市内は、日曜日は曇り空となりました。
台風一過で明け方がちょっと涼しい感じです。

今日のサンソン、達郎さんの幼稚園時代の話や、今夜の夕食どうする?みたいな普通の夫婦の会話が流れてきて、幸せ感で満たされました!

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

1401回目のサンデーソングブックでございます。

8月中旬過ぎまして、お盆が明ける日曜日でございますね。
明日から日常・・かもしれません。

お盆休み、今年は9連休なんて・・あれでしたけれども。

前倒しで録っておりますが。
台風が・・どうだったんでしょうか。
そういう情報が申し上げられないのが・・気にかかりますけれども。

全国のそうした被害がですね、なるべく少ないことを、お祈り申し上げております。

8月18日、明日から日常に戻る・・
ああ、お盆休み、疲れたな・・っていうですね、ご家族連れ・・
ちゃんと帰省が、かないましたでしょうか。
けっこう大変だったと思いますが。
お察し申し上げます。

えぇ、そんなわけで、私、ツアーあいかわらず、続行しておりますが。

かなり前倒しで・・(笑)
前のやつを・・プログラムをかなり前倒しで録っております。

静岡終わりまして、静岡のみなさん、ありがとうございました。

それから8月9、10と中野のサンプラザホール、無事に終わりまして。
昨日、一昨日が、神奈川県民・・上手くいってるはずでございます。

だいぶ調子が戻って参りました。

今週は、和歌山、参ります。

ここ、ひと月近く、ずっとですね、東京近郊やっておりましたが。

和歌山、何十年ぶりかな?
26年ぶりかな?
そんな感じでございます。

で、今週末、24日土曜日、来週の日曜日は大阪フェスティバルホールでございます。

2度目の大阪フェスです。
お待ち申し上げております。

もう、いよいよ半分・・くるところでございますね。
がんばって・・いろいろと今年はありましたけれども。
ようやく、完全復帰で・・がんばりたいと(笑)

えぇ、さて、8月、お盆も明けまして。
今年はですね、竹内まりやさんが、デビュー40周年ですので。

いつもの、お馴染みの納涼夫婦放談、1回増やしまして。
今年は3週間お届けします。

今週は、そいうわけで『納涼夫婦放談 Part.1』
竹内まりやさんゲストです。

竹内まりやさん:

こんにちは。
竹内まりやです。

3回も呼んで頂いてありがとうございます。

達郎氏:

本番のちょっと前にやるとね・・妙にリアルっぽくなる(笑)

竹内まりやさん:

でもね、今、中野サンプラザ公演、8月9、10、終わった段階で録りをやってるわけですけど。

前半の気管支炎状態のときは、さすがに私も心配しましたけど。
今、もう絶好調ですね!

達郎氏:

もともと、あのぉ・・今年のライブ始めたとき、結構調子がよかったんですよ。

竹内まりやさん:

今年、すごいなぁと思って・・
ちょっと気管支炎になったけれど。
また、復活がすごいんですよ。

何か、私、もう40年ライブみてますけど、声の調子が半端ないですね!
どうなんですかね?

達郎氏:

休養とったからじゃない(笑)

竹内まりやさん:

なんかパワーもそうだけど、艶?!
どうしてんのって感じ!

達郎氏:

ちょっと体重が増えたからかもしれませんよ。

竹内まりやさん:

いやぁ・・ほんと・・

達郎氏:

休養してる間に、食っちゃ寝、食っちゃ寝してましたからね。

竹内まりやさん:

それくらい恰幅いいと、声出るのかなぁ?

達郎氏:

恰幅っていっても3キロくらい太ったあれですけどね。

竹内まりやさん:

今話す声は、多少ね控えはしてるけど。
歌うとすごいんだ!

達郎氏:

すごい(笑)

竹内まりやさん:

私も、今回、アルバムを出すことになりまして。
よろしくお願いします。

達郎氏:

てなわけで9月4日に竹内まりや40周年記念、デビュー40周年記念の企画でありまして。
3枚組のCD『Turntable』
全62曲

1曲65円!

竹内まりやさん:

そうなんです。
お求めやすい価格にしました。

達郎氏:

それを、この3週間で、少しづつご紹介したいと思います。
まず今週は、1枚目でございまして。

いわゆるベストものでございます。
以前出ました『EXPRESSIONS』
このベストアルバムに入らなかった・・

竹内まりやさん:

こぼれた曲が何曲もありましたので。

達郎氏:

心残りのやつ

竹内まりやさん:

心残りのやつ(笑)

達郎氏:

これをDisc.1に収録いたしました。
今日は、そのDisc.1から、いろいろとお聴きをいただきたいと思います。

竹内まりやさん:

はい!

達郎氏:

てなわけで、日曜日の午後のひと時、お盆明けでございます。
本日から、来週、再来週、3週間連続で竹内まりやさんゲストに納涼夫婦放談。

9月4日発売のアルバム『Turntable』から、いろいろとお聴きをいただきつつ、お話しを伺いつつ、おハガキも紹介しつつ、いってみたいと思います。

竹内まりやさん:

よろしくお願いします。

達郎氏:

「RIDE ON TIME」のリクエストがちょうど来ておりますので、頭はこれで。


♪ RIDE ON TIME/山下達郎

~ CM ~


♪ 二人のバカンス/竹内まりや

◎ Turntable 

竹内まりやさん:

ディスクが3枚ありまして。

ディスク1の方は、さきほど言いましたようにニア・ベストといいましょうか、ベストに入らなかった前回の・・
楽曲を集めてRCAの時代のものも含めて17曲入れて。

ディスク2の方は「Rarities」ということで、カップリング曲とか、初回ボーナストラックにしか入っていなかったような曲、および、なんていうのかな・・・
蔵出しというか、昔録ったけども、披露めてなかった未発表の音源とかを入れました。


それから、ディスク3は、サンソンが基になってやらせていただいた・・・

達郎氏:

倶楽部活動!

竹内まりやさん:

倶楽部活動の新しい音源も作って、25曲入れたのかな、カバーを。

全62曲になるんですけどね。

達郎氏:

はやいもので、デビュー40周年。

今のお気持ちを!

竹内まりやさん:

ほんと、あっという間だよね・・

あのぉ、達つぁんがもう、来年45周年だけど、今のお気持ちは?って言われたらどう答えます?

達郎氏:

ふはは(笑)

竹内まりやさん:

あっという間でしょ?

達郎氏:

いや、そうでもなかったかな(笑)

竹内まりやさん:

私は、やっぱり家に引っ込んでた時代が長いので。
なんか・・・

達郎氏:

はじめの3、4年の方が、あれだよね。
長いよね。

竹内まりやさん:

そうだよね。
その数年は、ちょっと忙しかったから。

でも、それ以降はなんか、なんとなく7年にいっぺんとか、8年にいっぺんとかいう形でアルバム作ってましたので。

達郎氏:

それでも、まだ現役で・・・

竹内まりやさん:

ありがたいですよね。


♪ Natalie/竹内まりや


◎ リスナーからのお便り(新潟県魚沼市のI.Tさん) 

達郎氏:

『子供たちの待ちに待った夏休みが始まりました。
夏休みといえば、夏休みの宿題と朝のラジオ体操を思いだします。

孫はまだ入学前なので、ラジオ体操に行かなくていのですが、長男が保育園年長さんの孫娘と2歳8か月の弟を連れて毎朝行っています。

首に下げた出欠カードにハンコをついてもらい、自慢そうに帰ってきます。
我が家は4世代9人家族です。』

竹内まりやさん:

もうお孫さんの話が出るんですね。
リスナーの方は。

達郎氏:

我々の街だと、ラジオ体操ないですね。

竹内まりやさん:

んん~ないね。

達郎氏:

聞いたことないね。

竹内まりやさん:

でも小さいとき、行ったでしょ?

達郎氏:

行ったけど、行かなかった(笑)

竹内まりやさん:

やってたけど、行かなかった?

達郎氏:

ん、行かなかった。

竹内まりやさん:

あら!
私、しっかり朝6時半に起きて行ってた。

達郎氏:

ハンコおしてない(笑)
だいたい、朝早い(笑)

竹内まりやさん:

ん、田舎育ちだからね。
神社のところまで行って・・・

達郎氏:

小学校・・歩いていくのいや!
それで一緒にみんなで体操するとか、いや!

竹内まりやさん:

そうなの?

達郎はですね、よく達郎のお母さんが言ってたけど、幼稚園のときに、お遊戯を、みんなでしなきゃいけない時に、家帰ってきて泣くんですって(笑)

”おかあさん、ぼくね、おゆうぎ したくないんだよね”

って。
こいつバカかと思ったって(笑)
お母さんよく言ってた(笑)

達郎氏:

また、そういう風に盛って・・またね、どこかに書かれるんだよ、ほんとに(笑)

竹内まりやさん:

お母さん、いつも言ってたもん(笑)
この子、大丈夫かなぁって(笑)

達郎氏:

うちのおふくろもワンパターンなんだよ、ほんとにもう(笑)

竹内まりやさん:

みんなで一緒なことをするのが、あの時代からいやだったって。

達郎氏:

アナーキーになったんです!

竹内まりやさん:

そういうこと(笑)

達郎氏:

そういう、一人っ子に生んだのは誰だって(笑)



◎ リスナーからのお便り(山口県宇部市のI.Kさん) 

達郎氏:

『この暑さで、すっかり料理を作る気力をなくしております。

夫に一応聞くと「なんでもいいよ」
そりゃ、そうだろうけど。

肉とか魚とか言ってもらえるだけでも、買い物が楽になるのですけれど。
ただでさえ、ぼーっとしてる頭で、スーパーに行くとアイスクリームばっかり目についてしまいます。

達郎さん、ズバリ今夜は何が食べたいですか!
助けると思って。』

竹内まりやさん:

何ですか?

達郎氏:

冷麦!!

竹内まりやさん:

冷麦?
めずらしいね!

へぇ~

達郎氏:

冷麦と、おかずはなんか・・鳥の・・

竹内まりやさん:

さっぱりしたもの・・

達郎氏:

とかね、そういう・・
どうですか?

竹内まりやさん:

意外と達郎から冷麦ってリクエスト聞いたことないな!

達郎氏:

夏だから。

竹内まりやさん:

夏だからね。

達郎氏:

うん。
冷たいのがいいですね。

竹内まりやさん:

そうめんより冷麦が好きなの?

達郎氏:

いや、別にそうめんでもいいですけど(笑)
でも、そうめんはどっちかって言ったら、温かい方がいいかな。

竹内まりやさん:

あぁ、にゅうめんか。
はぁ~。

達郎氏:

冷麦は、氷にあれしてね。

竹内まりやさん:

揖保乃糸が、いっぱい家にあるから。
夜はそれにしよう!(笑)

達郎氏:

っはははは(笑)

竹内まりやさん:

なんか生活臭くていやだな(笑)


♪ 時空(とき)の旅人/竹内まりや

♪ 夢の続き/竹内まりや


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続きまして・・
来週はディスク2を中心にいきたいと思います。

番組が前倒しで、まだお便りが届いておりません(笑)
ので、来週、再来週は十分間に合いますので、よろしくお願いします。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


♪ 明日の私/竹内まりや


◎エンディング 

達郎氏:

そんなわけで、今日はこのへんで。
来週はパート2でございます。
ディスク2、いわゆるレアものでございます。

いろいろ入っております。
20曲も入っております。

竹内まりやさん:

はい、そうです。

達郎氏:

デモみたいのも、ありますからね。

竹内まりやさん:

「Longtime Favorites」のお蔵入りになったものとか、そういうのも掘り起こしたので。

達郎氏:

いわゆるレアリティ―ズでございます。

竹内まりやさん:

レアものです。

達郎氏:

来週もお楽しみに。

今日の最後は、昨日やりましたミュージック・フェアでも演奏いたしました。
「静かな伝説(レジェンド)」2014年のシングルでございます。

来週 納涼夫婦放談パート2もお楽しみに。

竹内まりやさん:

はい、よろしくお願いします。

♪ 静かな伝説(レジェンド)/竹内まりや


今週のオンエア曲

14:06 RIDE ON TIME/山下達郎
14:11 二人のバカンス/竹内まりや
14:19 Natalie/竹内まりや
14:25 時空(とき)の旅人/竹内まりや
14:31 夢の続き/竹内まりや
14:40 明日の私/竹内まりや
14:46 静かな伝説(レジェンド)/竹内まりや





スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年8月11日『納涼リクエスト大会Part.2』(#1400)

今日は、福岡市内に参りました。暑いです。外気温は37度超えていました。

今日のサンソン、達郎さんが『男のロマンですから』とおっしゃった、定期購読されている雑誌とは・・・。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

どうも最近、滑舌が悪いんです・・
えぇ・なんか、急いでしゃべろうとですね・・じっくりしゃべらないとですね。

今さら、この年になったら・・
くだらないこと、言っておりますが(笑)

8月11日、本日は「山の日」?
なんだかよくわかりません。
山の日だの海の日だのですね、いろいろありますが。

そろそろお盆休みが近づいてくるので、それを利用していくと長い人だと9連休だったり・・
まぁ、私は別に盆も正月もありませんからね!
こっちの仕事は。

今日は、前倒しでございます。
お天気のことが申し上げられませんが。

先週の日曜日は静岡でございました。
静岡市民文化会館。

昨日、一昨日、金、土と中野のサンプラザでございます。
上手くいってるはずでございます。

今週は、金、土と横浜に参ります。
神奈川県民ホール
お出での皆さま、お待ち申し上げております。

今年は、東京近郊のライブの日程が多いので・・・
サンプラやってNHKホールやって、大宮やって神奈川・・・
それだけでも全行程の半分近くいってしまします。

それと大阪を合わせますとですね半分近くになってしまう・・

大都市集中型になてきたんですけどね・・
できればもっとローカルにいきたいんですが。

そうすると、60本コース、70本コース・・
どんどん、どんどん増えていくという・・

なかなか難しいとこでございます。

先週に引き続き『納涼リクエスト大会Part.2』でございますが。
本日、8月11日のこのサンデーソングブックをもちまして1400回を迎えることができました。

この10月で、丸27周年でございます。

30年に向けて、1500回に向けてがんばりたいと思います。

ありがとうございます!

1400回を記念しまして今日はプレゼントご用意しております。
あまり、すごいプレゼントではありませんけど、ほんの気持ちでございます。

また番組の中ほどでお知らせしようと思います。

前倒しなので、細かいことは申し上げられませんけれども。
どうせ、暑いと思います。
でも、台風来てるかもしれませんんし。
いろいろありますんで、細かいことは申し上げられません。

とにかく『納涼リクエスト大会』でございます。

日曜日の午後のひと時、真夏の午後のひと時、本日も素敵なオールディーズソングでお楽しみをいただきます納涼リクエスト大会。

皆様からいただきましたリクエスト、リクエストカード、1曲でも多く、1枚でも多くご紹介してまいりたいとおもいます。

本日も最高の選曲と、そして最高の音質でお届けをいたします。
1400回目のサンデーソングブック。

まずは夏向きなので、これから。

♪ LOVELAND,ISLAND/山下達郎


~ CM ~


♪ The Little Girl I Once Knew/The Beach Boys


◎ リスナーからのお便り(岐阜県多治見市のT.Kさん) 

『私は、今年の3月10日の放送で名古屋ウィメンズマラソンの話でハガキで読んでいただいたものです。

その後、結果をお知らせできず、ハガキ出しそびれていました。
達郎さんの応援のおかげで、当時は雨が降り少し寒いよくないコンディションでしたが、私は、ずごくがんばりまして4時間6秒の自己ベストを完走しました。

しかし目標は4時間を切ること。
マラソン用語で「サブフォー」でしたから、あと7秒及ばず、自己ベストを更新しても、喜びよりくやしさの方が大きかったです。

しかし、また挑戦する機会ができたと思い、来年もサブフォーを目指して走りたいと思っております。

今日は7度目の富士山です。
ご来光が見ることができました。

ツアーは金沢と沖縄の千穐楽に参戦します。』


達郎氏:

すごいですね!
お身体、お気をつけて!
あんまり無理なさらないように(笑)


♪ When You Walk In The Room/Jackie DeShannon


◎ リスナーからのお便り(鎌倉市のS.Nさん) 

『達郎さんご愛用のテレキャスターですが、長いこと使っていると、きっとフレットを打ち直したり、ブリッジを交換したりするなど、リペアが必要になると思いますが、音は変わってしまわないんでしょうか。

そんなこと聞いてどうするんだと・・
気になりました。
今年のライブは宇都宮の公演に伺います。』

達郎氏:

延期してしまいまして・・・

えぇ、ちょっと古いお便りですが。
もう私のブラウンのテレキャスターは残ってるのは木だけです。

もうペグもマイクも、フレット、ブリッジ・・
全部オリジナルではありません。

フレットは何回打ちなおしたかはわかりませんが。
でも、不思議なことに音が、ほとんど変わりません。

もう30・・・そろそろ40年近くになりますけれど。
当たりはずれでございます!

よろしく!


◎ ごーいんDOWN TOWN/ストレイ・キャッツ 

♪ ごーいんDOWN TOWN/ストレイ・キャッツ

達郎氏:

実は私の使っているストラトキャスター、スタジオですけれど。
ストラトキャスターはブライアン・セッツァーが昔、ストレイキャッツの前のバンドで使っていたストラトキャスターを使っております。

サイン入ってます、本人の(笑)


♪ Are You Single/Aurra

♪ Baby I Miss You/Pulse

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

納涼リクエスト大会、今年は始まりが遅かったので、来週、早くも『夫婦放談』になります。納涼夫婦放談です。

今年は、竹内まりやさん、40周年記念なので。
デビュー40周年記念なので。
3週間やります!

来週、18
再来週、25で
9月の1日

3週間でございます。

竹内まりやさん宛てのお便り、リクエストお待ち申し上げております。


〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


◎38年ぶり 

達郎氏:

38年ぶりにフジテレビのミュージックフェアに出演することが決まりました。
今週の土曜日、8月17日の土曜日、18時から18時30分

お馴染みミュージックフェアでございますが。

ミュージックフェア、昔出たことがあります。
過去のミュージックフェアのそうした出演映像ですとか・・

フジテレビとは縁が深くてですね、ヒットスタジオにも出た経験がありますし。
1980年に半年間、司会をやっておりました、レギュラー持っておりました音楽バラエティー番組「アップルハウス7」というのがありました。

それの秘蔵映像とかも公開されます。

8月17日、土曜日の6時からのミュージックフェア、ぜひご覧くださいませ。


◎ リスナーからのお便り(東京都小平市のO.Mさん) 

『先日、妻と一緒にサンソンを聴いていると、妻から「最高の音質ってどういうこと?」と質問がありました。
私も素人なので、全く答えられず。
番組の冒頭でおっしゃっている「最高の音質」とは、どういうことなのでしょうか。

普段、レコードとかCDをかけているのと異なるのでしょうか。
素人でもわかるように説明していただけたら嬉しいです。』


達郎氏:

いつも申し上げておりますが、ラジオには「ラジオの音」というのがありましてですね。

それに合わせて音量調節しましてですね。
ラジオで最大の効果が上がるように・・

僕の番組に限らず、そういうようなやり方で、いわゆる送出といいますが・・・
ラジオから電波に乗っけておりますが。

私のこのサンデーソングブックはですね、いかんせん、その、かけてる音がオールディーズなので。
古いので。

古い音源は、50年代、下手すると40年代・・

60年代、70年代、80年代・・今のデジタル最先端のものですと音圧が全然違うんですね、情報量が。

ですので、後ろの・・僕の後の番組は小山薫堂さん、前の番組はドリカムの中村さんですが。
そういうところは、バリバリの新譜をかけますので。
そういうのと比べると、どうしても音がショボくなりますので。

それに対抗するために、デジタル・リマスタリングと言いましてですね、デジタル的に音圧あげて音を作っております。

家でそえをやりまして、データで持ち込んでオンエアしております。

そうすることによりまして、新譜と拮抗できる音圧出ておりますので。
下手するとオールディーズのCDよりも、僕の番組の方が音がいいと(笑)

そういうようなことに、なっております。

昔から、そういう説明しておりますが。

それで最高の選曲と最高の音質というキャッチフレーズになっております。

手間が二度かかるというですね・・
そういう二度手間であります。

ご了解いただけましたでしょうか。


♪ Little Ghetto Boy/Donny Hathaway

♪ Hot Pastrami/The Dartells


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

1枚だけ・・・
栃木県足利市の超常連S.Yさん。

『達郎さんは、音楽以外の本、雑誌は読まれるのですか。
車の雑誌とか・・・』

とっているのは、ビックコミックとビックコミック・オリジナル、これ40年以上とっていますね。

あと、特選街(笑)・・・と
「特選街」は男のロマンですから(笑)

あとはなんだっけなぁ・・
そういうようなものでは、いろいろありますが。
また今度、ゆっくり。
時間がなくなっちゃった。

てなわけで、来週、再来週、そして9月の第1週は、竹内まりやさんゲストに『納涼夫婦放談』でございます。

40周年記念のいろいろなお話し、お楽しみに

今日の最後はお馴染み「潮騒」


♪ 潮騒(THE WHISPERING SEA)/山下達郎



今週のオンエア曲

14:04 LOVELAND,ISLAND/山下達郎
14:09 The Little Girl I Once Knew/The Beach Boys
14:14 When You Walk In The Room/Jackie DeShannon
14:18 ごーいんDOWN TOWN/ストレイ・キャッツ
14:22 Are You Single/Aurra
14:27 Baby I Miss You/Pulse
14:37 Little Ghetto Boy/Donny Hathaway
14:43 Hot Pastrami/The Dartells
14:47 潮騒(THE WHISPERING SEA)/山下達郎







テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年8月4日『納涼リクエスト大会 Part.1』(#1399)

長崎市内は高温注意報が出るほど、高い気温が続いています。
夏本番!という感じです。

今日のサンソンで、来週1400回記念のプレゼントのアナウンスがありましたが、
ん~・・ 当たっても使う勇気がありません(笑)

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

8月に入りました。

全国、梅雨が明けまして・・・
おめでとうございます。

えぇ・・なんか、猛暑でございます。

熱中症で倒れる方もいらっしゃいます。
くれぐれも、皆さん、お気をつけください。

今年は猛暑だということでございますが。

それでも、いつも直近よりは、ちょっと外れてやっております。
長期予報の紙が、いつもここに置いてあるんですが・・・
ありません。

おかげさまで、平常運転に戻りました。

7月25、26、大宮ソニックシティ
7月30、31、宮城は東京エレクトロンホール宮城
無事終了いたしました。

本日は、静岡でございます。
静岡市民文化会館 大ホール
静岡の皆さん、お待ち申し上げております。

ほんとに、夏風邪というのは、くどい!

治るまで、まるひと月かかりましてですね。
たいへんであります。

その間ですね、なんかこう・・・
治ったんですけど・・

なんかちょっとこう・・
いがらっぽいとか・・
ドキッと。

昔、二葉百合子さんが、道を歩いてて、なんかちょっとギクッとすると、もう・・
家へ飛んで帰るというお話しをされておりまして。

引退される時に、これでウインドウショッピングが心置きなくできるという・・
そのようなことをおっしゃって(笑)
それをちょっと思い出してしまいましたけど(笑)

病み上がりといいますか、そういうあれですと神経質になってしまいますけれども。

それでも、なんだかんだ言いまして、今年のツアー、1/3終了いたしまして。
残り、2/3でございます。

三十・・数本残っております。

がんばって、まいりたいと思います。
本日は、静岡でございます。

で、番組の方は、いつもよりちょいと遅くなりまして。
8月に入りまして・・・

いつも7月の下旬から8月はですね、納涼リクエスト大会。
皆さまのリクエストにお応えするプログラムで、毎年、サンデーソングブックやっております。

今年は、ちょっと遅くなりましたけれども。
山のようにリクエスト溜まっておりますので。
1枚でも多く、1曲でも多く、皆さまのリクエストにお応えして、今年もサンデーソングブック『納涼リクエスト大会』でございます。

日曜日の午後のひと時、夏本格的になりました。
8月最初の日曜日でございます。

本日も日曜日の午後のひと時、素敵なオールディーズソングでお楽しみいただきたいと思います。
山下達郎サンデーソングブック『納涼リクエスト大会 Part.1』でございますが。

夏なので、たくさん私の曲、リクエスト頂いております。

♪ 高気圧ガール/山下達郎

~ CM ~

♪ Jerry Bean/Eddie Cochran

♪ Whammer Jammer/J. Geils Band


◎ リスナーからのお便り(熊本県八代市のK.Sさん) 

達郎氏:

風邪で休んだりしまして。
あとは宮治淳一さんに助けていただきまして。
7月、なんとか乗り切りましたけれども。

山のようにお便り頂きました。

お見舞いのお便り
励ましのおたより

ほんとに、ありがとうございます。

ほんとに山のように頂きまして(笑)

全部、あのぉ・・ご紹介できないのが、残念ですけど。
何枚か・・

『7月21の放送を聴き、安心しました。
やっぱり達郎さんの声を聞かないと、1週間が始まりません。
今日は、さっそくハガキを書きました。

きっと読んでくれる、みんなのハガキを必ず目を通して頂ける。
それだけでうれしいです。
おからだ大切にしてください。』

達郎氏:

ありがとうございます!


◎ リスナーからのお便り(仙台市のK.Nさん) 

『本物のファンならば、どんなことが起こりましても、だまって付いていくはずです。』


達郎氏:

すごい!
涙が出てくる!
ありがとうございます。

がんばります!


◎ リスナーからのお便り(岡崎市のO.Kさん) 

『どうか無理をなさらないでください。
これからは桑田さんのように、ツアー中は、時々代打使用されてはいかがでしょうか。
私としては、達郎さんがお元気で、ベストなライブを長く続けていただけたらと思います。』

達郎氏:

なにしろ、生まれて初めてなんで。
ほんとに、あの・・・

風邪で番組、休むなんて・・
それでライブも休むなんて、生まれて初めてなので。

とにかく広島のお好み焼き屋、行かなければですね・・
そればっかり(笑)
・・こういうことにならなかった。

もうちょっと、摂生をしたいと思います。


♪ 涙のロマンス/ミシェル・フィリップス

♪ Baby You Belong To Me/The Magic Touch

♪ Crying Over You/The Dave Clark Five


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続き『納涼リクエスト大会』
リクエスト、おたより、たくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


◎ 1400回記念 

達郎氏:

来週、8月11日のサンデーソングブックで、サンデーソングブック1400回を迎えます


ほんとに、長いことですね、みなさまのご愛顧のおかげでですね、1400回。

27年やってまいりました!

で、なんかですね1400回なので、半端なんですけども。
それでも、植田プロデューサーが、なんかやりたい!
と言うので。

何か、記念となるものを、という・・ぐあいに思っておりまして。

植田プロデューサーが持ってきたのがですね、入浴剤なんですけども。
入浴剤ご用意しておりますけどですね・・

何を考えたのか(笑)

『鰻のかば焼きの香』の入浴剤というのをですね・・
これが1400回となんの関係があるのかという・・

ま、土用の丑の日とか
私が鰻好きだとか

でですね、この植田君の持ってきた原稿というのが、

「最近は鰻もお高い。
せめて香だけでも・・
洒落です、洒落・・」

(笑)

で、ほんとに鰻の香がする入浴剤なんですよ(笑)

でも、私まだ試してないので。
今日帰ってから、試そうと思うんですけども。

とりあえず、来週、8月11日は1400回記念なので。

1400名様といいたいところですが、プロデューサーの植田がケチで。

140人の方にプレゼントさせていただきます。

同じくおハガキでご応募ください。
同じ住所です。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係

「1400回記念プレゼント」とか
「鰻のかば焼き入浴剤」とか

わかるようにお書きください。



♪ イット・エイント・イージー/ロン・デイヴィス

♪ Sleep Walk/Santo & Johnny


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
来週も引き続き『納涼リクエスト大会』でございます。

1400回目のサンデーソングブックでございます。
先ほども申し上げました「鰻のかば焼きの香」がする温泉の素・・

ふっふふふ(笑)

なんか口にするのが恥ずかしい(笑)
植田君、逃げちゃった(笑)

ご応募お待ちしております。

今日の最後は・・・

先日、日本テレビ系の金曜ロードショーでですね『サマーウォーズ』やりましたけれども。

ノーカット放映といいながらエンディング・タイトルは全然かかりません・・・(笑)
ま、テレビはそんなもんなんです(笑)

その1週間前が『未来のミライ』でしたけれども。
それもダメでしたからね・・

その前が『ナミヤ雑貨店の奇蹟』やってましたけれども、それも半分くらいで終わってしまいました。

テレビはそんなもんです。

なので、「僕らの夏の夢」がどっときてます(笑)


♪ 僕らの夏の夢/山下達郎


今週のオンエア曲

14:04 高気圧ガール/山下達郎
14:09 Jerry Bean/Eddie Cochran
14:13 Whammer Jammer/J. Geils Band
14:19 涙のロマンス/ミシェル・フィリップス
14:24 Baby You Belong To Me/The Magic Touch
14:29 Crying Over You/The Dave Clark Five
14:37 イット・エイント・イージー/ロン・デイヴィス
14:41 Sleep Walk/Santo & Johnny
14:45 僕らの夏の夢/山下達郎





テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年7月28日『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集 Part 3』(#1398)

長崎市内は気温30度超えで真夏の天気です。
今日のサンソン、宮治さんとのコンビは、ほんとに楽しそうですね、達郎さん。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

7月最後の日曜日でございます。

今日は、前倒しで録っておりますので、お天気の話とか申し上げられませんけれども。

そろそそ、なんか・・梅雨が明けてるんではないかと、予想いたしますけれども。

えぇ、私、全国コンサートツアーに戻っております。
7月25、26、木、金のですね、埼玉大宮ソニックシティ、上手くいってるはずでございます。

上手くいかなかったら、困ります。

今週は、仙台に参ります。
東京エレクトロンホール宮城、7月30日、火曜日、31日、水曜日。

7月最後の2日間は、仙台です。
仙台のみなさん、お待ち申し上げております。

で、番組はですね(笑)・・・

普段でしたら、例年でしたら・・・
もう、納涼リクエスト大会とか、そういう季節ですけれども・・
な~んか変な・・
それと自分が体調を崩してしまいましたので。

リクエストカードは山のように、なっているんですけれども。

休んだ時にですね。
風邪で寝ていたときに宮治淳一さんに助けて頂きまして。


彼が全面的に、選曲、プロデュース、監修・・・
ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツの5,6,7,8,9,10

5,6,7は昨年の10月
8,9,10は今年の4月

計6枚

こっからピックアップしてですね、お届けしようと思ったんですけども。
1週間では、とても間に合わない。

5,6,7
8につま先突っ込んだところで終わってしまいました。

で、今日は、9、10
この9、10というのが、また(笑)・・・

大瀧詠一さんが、1970年代から80年代にかけてラジニ日本、当時はラジオ関東でございますが。
そこで、オンエアしておりました「ゴーゴー・ナイアガラ」

なんと、これのですね曲目リストから宮治さんが、ワーナーのカタログのものをピックアップして、権利をクリアして。
それで2枚CDを作って・・・

もう、超・・・(笑)
超・・(笑)

で、あのぉ・・
宮治さん、アレですね(笑)

去年の暮が、なんかゴーゴーナイアガラのアーカイブをやったんですよね。

宮治氏:

はい。
全部は、当然ね・・放送できないんで。
十何回か、やらせて頂きました。

達郎氏:

それの延長で、自分がプロデュースしてるので、ポップ・ロック・ナゲッツ 大瀧詠一 ゴーゴーナイアガラ・スペシャル Part&2 というのをやりました。

今日は、それを中心で、大瀧さんの話、交えつつですね。
今日も、宮治淳一さんに、お越し頂いて、いろいろと・・

7月最後の日曜日でございますが。

超マニアックでございます(笑)

いいんです!
サンソンらしいサンソンになってまいりました(笑)

日曜日の午後のひと時、超マニアックでございます・・・
今日も素敵なオールディーズソングで、でも曲は粒よりでございます。
お楽しみいただけると思います。

今日も、最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。
山下達郎サンデーソングブック『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集 Part.3』

で、今日も1曲でも多くかけたいので、お知らせへ参って、さっそく始めたいと思います。


~ CM ~

♪ ミーン・トゥ・ミー/ジョニー・ソマーズ

◎ 濃いことやってるんですね 

達郎氏:

先ほども申し上げましたけれども。
ゴー・ゴー・ナイアガラの特集をラジオ日本でされましたけれども。

ゴー・ゴー・ナイアガラ自体は聴いてたんですか、宮治さんは。

宮治氏:

75年の確か6月に始まったんですけれども。
ちょうど大学入ったころで・・
一番オージーズを聴きたくてしょうがない時期だったので・・

3時ですよ!

達郎氏:

夜中のね(笑)

宮治氏:

朝なのか、夜なのかわかんない微妙な時間帯で。
ま、それまで起きてられないので。
時計をねじ巻いて、3時になるーとリーンと鳴って

達郎氏:

目覚ましね。

宮治氏:

パッと!
120分のカセットをパッと押して。
で、また寝ると。

でも3回に1回はですね、起きれずに、そのまま(笑)

達郎氏:

ふはははは(笑)

宮治氏:

というくらい(笑)
それほど熱心に聴いてたというわけではありませんが。

ま、いいオールディーズの教科書的な・・

達郎氏:

プレイリストは全部残ってるんですか?

宮治氏:

残ってますね。

達郎氏:

音は100%ないですよね。

宮治氏:

ほぼ100%・・

達郎氏:

それ、大瀧さんが自分で持ってきた・・

宮治氏:

なんかカセットらしんですよ。
持っていらっしゃるのが。

なんか・・は局にあずけて、直前に消去された。
消去する前にダビングしといたカセットが今の・・

曲目リストをチェックして。
ワーナーのカタログだけ抽出して・・・

達郎氏:

何曲くらいあったんですか。

宮治氏:

なんだかんだと言いながら、5,60曲ですね。

達郎氏:

5,60曲 ほー。

宮治氏:

それと今まで出たものと重ならないもので・・

達郎氏:

なるほど。

宮治氏:

かつ、いいものである、というふうに・・
となってくるとですね、せいぜいVOL.2かな。

でも、まあ50曲くらいいけましたのでね・・
あ、もっとありましたね、100曲くらいはありました。

達郎氏:

27×2ですもんね。

宮治氏:

100曲くらいありましたね。
だから5割くらいですね、ここに入ってるのは。

達郎氏:

これだけで、これだけのことを語れるくらい濃いことやってるんですね(笑)



♪ プリーズ・ドント・プリテンド・アゲイン (MONO)/ハニーカムズ

♪ 夢を見たのかな/カスケーズ

♪ ラスト・キス (MONO)/J.フランク・ウィルソン&ザ・キャヴァリアーズ 


~ CM ~

◎さきほどの「ラスト・キス」 


達郎氏:

ところで、宮治さん、さきほどのJ.フランク・ウィルソンの「ラスト・キス」なんですけど。

僕、今日、アルバム持ってきたんですが。

このアルバムの表は、男性が女性を抱いているという・・

宮治氏:

交通事故にあった・・

達郎氏:

それがあれなんですけど。
ファーストプレスは女性の死体からちょっと・・

宮治氏:

ちょっと血が出ているような演出だったんですね。
ところがですね、やっぱり、これは問題だと。

いろいろ批判の声があってですね。
セカンドプレスから、そこをリタッチして血が流れていないという・・

達郎氏:

ファーストプレスは高いですよね、きっとね。

ママス&パパスのファーストアルバム、「California Dreamin’」が入ってるやつ。

あれ、便器が写ってるって・・それをこう・・

宮治氏:

高いですよね、便器バージョンは。

達郎氏:

持ってますよ、僕、それ(笑)

宮治氏:

持ってます?便器バージョン!(笑)

達郎氏:

ふふふ(笑)
バカですね!笑


♪ いつも青空/クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ

♪ ヘヴン・ヘルプ・アス・オール (MONO)/ブルック・ベントン with ザ・ディキシー・フライヤーズ

♪ サム・カインド・オブ・ワンダフル/ソウル・ブラザーズ・シックス

♪ Come Back My Love/The Cardinals


◎エンディング 

達郎氏:

というわけで、3週間、宮治さんにお付き合いいただきまして、宮治さん全面プロデュース「ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ」

まだ先がありますからね。

宮治氏:

はい、がんばりたいと思います。

達郎氏:

ドゥ・ワップ・ナゲッツの続編やります。
バリアント特集なんてね・・いいかなと。

宮治氏:

そんなこと・・(笑)
宿題が・・・

達郎氏:

やっぱりストラテジックって名前の通り。

宮治氏:

戦略的にやる!
はい、その通りでございます(笑)

達郎氏:

ありがとうございました。
3週間。おかげさまで・・

宮治氏:

おじゃましました。
ほんとに、こんなね日曜日の真昼間に、こういう曲がかかるなんて・・

達郎氏:

いつものことですよ。

宮治氏:

そうですか(笑)
そう思うと、ちょっと楽になりますけどね。

達郎氏:

いつもよりちょっと有名かもしれない(笑)

で、来週は、リクエストにいきますので、少し柔らかくいきたいと思います。

大瀧さんのゴー・ゴー・ナイアガラの2枚を今週は中心にやってきましたので。
最後は大瀧さんの好きなバッファロー・スプリングフィールド

宮治氏:

大瀧さんもバッファロー・スプリングフィールドの回があるんですね、ちゃんと。

達郎氏:

そうなんですか(笑)

宮治氏:

だけやってるんですよ。

達郎氏:

ハッピーエンドってバッファロー・スプリングフィールドのコンセプトに沿った形で音楽性を追求したんですけど。

僕に大瀧さんが話てくれた話があって。

もうそれまで聴いてたアメリカン・ポップスは、そういう時代じゃないんだと。
モントレーとかウッドストックがあって、やっぱり新しいロックだという意識でやってたんだけど。

スプリングフィールドの曲のクレジットをみたら、スクリーン・ジェムズって書いてあった・・・って。

そこで、目から鱗だったって。
なんだ、おんなじじゃん!

モンキーズもスティルスも、みんなそういう・・いいんだって。

そこから、すごいコペルニクス的展開だったんだって。

宮治氏:

それでバッファローに一気に行っちゃったんですか。

達郎氏:

バッファローが一気にアメリカンポップに戻ったって。

宮治氏:

へぇ~

達郎氏:

やってもいいんだって。
だから「ウララカ」とかそういう路線になるわけです。

宮治氏:

なるほど・・・

達郎氏:

それを僕にすごく話をよくしてた。


♪ オン・ザ・ウェイ・ホーム/バッファロー・スプリングフィールド

今週のオンエア曲

14:05 ミーン・トゥ・ミー/ジョニー・ソマーズ
14:13 プリーズ・ドント・プリテンド・アゲイン (MONO)/ハニーカムズ
14:16 夢を見たのかな/カスケーズ
14:21 ラスト・キス (MONO)/J.フランク・ウィルソン&ザ・キャヴァリアーズ
14:28 いつも青空/クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ
14:34 ヘヴン・ヘルプ・アス・オール (MONO)/ブルック・ベントン with ザ・ディキシー・フライヤーズ
14:38 サム・カインド・オブ・ワンダフル/ソウル・ブラザーズ・シックス
14:42 Come Back My Love/The Cardinals
14:47 オン・ザ・ウェイ・ホーム/バッファロー・スプリングフィールド






テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年7月21日『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集 Part 2』(#1397)

長崎市内は夜明け前から大雨警報が発令され、1日中雨が降ってました。
とにかく、災害が起こらないことを祈るばかりです。

今日のサンソン、達郎さんが戻ってこられました。
宮治さんと、達郎さんの会話を聴いてると大瀧詠一さんとの「新春放談」聴いてるみたいでしたね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

戻って参りました!

えぇ、おかげさまで。
えぇ、ほぼ治りました(笑)

先週は、ほんとうに大変でございまして(笑)

今日は、直近で録っております。
本日は、参院選の選挙でございます。
みなさん、この番組終わりましたら、ぜひ投票所にお出かけくださいませ。

話せば長いので、端折りますけれど(笑)

もう、今日で24日間、お酒を口にしておりません。
えぇ、大変でございます。

先週も、ちょっと申し上げましたけれども、旅先で風邪をひいてしまいまして(笑)

笑っちゃいけない!!

中野のサンプラザがキャンセルしてしまいまして・・・
ほんとは延期で振替をしようと思っていたんですけれども・・

何をどうやっても、メンバーとホールのですね、折り合いがつきませんで。
ホールは空いているんだけど、メンバーが一人だめだったりですね・・・

メンバー大丈夫でも、その日はホールがダメだとか。

サンプラザじゃなくても他でもいいや・・と
もうちょっと、でかいところでもいいから振替で観ていただこうとアレして、年末まで頑張ったんですけども・・

結局一日も合うところがなかったですね・・
みなさん、忙しい。

誠に申し訳ございません。

次のライブやるときにですね、キャンセルでチケットをお買い求めいただいた方に優先するとか・・
なんか軽々しく言うなと言われてます、スタッフに。
すいません。

生まれて初めてであります、こういうこと。

今後、そういうことがないように・・
お酒をやめようかなとか、できもしないことをですね、ステージでほざいておりまして。

というわけで、7月17、18、NHKホールは無事にやらせていただきました。
お出でくださった皆様、ありがとうございました。

今週は大宮でございます。
7月は東京近辺であります。

7月25日、木曜日、26日、金曜日、大宮ソニックシティでライブやります。

ちゃんと復調しましたので(笑)
お出での方、お待ち申し上げております。

で、サンデーソングブックはですね、先週、宮治淳一さんにピンチヒッターをお願いして『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ』
昨年に3枚、今年3枚。

5、6、7、8、9、10と6枚からピックアップしてピンチヒッターでお届けしました。

宮治さんに対する賛辞のお便りが、たくさん届いております。

ほんとはですね、私、ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集をやろうと、去年の分から思っていたんですけども、なかなかタイミングが合いませんでですね。

ご紹介できませんで、6枚、たいへんたくさん量がありますので。
1週間では、もったいないので。

延長して、本日もお届けしようと思います。

ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ
5、6、7、8、9、10

パート2でございます。

で、この企画はですね、そもそも宮治さんがプロデューサーでありまして。
選曲から何から全部、許諾のチェックから一人でやった力作でございます。

で、制作担当の方に話を伺うのが一番面白いんですね。

で、今日はですね、宮治さんゲストにお迎えしまして、いきたいと思います!
宮治淳一さん。

宮治氏:

どうも。先回は代打を・・・

達郎氏:

誠にありがとうございました。

宮治氏:

デッドボールくらいで出たんで・・

達郎氏:

いやいや、いやいや・・

でも、宮治さんはラジオニッポンでレギュラー持ってらっしゃって、日曜日にですね・・
この番組が終わった夕方の5時からやってるんですけども。

こっちの方が、もっとマニアックでですね(笑)


宮治氏:

そうですか(笑)?

達郎氏:

インペリアル特集って何ですかあれ(笑)

だけど先週の選曲も、あれですよ。
何気にルーターズ入ってますし。

宮治氏:

はいはい「マッシー」ですね。

達郎氏:

インスト好きなんで。

宮治氏:

1曲は最低・・

達郎氏:

宮治さんはとにかく、あのぉ・・
日本のエレキインストのドンと言われております。

ニュー・エレキ・ダイナミカという有名な・・

宮治氏:

よく覚えていらっしゃいますね!

達郎氏:

忘れませんよ(笑)

なので、そういう趣味がありますが。
今回は、ワーナーのカタログをですね・・

ポップ・ロック・ナゲッツというのは、
ガールグループ・ナゲッツ、それから私と一緒にやりましたドゥ・ワップ・ナゲッツ

このワーナー・ナゲッツ・シリーズといのは、ワーナーに現在ありますカタログを宮治さんが全部チェックしてですね。
そのあと、許諾をとって。

実際、この6枚の中で・・
この倍くらいの曲を聴いて。

で、自分がいいと思った曲を選曲して。
でも、許諾が取れなかったりするんですが・・

血と汗と涙のですね・・・
成果であります。

先週の・・11曲くらいでは、とても焼け石に水でありますので。
じっくりと、また5から、5,6,7,8,9・・
どこまでいくか分かりませんけども。

今日は二人でやるんで、話が長いです(笑)

どこまでいくか分かりませんけども(笑)
今日もよろしくお願いします。


宮治氏:

よろしくお願いします!

達郎氏:

で、もう、あの・・
1曲でも多くかけたいので、頭の私の曲とか、そういうの無しで。

お知らせのあとで、さっそく行ってみたいと思います。

山下達郎サンデーソングブック、1397回目でございます。
『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集』

先週に続きまして、私と宮治淳一さんと二人でお届けします。
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをします。

日曜日の午後のひと時・・あってるのか、あってないのかわかりませんが、よろしくお願いします!


~ CM ~

♪ メイク・ミー・ユア・ベイビー/バーバラ・ルイス


達郎氏:

この「ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ」
ナゲッツ・シリーズでございますけれども。

今まで、ずーっと続けて出しましてVol.10まできました。

昨年の10月に5,6,7が出まして。
今年の4月に8,9、10と。

しかも9と10はですね、大瀧詠一さんが70年代にやってらしたゴー・ゴー・ナイアガラの・・
でオンエアされた曲からピックアップするという。

もう超ド級の企画でございます。

そもそも、このナゲッツというのは宮治さんが作り始めたやつですけども。
これ、あの・・なんかきっかけがあったんですか?

宮治氏:

それはですね、あのぉ・・

ワーナーがずっとやってるライノっていう子会社・・最初は違う会社だったんですけど、一緒になって。そこが、たしか80年代にナゲッツという72年にレニー・ケイがやったガレージ・サイケのやつのエッセンスで・・

イーストウェストとか、サンシャインポップみたいなやつをLPで出したんです。
6枚組ですね。

あれがもう好きで。

達郎氏:

ふゥワハハハハハ(笑)

宮治氏:

あれに初めてイエロー・バルーン・・


達郎氏:

あとLondon is a lonely town・・

宮治氏:

そういうのを聴いて。
その時点では、単なるユーザーだったんですけど。
ワーナーミュージックのストラテジックに行ってですね、これのCDを出したら、どうなのかなと思ってですね。

疑似テープみたいなのを作ってみたんですよ。
そしたら、なかなかいいんでね。

これ、ひょっとしたら・・今の時代なら、ひょっとしたらいけるかもしれない。
このサンデーソングブックを、これだけマニアックな曲を聴いてる人が世の中にこれだけいるなら。

このCDを聴いて喜んでくれる人がいるかもしれない、ということで2014年に始めた・・・

達郎氏:

なるほど・・
5年もたってるんだ。

宮治氏:

5年ですね・・

達郎氏:

向こうもね、何とかガールとか

宮治氏:

いっぱいやってますよね。
エースもやってますし。

達郎氏:

エースに勝るとも劣らない!

宮治氏:

いや、エースには勝てっこないですけどね・・
少しでも・・

達郎氏:

勝るとも劣らない!


♪ 遥かなる夏の陽/ジェイムスタウン・マサカ

♪ あの娘はブルー/シャドウズ

♪ フォーエヴァー/ロイ・ウッド


~ CM ~


◎Vol.7 

達郎氏:

さて、一番好きなのは・・・
ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ、今回の5から10の間で一番好きなのは7です!

R&B

なんつったってR&B!

まずはこれ。
私の大好きなリンダ・ジョーンズ

27歳かな・・・
の若さで亡くなってしまった人です。

♪ ヒプノタイズド/リンダ・ジョーンズ

♪ クール・ジャーク/キャピトルズ

♪ アイドゥ・ラザー・ビー・アン・オールド・マンズ・スウィートハート/キャンディ・ステイトン


◎エンディング 

達郎氏:

時間になってしまいまして・・

5,6,7まで来ましたから、来週は8,9,10かな。
もう1週やります!
パート3

先週の宮治さんのピンチヒッターで、お便りが、いろいろたくさん頂いておりますが。

宮城県仙台市のO.Hさん。

『ピンチヒッター宮治淳一さん、最高の選曲と最高の音質で、午後のよいひと時過ごしました。
宮治さん、ありがとうございます。

語りが慣れていらっしゃいました。
聴いてて和みます。』

宮治氏:

ありがとうございます。

サンソンのリスナーの方、寛大な方が多くて、いいですね!

達郎氏:

27年もやってるとですね(笑)

宮治氏:

ほんとに、優しい方が多い。

達郎氏:

昔はそうでもなかったんですよ。

宮治氏:

そうですか(笑)

達郎氏:

みなさん年を重ねられてきてですね。
丸くなってきた。

やってるやつが丸くなってますからね(笑)

宮治さんだって、昔はもうエレキインストのアレだとかいって・・
誰も知らない・・・

宮治氏:

やってましたけれどね・・
皆さんに喜んでもらえるように・・気がしてます。


達郎氏:

来週もやるんですけど。
これ、いくつまでいくつもりなんですか?

宮治氏:

今ね、28までやったんですよ、全て。
なので、キリが悪いんで、できえば、29,30.
に値するものだと。

ポップ・ロック・ナゲッツの11と12、これで70年代のこういうやつ・・
が入れられればいいかなぁと。

達郎氏:

ドゥ・ワップ・ナゲッツも続編やろと思ってますからね。
いろいろありましてですね・・・
許諾がとれないやつは、どうしようかとか・・

それもご期待頂きたいと思います。

この続き、もう1週いきます。

そんなわけで今日の最後はワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ Vol.8から「プリティ・プリティ・ガール」

♪ プリティ・プリティ・ガール (MONO)/タイム・トーンズ


今週のオンエア曲


14:07 メイク・ミー・ユア・ベイビー/バーバラ・ルイス
14:14 遥かなる夏の陽/ジェイムスタウン・マサカ
14:20 あの娘はブルー/シャドウズ
14:24 フォーエヴァー/ロイ・ウッド
14:32 ヒプノタイズド/リンダ・ジョーンズ
14:36 クール・ジャーク/キャピトルズ
14:41 アイドゥ・ラザー・ビー・アン・オールド・マンズ・スウィートハート/キャンディ・ステイトン
14:47 プリティ・プリティ・ガール (MONO)/タイム・トーンズ






テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2019 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ