FC2ブログ

プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年9月1日『納涼夫婦放談 Part.3』(#1403)

長崎市内は、土曜、日曜は晴れたり曇ったり・・そして時々雨模様でした。
先週、九州北部を襲った記録的な豪雨。
もうこれ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

今日のサンソンでは、ギタリストの故・松木恒秀さん最晩年のレコーディングのお話しがありました。
ギターの他に、なんとコーラスも参加されたと曲とは・・・・。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

最近あのぉ・・・番組冒頭のですね、ナレーションはじめましてですね・・
いがらっぽくなって・・
何なんでしょうか・・

緊張してるのかも、わかりません。
なんか拒否反応・・・
仕事したくない・・というですね(笑)

で、やってるうちに、だんだん、だんだん治ってくるという。
くだらないこと言ってますが(笑)

9月になりました。

はやいものでございます。
この番組も1403回目でございますが。

10月に、もう27周年を迎えます。
お馴染み、サンデーソングブックになりましたけれども(笑)

なんか9月1日を迎えますと、なんかこう・・
もう夏も終わりだな・・
もう遠い話ですけれども、学校が始まる・・
9月2日から始まる・・

宿題終わってない・・
はるか昔の話でございます。

でも、なんとなくこう・・
暗いムードになるんですね。

マンデー・ブルーという・・
セプテンバー・ブルー
そういうあれで(笑)

9月入りましても、サンデーソングブックがんばって続けて参ります。

ツアーずっとやっておりますけれども。
今日はもう、とりわけ前倒しでございますので、もういい加減、言い疲れました。

先週のフェスティバルホールもうまくいってるはずでございますし、昨日、一昨日、神戸国際会館、上手くいってるはずでございます。

今週は、あさって9月3日が、本来初日であったはずの市川市文化会館の6月6日の公演の振替で・・

で、今週末はNHKホールでございます。
6,7、金、土でございますね。

関西エリアのツアーが終わりまして、また東京周辺に戻ってきてまいりました。

市川市文化会館、初日目当てのお客様、お待たせをいたしました。
かなりまとまってきてますので(笑)
がっかりするかもしれません(笑)
何言ってんだ(笑) はははは(笑)

週末、NHKへお出でになる皆さま、お待ち申し上げております。

で、ここんところ、ずーっとお届けしております、毎年恒例『納涼夫婦放談』
竹内まりやさんゲストでございますが。

今年は竹内まりやさん、デビュー40周年でございます。

9月4日、今週の水曜日に発売が決まりました、40周年記念CD「Turntable」
3枚組、全62曲

で、4000円!
お手頃価格でございます。

今週は、そのディスク3
最後のお皿のご紹介でございます。

今日も、竹内まりやさんゲストです。

竹内まりやさん:

こんにちは、竹内まりやです。
今週もよろしくお願いします。

達郎氏:

昔は1週間だけだったのが、だんだん延びてきて・・

竹内まりやさん:

今回、3枚組なので。
今回もおじゃまさせていただきました。

達郎氏:

曲が多いので、紹介してもしても・・
かけても、かけても・・という

で、ディスク3はですね、いわゆる自分の好きな曲

竹内まりやさん:

はい。
これは、あのぉ・・洋楽カバーをずらっと並べましたけども。

もともとはサンデーソングブックでレーザー・カラオケで、洋楽をやりたいということで、やったら・・

いくらなんでも音質が悪いだろうって(笑)
だったら、録ろうかなっていうのが、きっかけで。
いろんなバンドを呼んだり、音楽仲間と一緒にセッションして、溜めてきた音源なんですね。

達郎氏:

そうですね。

ですからもう、ほとんど初CD化の音源ばっかりです。
サンソンではかけましたけど。

竹内まりやさん:

そうですね・・
25曲中、22曲が・・

達郎氏:

初CD化ですね!

竹内まりやさん:

はい!

達郎氏:

そんなわけで、今週発売が迫りました、40周年記念盤「Turntable」のDisk.3を、今日はお届けします。

日曜日の午後のひと時・・というか9月の第1日・・
秋の一番最初でございます。

今日は、竹内まりやさんのカバー・ソングで、いろいろありますので(笑)

たくさんございます!
バラエティに富んだ選曲でお楽しみいただきたいと思います。

で、夏の終わりですので、いつもリクエスト頂きます。

故 村田和人さんの「SUMMER VACATION」
村田和人&竹内まりやのデュオ

♪ SUMMER VACATION/村田和人&竹内まりや

~ CM ~


♪ Don't It Make My Brown Eyes Blue ~瞳のささやき/竹内まりや

♪ No Reply~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ Devil In Her Heart~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発/竹内まりや
♪ Drive My Car~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ Nowhere Man~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ I'm Happy Just To Dance With You~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター/竹内まりや
♪ You're Going To Lose That Girl~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エ/竹内まりや
♪ The Night Before~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ One After 909~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ If I Fell~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ Your Mother Should Know~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12/竹内まりや
♪ This Boy~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
♪ Tell Me Why~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや


♪ Musician (It's Not An Easy Life)/竹内まりや


◎ 松木恒秀さん 

達郎氏:

このDisk.3のですね、かなり重要部分を占めておりますが。

今は亡き松木恒秀さん。

彼のですね、いわゆるこれが最後のレコーディングになりました。

竹内まりやさん:

ほんとにね・・・松木さんとは、今回4曲入れてるんですけど。
What is HIP?のメンバーと一緒に。

この曲が、公式の意味でも、たぶん最後のレコーディングだと思うんですよ。

達郎氏:

最晩年で一番多くレコーディングしたのは竹内まりやさんです。

竹内まりやさん:

そうですね・・・

一緒にやれてよかったなぁと思うし。
この時まだ元気だったんですけど・・

まもなくお亡くなりになって。

で、何故か松木さんが急に「僕、コーラスも入れたい」っておっしゃって!

達郎氏:

ふふふ(笑)

竹内まりやさん:

私、松木さんが歌うの聞いたことがなかったので。

達郎氏:

鼻歌しか聞いたことないです、僕は(笑)

竹内まりやさん:

これ、自分で多重録音するからっておっしゃって。

コーラスやってくれたあとに、あとで達郎にかぶせてもらっといてねって言って亡くなったんですよ・・・

達郎氏:

ベースつけました(笑)

竹内まりやさん:

そうだよね・・
だから、これは最後のレコーディングになりましたけれど。

達郎氏:

遺作ですね・・

曲がですね「 (I Love You) For Sentimental Reasons」という
1945年に書かれた曲ですけど、翌年の46年にナット・キング・コールがヒットさせまして。

全米ナンバーワン、6週という。

ナット・キング・コールが一番代表的なあれですけど。
僕らはロックンロール世代だからサム・クックで知っています。

竹内まりやさん:

松木さんはね、エラ・フィッツジェラルドのバージョンでレコーディングしたいなっておっしゃってたんですよね。

達郎氏:

皆さん世代ですね!

有名なスタンダードですけども。

村上ポンタさん、
大仏さん高水健司さん

それから

野力奏一さん
松木恒秀さん

の4リズムに松木さんのコーラスが入ってる(笑)

竹内まりやさん:

そうなんです!

達郎氏:

すごいです!

♪ (I Love You) For Sentimental Reasons/竹内まりや


~ CM ~

◎ライブハウス・イベント『LIVE Turntable』実施決定 

達郎氏:

もう一個、新しいインフォメーション加わりました。

竹内まりや40周年スペシャル企画
ライブハウスでまりやに会おう!!

ていうですね・・

「LIVE Turntable」

これが開催されることが決まりました。

東京と大阪にて実施されます。
もうすぐ発売になりますアルバム『Turntable』初回プレス分に参加のたまの応募券が封入されております。

詳しくは、そちらの方をよろしくお願いします。

ちょっと先になりますが。
来年の4月18日(土)Zepp Tokyo、東京と

それから4月24日(金)Zepp Namba 大阪でございます。

大阪と東京での開催でございます。

詳しくは、竹内まりや40周年特別サイトをご覧ください。



♪ Comment te dire adieu ~さよならを教えて/竹内まりや

♪ Che vuole questa musica stasera/竹内まりや


◎エンディング 

達郎氏:

最後はですね、私と1曲やったやつ(笑)

竹内まりやさん:

これだいぶ前に録ったよね!

達郎氏:

そうですね!

竹内まりやさん:

探してみたら、take.1のみだったんです。

達郎氏:

もともと、カラオケでやろうとか、なんかそんな感じで。

竹内まりやさん:

これ、ちゃんと達郎がねトラック作ってくれて。

達郎氏:

一人で、でっちあげたやつですね(笑)

エド・タウンセンドというですね作曲家の人が、この人が58年にトップテンにいれた曲なんですが。

それをピーチズ&ハーブという、男女デュオですね。
80年代くらいに「Reunited」というメガヒットだしましたけれども。

その時と女の人は違うんですが。

竹内まりやさん:

あ、そうなんだ!

達郎氏:

67年、全米20位と、あんまりふるわないんですけど。
これFENでよくかかったんですよ、昔。

エド・タウンセンドといえば、のちにマービン・ゲイの「Let's Get It On」とか、ああいうのを一緒にやる。

デュオものでやってみよという・・
今を去ること十数年前に(笑)

竹内まりやさん:

これが、たしかあったぞ!って、引っ張り出して。

達郎氏:

なんでもいいという(笑)
超五目味!

これを最後に・・

♪ For Your Love/竹内まりや Duet with 山下達郎

今週のオンエア曲

14:05 SUMMER VACATION/村田和人&竹内まりや
14:10 Don't It Make My Brown Eyes Blue ~瞳のささやき/竹内まりや
14:15 No Reply~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:15 Devil In Her Heart~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発/竹内まりや
14:16 Drive My Car~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:16 Nowhere Man~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:17 I'm Happy Just To Dance With You~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター/竹内まりや
14:17 You're Going To Lose That Girl~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エ/竹内まりや
14:18 The Night Before~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:18 One After 909~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:19 If I Fell~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:19 Your Mother Should Know~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12/竹内まりや
14:20 This Boy~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:20 Tell Me Why~カバーズ・オブ・ザ・ビートルズ・マスター・エディット12連発~/竹内まりや
14:23 Musician (It's Not An Easy Life)/竹内まりや
14:30 (I Love You) For Sentimental Reasons/竹内まりや
14:39 Comment te dire adieu ~さよならを教えて/竹内まりや
14:42 Che vuole questa musica stasera/竹内まりや
14:48 For Your Love/竹内まりや Duet with 山下達郎









スポンサーサイト



テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年8月25日『納涼夫婦放談 Part.2』(#1402)

長崎市内は、土曜日、日曜日ともに雨が降ったりやんだり。
朝夕の気温が20度を下回り、寒さを感じるほどです。
秋が近づいてます。

今日のサンソン、追加公演3本の紹介でした。
ひとつは、熊本市長から達郎さんへ直々のお手紙があったそうです。
熊本城ホールのこけら落とし公演(12月1日)のご依頼だったそうで、公演決定とのこと!

さっそく熊本市内のホテル予約しました(^^)

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

ツアー中は、低音が出ておりますね。
ドスが効いております。

8月最後の日曜日でございます。
あっという間でございますが。

あいかわらず、前倒しです(笑)

・・ので、8月16、17の神奈川県民ホールが終わったところで録っております。

お出で下さいました皆さま、ありがとうございました。
ほぼ、完全復調いたして、やっております。

ですので、先週は、水曜日の和歌山県民文化会館
それから、昨日、本日と大阪フェスティバルホール2回目でございます。

昨日、上手くいってるはずでございます。

本日25日、日曜日
引き続き、大阪フェスティバルホール、お待ち申し上げております。

てなわけで、ツアー真っ最中でございますが。
夏・・お天気の話が申し上げられませんが。
とにかく、暑いところが続いております。

そんななか、サンデーソングブック
毎年恒例、竹内まりやさんゲストに納涼夫婦放談でございますが。

今年は竹内まりやさんが、デビュー40周年ですので、拡大版でございます。

3週間、お届けします。
先週、Part.1でございました。
今週は、Part.2でございます。

竹内まりやさん:

こんにちは。竹内まりやです。
よろしくお願いします。

達郎氏:

だけど、前倒しが非常に・・・

竹内まりやさん:

そうだね。

神奈川県民ホールのライブ、もう大成功でしたね。

達郎氏:

おかげさまで。

竹内まりやさん:

絶好調でした!

達郎氏:

引き続き、フェスティバルホールでがんばってるはずでございます(笑)。

竹内まりやさん:

そうだね!

達郎氏:

でですね、この番組をお聴きのみなさんは、ご承知のようにですね・・
私、風邪をひいてしまいまして、7月の中野サンプラザ、2日間中止になってしまいまして。

で、中野のサンプラザ、それからメンバーのスケジュール・・いろいろ検討したんですけれど、なかなか合う日がありませんでですね。

いろいろやってみましたけれども・・・

11月11日、12日

東京のLINE CUBE SHIBUYA・・・
何だそれ!

新装になった渋谷公会堂、ここが2日とれました!

ところが、渋谷公会堂はですね、終演時間にものすごく厳しい制約がございまして。

平日の公演なんですけども、月、火の公演なんですけども・・・

18時からやります・・・というあれなんですが。

いろいろやりましたけれども、メンバー・スケジュール、ホール・スケジュール、全て合致するのが、この2日間だけという・・・

追加公演という形で確保できましたので、のちほどまた、番組の中ほどでご紹介します。
9月下旬に発売開始でございます。


同時に、あの・・

12月1日の日曜日ですが。
熊本城ホール、メインホール・・新しいホールができました。
熊本で。

ここの、こけら落としをですね、是非私にという・・
ご要望をいただきまして。

メインホール、こけら落とし公演
12月1日

これも9月下旬にチケット発売の予定でございます。

2本、減って3本増えましたので、トータルで51本
ということになりました。

3の倍数になりました・・・
関係ないか(笑)


竹内まりやさん:

でも、とれてよかったですね。
渋谷・・

達郎氏:

そうですね。

そういうわけで、竹内まりやさん40周年記念でありますが。
9月4日発売 アルバム「Turntable」
3枚組、4000円という・・
お買い得価格でございます。

先週はディスク1、ご紹介しました。
ベストアルバム「Expressions」に漏れた曲を・・・

竹内まりやさん:

More Best

達郎氏:

ハイ、More Best・・
お聴きをいただきましたが。

今日は、ディスク2

竹内まりやさん:

Raritiesですね。

達郎氏:

レアもの音源です。

ボーナスディスクに入れたやつとか、シングルのカップリング、未アルバム化・・・
それから初CD化・・

いろいろ、たくさんございますが。

今日は、まとめてお聴きをいただきたいと思います。

そういうわけで1402回目の山下達郎サンデーソングブック
竹内まりやさんゲストに、毎年恒例ですが「納涼夫婦放談」

今年はそのアルバム「Turntable」のご紹介でございます。

なので、夏の終わりですので、私の曲、1曲。


♪ The Theme From Big Wave/山下達郎

~ CM ~

♪ 悲しきあしおと (On The Street Ver.)/竹内まりや

◎ でですね・・・ 

達郎氏:

でですね・・

ディスク2の一番の売りは、いわゆるセルフカバーもの、というね・・・

アイドルにたくさん書いてた時代のヤツを自分で・・
あるものは、シングルのカップリングで。

竹内まりやさん:

そうだね・・・

達郎氏:

あるものは、アルバムに入れたり。

竹内まりやさん:

で、今回、あるものは・・・
CD化して、初めて録音したというのもありました。

達郎氏:

全部お聴きをいただくと時間がとても足りないので。

全部で11曲ですね、セルフカバーなんですけど。
そのうちの10曲をですね、エディットしました!

マスター・エディットってやつですね。

で、一挙にお聴きをいただきます。

いわゆる、12倍速とか、そういうやつです。

えとぉ・・・ざっといきますとですね。

森下恵理さん、アイドルシンガーに書きました「Hey! Baby」
これ、何かのB面ですね。

竹内まりやさん:

シングアゲインのカップリングかな?

達郎氏:

牧瀬里穂さんに書いた「Miracle Love」
時々、サンソンでかかっております。

中森明菜さんに書いた「約束」

で、岡田有希子さんに書いた、この2曲は新録です!

「ファースト・デイト」
「 恋、はじめまして」

それから森下恵理さんに書いた・・
これシングルA,Bですけど、B面の方で

「真冬のデイト」

福永恵規さんに書いた
「夏のイントロ」

岡田有希子さんに書いた
「憧れ」

薬師丸ひろ子さんに書いた
「トライアングル」

これは、「明日の私」のカップリングかな?

そして広末涼子さんに書いた
「MajiでKoiする5秒前」


10曲連続、セルフカバー マスター・エディット!


♪ Hey! Baby~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
♪ ミラクル・ラブ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
♪ 約束~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
♪ ファースト・デイト~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
♪ 恋、はじめまして~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット/竹内まりや
♪ 真冬のデイト~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
♪ 夏のイントロ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
♪ 憧れ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
♪ トライアングル~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
♪ MajiでKoiする5秒前~『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや


♪ 悲しきハート/竹内まりや

♪ 憧れ/竹内まりや


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も、引き続きPart.3でございます。
9月にひっかかりますが・・

発売日直前、今度はディスク.3でございまして。

竹内まりやさん:

洋ものですね・・・

達郎氏:

倶楽部活動、学芸会・・・
そういうやつです。


◎ LINE CUBE SHIBUYA 追加公演 

達郎氏:

私、7月に風邪ひいて、中野サンプラザ、2日飛ばしてしまいまして・・・

その代わりができないかと思って、ずーっと選んでたんですけど。
なかなかですね、ホールのスケジュール、メンバー・スケジュール、合致するところが見つかりませんで。

ひとつだけ!
見つかりまして。

11月11日の月曜日、12日の火曜日
東京は、渋谷のLINE CUBE ・・

初めて聞きますが。

なんのことはない渋谷公会堂が改修工事で新装しました。

その新装になった渋谷公会堂で11月11日、12日、二日でございます。

ただし、渋谷公会堂っていうのは、非常に終演時間にうるさいホールでありまして。
制約が厳しいんです。

ですので、両日とも、平日なんですけども・・・
18時開演となります。

くれぐれもご注意ください。

9月の下旬にチケット発売開始致す予定であります。
また9月に入りましたら詳しくご紹介しますけれども。

なんだ、平日で6時開演・・
昔は、私、平日でもずーっと6時開演だったんです。

演奏時間が長いので!!

竹内まりやさん:

あぁ、はぁ、はぁ・・・

達郎氏:

で、ここのホールは特に厳しいんですよね!!
なんか、知りませんけどね・・

竹内まりやさん:

過ぎると電源落ちちゃうのかな。

達郎氏:

そうそう、どん帳下げるとかね、いろいろ・・
昔からなんですけどね。

でも、ここしか(笑)
とれるところが無かったんです!!

なので、背に腹は代えられぬという。


◎ こけら落とし公演 

達郎氏:

で、もうひとつ。

12月1日にですね、熊本城ホール、メインホール・・
熊本城のホールがですね、やはり新しく開かれまして。

このこけら落としをですね、私がやることになりました。

竹内まりやさん:

おめでたいですね!

達郎氏:

こちらは日曜日なので18時開演になります。

竹内まりやさん:

12月1日ってことは、この熊本公演が実質的な千穐楽?

達郎氏:

千穐楽になりますね(笑)

竹内まりやさん:

夏のツアーって言ってたけど、12月までやることになったんだね(笑)

達郎氏:

宇都宮の延長とですえね・・

竹内まりやさん:

でもね、地震のあった熊本を元気づける意味でも・・

達郎氏:

はい!

竹内まりやさん:

こけら落とし、がんばってください。

達郎氏:

あの・・・
熊本市長さんから、直々のですね、お手紙を頂きました(笑)

詳しいことは、本日15時以後に私のオフィシャルサイト
ここで詳細ご案内しますので、ご覧ください。


♪ アップル・パップル・プリンセス (2008 Ver.)/竹内まりや

♪ 君のために/竹内まりや


◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで、納涼夫婦放談Part.2
9月4日発売の竹内まりやさんデビュー40周年記念企画
CD3枚組「Turntable」のディスク.2 お届けしました。

竹内まりやさん:

駆け足でしたけれども・・・

達郎氏:

来週はディスク3でございます。

♪ Where The Boys Are ~ボーイ・ハント (English Ver.)/竹内まりや

今週のオンエア曲


14:05 The Theme From Big Wave/山下達郎
14:09 悲しきあしおと (On The Street Ver.)/竹内まりや
14:15 Hey! Baby~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
14:16 ミラクル・ラブ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:16 約束~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:17 ファースト・デイト~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
14:18 恋、はじめまして~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット/竹内まりや
14:18 真冬のデイト~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発/竹内まりや
14:19 夏のイントロ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:20 憧れ~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:20 トライアングル~竹内まりや『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:21 MajiでKoiする5秒前~『Turntable』セルフカバー・マスター・エディット10連発~/竹内まりや
14:25 悲しきハート/竹内まりや
14:29 憧れ/竹内まりや
14:39 アップル・パップル・プリンセス (2008 Ver.)/竹内まりや
14:42 君のために/竹内まりや
14:48 Where The Boys Are ~ボーイ・ハント (English Ver.)/竹内まりや


テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年8月18日『納涼夫婦放談 Part.1』(#1401)

長崎市内は、日曜日は曇り空となりました。
台風一過で明け方がちょっと涼しい感じです。

今日のサンソン、達郎さんの幼稚園時代の話や、今夜の夕食どうする?みたいな普通の夫婦の会話が流れてきて、幸せ感で満たされました!

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

1401回目のサンデーソングブックでございます。

8月中旬過ぎまして、お盆が明ける日曜日でございますね。
明日から日常・・かもしれません。

お盆休み、今年は9連休なんて・・あれでしたけれども。

前倒しで録っておりますが。
台風が・・どうだったんでしょうか。
そういう情報が申し上げられないのが・・気にかかりますけれども。

全国のそうした被害がですね、なるべく少ないことを、お祈り申し上げております。

8月18日、明日から日常に戻る・・
ああ、お盆休み、疲れたな・・っていうですね、ご家族連れ・・
ちゃんと帰省が、かないましたでしょうか。
けっこう大変だったと思いますが。
お察し申し上げます。

えぇ、そんなわけで、私、ツアーあいかわらず、続行しておりますが。

かなり前倒しで・・(笑)
前のやつを・・プログラムをかなり前倒しで録っております。

静岡終わりまして、静岡のみなさん、ありがとうございました。

それから8月9、10と中野のサンプラザホール、無事に終わりまして。
昨日、一昨日が、神奈川県民・・上手くいってるはずでございます。

だいぶ調子が戻って参りました。

今週は、和歌山、参ります。

ここ、ひと月近く、ずっとですね、東京近郊やっておりましたが。

和歌山、何十年ぶりかな?
26年ぶりかな?
そんな感じでございます。

で、今週末、24日土曜日、来週の日曜日は大阪フェスティバルホールでございます。

2度目の大阪フェスです。
お待ち申し上げております。

もう、いよいよ半分・・くるところでございますね。
がんばって・・いろいろと今年はありましたけれども。
ようやく、完全復帰で・・がんばりたいと(笑)

えぇ、さて、8月、お盆も明けまして。
今年はですね、竹内まりやさんが、デビュー40周年ですので。

いつもの、お馴染みの納涼夫婦放談、1回増やしまして。
今年は3週間お届けします。

今週は、そいうわけで『納涼夫婦放談 Part.1』
竹内まりやさんゲストです。

竹内まりやさん:

こんにちは。
竹内まりやです。

3回も呼んで頂いてありがとうございます。

達郎氏:

本番のちょっと前にやるとね・・妙にリアルっぽくなる(笑)

竹内まりやさん:

でもね、今、中野サンプラザ公演、8月9、10、終わった段階で録りをやってるわけですけど。

前半の気管支炎状態のときは、さすがに私も心配しましたけど。
今、もう絶好調ですね!

達郎氏:

もともと、あのぉ・・今年のライブ始めたとき、結構調子がよかったんですよ。

竹内まりやさん:

今年、すごいなぁと思って・・
ちょっと気管支炎になったけれど。
また、復活がすごいんですよ。

何か、私、もう40年ライブみてますけど、声の調子が半端ないですね!
どうなんですかね?

達郎氏:

休養とったからじゃない(笑)

竹内まりやさん:

なんかパワーもそうだけど、艶?!
どうしてんのって感じ!

達郎氏:

ちょっと体重が増えたからかもしれませんよ。

竹内まりやさん:

いやぁ・・ほんと・・

達郎氏:

休養してる間に、食っちゃ寝、食っちゃ寝してましたからね。

竹内まりやさん:

それくらい恰幅いいと、声出るのかなぁ?

達郎氏:

恰幅っていっても3キロくらい太ったあれですけどね。

竹内まりやさん:

今話す声は、多少ね控えはしてるけど。
歌うとすごいんだ!

達郎氏:

すごい(笑)

竹内まりやさん:

私も、今回、アルバムを出すことになりまして。
よろしくお願いします。

達郎氏:

てなわけで9月4日に竹内まりや40周年記念、デビュー40周年記念の企画でありまして。
3枚組のCD『Turntable』
全62曲

1曲65円!

竹内まりやさん:

そうなんです。
お求めやすい価格にしました。

達郎氏:

それを、この3週間で、少しづつご紹介したいと思います。
まず今週は、1枚目でございまして。

いわゆるベストものでございます。
以前出ました『EXPRESSIONS』
このベストアルバムに入らなかった・・

竹内まりやさん:

こぼれた曲が何曲もありましたので。

達郎氏:

心残りのやつ

竹内まりやさん:

心残りのやつ(笑)

達郎氏:

これをDisc.1に収録いたしました。
今日は、そのDisc.1から、いろいろとお聴きをいただきたいと思います。

竹内まりやさん:

はい!

達郎氏:

てなわけで、日曜日の午後のひと時、お盆明けでございます。
本日から、来週、再来週、3週間連続で竹内まりやさんゲストに納涼夫婦放談。

9月4日発売のアルバム『Turntable』から、いろいろとお聴きをいただきつつ、お話しを伺いつつ、おハガキも紹介しつつ、いってみたいと思います。

竹内まりやさん:

よろしくお願いします。

達郎氏:

「RIDE ON TIME」のリクエストがちょうど来ておりますので、頭はこれで。


♪ RIDE ON TIME/山下達郎

~ CM ~


♪ 二人のバカンス/竹内まりや

◎ Turntable 

竹内まりやさん:

ディスクが3枚ありまして。

ディスク1の方は、さきほど言いましたようにニア・ベストといいましょうか、ベストに入らなかった前回の・・
楽曲を集めてRCAの時代のものも含めて17曲入れて。

ディスク2の方は「Rarities」ということで、カップリング曲とか、初回ボーナストラックにしか入っていなかったような曲、および、なんていうのかな・・・
蔵出しというか、昔録ったけども、披露めてなかった未発表の音源とかを入れました。


それから、ディスク3は、サンソンが基になってやらせていただいた・・・

達郎氏:

倶楽部活動!

竹内まりやさん:

倶楽部活動の新しい音源も作って、25曲入れたのかな、カバーを。

全62曲になるんですけどね。

達郎氏:

はやいもので、デビュー40周年。

今のお気持ちを!

竹内まりやさん:

ほんと、あっという間だよね・・

あのぉ、達つぁんがもう、来年45周年だけど、今のお気持ちは?って言われたらどう答えます?

達郎氏:

ふはは(笑)

竹内まりやさん:

あっという間でしょ?

達郎氏:

いや、そうでもなかったかな(笑)

竹内まりやさん:

私は、やっぱり家に引っ込んでた時代が長いので。
なんか・・・

達郎氏:

はじめの3、4年の方が、あれだよね。
長いよね。

竹内まりやさん:

そうだよね。
その数年は、ちょっと忙しかったから。

でも、それ以降はなんか、なんとなく7年にいっぺんとか、8年にいっぺんとかいう形でアルバム作ってましたので。

達郎氏:

それでも、まだ現役で・・・

竹内まりやさん:

ありがたいですよね。


♪ Natalie/竹内まりや


◎ リスナーからのお便り(新潟県魚沼市のI.Tさん) 

達郎氏:

『子供たちの待ちに待った夏休みが始まりました。
夏休みといえば、夏休みの宿題と朝のラジオ体操を思いだします。

孫はまだ入学前なので、ラジオ体操に行かなくていのですが、長男が保育園年長さんの孫娘と2歳8か月の弟を連れて毎朝行っています。

首に下げた出欠カードにハンコをついてもらい、自慢そうに帰ってきます。
我が家は4世代9人家族です。』

竹内まりやさん:

もうお孫さんの話が出るんですね。
リスナーの方は。

達郎氏:

我々の街だと、ラジオ体操ないですね。

竹内まりやさん:

んん~ないね。

達郎氏:

聞いたことないね。

竹内まりやさん:

でも小さいとき、行ったでしょ?

達郎氏:

行ったけど、行かなかった(笑)

竹内まりやさん:

やってたけど、行かなかった?

達郎氏:

ん、行かなかった。

竹内まりやさん:

あら!
私、しっかり朝6時半に起きて行ってた。

達郎氏:

ハンコおしてない(笑)
だいたい、朝早い(笑)

竹内まりやさん:

ん、田舎育ちだからね。
神社のところまで行って・・・

達郎氏:

小学校・・歩いていくのいや!
それで一緒にみんなで体操するとか、いや!

竹内まりやさん:

そうなの?

達郎はですね、よく達郎のお母さんが言ってたけど、幼稚園のときに、お遊戯を、みんなでしなきゃいけない時に、家帰ってきて泣くんですって(笑)

”おかあさん、ぼくね、おゆうぎ したくないんだよね”

って。
こいつバカかと思ったって(笑)
お母さんよく言ってた(笑)

達郎氏:

また、そういう風に盛って・・またね、どこかに書かれるんだよ、ほんとに(笑)

竹内まりやさん:

お母さん、いつも言ってたもん(笑)
この子、大丈夫かなぁって(笑)

達郎氏:

うちのおふくろもワンパターンなんだよ、ほんとにもう(笑)

竹内まりやさん:

みんなで一緒なことをするのが、あの時代からいやだったって。

達郎氏:

アナーキーになったんです!

竹内まりやさん:

そういうこと(笑)

達郎氏:

そういう、一人っ子に生んだのは誰だって(笑)



◎ リスナーからのお便り(山口県宇部市のI.Kさん) 

達郎氏:

『この暑さで、すっかり料理を作る気力をなくしております。

夫に一応聞くと「なんでもいいよ」
そりゃ、そうだろうけど。

肉とか魚とか言ってもらえるだけでも、買い物が楽になるのですけれど。
ただでさえ、ぼーっとしてる頭で、スーパーに行くとアイスクリームばっかり目についてしまいます。

達郎さん、ズバリ今夜は何が食べたいですか!
助けると思って。』

竹内まりやさん:

何ですか?

達郎氏:

冷麦!!

竹内まりやさん:

冷麦?
めずらしいね!

へぇ~

達郎氏:

冷麦と、おかずはなんか・・鳥の・・

竹内まりやさん:

さっぱりしたもの・・

達郎氏:

とかね、そういう・・
どうですか?

竹内まりやさん:

意外と達郎から冷麦ってリクエスト聞いたことないな!

達郎氏:

夏だから。

竹内まりやさん:

夏だからね。

達郎氏:

うん。
冷たいのがいいですね。

竹内まりやさん:

そうめんより冷麦が好きなの?

達郎氏:

いや、別にそうめんでもいいですけど(笑)
でも、そうめんはどっちかって言ったら、温かい方がいいかな。

竹内まりやさん:

あぁ、にゅうめんか。
はぁ~。

達郎氏:

冷麦は、氷にあれしてね。

竹内まりやさん:

揖保乃糸が、いっぱい家にあるから。
夜はそれにしよう!(笑)

達郎氏:

っはははは(笑)

竹内まりやさん:

なんか生活臭くていやだな(笑)


♪ 時空(とき)の旅人/竹内まりや

♪ 夢の続き/竹内まりや


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続きまして・・
来週はディスク2を中心にいきたいと思います。

番組が前倒しで、まだお便りが届いておりません(笑)
ので、来週、再来週は十分間に合いますので、よろしくお願いします。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


♪ 明日の私/竹内まりや


◎エンディング 

達郎氏:

そんなわけで、今日はこのへんで。
来週はパート2でございます。
ディスク2、いわゆるレアものでございます。

いろいろ入っております。
20曲も入っております。

竹内まりやさん:

はい、そうです。

達郎氏:

デモみたいのも、ありますからね。

竹内まりやさん:

「Longtime Favorites」のお蔵入りになったものとか、そういうのも掘り起こしたので。

達郎氏:

いわゆるレアリティ―ズでございます。

竹内まりやさん:

レアものです。

達郎氏:

来週もお楽しみに。

今日の最後は、昨日やりましたミュージック・フェアでも演奏いたしました。
「静かな伝説(レジェンド)」2014年のシングルでございます。

来週 納涼夫婦放談パート2もお楽しみに。

竹内まりやさん:

はい、よろしくお願いします。

♪ 静かな伝説(レジェンド)/竹内まりや


今週のオンエア曲

14:06 RIDE ON TIME/山下達郎
14:11 二人のバカンス/竹内まりや
14:19 Natalie/竹内まりや
14:25 時空(とき)の旅人/竹内まりや
14:31 夢の続き/竹内まりや
14:40 明日の私/竹内まりや
14:46 静かな伝説(レジェンド)/竹内まりや





テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2018年12月30日『年忘れ夫婦放談 Part.3』

晦日の横浜市内、寒いですがいい天気です。
富士山もきれいです。
今日のサンソン、青山純さん、村田和人さん、大瀧詠一さんのお話しが聴けて、ちょっとジンとくるものがありました。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

◎ 冒頭

達郎氏:

今日は、晦日でございます。

明日が大晦日。
2018年も、もうすぐ終わりでございます。

私のサンデーソングブック、今年も1年、ご愛顧ありがとうございました。

おかげさまで1368回を数えます。
来年もひとつ、よろしくお願いします。

そんなわけで、晦日、大晦日っていうのは・・あんまりないので。
いよいよ年の瀬でございます。

みなさんは、どういう一年でございましたでしょうか。

毎年年末はですね、サンデーソングブック、竹内まりやさんゲストで『年忘れ夫婦放談』でございます。

竹内まりやさん:

こんにちは。
竹内まりやです。

達郎氏:

竹内まりやさんは、11月でデビュー40周年を迎えましたので、今年は3週間拡大版でですね。
いつもは2週間ですけども、3週間拡大版でお送りします。

先週はクリスマスのイブイブでしたのでクリスマス関係ですが。
今週は、つらつらと頂いたお便りを中心に、今年のやってきたやつ・・
いろいろ家の中でですね。
いってみたいと思います。

今年最後のサンデーソングブックでございますが。

のっびりと、いってみたいと思います。

竹内まりやさん:

あっという間でしたね。

達郎氏:

はい、そうですね・・
毎年、毎年、同じこと言ってるんです。

竹内まりやさん:

でも、年々早くなりますね。

達郎氏:

まったく、そうですね。
無駄な時間が、ずいぶん多くなってきたっていうか・・
時間を浪費してるっていうか・・
そういうような、あれもありますけども。

よくしかし、昔の人は、あれですね・・
50歳くらいまでしか生きなくて、しかも交通機関がないので・・
東京から大阪へ行こうと思ったら、ひと月近くかかるわけですよ。

そんな中でですね、あんだけの本を読めて、四書五経に通じですね・・

竹内まりやさん:

いろんなことを成し遂げてね・・

達郎氏:

たいしたもんですよね。

竹内まりやさん:

我々は便利な時間を生きてるのに、何もやってないような気がする。

達郎氏:

全くそうですね。

竹内まりやさん:

・・比較すると・・・

達郎氏:

いいんですけど(笑)

てなわけで、今年最後のサンデーソングブックでございます。
日曜の午後のひと時、師走の差し迫ったお忙しい時間だと思いますけども・・
でも、もうあれですね。
会社お休みという方もいらっしゃると思いますが。

お正月の準備にですね、勤しんでる方もたくさんいらっしゃると思います。

日曜の午後のひと時、竹内まりやさんゲストに『年忘れ夫婦放談』パート3でございます。
お楽しみいただければと思います。

今年はシングル1枚出ました。

竹内まりやさん:

はい、「ちいさな願い」と「今を生きよう」

達郎氏:

10月17日にシングル発売されました。
今日は、「今を生きよう」・・
カップリングの方でございますが。

竹内まりやさんの「今を生きよう(Seize the Day)」
ところで、「Seize the Day」とは何か?


竹内まりやさん:

私の座右の銘なんですけども。
古代ローマの詩人の言葉でカルペ・ディエムって言葉があるんですよ。
「その日を摘め」

それを英語で言うと「Seize the Day」

なので、「今を生きよう」、この瞬間を大事にしようというのが、私の座右の銘です。


♪ 今を生きよう(Seize the Day)/竹内まりや

~ CM ~

♪ 家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)/竹内まりや


◎青山純、村田和人

達郎氏:

(家(うち)に帰ろう)
1992年のシングル・・
もうこれも、26-7年経ってしまいました。

竹内まりやさん:

今回の「souvenir the movie」でも2000年のライブの時の、この曲をやってる時の、青山純君のドラムをたたいてる表情っていうのは・・・
すごい感慨無量なものがあって・・

達郎氏:

ふふふ(笑)

竹内まりやさん:

この、おかずが好きなの。
このフィルがね・・

あ、そういば、純君、こういう表情でドラム叩いててなぁ~っていうのがね・・
すごい懐かしくて。
特にこの曲はそう思いましたね。


達郎氏:

8ビートですね。
コーラスは村田和人さんです。

竹内まりやさん:

あっ・・そうだぁ!!

達郎氏:

村田君と二人でやってましたね。

竹内まりやさん:

達郎と村っちゃんだもんね、これね。

達郎氏:

そうです。
・・・なかなかね・・・
だんだん人がいなくなって・・

竹内まりやさん:

スマイル・ガレージでやってた時代だもんね・・

達郎氏:

そうです。はい。
青山純、伊藤広規、難波弘之、私
4人のレコーディングですね。

この頃は締め切りがすごくタイトで(笑)
もうギターは全部ひとりでやらざるをえない(笑)

人、呼んでくる暇ない(笑)


◎リスナーからのお便り(長野市のN.Kさん) 

達郎氏:

『お二人に質問しますが、私は寒くなりますとラーメン大好きです。
しょうゆ味が好きですか?
それとも味噌味ですか?
とんこつ味ですか?
お答えください。』

竹内まりやさん:

私、結構味噌すきなんですけど。

達郎氏:

私はとんこつです。

竹内まりやさん:

そうだったっけ?
しょうゆじゃない?

達郎氏:

違います!
とんこつです。
ラーメンはとんこつ!

最近はあれですよ。
このあいだ、テレビで見たんだけど。
ベジタリアン用のラーメン。

ラーメンって塩分多いし、油分も多いから、アメリカでラーメン出すときは、そういうのがダメなので。

竹内まりやさん:

でもラーメンって小麦粉だから、例えばグルテン・フリーのものが出てたりするのかもしれない。

小麦粉のね、アレルギーの人に・・

達郎氏:

煮干しとかね、それと白みそを混ぜて

竹内まりやさん:

動物性油脂とかを使わないってことね。

達郎氏:

そういうアレで工夫して、結構当たってるラーメン屋の話が、このあいだテレビで出てましたけど。

だから、このくらいの年になると、なかなか重い時があるじゃないですか。

竹内まりやさん:

そうねぇ・・

達郎氏:

そういう人たちのだめに。

竹内まりやさん:

さっぱりしたやつね。

達郎氏:

そういうこう・・開発するエネルギーっていうかね。
なかなか、すごいなって思いましたけどね。
それが外国でも行列ができる。

竹内まりやさん:

ラーメンはウケてるんですよね、フランスとかでもね。


◎リスナーからのお便り(富山県南砺市のS.Yさん) 

達郎氏:

『僕が初めてまりやさんのことを知ったのは、CMが流れてきた「うちへ帰ろう」を聴いた時でした。
そして、買ったか、パチンコの景品でだったか失念しましたが、『Quiet Life』も手に入れて、それ以来声が聴こえると、いいなと思います。』

よくわかりませんがですね(笑)

竹内まりやさん:

達郎も、パチンコでよくレコードの景品もらってたね。

達郎氏:

あの・・浪人のころはですね。
お金がないですから。

あの頃は、それで、パチンコやさん、ちゃんとシングルをですね「シャフトのテーマ」とかですね、ちゃんと置いてあったんです。新譜をね。

それが欲しいんで、必死に・・
いいんです(笑)


◎リスナーからのお便り(広島県のI.Hさん) 

達郎氏:

『まりやさんの映画、妻と行ってきました。
素敵なライブ作品で、青山さんのプレイが観れたり、長髪で痩せてて、誰かわからない広規さんに笑ったり、楽しいものです。』

竹内まりやさん:

くくくく(笑)



◎リスナーからのお便り(新潟県阿賀野市のW.Sさん) 

達郎氏:

『そんなこと聞いて、どうすんだと言われそうですが、質問させてください。

年越し、お正月、これは必ず食卓にある、ぜったい食べるというのは、何かありますか。
私は新潟県民ですので「塩引きの鮭」と「のっぺ」です。

竹内まりやさん:

うちは、出雲から送られてくる、お蕎麦を年越しに食べて。
お正月には、達郎の母から伝授されたお雑煮を必ず食べます。

達郎氏:

クロスオーバー料理!


♪ ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~/竹内まりや

◎ドリーム・オブ・ユー

達郎氏:

「ドリーム・オブ・ユー」
アルバム・バージョンでございます。

村上秀一、小原礼、佐藤博に松木恒秀・・

竹内まりやさん:

そういうメンバーでしたね。

達郎氏:

ありえないメンバーであります!(笑)

竹内まりやさん:

ドリーム・オブ・ユーのコーラスを達郎と美奈子さんの間に、私・・
メディアサウンドで、すごい広いスタジオで、ぽつんとマイクをおいて、3人並んでやったとき、めっちゃ緊張した!

だって、達郎と美奈子さんのすごいコーラスの真ん中で自分で歌うっていうのはね、すごいプレッシャーだったよ。

達郎氏:

3声だから、じゃ、一緒に入る?って・・

竹内まりやさん:

そうそうそう!
その光景、今でも覚えてます。

達郎氏:

79年ですよ・・・まったくもって・・

竹内まりやさん:

2010年のライブのときに、たまたま「ドリーム・オブ・ユー」もやってみようかっていうことで、「戻っておいで」とメドレーにして、久しぶりにこれ歌ったんだけど。

これ難しい歌!結構(笑)

達郎氏:

メロディーの構造がね、はねてるところと、八分音符のところがね、難しい。

竹内まりやさん:

そうそう!

達郎氏:

ふへへへ(笑)


◎リスナーからのお便り(名古屋市東海テレビ放送の伏原健之さん) 

竹内まりやさん:

『こんにちは。
私は映画「人生フルーツ」の監督をした伏原健之(ふしはら けんし)と申します。
去年の年末の放送でお二人に映画のお話しをしていただき、ほんとに感激しました。
あれから1年が経ちますが、今も上映が続いています。

いつかお礼を申し上げねばと思っていたところ、なんと夏のライジングサンで二人の共演を拝見しました。
思わず手を合わせ「クリスマス・イブ」「ハイティーン・ブギ」を熱唱し、感謝の気持ちを送らせていただきました。

別便で映画のDVDをお送りしますので、お時間があれば達郎さんもご覧ください。
ありがとうございました。』

達郎氏:

拝見します!
音楽プロデューサーの岡田さんという方がいらっしゃるんですけど、この方がサマーウォーズのプロデュースを・・

竹内まりやさん:

で、この「人生フルーツ」の音楽もなさってたんですね。

達郎氏:

そうです。

竹内まりやさん:

私、たまたま去年”感激した映画は何ですか”という質問があって、この「人生フルーツ」て言ったんですけど。

今も小さい劇場でずーっと、延長上映が続いて・・
すごいですよね、これ・・

すばらしいドキュメンタリーです。

達郎氏:

賞、たくさんとってらっしゃいます。

竹内まりやさん:

ありがとうございました。



♪ いのちの歌/竹内まりや

♪ ミライのテーマ/山下達郎


◎リスナーからのお便り(山口県宇部市のI.Kさん) 

達郎氏:

『達郎さんの”おくるみ”って何でしょう?
まりやさんに説明していただけると嬉しいです。』

竹内まりやさん:

ん?
何だろう?
達郎のおくるみ??

達郎氏:

おくるみ・・

竹内まりやさん:

あ~わかった、夜、肩にかけてるあれ。
あれ、なんていうの・・ダウンでできた、肩までというより胸だけ・・
なんて言うんだろう、あれ・・

ちゃんちゃんこみたいな(笑)

達郎氏:

いわゆるショルダーと首のちゃんちゃんこですね。

竹内まりやさん:

私も、あれ、いいと思って。
喉にもいいからっていって、かけて寝たら、暑すぎて・・

達郎氏:

ふふふ(笑)

竹内まりやさん:

脱いじゃうのよ、途中で。
その話よね・・

”おくるみ”っていうから、何だろうと思いました。


~ CM ~

◎新年

達郎氏:

新年は1月6日からスタートいたします。

先週も、ちょっと申し上げましたけれども。
今年はほんとに、あの・・オールディーズものでもですね、CDとかそういう私が買い込んだやつをほとんどオンエアする機会がありませんでしたので。

今、一所懸命、ツアーの間に買ったやつ聴いてます(笑)
そすと、結構レアなやつが出てきましてですね。

ぜんぜんCDになってないやつとかですね。
本来のサンデーソングブックのプログラム向きなのが、たくさん出てきましたので。

正月はそれをやって。

『昨年買った、棚からひとつかみ』

ふふふ(笑)
これで、いってみたいと思います(笑)。

でも、ひきつづきリクエスト、お便り、たくさんお待ち申し上げております。
1月からレコーディング始める予定ですので。
皆様のリクエストとお便り、頼りになります。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係



◎Plastic Love 

達郎氏:

今日はですね、あの・・ここんとこ「プラスティック・ラブ」がですね、全世界で、なんか、YOUTUBEで評判になっている勢いで、カバーものが結構出てきてるんですよね。

竹内まりやさん:

日本で・・

達郎氏:

日本でカバーしてる・・方が出てきて。

竹内まりやさん:

ありがたいですね。

達郎氏:

それを、ピックアップしてですね、2つ、聴いて頂きたいと思います。

まずは、Friday Night Plansという、一人ユニットでございますが。

竹内まりやさん:

すごくいい声のね、ハーフの方なんですけどね。
日本語で歌ってくださってるんですよ。

達郎氏:

まだ22歳!

竹内まりやさん:

はい。

達郎氏:

日本人のお父さんと、フィリピン人のお母さん。
ハーフですね。

竹内まりやさん:

お母さんは歌手だと書いてありましたね。

達郎氏:

この方がカバーした「プラスティック・ラブ」

それからtofubeats。
こちらは、私も知っておりますけれども。

竹内まりやさん:

ワーナーミュージックですもんね。

達郎氏:

これはですね、1月23日から配信がスタートするそうでございます。
ですので、皆さまぜひ聴いてみてください。

竹内まりやさん:

若い世代のひとに、こうやってカバーしていただけるのは、ほんとに光栄です。

達郎氏:

なんかタイムスリップした感じがしますね。
でもね、ほんとに。

なんか、この年になって、ハガキも10代、20代・・けっこう頂くし。
こうした方々がカバーしてくださる・・

竹内まりやさん:

時代を超えるというか、音楽にそういう年代って関係ないのかもしれないね。

達郎氏:

だんだんそういう時代になってきました。
長生きはするもんだ!って感じでございますね(笑)


♪  Plastic Love/Friday Night Plans

♪  Plastic Love/tofubeats


◎大瀧詠一さん

達郎氏:

今日、12月30日はですね、大瀧詠一さんの命日なんですよ。

竹内まりやさん:

そうですよね。

達郎氏:

5年・・
来年か7回忌になる。
早いものでございます。

竹内まりやさん:

青ちゃんも、そうだよね・・

達郎氏:

そうだね。
なので・・・

竹内まりやさん:

ぜひ大瀧さんとの曲をかけたいなと。

達郎氏:

03年に出しました「Longtime Favorites」
ここの中に入っております、竹内まりや Duet with 大滝詠一

これが公式レコーディングとしては最後でした。

竹内まりやさん:

このレコーディングしてたとき、たまたま達郎、その時いなかったんだけど。
大瀧さんとおしゃべりする時間があってね。

ナイアガラ・トライアングルっていうのを、たとえば『3』ってことは構想としてありますかって言ったら、「じゃ君がやるんだったら、3人でやろうよ」って雑談をしたんだけど。

それが、ちょっと念願かなわなかったのが、ほんとに今になったら悔やまれるんですけどね。

達郎氏:

あれですよね・・・

もうちょっと長生きするつもりで・・
いたから・・

竹内まりやさん:

・・・・
でもね3人でできたら、どんなによかったかなって・・
今でも思います。

達郎氏:

そういう夢を見つつ。

♪ 恋のひとこと(Something Stupid)/竹内まりや Duet with 大滝詠一

竹内まりやさん:

なんか大瀧さんの声って、フランクシナトラのムードってあるんですね。

達郎氏:

クルーナー・ボイス!

竹内まりやさん:

いっしょに歌えてよかったです。
つくづく思います。


◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで今年の年忘れ夫婦放談も、そろそろお開の時間でございます。

竹内まりやさん:

上田市のS.Kさん。

『まりやさん、達郎さん、今年一番笑ったことは何ですか』

達郎氏:

今年一番笑ったことは、毎年一番笑うのはですね、打ち上げで難波弘之さんがですね・・

あの人は内弁慶なので・・
打ち上げで、聞こし召しますとですね、独壇場になってくるんですね。
これをみんなで床をのたうちまわって・・

竹内まりやさん:

あの姿をね、ステージでね再現してほしいくらいだよね(笑)

達郎氏:

1回ビデオに録って公開してみたいものですけど。

竹内まりやさん:

ステージでは、たんたんとね・・

達郎氏:

やってるのにね(笑)

竹内まりやさん:

やってますけど。

達郎氏:

たいへんですよね(笑)

竹内まりやさん:

私、一番笑ったこと、知ってる?

達郎氏:

はい・・

竹内まりやさん:

達郎の「よいしょ」という言葉がね、一日30回くらい(笑)
それ、さっきまで思ってたんだけど(笑)

帽子かぶるとき、「よいしょ」
ちょっとカバン持つときもね。

でも何か重いものをさ、持ち上げるときは、いいんだけど。
全部「よいしょ」って言ってるでしょ(笑)

達郎氏:

あの・・世のジジイはみんなそうです!
私のマネージャーもそうですしね。

竹内まりやさん:

Sちゃんっていう、うちのマネージャーも、発車するとき必ず「よいしょ」って言ってる(笑)

達郎氏:

我々だけじゃない(笑)

竹内まりやさん:

もうほんと、すごい数「よいしょ」って言ってるから(笑)

達郎氏:

そういう男女差がね、だんだん、だんだん、出てくるんです。

竹内まりやさん:

男女の差、なのかな?

達郎氏:

ま、その・・・男女差のひとつですね。

竹内まりやさん:

ふーん。

達郎氏:

ワン・オブ・男女差

ふふふふ(笑)

竹内まりやさん:

ちょっとしたものも「よいしょ」
ほんと、あれでウケる(笑)

達郎氏:

へへ(笑)


◎リスナーからのお便り(宇都宮市のA.Mさん) 

達郎氏:

『ファンミーティングの抽選ですが、相当な高倍率でなかったのでしょうか。
どのくらいの倍率か、お聞かせ願えれば幸いです。』

竹内まりやさん:

どうだったのかなぁ・・

達郎氏:

『それはいいんです!
私は御利益のある神社に願掛けをして、ハガキ投函しましたが、はずれてしまいました。
ファンのどなたもドキドキしながら、毎日通知を待っていたかと思います。

もしまりやさんに、このハガキを読んでいただけたら、ご利益が巡ってきたり』

これがいちばん(笑)
オチなんだ(笑)
これ笑ったんだ(笑)

竹内まりやさん:

(笑)

達郎氏:

てなわけで、竹内まりやさん40周年、続きますので。
来年は、いろいろと企画があります。

年明けると、だんだん具体的なことがですね。

竹内まりやさん:

達郎さんは、オリジナルアルバムですね。

達郎氏:

邁進したいと思います。

竹内まりやさん:

完成を目指して(笑)

達郎氏:

さぁ、どうなりますことやら(笑)

竹内まりやさん:

ツアーもありますしね。

達郎氏:

ツアーはまた、あの・・・
だから、ここの10年は、ほんとにツアーで生きるアレだったんですけど。
運よく「Ray of hope」というアルバム出せたので。

引き続きですね・・

竹内まりやさん:

夏くらいかなって、私は思ってるんですけどね。

達郎氏:

ツアー始まる前に作っちゃわないとダメなので。

竹内まりやさん:

がんばってください。

達郎氏:

はい、がんばります。


てなわけで、皆さま、今年の一年いかがでしたでしょうか。
来年はみなさんにとって、より良き一年とすることをお祈り申し上げつつ。

今日の最後は、いつものやつですが。

どうぞ、みなさん良いお年をお迎えください。

今日の最後は竹内まりや&山下達郎 「Let it Be Me」


♪ Let it Be Me(Studio Version)/竹内まりや&山下達郎



今週のオンエア曲

14:04 今を生きよう(Seize the Day)/竹内まりや
14:09 家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)/竹内まりや
14:15 ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~/竹内まりや
14:22 いのちの歌/竹内まりや
14:27 ミライのテーマ/山下達郎
14:35 Plastic Love/Friday Night Plans
14:37 Plastic Love/tofubeats
14:41 恋のひとこと(Something Stupid)/竹内まりや Duet with 大滝詠一
14:48 Let it Be Me(Studio Version)/竹内まりや&山下達郎

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2018年12月23日『年忘れ夫婦放談 Part.2』


横浜市内、土曜、日曜は雨がしとしとと降っています。

今日のサンソン、夫婦放談から流れるクリスマスソングを聴くと、いよいよ年末だなぁという感じがいたします。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

12月23日 天皇誕生日でございます。
平成最後でございますが。

来年からは天皇誕生日なくなるんですね。
えぇ・・イブイブ・・
明日はクリスマス・イブ
三連休でございます。

だいぶ街もあわただしくなって参りました。
車も混んでまいりました。

週間予報見ますと、今日は全国的に雨の予報でございます。
北は雪
週の中頃も雨という感じでございますね。

急に冬めいて参りました。
ドッと冷えるという予報になっております。
寒暖の差が、わりとありますので、皆さま、風邪など・・インフルエンザが流行っております。十分に健康にはお気を付けください。

さて、あっという間にサンデーソングブックも今年残るところ2回でございます。

毎年年末は恒例でございます。
『年忘れ夫婦放談』
今日も、ゲストこの方です。

竹内まりやさん:

こんにちは。
竹内まりやです。
先週に引き続き、またよろしくお願いします。

達郎氏:

今年は、3回でございます。

竹内まりやさん:

図々しく、ごめんなさい。

達郎氏:

竹内まりやさん、40周年迎えましたので、今年は拡大版で3週間(笑)

竹内まりやさん:

よろしくお願いします(笑)

達郎氏:

今日は、イブイブですので。
クリスマスソング中心に・・・というモチベーションがたくさんありますのでですね。
それで、終始してしまうと思います。

皆さまにいただいたお便りに助けられながら、本日はお届けしたいと思います。

クリスマス気分・・・東京なんかは、あらゆるところでLEDになってから、かえってイルミネーションが増えたような感じがいたします(笑)

華やかなイルミネーションがたくさん・・
皆さまの街は、いかがでしょうか。

というわけで日曜日の午後のひと時、イブイブでございます。
山下達郎サンデーソングブック、竹内まりやさんゲストに毎年恒例『年忘れ夫婦放談』でございます。パート2。

クリスマスソング、そこらじゅうで流れております。
でも、年にこの時期しか、ありませんので。

またこれかよ、と思わずにお聴きを頂ければと思います。

竹内まりやさん:

毎年同じですいません(笑)

達郎氏:

曲に罪はございませんのでですね。
竹内まりやさんの「すてきなホリデー」に・・発売されてから17年、18年・・

竹内まりやさん:

18年ですね・・

達郎氏:

長丁場でございます。

竹内まりやさん:

おかげさまで。

達郎氏:

シングル「ノスタルジア」のカップリングから、アルバム「Bon Appetit!」
そういう感じでございます。

竹内まりやさん:

フライドチキンのCMも、18回も、これを続けてくださって・・

達郎氏:

まったくもって!

たくさん、たくさんリクエスト頂いております。
石川氏のO.Nさん、この方、超常連ですが。

『気が付けば12月。
クリスマス、年末、ほんとに時が経つのは速い感じです。
上の息子は成人式、下の息子は大学受験。
そういうのも、より時の速さをあらためて感じます。

達郎さん、まりやさんは、どんな時に、時の速さを感じますか』

竹内まりやさん:

毎日感じてる(笑)

達郎氏:

へへへ(笑)
ごもっとも(笑)

三重県津市のM.Kさん。

『私は51歳、現役自衛官をしております。
この歳になると、無理するなと自ら言い聞かせておりますが、20代、30代の若手に負けないと気持ちは前向きに生きております。

山下さん、竹内さん、自分自身も、まだまだやれると実感していると嬉しいです。』

竹内まりやさん:

どうですか?

達郎氏:

まだまだです!!

竹内まりやさん:

まだですか!

達郎氏:

人生100年時代ですから、がんばっていきましょう!
頼もしいですね!自衛官の方!

目黒区の超常連、O.Kさん、Mさんご夫婦。

『12月14日で33回目の結婚記念日・・・』

竹内まりやさん:

おめでとうございます。

達郎氏:

『私たちの、今年の3大ユース。
1位:孫
2位:ライブの初ソロで「恋のブギウギトレイン」を歌ったこと
3位:達郎さんのコンサートで初めて1階席だったこと。
 30年近く行っていて・・来年も続きますように。』


たくさん、たくさん頂きました。
「すてきなホリデイ」


♪ すてきなホリデイ/竹内まりや

~ CM ~

♪ クリスマスは一緒に/竹内まりや


◎リスナーからのお便り(大阪市のH.Nさん) 

竹内まりやさん:

中学生の方ですね。

『サンソン、楽しく聴かせて頂いてます。
春から高校に入るので、ギターを始めようと思っています。
まりやさん、達郎さんがギターを弾いてらっしゃる姿が、とてもかっこよく、ギターへのあこがれが強くなると同時に、どんなギターを買うべきか悩んでおります。

初心者でも弾けるかっこいいギター、お勧めがあれば教えてください。』

ま、値段も適度にってことだと思うんだけど。

達郎氏:

あの・・
今の時代だったらエレキの方が、いいと思いますよ。

エレキはネックがちっちゃいし、弦が柔らかいんで。
いわゆるスティールギターっていうか、フォークギターだと弦が固いんで。

ガットギターだとフレットが広いんで。
フレットが狭いガットギター、高い!やつが多いので。


◎リスナーからのお便り(北区のN.Iさん) 

竹内まりやさん:

もう一人もギターの質問。
『ファンの私にとって、世界で一番貴重なギターは達郎さんの茶色のテレキャスターだと思っております。

ギターについて教えてください。
まりやさんが人生で初めて所有したギターは、どんなギターだったでしょうか。』

私が一番初めに持ったのは、ナイロン弦の、いわゆる・・
それはすごい弾きやすかった、柔らかくて、弦がね。

達郎氏:

弦は柔らかいんだけど、フレットがでかい。

竹内まりやさん:

7,8千円だったと思うんですけどね。
ドナドナとかさ、PPMとか、そういうので始まったんですけど。

達郎氏:

武道館のライブで、「元気を出して」弾いているでしょ。
あれは、エレ・ガットって言って、エレクトリック・アコースティックの、エレアコの・・

あれチェット・アトキンス・モデルっていって、ちゃんとしたガットギターのフレットの広さなんですよ。

あれって、めちゃくちゃ弾きにくい。
このあいだのファンミーティングで、普通のマーチンのギターで細いネックでやったら、なんで最初から、これでやらなかったのかなって(笑)

竹内まりやさん:

なんで、エレガットにしたんだろう?

達郎氏:

あれは、レコーディングがガットギターなの、下が。
上がスティールギターなんですよ。

竹内まりやさん:

でもあの、チェット・アトキンスのやつは好きだけどね。

達郎氏:

音はいいんですけど・・
なにしろ、あの・・

竹内まりやさん:

弾きにくい・・

達郎氏:

ギター素人の私には、非常に難しい。
マーチンがね・・普通のフォークギターだったら、こんなに楽なんだって(笑)

竹内まりやさん:

初心者には、細いネックの・・

達郎氏:

細い・・エレキは細いネックに柔らかい弦で張れるから。
ライトゲージがね、あるから。

普通のスチール弦のフォークギターのライトゲージだと、あんまり音がよくないから。

エレキだと、そうでもないから。

で、エレキの方が値段が安いですから。

竹内まりやさん:

とにかく、楽器屋さんに行って、かたっぱしから持って、やってみるしかないですかね。

達郎氏:

最初は、すこーし奮発して、ちょっと高いギター弾くと、初心者の人は、いい楽器持つのいいですから。

竹内まりやさん:

しかも、高いと、がんばるじゃん!

達郎氏:

なるほどね(笑)

竹内まりやさん:

やっぱり、うん。

達郎氏:

長くなりました。

竹内まりやさん:

がんばって下さい!


◎リスナーからのお便り(熊本市のO.Iさん) 

達郎氏:

『山下家のクリスマスのお料理は、以前拝聴したお話しで、まりやさんの手作りチキン。
何をお飲みになるのでしょう。
ワインでしょうか。
コレステロール上昇中の私は、口に入るものは抑え、達郎さん、まりやさんの曲をたくさん聴いて、心を満たしたいと思います。

上京して9か月の次女の初めての都会のクリスマスはバイトだそうです。』

竹内まりやさん:

お葉書、いつもありがとうございます。


◎リスナーからのお便り(久留米市のH.Sさん) 

達郎氏:

『今年の私の収穫
・神宮外苑のイチョウ並木を初めてカミさんと訪れることができたこと。

・福岡サンパレスのツアー千穐楽に行けたこと。

・ブルータス・ソングブックで山岸清佳女史の包み込むような笑顔を拝見できたこと・・・・・・』

竹内まりやさん:

清佳ちゃん!(笑)

達郎氏:

『・まりやさんのシアターライブを博多で観ることがてき感涙。』

竹内まりやさん:

ありがとうございます。

達郎氏:

っへっへ(笑)

竹内まりやさん:

清佳ちゃん、有名になりましたね。


♪ マイ・ギフト・トゥー・ユー/山下達郎


◎リスナーからのお便り(川崎市のU.Cさん) 

竹内まりやさん:

『souvenir the movie 行ってきました。
今まで、アルバムのsouvenirを聴くことでライブ感を楽しんできたのですが、映像で観ることで、この音は達郎さんが演奏していたんだ、まりやさんは、こんな動きをしていたんだ、と新しい発見があり、とても新鮮でした。

特に「ウイスキーがお好きでしょ」の時、達郎さんが、ひたすらシャカシャカの音出しに徹している姿にキュンとしてしまいました。

ところで、いつもメインボーカルをされている達郎さんにとって、リズム隊に徹することは少し気が楽なものですか?

それとも、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと、逆に神経を使われるのでしょうか。』

達郎氏:

んん~

竹内まりやさん:

バックするのと、メインでやるのと・・

達郎氏:

声出さないのは楽ですけどね。
段取り考えるのは、たいへんですね。

竹内まりやさん:

全体のね、いろんなこう・・・

達郎氏:

自分の曲じゃないんでね。

竹内まりやさん:

あぁ・・そうか。

達郎氏:

ギターを特に・・
さっきの「元気を出して」とか(笑)
一生懸命練習しないと(笑)

それは、いわゆるスタジオミュージシャンの人のように器用じゃないんで。

竹内まりやさん:

でも、全員うちのバンドって、楽譜って見ないじゃん。
ほとんど暗譜してる?

達郎氏:

そんなことないっすよ。

竹内まりやさん:

そんなことない?

達郎氏:

難波君とか、見てますよ。

竹内まりやさん:

あぁ、そう?
でも、達っつぁんは、あんまり譜面見てうやる姿見たことない。
私、バックをやるときに。

達郎氏:

でも、2000年のやつはね、頭入ってるけど、2014年とか・・

竹内まりやさん:

だんだん、入らなくなった?(笑)

達郎氏:

「チャンスの前髪」とか、あとあれ・・
RCA時代のスウィーテスト・ミュージックとか、ああいうやつは。
やっぱ、やったことないから。

あれは、かなり譜面にお世話になんないと。

竹内まりやさん:

体に入ってないのね・・

達郎氏:

細かいところが・・
要するに、その行き方がね。
「象牙海岸」とか意外と難しいのよ。

竹内まりやさん:

そうなの?

達郎氏:

細かいところで、コードが微妙に違ったりするから。

竹内まりやさん:

自分のライブのときだと、ほとんどそういうのは、体に入ってるってこと?

達郎氏:

自分のライブはコードは頭入ってるし、自分の曲ですからね(笑)


◎リスナーからのお便り(大阪府吹田市のK.Kさん) 

竹内まりやさん:

『souvenir the movie 観てきました。
予想通り今年54歳になった私より、少し年上の来場客が多い中、本日は館内のちょっと異様な雰囲気について書き、質問いたします。

人それぞれ思い入れのある曲とおいうものがあるだろうとは思いますが、この映画の中で「駅」が流れると、隣のご婦人が少し落ち着きをなくしていました。

ご自身の思い入れと重なるのか、しきりとハンカチで目頭を押さえているのです。

暗い館内で、私は横目で隣のご婦人を見ていました。
しかし、よく見るとそのご婦人に限らず、女性客の多くが、あっちでもメソメソ、こっちでもシクシクと泣いているのです。

そこで質問です。

ご自身で歌っていて、感情移入が激しくなりすぎてしまって、歌えなくなってしまうことってないのでしょうか。』

私は、ほんとに・・・
そんなに、めったにないんだけど、今回ファンミーティングで、どうしても耐え切れなくなって泣いたのと・・

達郎氏:

ふっふ(笑)

竹内まりやさん:

2010年の「ピーチパイ」でなぜかグッと込み上げてしまって・・
泣けてしまったっていうことが、あったんですけど。

達郎って、一回もないよね!!

達郎氏:

ありませんよ!!(笑)

竹内まりやさん:

私、叱られたんですよね達郎に。
「お客さんは泣かせるもんで、自分が泣いちゃいけない」って。

それ、でもね・・
こらえてコントロールできないんだよ。

達郎氏:

あの・・・
ま、それも練習しないとダメですよね。

竹内まりやさん:

ですか?

だって、グッとくることってあるでしょ!!
例えば、お客さんの表情見たり・・・

達郎氏:

ないっすね!

竹内まりやさん:

ない!?

達郎氏:

ん。

竹内まりやさん:

そんなにクールでいられないんだよね。

達郎氏:

やっぱり、それは場数っていうか・・

竹内まりやさん:

場数だね。

達郎氏:

場数ですよ(笑)

竹内まりやさん:

男だからってのは、あるかもね。

達郎氏:

逆にね、漫才なんかでも自分で笑っちゃだめなわけでしょ。

竹内まりやさん:

そうなんだよね。

達郎氏:

それはね、練習でややるの。
だから、さんざん笑って・・
昔、有名な話だけど、名古屋のつボイノリオさんのね「金太の大冒険」って有名な歌があるんですけど。

あれはバックは四人囃子が演奏してるのね。
はじめにセッションに行って、つぼいさんが歌い始めたんだけど、1番で全員が演奏できなくなっちゃって。

竹内まりやさん:

笑うよね(笑)

達郎氏:

2番やって、また演奏できなくなっちゃって。
しょうがないんで、1回つぼいさんが最後まで歌ってもらって、床のたうち回って笑うだけ笑って、レコーディングしたの。

竹内まりやさん:

そうっかぁ・・

達郎氏:

そういうことですよ。

竹内まりやさん:

でも、泣くだけ泣いてっていう・・のはなかなかできないからなぁ。

達郎氏:

でも、ほら、泣かせるスピーチとか、自分が泣いたら終わりだから。
さんざん家でヴぅ~っとか言って、そいで知らん顔で、そのスピーチをする。

竹内まりやさん:

達っつぁん、トライアングルのコーラスやったときに・・
私の「トライアングル」っていう曲の・・

♪ おんなの子は、ずるいものね~

ってところをハモル時、なんか笑い出して、ツボへハマっちゃって。
ずーっと笑いこけたあと、もう一回やろうかって、やったの覚えてない?

達郎氏:

よく覚えてますよ(笑)

竹内まりやさん:

なぜ笑ったの?

達郎氏:

あれは、だから・・・
あまりに、そのフォークのさ、昔のさ、フォークのノリに(笑)
自分で作ったコーラスなのに、あまりに体現性に優れてたから(笑)

あそこでウケちゃって、自分に(笑)

竹内まりやさん:

しばらく笑って、まとめ笑いしてから、入れたの、すごい覚えてる(笑)

達郎氏:

昔よくありましたよ。
そういうの。

笑いのツボにはまって、歌えなくなるっていうね(笑)

泣くより、笑いに負ける方が、たいへんですよね。

竹内まりやさん:

そうだよね。

達郎氏:

(笑)
バッカだね(笑)

何がクリスマスやねん!!
ほんとに(笑)


♪ ザ・クリスマス・ソング~ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル/山下達郎


~ CM ~

♪ ブルー・ホライズン/竹内まりや

◎大瀧さん 

達郎氏:

クリスマスなんですが、たまには大瀧さんかけようと。

大瀧さん、5年になります。
享年が65ですので、私、大瀧さんの亡くなった年になってしまいました。

来年、7回忌ということで・・・

竹内まりやさん:

そうだね・・・

達郎氏:

早いものでございまして。
大瀧さんの1977年のアルバム「ナイアガラカレンダー78」
これの最後に入っております「クリスマス音頭」


♪ クリスマス音頭/大滝詠一


◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで、今日はイブイブなので。
クリスマスソング中心でお届けしました。

来週は30日ですので、晦日になりますね。
それこそ、あれですよ。
大瀧さんの命日ですよ。

竹内まりやさん:

そうか・・・
そうですね・・・

達郎氏:

来週も『年忘れ夫婦放談Part.3』をお届けします。
で、年明けましたら、私、また「新春リクエスト大会」とか適当なこと・・
またアレでございますけれども。

ほとんど去年、いわゆるリ・イシューものCDとかご紹介できなかったので。
そういうので、聴けなかったので、ツアーで。

それを今、必死に聴いておりますので。
Not on CDで買い込んだシング盤とか、そういうやつを今、シコシコと。
新春に向けて。
『新春棚からひとつかみ』

何でもいいんです(笑)
年明けましたら、また私の番組でお楽しみ頂きたいと思います。

今年の私の番組としては最後になりますが「クリスマス・イブ」
お聴きを頂きたいと思います。

皆さま、よいクリスマスをお迎えください。

♪ クリスマス・イブ/山下達郎

今週のオンエア曲

14:04 すてきなホリデイ/竹内まりや
14:10 クリスマスは一緒に/竹内まりや
14:18 マイ・ギフト・トゥー・ユー/山下達郎
14:27 ザ・クリスマス・ソング~ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル/山下達郎
14:36 ブルー・ホライズン/竹内まりや
14:40 クリスマス音頭/大滝詠一
14:47 クリスマス・イブ/山下達郎







copyright © 2019 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ