プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年9月17日『リクエスト特集』



長崎市は、心配したほどの台風被害はなかったようですが、各種イベントが中止になったり、公共の交通機関が止まったり等の影響が出ました。

今日のサンソン、先日テレビでオンエアされた「題名のない音楽会」、達郎さんもご覧になってたのですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

9月も半ば過ぎました。
敬老の日ですね。
三連休。

私、本日は、今回のツアーの一番最後のオマケと言いましょうか。
ワンモア・ライブ・・
夏フェスの・・

夏フェスといっても、夏の終わりでございますが。
「氣志團万博」
千葉県の袖ヶ浦海浜公園、ここでやります。

今日は18:45分の出番と書いております。
これで、今年のツアーは終わりでございます。

当然、今日の番組は前倒しでございます(笑)

がんばって、やって参りたいと思います。

番組の方は、いよいよ来週で9月が終わりでございます。
10月から新年度で、いよいよ、ついに25周年を迎えます。

何をやろうか、今は決まってないんですけど(笑)
いろいろと企画を練っているところでございますが。

先週も申し上げましたけれども、ツアーが終わりますとですね・・
いろいろ雑用が溜まっておりまして(笑)

あと、曲書き、始まりましてですね。
氣志團万博、今日終わりましたら、本格的に曲書きでですね。
ウンウン・・また始まってしまいます。

がんばっていきますがですね・・。

ですので、こういうときには、皆様のリクエストカードとお便りが、たいへん助けになります。
先週は「夏の終わりに棚からひとつかみ」なんて、やりまして。
お便りを全然紹介できませんでしたので、今日はたくさんあって、嬉しいなという感じでございますが(笑)

ライブ終わりましたら、ライブの質問たくさん頂いておりますので、そんなのも絡めつつですね。
皆様のリクエストカード、リクエスト曲1曲でも多く・・
という感じでございます。

日曜日の午後のひととき、三連休の中でございますが。
今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。
「リクエスト特集」でお届けをいたします。

今年は夏がヘンテコでしたので。
竹内まりやさん「September]

今頃がいいんじゃないかな、という予測でございます。

♪ September/竹内まりや


~ CM ~

♪ Every Breath I Take/Gene Pitney


◎リスナーからのお便り(広島市のI.Sさん) 

『ツアーお疲れ様でした。
今回は5月のNHKホールと広島の2回参加させていただき、あいかわらずすばらしいパフォーマンス、ありがとございました。

そして「題名のない音楽会」は、あらためて曲の良さがきわだっていて、鳥肌モノでした。』

達郎氏:

あ、そうか!
題名のない音楽会の話しをするの、忘れてましたね(笑)

先日、テレビの「題名のない音楽会」で曲を、ブラスバンドでですね・・
高校生のブラスバンドの人達が演奏してくれました。

すっばらしい演奏でした(笑)!
惚れ惚れしました!

えぇ・・嬉しい!番組でございました。
また機会があれば。


♪ Working My Way Back To You/The Four Seasons


◎リスナーからのお便り(北九州市のO.Sさん) 

『先日、テレビの番組で、全部の筋肉が落ちると老後が寝たきりになるとか。
それを防ぐために大股で歩くといいというので、先日から、なるべく大股で歩くようにしましたが、達郎さんはお体に気をつけていることは何かありましか』

達郎氏:

影響されやすい人ですね(笑)

私は文字通り、ウォーキングでございます。
それが全てです。

1日、1時間くらい歩くという。
それを、まぁ週に半分くらできればいいなという。

そういうなんか健康管理みたいなの、随分・・


◎リスナーからのお便り(富山県南砺市のY.Mさん) 

『初めてお便りします。
平成25年から娘の招待で4回目のライブを楽しみました。』

達郎氏:

8月29日金沢にお出でになったんですね。

『今年は娘に彼氏ができたので、おじゃやま虫かなとあきらめていたところ、変わらずライブに行くことができ、達郎さんのライブを大いに楽しむことができ、感激でした。

ところで、あのパワフルな声は、どのような食事で出ているのか、娘と話題になり、ハガキを出してみれば?と言われ、お便りした次第です。

来年も是非、ライブ楽しみに待ってます』

達郎氏:

70過ぎのお母さん。

お元気です。

食事は普通です(笑)
そんな変わったことないです(笑)

ただ、65過ぎたら肉を食えというサジェスチョンがありましてですね。
お医者さんじゃありませんけど。

で、若いメンバが増えましたのでですね。
もう、みんな肉、肉、肉、肉・・・

口開けば「肉」です!

肉、増えました。
そすと、少しパワーが出るような気がいたしますが。

肉が食べられるということは、消化器系も健康な証拠でありますので。

よく考えましたら、森光子さんとかですね、黒柳徹子さん、皆さん「肉」ですね。
加山雄三さんも肉ですよ!

長寿の人はみんな「肉」だという感じがしますが。
そんなような感じで、いかがでしょうか。


♪ バラード・オブ・エル・グード/ビッグ・スター

♪ Your Love Has Me Locked Up/The Modulations


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週24日、グレン・キャンベルの特集ができればと思っておりますが。
準備ができればですが(笑)

10月に入って、いよいよ25周年を迎えます。
25周年、何をやるか、まだ企画考えてありませんが(笑)

1年続くので、25周年。
のんびりといきたいと思います。


◎リスナーからのお便り(長野県上田市のS.Kさん) 

『松本公演と長野公演、参加しました。
今回が初めてのライブだったので、とても感動しました。

ほんとうに命をかけてライブをやっているのだなぁと思いました。
大げさかもしれませんが(笑)。

そこで、いろいろと気になったことがあるのですが。
とりあえず、一つ質問させてください。

終演の時に流れてる曲は何ていう曲なんでしょうか。
また長野県においで下さい。』

達郎氏:

なんか、あんまり命がかかってないハガキですね(笑)
これはね・・

終演の時に流れてる曲はですね「ザッツ・マイ・デザイア」という・・
私のオンザストリートコーナー「1」に入ってる曲でございます。

38年間、ずっとそれでやっております。
クロージングテーマで。


◎リスナーからのお便り(金沢市の・・さん) 

達郎氏:

これ、お名前呼ぶのやめましょう。

『全国ツアー無事終了、お疲れ様でした。
さて、達郎さんに2点、お尋ねします。

私が達郎さんのライブに行くと、大盛り上がりの場面で、ついつい大声で達郎さんと合唱してしまいます。

となりの妻は「あなたの声しか聴こえない」と、大ヒンシュクです。
まわりの方にもご迷惑かも。
これってダメでしょうか』

達郎氏:

ダメです!

いちばん迷惑なあれです。

あなたの歌を聴きに来ているのではないのでですね。

奥さん、優しいですね、でもね(笑)

自分がとなりで、そういうオジサンいたら、もう私は言いますよ!
ふふふ(笑)

『コンサートチケットには3才以下のお子様は、お膝の上は無料、と記載されています。
私の孫も、この手でライブデビューさせたいのですが。
でも、今までそんな方をお見かけしたこと、ありません。

クラッカーでびっくりしてしまうからでしょうか。』

達郎氏:

これは、それぞれの方の良心と言いましょうかですね、節度にお任せしております。

ちっちゃなお子さんが、ひたすら泣かれるとですね、ライブ、支障をきたしますので・・
そういうときは、お母さんなり、お父さんが連れて出られるというか、そうした一般常識のですね、節度をお守りいただければ。

就学児童以下は入れないっていうライブがありますけど、私のとこはしておりません。
核家族化しておりますので。

それが、子供さんが入れられないという事になると、お母さんがライブに入れないことになりますので。

それも、その方々の節度を信頼してのアレなので。

それは、ひとつ宜しくお願いします。


♪ フィーリン・オールライト/デイヴ・メイスン

♪ Six Questions/The Turbans


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
来週はグレン・キャンベルの特集を予定しております。

そういうわけで今日も最後は9月13日に発売になりましたばかりの、私のニューシングル「REBORN」


♪ REBORN/山下達郎

今週のオンエア曲

14:03 September/竹内まりや
14:09 Every Breath I Take/Gene Pitney
14:13 Working My Way Back To You/The Four Seasons
14:19 バラード・オブ・エル・グード/ビッグ・スター
14:24 Your Love Has Me Locked Up/The Modulations
14:32 フィーリン・オールライト/デイヴ・メイスン
14:39 Six Questions/The Turbans
14:44 REBORN/山下達郎

スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年9月10日『夏の終わりの棚からひとつかみ』

長崎市内、今日(9/10)の天気は晴れ。
気温も30度近くまで上昇し、汗ばむような暑さ。
でも、そよそよとした風が吹くと、心地よいです。

今日のサンソン、ツアー終わってもお忙しそうな達郎さんのご様子でした。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

9月2週目、2回目の日曜日でございます。

東京はあいかわらず、シトシトぴっちゃんでございまして・・
あんまり音頭が上がんないと思ったら、今度はまた上がるというですね。

温度差が激しい。
そういう感じでございます。

なんか、変な陽気ですね(笑)

今日は、割と全国的に晴れだという予報になっておりますが。
また、明日、明後日は雨。
火曜日あたりは、全国的に雨・・
という感じでございます。

でも、少し秋の気配がしておりますが。
残暑厳しい・・

ようやく、ライブが一段落致しましたが。
ライブの間に溜まっている、色々ですね、ありまして。

そういう雑務と言いましょうかですね・・
雑用に追われております。

仕事場のかたづけとか、そういうのがあります。
あんまり、休んでる感じがしませんね。
そうなりますと、なんか、一杯飲みたいな・・なんてみたいな・・

あとは、人と会うという、食事会というやつですね・・・これがねですね・・
なんか休んでるんだか、酒飲んでんだか、よくわかんないという。

来週の日曜日が「氣志團万博」なので、今週は、それの練習があります。
ツアーでやってない曲もやりますので。

そういうのを、練習しなきゃ、なりません。
またメンバーと顔を合わせます。
がんばって行きたいと思いますが。

番組の方はですね、本日のサンデーソングブック1300回目を迎えました。

おかげさまで。

来週、再来週、その次でですね、25周年になります。
ちょうどキリの良いところでございます。

1300回で、何かやろうと思ってもですね(笑)
1000回はいろいろやりましたけどね(笑)

あんまり、面白くない。

ですが、あのぉ・・リクエスト続けておりますのでですね、「棚からひとつかみ」やろうかと。

じゃあ一つ、夏の終わりなので「夏の終わりの棚からひとつかみ」
何だ、それは?というですね(笑)

ま、お聴きいただければ分かります。

「夏の終わりの棚からひとつかみ」
そういうような曲を、今日はそろえて、持って参りました。
もう完全に、気分です!(笑)

たまには、こういう道楽もいいんじゃないかと、いう感じでございます。

日曜日の午後のひととき・・
ちょっとづつ、ちょっとづつ秋が近づいてくる日曜日の午後のひととき、本日は「夏の終わりの棚からひとつかみ」

何が飛び出しますか。
今日も最高の選曲、最高の音質でお届けを致します山下達郎サンデーソングブック。

1300回!

いよいよ今週、ニューシングルが発売日でございます。
9月13日、今週の水曜日に発売になります「REBORN」。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の主題歌でございます。

映画の方が後でございます。
23日公開。

露払いと言いましょうか(笑)
景気づけ!
そういう感じでございますね。

えぇ・・いつもそうでございます(笑)

ここんとこ何回か、お聴きを頂いております。
今日もお聴きをいただきたいと思いますが。

いろいろ、質問を頂いておるんですけどね。

北海道中川郡のY.Sさん。

『新曲「REBORN」、気になることが、いくつか。
この曲は達郎さん、麦さんバージョンともに達郎さんが編曲・プロデュースなのですか。』

違います。

門脇麦さんの方は、映画のですね音楽をプロデュースしております安井君という、昔からよく知ってるあれですけど・・・

私の会社に在籍してくれたこともあります。
なかなか腕利きのですね・・

数年前に「陽だまりの彼女」の映画の音楽のプロデュースも彼でございました。
縁がある人でございますが。

彼がプロデュースしております。

『達郎さんの方に入っている女性コーラスは誰ですか。
加工されているように聴こえますが、その意図を知りたいです。』

この手のお便り、たくさん頂いておりますが。

あれは杉並児童合唱団の、お子さんのコーラスです。
そういうコーラスを入れたいという映画の廣木監督のアイデアがありまして、それは面白い、それで行きましょうと。

杉並児童合唱団の精鋭のお嬢ちゃん、お坊ちゃん方が来てくれまして、すばらしいコーラスを入れてくれました。

そんなような事をですね、お聴きをいただければと思います。


♪ REBORN /山下達郎

~ CM ~

♪ 悲しみのJODY (She was cryig)/山下達郎

♪ ワンダフル・サマー/ロビン・ワード

♪ 夏は去りゆく/ドアーズ

♪ 過ぎゆく夏/ザ・ビーチ・ボーイズ

♪ 白いアンブレラ/山下達郎


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週は・・
リクエストカード、ものすごく溜まっておりますので(笑)
かけても、かけても減らないんです(笑)

またリクエストに戻ります。

再来週にグレン・キャンベルの特集出来たらと思っております。

引き続き、リクエストカード、お便りたくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


♪ ターナーの汽罐車-Turner's Steamroller /山下達郎


◎When The Summer Is Through/The Happenings 

達郎氏:

たとえばセプテンバーとかですね、そういうタイトルが付いてる曲でもですね、実はアメリカの夏休みの前に・・・

アメリカの夏休み、長いので・・
あと、9月の新学期なので、年度変わわりでございますので。

夏のサマーホリデイの時にですね、彼女と別れて・・
東京に帰るとか、いろいろありますけれども。
それで9月に帰ってきたときに

「果たして 君は それでも 僕のこと 好きだろうか 」

そういう歌がとっても多いんですね。
代表的なのは「See You in September」

ハプニングスのヒットソングとして有名ですけれども。

そのハプニングスが歌っております1967年のセカンド・アルバム「サイクル」に収録されております「When The Summer Is Through」

夏が終わるとき・・

これも同じ内容でありまして。
やはり舞台は夏休み前のカップルでありまして。

夏が終わっても
僕のとこに 戻って来てくれ

そういう歌でございます。


♪ When The Summer Is Through/The Happenings


◎エンディング 

達郎氏:


てなわけで「夏の終わりの棚からひとつかみ」
えぇ・・・
なんかその場しのぎのような感じですけど(笑)
いいでしょ、しょうがない(笑)

「たまには」って、いつも「たまには」で逃げますが。


新潟県魚沼市のI.Tさん。

『達郎さんは、ライブ中、イア・モニターはしていないようですが、やはり演奏しながらだと、邪魔になるのですか』

やっぱり、あの、コロガシって言いまして、足のところに置いてある、あのモニターで30年とか40年くらいやってますのえでですね(笑)

イア・モニターはダメなんです。

1回イア・モニターに挑戦したんですけどね。
演奏メンバが全員、歌が変ったって言うんですね。

やっぱり、そういうものなんですね。

ですのでイア・モニターはは使いません。
今後も使わないと思います。

『ギターは何本持っていかれてるのでしょうか』

10本未満です。

テレキャスターが3本
アコースティック・ギターが4本
そんなもんすかね。

だから7本・・
実際に使うのは、それですね。
全部使いませんけれど、とてもねすね。
7,8本という感じです。

『今回からゴジラの仲間が増えたようですが。』

今回からシンゴジラが増えました。
オリジナルゴジラとシンゴジラに挟まれてですね。
最強のコンビでございます。

エヘヘ(笑)
嬉しい(笑)

てなわけで、9/13発売・・
先週、お聴きをいただきました門脇麦さんの歌う「REBORN」
たいへんに評価の高い、歌でございます。

頂いたお便りですけど・・
ちょっと今、探せないんですけど。。

大貫妙子さんに似てるとかですね(笑)
それから原田知世さんとか、そういう感じに似てるんじゃないかと。

たしかにそういう雰囲気を持っております。

劇中でセリさんという役で門脇麦さんが歌われるので。
やっぱり歌いやすいことを、考慮して書いてありますのでですね。
それが良かったのかなと思いますが。

どっちにしろ、それをちゃんと歌いこなしてですね、たいへんすばらしい繊細な表現力で、映画の中ですごく、いい効果が出ております。

すばらしい歌でございます。


♪ REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-

今週のオンエア曲


14:05 REBORN /山下達郎
14:11 悲しみのJODY (She was cryig)/山下達郎
14:16 ワンダフル・サマー/ロビン・ワード
14:20 夏は去りゆく/ドアーズ
14:24 過ぎゆく夏/ザ・ビーチ・ボーイズ
14:29 白いアンブレラ/山下達郎
14:34 ターナーの汽罐車-Turner's Steamroller /山下達郎
14:40 When The Summer Is Through/The Happenings
14:45 REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-/セリ(門脇麦)





テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年9月3日『リクエスト特集』

日中の日差しが斜めから入ってくるようになりました。
長崎市内、からっとした晴れが続いて、気持ちいいです。

今日のサンソン、門脇麦さん歌う「REBORN」、歌が上手いです。
ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

9月に入りました。

9月に入りますと、夏、終わりだなという感じが致しまして。
実際に、夜、ウォーキングなんかをしてますと、虫の声が聞こえますし。
朝は、風が、なんか秋の気配・・そういう感じでございます。

今日は、台風が来ているという・・
ようやく直近で収録しております。

台風が来てるもんですから・・
陸地から離れて北上するので。
でも、雨が降ったり、風が強かったりとかですね。

今年は、変な陽気ですね。

東京は、日照が8月最低だったそうです。
そういう記録だそうであります。

もう、いろいろなところで、被害が出ております。
たくさん被害が出ておりますが。
たいへんでございます。

お見舞い申し上げます。

私、ツアー中ですが大変幸運なことに、一度も、そういう実害を受けませんで。
全ての所がですね、変わらず、予定通り、各公演、終了することができました。

3月からスタートしましたツアー、8月いっぱいで、全49公演、つつがなく終了いたしました。

お出で下さいました皆様、ありがとうございます。

今年は、我ながら、なかなかいい出来だったと思います。
来年も、これに負けずにいきたいと思っておりますが。

とりあえず、まだ9月17日に「氣志團万博」が待っておりますので。
それの・・・しばらくしたら練習しなきゃいけませんけれども。

とりあえずは、一段落でございます。

でも、一段落になるんですけど、また曲書きの仕事が決まりまして(笑)
あんまり、休めません。

だいたい、これ、ほんの1日、2日で番組収録でございますので。
でも、東京にずっといますので。

番組が、かなり直近で収録できますので。
まとまった特集、その他、いってみたいと思っておりますが。

いよいよ10月でですね、25周年迎えますので・・・
サンデーソングブック。

なんか、やらなきゃいけないんですけど(笑)
それの準備もしなきゃならない。
がんばって行きたいと思います。

で、今日はですね、9月に入りましたので、いわゆる棚からひとつかみでレギュラープログラムやろうと思ったんですけども。

実は「棚からひとつかみ」の方が、たいへんなんです!
初めから、ゼロから選びますので。

まずは、リクエストカードが山のように溜まっております。
ので、こういう時は皆様のリクエスト・カードとお便りが、ほんとに助けになります。

さすがにちょっと、くたびれましたのでですね(笑)
残り物には福がある。
納涼リクエスト大会の残りでありますけども。

残り物には福がある、今日はリクエスト特集でいってみたいと思います。

日曜日の午後のひととき、いよいよ9月になりました。
学校も始まりますですね・・・
秋が近づいて参りますけども・・

日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。

皆様のリクエストに助けられまして、今日も最高の選曲と、そして最高の音質でお届けを致します。

さて9月13日発売、私のニューシングル「REBORN」
ミュージックビデオ、その他、オンエアされております。

ショートバージョンでございますけれども、YOUTUBEでもご覧になれます。
いよいよ10日後ですね・・

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、ずーっと申し上げておりますけれども、これの主題歌でございます。

今回はですね、カップリングにサウンド・トラック仕様でですね、劇中歌として歌われております門脇麦さんが歌います「REBORN」
私と同じ曲でございますが・・・

それとハーモニカバージョン。
これがサウンド・トラック仕様でございまして。

山下達郎シングル仕様としましては、いわゆるアコースティックライブ、今年の7月9日の中野サンプラザの難波弘之、伊藤広規、山下達郎の3人のアコースティック・バージョンでのツアー中でのライブでございますが。

「ターナーの汽罐車」と、それから昨年の10月の新宿ロフトでの、やはりアコースティックライブで「DRIP DROP」、これのライブ音源、全5トラック収録で。

それプラス、カラオケでございます。

♪ REBORN/山下達郎


~ CM ~

♪ It's The Same Old Song/The Four Tops


◎リスナーからのお便り(兵庫県加古川市のF.Kさん) 

『新曲「REBORN」をたいへん楽しみにしています。
新しい曲が聴けるというのは、もちろんですが、何より小説の中の「再生」を、ほんとに作曲されるという内容に興味津々です。

今年もプロペラ機を利用されたのでしょうか。』

達郎氏:

今年、プロペラ機、乗れませんでしたけれども。
新千歳から女満別に行くときにブラジルのエンブラエルのE170に乗りました。

なかなか、いい飛行機でありました。

プロペラ機乗りたかったですね。
ま、次の機会に・・
何だよ、それ(笑)


♪ さよならコロンバス/アソシエイション


◎リスナーからのお便り(栃木県宇都宮市のA.Tさん) 

『ツアーお疲れ様でした。

ツアー終了記念、そんなこと聞いて、どうすんの?のツアー編。

エレアコを数種類、3種類使われていましたが、メーカー等教えてください。』

達郎氏:

全部、ギブソンのチェット・アトキンス・モデルです。
私、エレアコは全部チェット・アトキンス・モデルです。

3人でアコースティックライブやるときはギルドのD-52で弾いております。

チェット・アトキンス・モデルですけど若干形が、仕様が違うやつを使っております。
最近ちょっと1台調子悪くなってきたので。
1台、新しく買いましたけれども。

もう、とっくに生産終了しているので・・
ギブソンもなかなか大変なんですよね。
もっと、出しゃいいんですけどね・・・

いい楽器なので。

・・てなわけで。


♪ Top Of The World (Album Mix)/The Carpenters


◎リスナーからのお便り(さいたま市のY.Mさん) 

達郎氏:

先日、ご紹介したお便りで、NHKホールで若いカップルのためにポスターの前で写真を撮ってあげたという、そういうお便りを紹介しましたが。

今度は、撮ってもらった方から、お便り頂きました。

『今回のツアー、NHKホールでのことです。
私は、彼女を連れて初めて達郎さんのライブに参加させて頂きました。

達郎さんの歌声に圧倒され、大満足でした。

ライブ開始前にはファンの方に、達郎さんのポスターを挟んで写真を撮って頂いたり、お話したり、楽しい時間を過ごすことができました。

そして先日のお便りの中で、ライブ開始前に私達の出来事を達郎さんが読まれており、写真を撮って頂いた方のお便りだ!と思い、お礼を申し上げたく、初めてペンを走られました。

あの時は、短い時間ですが、写真を撮っていただき、お話ができて、とても楽しかったです。この場を借りて、お礼を申し上げます。

ラジオを通じてファンの皆様とつながれたことに感動している今日このごろです。
ほんとに楽しい時間、ありがとうございました。』

24才の方でございます。
立派なお便りでございます。

この番組が、交流の場になる・・
全く、冥利に尽きる・・
今後ともよろしくお願い致します。


♪ アイム・ゴナ・テイク・ホワット・ヒーズ・ゴット/エタ・ジェイムス


◎リスナーからのお便り(愛知県東海市のW.Kさん) 

『7月21日の名古屋センチュリーホールのライブに、初めて息子と行きました。
運良く、1階1列で見ることができ、息子も感動していました。

そこで質問です。

アカペラのコーナーでは、他のメンバーさんは何をしているんですか。
私の予想では、楽屋でせんべいを食べながら、お茶を飲んで世間話をしてると思います。
なので、話し込んでしまってクリスマス・イブの時に皆さんが出てこないんじゃないかと、いつも心配しています。

達郎さんに聞いても、その時は舞台にいるので、知らないですよね。』

達郎氏:

知りませんよ、そんなこと(笑)・・・

だいたい、こんなもんでしょ。


♪ Looking For An Echo/The Persuations


~ CM ~


◎リスナーからのお便り(世田谷区のO.Tさん) 

『ツアー終了、お疲れ様です。
今回は3度見せてもらいましたが、どの会場でもすばらしい。
見終わる度に奇跡を見たと思ってしまいます。

それで、もうネタバレにしてもいいと思い、質問させてください。

リストバンドの色は何種類あったのでしょうか。』

達郎氏:

リストバンドは全部で14色作ったそうです。
それを使いまわしています。
二日公演の場合には、日毎に違います。

立ち見用に金・銀・レインボーというのがありまして。

全部で17種類あったそうです。

『セットリスト変更、追加などは、どれくらいあったのでしょうか。
横浜で見たときはなかった「DownTown」が、大宮でみたときには追加されていました。
ほかにもあったのでしょうか』

達郎氏:

あれです・・
最初はアンコールでBigWaveやってたんですけど、DownTownに変えまして。
中野のサンプラザで2回だけパレードに変えたんですけど、またDownTownに変えまして。

えぇ・・まぁ、気分です!
たまには、いいんじゃないかと。

あんまり変えないんですけどね。
今年はちょっと、なんて言いましょうか・・
演奏に余裕がでてきたので、そういうことが出来るようになりました。

理想はですね、やっぱりバンドみたいに「今日は何やろうか」みたいに、そういうのやれるといいんですけど。

なかなか、ちょっと照明とか、そういう流れがありますので、なかなか出来ませんね。
なるべく、だから同じになっちゃいます。

僕らだけで、ライブハウスみたいな所でやれば、出来るんですけど。
ちゃんとしたホールのアレですと、照明の段取りとか、そういうのがありますので。


♪ Ooh Child/Valerie Carter


◎リスナーからのお便り(豊島区のS.Mさん) 

『ここのところ、コンサートで忙しくて、サンソンの収録がかなり前倒しで、お天気の話しとかなくて、寂しいです。

ここで、質問。

一番前倒しって何日くらい前が最高ですか。
2週間前?
1ヶ月前? 』

達郎氏:

1ヶ月はいかないですけど、3週間ちょっとっていうのが、最高記録ですね、今回。

『逆に一番直近はいつ?
当日の午前中とかかしら。
放送1時間前とかかな。

全く生放送ってのはないのかな。
知りたい、是非お応えを。』

達郎氏:

生放送、やったことありますよ。
日曜日。

FM仙台かなんかで、やったことありますよ。

あとは・・・だいたい前日か、前々日です。
当日、無いです。

録音ですから、マスターいれなきゃなんないので。
当日やるんなら、生しかできません。

そういう構造になってんです、放送局ってのは。

一回生やってみようかなと思いますが、生だと、ヤバイこと言いそうなので、ダメなんです。
ふへへへ(笑)

みんな止めます、私のこと。



◎リスナーからのお便り(神奈川県相模原市のK.Tさん) 

『初めてお便りする57才の達郎さんファンです。

私は2年前に目の手術をし、今はなんとか普通の生活ができるまで回復しました。
以前は音楽が好きで、よくライブに行きましたが、今は爆音ライブや、暗い中、見えにくいということもあり、おじさんには、ちょっと辛いとこがあります。

そこで、今年の4月28日の神奈川県民ホールのライブに友人に誘われ、ここは音が良いということで行くことにしました。

達郎さんは、曲の間のお話が少し長めのところがあるために、次の曲に入ると耳がクリアになって曲が聞きやすくなることに気が付きました。

これは、私達おじさんファンの耳に気を使ってのことですか。
ほんとにライブはすばらしい音で聴くことができました。

また再び行きたいと願っております。』

達郎氏:

そういうわけじゃ、ないんですけどね。

これ逆に、そーなんだ!と
耳がクリアになるんだ、と。

じゃ、もっと話し、長くしてやろー。

またください。


◎リスナーからのお便り(川崎市のW.Nさん) 

『(神奈川)県民ホールで3時間20分ぶっ続けで演奏される達郎さんを妻と拝見して思ったのですが、達郎さんは、体力を維持するために、特別のトレーニングやジム通いなどをされているのでしょうか。

体もメタボにならず、スラリとした体型、パワフルなパフォーマンス、感じるばかりでした。』

達郎氏:

別に、取り立ててやってません。
ウォーキングだけですね。

あとは、まぁ、あの・・・
いわゆるボイトレですね。

そういうやつです(笑)

ジムとかそういうの、一切行きません。
体硬いので。
トレーナーにバカにされます。


◎リスナーからのお便り(山形市のT.Kさん) 

『仙台、苫小牧間の往復30時間の旅をもって、小生のツアー観戦は終了いたしました。
今年もたくさんのパワーと至福の時間をありがとうございました。

さて、ツアー中のアクシデントをひとつご紹介します。

大阪のあとで、京都まで足を伸ばし、鴨川の河川敷で妻と二人、パンの朝食をとっていたら、それはよく人に慣れたスズメ達が集まってきて、なんと膝の上にまで乗ってきて、エサをねだるのに夢中になっていたら、急降下してきたトンビに左手のアンパンをさらわれてしまいました。

油揚げならぬアンパンですが、全く気づかず、一瞬のことでした。』

達郎氏:

すごいですね・・・


◎リスナーからのお便り(北海道上川郡のS.Yさん) 

『唐突ですが、ご自身は運は良い方だと思いますか。
私は、強運の持ち主で、

ライブは毎回良席(最前列含む)、
新宿ロフト当選、
達郎くんハガキ&切手当選、
シアターライブイベント&公開録音当選

を指摘したのですが、運はプラマイ・ゼロと信じ、普段、大運を使わないよう運溜貯金をしております。

今回もライブ帰りのタクシー・・運転手さんが前日のライブをご覧になったという偶然・・から降りるとき、派手に転んで、両膝に青あざとかすり傷を負いました。

日頃、さして行いが良いとは思えない私には、帳尻合わせと妙に納得した次第です。』


達郎氏:

すごい・・(笑)
お大事に。


◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで、今日はこのへんで。
来週は「棚からひとつかみ」いきたいんですが、ダメだったらまたリクエストいってみたいと思います(笑)

グレン・キャンベルの特集、できれば早いうちにしたいと思ってますが。

引き続き、リクエストおたより、お待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


今日の最後は、9月13日発売「REBORN」のカップリングに収録されております、門脇麦さんの歌、劇中ではセリという女性シンガーとしての役での劇中歌でございます。

セリこと門脇麦さんがご自分で歌う「REBORN」
これがまた、すばらしいクリアな繊細な歌で・・
今の若い人は歌が上手い(笑)

すばらしい歌でございます。

♪ REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-/セリ(門脇麦)

今週のオンエア曲

14:05 REBORN/山下達郎
14:11 It's The Same Old Song/The Four Tops
14:16 さよならコロンバス/アソシエイション
14:20 Top Of The World (Album Mix)/The Carpenters
14:25 アイム・ゴナ・テイク・ホワット・ヒーズ・ゴット/エタ・ジェイムス
14:29 Looking For An Echo/The Persuations
14:37 Ooh Child/Valerie Carter
14:45 REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-/セリ(門脇麦)

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年8月13日『納涼リクエスト大会』

毎日、暑い日が続きます。
とにかく暑いです。
長崎市内、気温は毎日のように35℃近辺まで上昇しています。

今日のサンソン、佐世保のお話がちょっと聞けて、よかったです。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

お盆休みでございます。

三連休・・・山の日・・判んない・・
「海の日」「山の日」
今度「風の日」どうかな・・
「河の日」・・

へへ(笑)
チャチャ入れちゃいけません(笑)

ここで別にお休み作んなくて、もうお盆休みでございますのでですね。

ご実家にお帰りになってる方、たくさんいらっしゃると思います。
全国38曲ネットですので、聴けます。

ようやく直近で録音ができます(笑)
元に戻りました。

でも、またダメになりますけれども。

前に録った時からですね、5本やっております。
11泊12日というですね、ツアーでしたので。

7月に遡りましてですね(笑)
7月31日の佐世保!
アルカス佐世保

8月2日の佐賀市文化会館

8月4日の香川県民ホール・・えぇ・・レクザムホール

8月7日がふくやま芸術文化ホール

8月9日が出雲市民会館
今年は島根で2回もやってしまいました。

それぞれお出で下さいました皆様、ありがとうございました。

かなりのタイトなスケジュールでしたけれど、おかげさまで調子よくできました。
あと残り6本でございます。

今週、あさって15日、火曜日、16日、水曜日、北海道へ参ります。
札幌ニトリ文化ホール
旧札幌厚生年金

札幌厚生年金、壊すとか壊さないとかいってますが、ひょっとしたら今回が最後になるかもしれませんが。

そのあと、どうするんでしょうね、だけど。
ん~ねぇ。

壊すばっかりで、造るの、どうすんでしょうね。
分かりませんね。

えぇ、今週の土曜日19日は苫小牧市民会館
千歳空港からは、こっちが近いので。

で、来週は網走に参ります。
生まれて初めての網走。

それぞれ、お待ち申し上げております。
北海道ツアーでございます。

残り6本
がんばって行きたいと思います!

暑い日が続いておりますので、番組の方は「納涼リクエスト大会」
引き続き・・・Part.6ですかね?

たくさんお便り頂きました。
ありがとうございます。
旅のみそらでハガキをチェックしまして(笑)
えぇ、選曲をいたしまして。

暑いので、涼しい曲がいいかなと、いう感じでございます。
夏向きに一服の清涼剤を目指しまして、日曜日の午後のひととき、お盆休みでございます。

今日は迎え火でございますね。
ご先祖様にお祈りを捧げ・・

私、あのぉ・・東京は7月がお盆でありますけれども。
今年はツアーでお盆ができなかったので、生まれて初めて旧盆で、今日は迎え火をやることになっております。

ほんとは、こっちのほうが旧暦としては正式な気が致しますが。
でも、東京は「7月だ!」
そういう、特に下町はですね。

なんか、ちょっとあれなんですけど。
こんなとこで、そんな事言ってもしょうがありませんが。

日曜日の午後のひととき、お盆休みの日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます。

皆様のリクエストにお応えいたしまして「納涼リクエスト大会」
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します。

「CHEER UP! THE SUMMER」たくさんリクエスト頂いております。
今日は「COME ALLONG」バージョンではなくて普通のバージョンでございます。

神戸市の超常連、K.Mさん。

『ツアーの質問ですが、今回は北海道から九州まで、その行くコースは達郎さん自身が決められるのでしょうか。

また今回初めての北海道の網走がありますが、何か思いがあるのでしょうか。
是非お聞かせ下さい。』

全てイベンター同士の話し合いでですね、上手くつながるように作っておりますが。
網走は北海道のイベンターの人がですね
「是非、届けたい!」
そういう一途な思いでございます。

生まれて初めての網走、楽しみです!

♪ CHEER UP! THE SUMMER/山下達郎

~ CM ~

♪ Girls On The Beach/The Beach Boys


◎リスナーからのお便り(愛知県小牧市のK.Rさん) 

『7月21日の名古屋2日目、観に行きました。
素晴らしい内容で、歌、演奏、MC、どれをとっても申し分のないライブを堪能させて頂きました。

ふと気づいたことがあります。

宮里陽太さんが使うサックスですが、メインはアルトで、曲によってソプラノと使い分けていますよね。

今回のライブではアンサンブルでバリトンを使った曲もあったのですが、テナーを吹くところは未だかつて見たことがないような気がします。

彼がテナーを使うことはあるのでしょうか。
私はジャズが好きで、よく聴きますが、サックスといえばテナーやバリトンの低音楽器が好きです。

宮里さんのテナーも是非聴いてみたいのですが、使わない理由は何かあるのでしょうか。』

達郎氏:

アルトとテナーは、はっきりまず分かります。
テナー使う人はアルトは吹かない人、多いですし。
アルト吹く人は、テナー吹かない人多いです。

で、アルトとソプラノ、テナーとソプラノということは、ありますね。
multi woodwinds 全部吹く人は、言い方悪いですけど、あんまり上手い人いません(笑)

宮里くんは、元々ブラバンでバリトンだったんで、バリトンはちゃんと吹きます。
今回はアンサンブルで、かなりバリトン手伝ってもらってます。

テナーを、まりやのライブで吹いたことありますけども・・
吹けと言えば吹けますが、基本的にちゃんとした、ライブでの・・
もしくはレコーディングでの演奏は、アルトとソプラノに特化してやりたいという事であります。

だいたいジャズミュージシャンはそうですね。

ジョン・コルトレーンはテナーとソプラノ。

土岐英史はアルトとソプラノ・・・

という感じであります。
それに人によってはフルートが加わるという感じでございます。


♪ One Fine Morning/Lighthouse


◎リスナーからのお便り(世田谷区のN.Yさん、22才大学生) 

『私は父の影響で達郎さんのファンクラブ会員でもあり、コンサートには毎年行かせて頂いております。

最初は知ってる曲が「クリスマス・イブ」しかなく、父の解説をもとに聴いていましたが、7月8日の中野サンプラザのコンサートでは「あっ、この曲聴いたことある」という曲が増えました。

達郎さんは3時間半、休憩もなく、ひたすら歌われていますが、体力づくりなどはされているのですか? 』

達郎氏:

・・・・別に。


『また、父が達郎さんの曲を聴いて仕事をがんばっているので、試しで「仕事がんばって」と言ってもらいたいです。』

達郎氏:

試しで、仕事頑張って・・・


『これからも応援してます。
またコンサート行けること楽しみにしています。』

達郎氏:

親子の方が多いんですね、最近ほんとに、こういう形でですね。
ありがたいことですね。

宝塚かジャニーズかって感じですね(笑)
またどうぞ(笑)


♪ Mr.Dieingly Sad/The Critters


◎リスナーからのお便り(佐世保市のM.Aさん) 

『達郎さん、こんにちは。
プレミアム3時代からのサイレント・リスナーの超常連です。

達郎さんのライブが、よもや自分の待、佐世保で観れるなんて想像もしませんでした。

佐世保の話しを達郎さんの口から聞くと、今まで何十回と見たライブの中で一番アットホームな感がして。

そうなると会場の「アルカス佐世保」は達郎さんのおメガネにかなったのだろうか。
ライブ修了後は、どこで食事をするのだろうか。
泊まるホテルは、どこだろうか。
二日後の佐賀まで、どこか観光するのだろうか。

と、妄想が次から次と出てきましたが、「そんなこと聞いても、教えないぞー」と言われそうです。

それで、これは答えてもらえそうな質問ですが、1980年10月30日「佐世保市民会館」以来37年ぶりのライブで3人で食べに行った「カレーチャーハン」の話しなどをされましたが、ウィキペディアでは「ライド・オン・タイム コンサート80~81」10月30日は熊本市民会館になっております。

達郎さん自身が、鮮明な記憶としてお話されていたので、間違いないんでしょうが、真実はどうでしょうか?』

達郎氏:

ふっへへへ(笑)

よいご質問ですね。

えと・・結論から申し上げますと。
10月30日は、当初熊本だったんですけれども、スケジュールが変更になって、佐世保に変わりました。

販促物が当時ありましてですね、そこにコンサートスケジュールが書いてありますので、それには「熊本」と書いてありますが、実際には佐世保で行いました。

訂正が間に合わなかったというのも、ありますけど。

あの、ウィキを誰が書いたか判りませんけれども、ま、そうした・・
ウィキは一次資料ではございませんのでですね・・・

ウソが多いです!!

「ウソ」というのが悪ければですね

「私見」もしくは「感想文」

の類でございます。

ネットの80%は、そういうもんだと思ってた方がいいです。

「尽く書を信ずれば書無きに如かず」と同じです。
ネットは、もっと酷いですから。

全部信じないでください。
でも、それをいちいち訂正する暇もですね、意欲もありません。

あしからず、どうぞ。
良しなに、ひとつ。


♪ Selfish One/Jackie Ross

♪ Tengoku Kara Kaminari (Thunder From Heaven) /Israel Kamakamiwo'ole


~ CM ~


◎リスナーからのお便り(多摩市のO.Aさん) 

『よくアイデアが思い浮かぶ瞬間を「降ってくる」と言いますが、達郎さんは降ってきた曲のフレーズだったり、アイデアだったり、どうやって記録していますか。

小生、ものすごいアイデアマンじゃなかろうかと、うぬぼれる位、時々降ってくるんですが、たいていは電車の中だったり、なかなか記憶できない場面なのが困りモノです。

これが記録できていれば、今頃は大物なんでしょうが、凡人でよかったなぁと思う今日このごろです。』

達郎氏:

降ってくるのは、ありますね。
それは、やっぱりノートちゃんと持って。

最近は、でも、スマホがありますから。
そこのメモとかに入れられますので、便利です。

昔はもう、ノート持って歩いて。
一所懸命、ボールペンで書かなきゃ・・ありませんでしたけど。

音の方は、もうしょうがないですね。
あきらめるしか、ないですね。

五線紙の小ちゃいやつがありまして、それに書いてたりしてましたけど。
そんなにもう、最近は追わない、といいますかね・・。

年ですね(笑)
ふへへへへ(笑)


♪ Licking Stick - Licking Stick/James Brown

♪ オン・ザ・ロード・アゲイン/ウィリー・ネルソン


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
納涼リクエスト大会、一段落いたしまして、来週、再来週、8月20日、27日、二日間は竹内まりやさんゲストに「納涼夫婦放談」でございます。

若干前倒しでございますが、2週目ですと、まだ十分間に合いますので、お便り、リクエストお待ち申し上げております。
竹内まりやさん宛・・

〒102-8080

東京FM 山下達郎サンデーソングブック 「夫婦放談」の係

お便り、リクエスト、お待ち申し上げております。


名古屋市の女性からお便りを頂きました。

『先日の名古屋公演の迫力のあるパフォーマンス、ありがとうございました。

実は、私事。
昨年の春、免疫不全性の病にかかり、2ヶ月入院。
後遺症で視野欠損が残ってしまいました。

退院後、努めていた会社もやめ、将来に希望が持てず途方にくれていた頃、偶然この番組で視力に障害を持つ方が、毎年耳で味わうことのできる達郎さんのコンサートを楽しみにしてるとの話しを聞きました。

以前から隠れファンであった私も、これだと思い、今回のコンサートへの参加を決めた次第です。

当日は、1階後方の席であったものの、なんとステージのど真ん中。
達郎さんの正面に、その歌声のシャワーを存分に浴びることができました。

まだ再発の不安が残る中、少しづつ出来ることを増やしてる今日このごろ。
達郎さんのコンサートがまたひとつ私を後押ししてくれた気がして、なりません。

お体に十分気をつけて、いつまでもその素敵な声を聴かせて下さい。』


ありがとうございます。
くれぐれもお大事に。

医学の進歩は、なかなかテンポが速いですから、お気をしっかりお持ちになって、病気と戦ってください。
お大事に。

またいらして下さい。


というわけで、今日の最後は、季節柄・・
私の1998年のアルバム「COZY」から「夏のコラージュ」


♪ 夏のコラージュ/山下達郎

今週のオンエア曲

14:04 CHEER UP! THE SUMMER/山下達郎
14:10 Girls On The Beach/The Beach Boys
14:14 One Fine Morning/Lighthouse
14:19 Mr.Dieingly Sad/The Critters
14:24 Selfish One/Jackie Ross
14:29 Tengoku Kara Kaminari (Thunder From Heaven) /Israel Kamakamiwo'ole
14:37 Licking Stick - Licking Stick/James Brown
14:42 オン・ザ・ロード・アゲイン/ウィリー・ネルソン
14:46 夏のコラージュ/山下達郎









テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年8月6日『納涼リクエスト大会』

アルカス佐世保でのライブ(2017.7.31)に参りました。
あの曲、この曲・・しっかり楽しませて頂きました。

台風が近づいていますが、長崎は大きな影響はなさそうです。
8/5(土)の夕方、きれいな夕焼け空になりました(写真@佐世保市)
20170805夕焼けDSC_1191


今日のサンソン、オン・ザ・ストリート・コーナーのベースパート録音の話しは興味深かったです。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

8月に入りました。
夏真っ盛り・・・のはすでございます。

私もサンデーソングブック長くやっておりますけれど、こんな前倒し、珍しいです。

と申しますのも、7月の末からですね、長期ツアーに出ております。
2週間近く出ずっぱりでございます。

どっか地方で収録しても、いいんですけども。
飛び石と申しましょうか、1日おきで(笑)
一番今回のツアーでタイトなところなので。

ですので、涙を飲んで前倒しでございます。

ですので、またお天気のこと何にも申し上げられません。

えぇ、一応、はるか前でございますが、名古屋の国際会議場センチュリーホール、7月20日、21日、ここまで終わったところでございます。

お出で頂いた方、ありがとうございます。
名古屋も、とってもいいお客さんで、とても気持ちよく、やらせて頂きました。


そのあとツアーに出ましたので。
7月31日佐世保でございます。
アルカス佐世保。

8月2日が佐賀市文化会館
8月4日が何故か香川県に飛びまして、高松はレクザムホール、香川県県民ホール。

上手くいってるはずでございます(笑)

で、今週は福山に参ります。
ふくやま芸術文化ホール
月曜日でございますね、明日です。

で、9日の水曜日が、なんと出雲市民会館。
島根県、今年2回やるという・・

お待ち申し上げております。

これが終わりますと、もう一桁でございます。
あとは、あっという間でございます。

北海道行って、北陸行って、おしまい。
8月の末で終わりでございます。

だいぶ終盤に近づき、ラストスパートでございます。
がんばって行きたいと思いますが。
それの影響で、前倒しで録っております。
なかなか、もごもご言うしかありませんけど(笑)

でも、その間にですね、九州で豪雨で被害が出まして。
今度は東北で被害が出ましてですね・・・
ぜんぜん前倒しなので、何のインフォメーションもできませんで・・
申し訳ないですけれども・・

九州の皆さん、東北の皆さん、被災された方、心より御見舞申し上げます。
遅ればせながらでございますが。

そういうお便りも、たくさん頂いております。

北九州市のY.Mさん。
『私の職場同僚は北部九州豪雨にみまわれた福岡県朝倉市へ支援業務に行っています。
私が出来たのは、「仕事は我々に任せて、がんばって地元・・彼は朝倉市出身・・地元に貢献しておいで」と声をかけたことぐらいですが。』

広島県三原市のH.Tさんは
『全く私事ですが、広島県緊急援助隊として九州北部地方に支援に行くことになりました。
本日から実質4時間できることの限りやってまいります。』

えぇ、お便り頂きました。
どちらも7月中旬のお便りでございます。

秋田県横手市のK.Mさん。

ここらあたりが大変でございまして。
大丈夫かと思いましたら、お便り頂きました。

『横手市でも山に近いところや、河に近いところでは避難勧告が出ました。
友達の家は浸水してはいないものの、周囲の道路が塞がれて孤立状態です。

吹雪で高速道路が通れないことがありましたが、大雨で通行止めになったのは珍しいことです。

雪が一番怖い、叔母のワンコはずっとブルブル震えています。
自然災害はほんとに怖いです。

今年の夏は熊騒動に大雨、この先何ともないことを願うばかりです。』

遅ればせながら、御見舞申し上げます。
一刻も早い復興を陰ながらお祈り申し上げております。

番組の方は『納涼リクエスト大会』続いております。
素敵なオールディーズソングで暑気払いをしていただきます山下達郎サンデーソングブック。

日曜の午後のひととき、今日も皆様からいただいたリクエストカードとお便りで、1曲でも多く、1枚も多く・・
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します。

さて『COME ALONG 3』8月2日に発売になりました。
えぇ・・上手くいってるはずでございます(笑)
こればっかりだな(笑)

『COME ALONG 「1」「2」』もですね、めでたく正式版としましてデジタルリマスターで再発になりました。

『COME ALONG 3』から本日1曲目。

♪ The Theme From Big Wave/山下達郎

~ CM ~

♪ Everyday With You Girl/The Classics IV


◎リスナーからのお便り(新潟県阿賀野市のW.Sさん) 

『新潟公演2日間最高でした。
頑張るぞーという気が湧いてきた感じです。

さて今回公演中、突然気になり始めて、曲の間、達郎さんがお話されている時に、目を離せなかったことがあります。

それは腕時計です。

達郎さんはステージ上で腕時計を見て、「もうちょっと話せるな」とか「いけねぇ、喋りすぎた」などと時間調整なさっているのでしょうか。

私は教員をしていますので、授業中生徒が教科書やノートに目を向けている時に、ちらちら腕時計に目をやって時間調整をしています。

私の場合、雑談ですが、あとになって生徒からは授業内容は忘れたけど雑談が面白かったです、などと言われることがあり、複雑な気持ちになります。』

達郎氏:

えぇ・・よくありますね。
「私、サンデーソングブック、曲は一曲もわからないけど、話し面白いから聴いてる」というリスナー、昔からいらっしゃいますですね。

あの・・・別に腕時計してますけど、時計は見ません。
本番中には。

ギターを持って、何か左手がですね、ギターのネック抱えてるときに、なんにもないと、ちょっと寂しい感じがして。
ま、アクセントだと思って(笑)

時計は見ません、僕は。

ある、いわゆるフュージョン系の人でですね、なんか時計見ながらピアノソロしてる人がいましてですね、それ見てがっかりしまして(笑)

なるべく時計は見ないようにしています。


♪ Let's Twist Again/Chubby Checker

◎リスナーからのお便り(兵庫県加古川市のF.Kさん) 

『クローバーズの「デビル・オア・エンジェル」をリクエストします。
 
2014年大阪城ホールでのまりやさんのコンサート、アカペラのリンダで、達郎さんのベースの声を聴いたとき、「ああ、オン・ザ・ストリート・コーナーのあの一番低い声が聞こえると感動ひとしおでした。

先日のライブでオンスト4も考えてると、おっしゃられてすごく嬉しくなりました。
夏本番、どうぞお体大切に。』

達郎氏:

僕は、ベースシンガーじゃないので、ベースの声はですねライブやってるときに、体が鳴ってるときじゃないと出ないので。

オン・ザ・ストリート・コーナーは必ずライブをやった後に録りますが。

ここんとこ、9年近くですねライブずっと続けてるので、体が鳴ってるので(笑)
だったらオンストやってみようかな・・

ですから「2」から「3」まで空いたのは、あの90年代がほんとに1,2回しかライブがツアーができませんでしたのでですね。

普段だと、あのベースの音出ないんですよ(笑)

ライブの直後だと、良く出るので。
だから何曲かレコーディングしょうかなと。
ツアーが終わったら・・・と思っております。

♪ デビル・オア・エンジェル/クローバーズ

♪ Top Down Time/The Dantes


◎リスナーからのお便り(北海道紋別郡のN.Mさん) 

『初めてハガキ出します。
北海道の夏もかなり暑いです。

心身ともにリフレッシュしたく、夫婦でカラオケボックスへ行きました。
夫は達郎さんの曲に挑戦。

「普段聞いてるから歌えると思ったら、難しいもんだね(汗)」

と、苦戦していました。

私は竹内まりや縛り。
たくさん歌った中には学生の時にはわからなかった歌詞の意味が、四半世紀たって心にしみました。』

達郎氏:

お仲の良いご夫婦でございます。
カラオケで暑さ乗りきって下さい(笑)


♪ ネヴァー・マイ・ラヴ(かなわぬ恋)/アソシエイション


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続き。
久し振りに、ずーっと納涼リクエスト大会。

さて、納涼リクエスト大会のあとは、毎年恒例『納涼夫婦放談』でございます。

『夫婦放談』もですね、今年はちょっと前倒しになりそうなので、今のうちから呼び込みをさせて頂いております。

8月20日、27日 2日間行います。
竹内まりやさんゲストの納涼夫婦放談
竹内まりやさんあてのリクエスト、お便り、お待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


◎リスナーからのお便り(徳島県小松島市のN.Mさん、Sさんご夫婦) 

達郎氏:

このあいだ、お子様がインターハイに出場されるというので、宮城県まで車を1000km応援に行くというですね、お便りご紹介しましたけれども。

その時、わたし「Nakamura」って言ってしまったんだそうです。
「N・・・」です、スイマセン!

よくあるんです、私。こういうの。
最近特に、アレなんですね。

いつも山岸くんに怒られるんですけど。
まことに申し訳ございません。

♪ That Sunday,That Summer/Nat King Cole

♪ Let It Be Me/Jill Corey

♪ CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU ~君の瞳に恋してる/山下達郎


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
来週も引続き「納涼リクエスト大会」
その次は、20日、27日と竹内まりやさんゲストに「納涼夫婦放談」でございます。
お楽しみに。

今日の最後は・・・
北九州市の超常連O.Sさん。

『最近サンソンを聴き終わったあと、何で名前呼ばれないのかなぁ、と、ここ6ヶ月くらい愚痴ってます。

お願いします! 名前を呼ばれると月曜からまた仕事がんばろーと気合入るのです。』

あーれ、そんなにご紹介してませんでしたかね。
字面が見慣れてるので、読んだ気になるんですね。
すいません。

今日の最後は山下達郎「僕らの夏の夢」

♪ 僕らの夏の夢/山下達郎

今週のオンエア曲


14:05 The Theme From Big Wave/山下達郎
14:09 Everyday With You Girl/The Classics IV
14:14 Let's Twist Again/Chubby Checker
14:18 デビル・オア・エンジェル/クローバーズ
14:22 Top Down Time/The Dantes
14:25 ネヴァー・マイ・ラヴ(かなわぬ恋)/アソシエイション
14:32 That Sunday,That Summer/Nat King Cole
14:37 Let It Be Me/Jill Corey
14:41 CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU ~君の瞳に恋してる/山下達郎
14:46 僕らの夏の夢/山下達郎



テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ