プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2011年12月25日「年忘れ夫婦放談 Part2」

長崎も小雪がちらちらと舞いました。
浦上天主堂はクリスマス・デコレーションでライトアップされました。

urakami Xmas_002

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

いよいよ今年最後のサンデーソングブック。
そして、19年間余に亘りましてスポンサリングを担当して頂きましたジャックスカードさんの最後のプログラムになります。

19年間、ジャックスカードさん、誠にありがとうございました。
厚く厚く御礼を申し上げます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

1月1日から新しいスポンざーで始まりますが、いいスポンサーがついてくれそうな気配がございます。
1月になりましたらご紹介差し上げます。

さて、私のライブの方も今年いよいよラストになりました。
本日25日、明日26日、東京中野サンプラザホール。
年末恒例の中野のサンプラザでございますが。

月に1回づつくらい東京公演が4月まで続いて行くことになりますが、その皮切りでございます。

珍しくクリスマス・デイにライブで、人がリラクスゼーションしてる時に、こちらは仕事すると。
そういう、人様のためにあれしてるので、しょうがないのですが。

珍しいクリスマス・デイのライブでございます。

という訳で先週に引き続きまして、今週もこの方がゲストです。

まりやさん:

こんにちは。竹内まりやです。

達郎氏:

毎年恒例、年忘れ夫婦放談Part2
今年最後のサンデーソングブックも

まりやさん:

もう、これで今年最後。
早いね~。

達郎氏:

今年は早かったよ

まりやさん:

あっという間でしたね。

達郎氏:

ほんとにね。

そういう訳でクリスマス・イブじゃなくて、クリスマス・デイですので。
今週はどちらかというと、わりとベタなやつを、クリスマス・デイなので、クリスマス向きのという感じでございます。

あとは竹内まりやさんのシングルに関する情報、その他でございます。

まずはこの曲。
リクエスト頂きました、福岡市のH.Hさん。

『達郎さん、まりやさんの好きなクリスマスソング&CD&料理は何でしょう』

まりやさん:

クリスマスソングは「ザ・クリスマス・ソング」が好きですね。

達郎氏:

クリスマスのCD・・・

まりやさん:

アンディ・ウィリアムス

達郎氏: 

私は、ビーチボーイズとフィルスペクターとザ・コーポレーション・・・
この3枚しか聞きません(笑)

クリスマス料理・・・

まりやさん:

最近はチキンですよね。

達郎氏:

そうですね。

♪ すてきなホリデイ /竹内まりや

~ CM ~

♪ White Christmas (Happy X'mas Show Version) /山下達郎

達郎氏:

クリスマス・デイなのでクリスマスソングでございますが(笑)
ホワイトクリスマス。

ホワイトクリスマス、私のやつですとアカペラバージョンのですね、クリスマスイブのシングルのカップリングがオン・ザ・ストリートコーナーに入ってます。
それがオフィシャルなものですが、これは、ちょいと毛色が変わったやつで2000年代に日本テレビのハッピー・クリスマス・ショーというのが毎年ありますけれど、それのテーマソングです。

まりやさん:

CD化されてない音源ですね。

達郎氏:

未CD化です。
来年で「Seasons Greetings」が20周年になるので、だからそれの時に21世紀リマスタリングで、ジングルベル・ロックとかね、いろいろあるやつは、みんなボーナストラックで叩きこんでやろうと!

2012年バージョン、とかやってみようと思ってますが。

◎ 竹内まりやさんニュー・シングル 

達郎氏:

で、竹内まりやさん、1月25日ニュー・シングルが出ます。

まりやさん:

はい。え~と、NHKドキュメンタリドラマ、1月1日から始まりますけども「開拓者たち」の主題歌です。

達郎氏:

「いのちの歌」
それとカップリングがあります。

まりやさん:

カップリングはコーセー化粧品の「輝く女性(ひと)よ!」

達郎氏:

で、まだですね、ひと月前なので、まだ解禁にならないので、今日はフルバージョンがかけられないので、CMサイズで。あとはドラマサイズね。ショートバージョンでいってみようと。

まずはカップリングの方から先に行きましょう。
でも、これ一応、本邦初オンエアなんですよ、サンソンでは。

まりやさん:

そうですか。ほう。

達郎氏:

かけてないです。
CMサイズも。

まりやさん:

女性賛歌です。これ。

達郎氏:

そうです。
60秒バージョンで今日はお聴きを頂きます。

♪ 輝く女性よ!(CM Size) /竹内まりや

◎ リスナーからのお便り 

達郎氏:

先週読めなかったやつでね、結構へんなのがあるんですよ。
倉敷市のI.Mさん。

『奇問、珍問コーナー・・・』

ねぇんだよ、そんなもん!

『番組の中で曲がかかってる間、達郎さん何しておられるんですか。
例えば長い曲の時はトイレ行かれたり、飲み物を口にされたりするのでしょうか』

ふっ(笑)
そんな事聞いてどうすんだ(笑)

まりやさん:

次の準備してる事が多いよね。
次のハガキを探したりしてますね。

達郎氏:

とてもじゃないけど、アレです。

◎ いのちの歌 

達郎氏:

もともとは、茉奈佳奈さんの朝の連ドラの・・・

まりやさん:

"だんだん"の劇中歌です。

達郎氏:

茉奈佳奈さんのシングルカットになりましたが、それが巡り巡って本人のセルフカバーになりました。
1月1日からスタート致します、BSプレミアム「開拓者たち」。
4週間にわたったドキュメンタリードラマでございますが、これの主題歌。

まりやさん:

すばらしいドラマですね!
これは是非見て頂きたいです!
感動しました、私。

達郎氏:

是非どうぞ。

1月25日にシングルリリースされますが、初回限定盤のみ2代特典付き。
その1、ピアノ&ボーカルバージョン

まりやさん:

これは作曲者の村松さんがピアノ弾いて下さってる。

達郎氏:

それをボーナストラックとして収録されます。
さらにですね、「いのちの歌」のピアノ譜、封入されております。

まりやさん:

「いのちの歌」ってね、老人ホームとか小学校の卒業式とか、みんなコーラスの会とかで、割と歌って下さってる方、多いんですね。

だからピアノ譜があると、きっと・・・
これはGのキーなんですけど。
茉奈佳奈ちゃんたちはCのキーなんですけど。
是非、お役に立ててください。

達郎氏:

こちらは早くもリクエスト頂いてます。
富山県滑川市のY.Yさん。

『娘の結婚式を無事終わって安堵感で一杯です。
クライマックスの娘から母への手紙のバックに「うれしくてさみしい日」
娘のピアノの先生で、幼いころから娘のことを見てくれていた友のピアノ伴奏。
そして新郎の妹さんのオーボエの伴奏にのってグッときました。

26年前には主人と私が雛段に立って、今回主人と私が居た席には自分たちの親が居たのだと思うと不思議な気持ちも。

このように繋がって行くのですね。
次は祖父母の席に居られるのでしょうか』

茨木市のN.Mさんはですね、御長男がご病気で、ですが無事退院されたと。
お大事にどうぞ。

大和市のK.Tさん。

『まりやさん、今年観た映画の中でよかったのは何でしょうか』

まりやさん:

今年忙しくて観てないんですけど、印象に残ってるのは「モテキ」
亜弥ちゃんのソングミュージカルの監督さんだった大根仁さんが監督されてるんですけど。

達郎氏:

何にも観てない。全然!


♪ いのちの歌(ドラマサイズ) /竹内まりや

◎ リスナーからのお便り

まりやさん:

じゃこのあたりで、お葉書を紹介しましょう。
これ達郎さんに質問ですね。
香川県坂出市のN.Kさん。

『"いのちの最後のひとしずく"っていう曲がレイオブホープの中にありますが、歌詞に"人生はたった2秒で何もかも変わってしまう"とありますが、何故2秒という中途半端な時間を使ったのですか。

1.特に意味は無し
2.ゴロが良かった
3.インタビューで聞かれたら"2秒じゃだめなんですか"と答えたかった 』

達郎氏:

気分、気分、そんなもん!
でも5秒より2秒の方がいいだろ。

まりやさん:

でも2秒ってどこからきたのかなって、私も思ってた。

達郎氏:

あ、そう。
一瞬だから、ほんとは1秒の方がいいんだけどね。

まりやさん:

"♪一秒で~"だとゴロが合わないから?

達郎氏:

あとは5秒しかないじゃない。

まりやさん:

気分なのね。

達郎氏:

うん、気分!
でも、5秒よりは2秒だよな。

まりやさん:

だそうです。

達郎氏:

2秒の方がイントネーション綺麗

◎ リスナーからのお便り(愛知県のO.Sさん) 

まりやさん:

『こんにちは、ずばり達郎さんの変な癖は何ですか』

・・・なんだろうね。

達郎氏:

へんな・・・くせ(笑)
何ですか?

まりやさん:

私が見てると、貧乏ゆすりするんだよね。

達郎氏:

生まれつきですね。

まりやさん:

何か耐え忍ばないといけない時間が長くなると自然に足が動いてく。

達郎氏:

私は中学の時から熊と言われてね・・・

まりやさん:

ウロウロするね!

達郎氏:

そう、ウロウロしてんですよ。

まりやさん:

でも今、携帯があるから・・・
ラインで繋がった電話だったら、電話がもうグルグル巻きになっちゃってるくらいグルグルしてたけど。
今、携帯だから!

達郎氏:

そうですね!

まりやさん:

自由に行ったり来たり。

達郎氏:

2階にまで行きますからね(笑)

まりやさん:

そうだよね(笑)


◎ リスナーからのお便り(北海道のI.Hさん) 

達郎氏:

『まりやさんは、いつも達郎さんのツアーの際、大体何本くらい観に行かれるのですか。
こっそり行くこともあるのでしょうか』

まりやさん:

ん~そんなに沢山観てないですね。
今回は2回、3回観てますけど。

でも、関東近辺は観てるかな。
今年は、私忙しいから・・・(笑)

◎ リスナーからのお便り(沖縄県のT.Mさん) 

達郎氏:

『12月は飲み会の多い時期です。
私たちの飲み会の締めは、ほとんどカラオケです。
私の友人にカラオケ店に置いてあるタンバリンやマラカス等の鳴りものが凄く上手で、カラオケの場を大いに盛り上げてくれる人がいます。

ミュージシャンは、ミュージシャン仲間とカラオケに行くことはあるのでしょうか。
達郎さん、まりやさんはミュージシャン仲間とカラオケに行ったことはありますか。

パーカッションやコーラスの人達と一緒のカラオケって凄く楽しそうです。』

まりやさん:

ないよね?

達郎氏:

ないね!
ミュージシャンとは行かないね!

まりやさん:

行かないね。
石橋貴明さんと秋元さんと昔行った時に、石橋さんが"ピーチパイ"を出したのよ。
"知らないよこんな曲"って言われて(笑)

達郎氏:

へへへっ(笑)

まりやさん:

あれ以来、行ってないかもしれない。

達郎氏:

カラオケ嫌いです。

普通の方はね、カラオケでリラクゼーションして。
こういうとこまで行って、歌、歌いたくありませんよ!

まりやさん:

そういう割には、マイク握ったら離さないからね。
洋楽カラオケとかさ。

達郎氏:

だって洋楽カラオケってさ・・・

まりやさん:

"Born To Be Wild "とか始まっちゃったら離さないじゃない!
ふふふ(笑)
知ってるもんねぇ!

達郎氏:

ふふふ(笑)
昔の話でしょ! それ!
そうやって、ある事ない事、肥大させないで下さいね。

ここカット!

♪ THE CHRISTMAS SONG /竹内まりや

~CM~

達郎氏:

毎年これも、いつも恒例でした1月の1週、2週。
大瀧詠一さんゲストに新春放談なんですが、来年はちょっと都合によりお休みさせて頂きます。
すいません。

その分、新春で棚つか。
でもあんまり面白くないんですよね、ニューイヤーで調べたんですけど。
ろくな曲がありませんので(笑)
何か考えてみたいと思っております。

でも正月からカルトな曲でも困りますからですね。

そういうわけで、来年1月1日から新生サンデーソングブック
1003回目からのサンデーソングブックご期待下さい。

まりやさん:

ジャックスさんの、この間に挟まってくCMも、すごい面白いの一杯あったね。

達郎氏:

ジャックスカード名作CM集とかCDで出すと面白いかもしれませんね!


◎ リスナーからのお便り(香川県高松市のK.Kさん) 

達郎氏:

『12月11日は放送1000回記念となることで、ほんとにおめでとうございます。
ふと思ったのですが、それならライブは何日目になるのだろうと思い、昨年のツアーパンフを頼りに数えてみましたら、12月11日の時点で560回でした。

私の数え間違いでなければいいんですが。
私の友人が徳永英明さんのファンでツアーのファイナルがライブ1200本目だとか言っていたことを思い出し、あらためて達郎さんのライブの少なかったのを感じました。』

まりやさん:

ちっちゃいライブ入れたらもっとあるのかもしれないよね。

達郎氏:

そうね、ま、あのぉ・・
でも大体は、そんなもんでしょ。
90年代は、ほとんどやってないから。

まりやさん:

でも1本が3時間30分コースってのは、なかなかないかもしれないね。

達郎氏:

人の2本分やってますから(笑)
今でも3時間越えてますから(笑)

いつまで3時間できるんでしょうね。
体が持つまでですね。

まりやさん:

でもSONG BOOKは2000回を迎える頃に、達っぁんが78歳を迎える

達郎氏:

止めてくれぇ~!(笑)

まりやさん:

まだやってると思うんだよね。
まだこうやって棚つかやってると思う。

達郎氏:

止めてくれぇ~!(笑)
でもオールディーズははっきり言って一生できますからね。
新譜じゃない限りね。

◎ リスナーからのお便り  

達郎氏:

ま、ほんとに今年はいろんな事がありまして、特別な一年となりました。
板橋の消印があります。

『今年は100年に一度の震災が起きてしまい、大変な年になってしまいました。
来年は辰年ですので、きっと良い年になると信じて歩んでいきたいです。
これから寒いので、お体に気を付けてください』

メリー・ゴー・ラウンドのハガキを送って下さいました。
こういう内容のお便りが、今年は沢山頂いております。

◎ 希望という名の光

我々も、歌作る立場として、いろいろと思うところがありまして。
そんな中で、今年アルバムを出しましたので、特にこの曲が私の中では特殊な位置づけをする曲になりました。
希望と言う名の光です。

たくさん、今日もリクエスト頂いております。

やっぱりね、こういう時代になりますとですね、また私たちも年をとってきますので、健康とか生活とか、そういうようなハガキ、お便りが沢山来るんですよ。

新潟県のT.Kさんはお嬢さんがご病気で・・・というお便りです。
お大事にどうぞ。
一関市のS.Hさん、この方も両親の介護、その他、そういうお便りを頂いております。

今年の私にとっての象徴的な一曲をお聴きを頂きましょう。

♪ 希望という名の光 /山下達郎


まりやさん:

これ、ライブで今回のツアーでも聴いているんですけども、やっぱり書かれた時とは違った意味を持って響いてくる。

達郎氏:

去年聴いたのと、今年聴いたのでは違うという、そういうお便り沢山頂きました。
歌というのは、ほんとに不思議だといいましょうか。

まりやさん:

わたしが「いのちの歌」を書いた時と、今また聴くのと自分自身も違うんですけど。
同様に「人生の扉」とかも、書いた時の意図とは違った意味で人々の心に届いているっていう感じが凄い。

達郎氏:

我々もやっぱり、それなりの年齢を重ねたんですね。
だからそういう、昔20代はこういう歌は書かなかったわけね。

「蒼氓」作ったのは35なんだけど、それでも随分歳とったなってその時思ったんだけど。

まりやさん:

さらに年を重ねて、思うところが自然に歌に反映してる・・

達郎氏:

反映するよね。
それがシンガーソングライターっていうもののね、業というか宿命というか、そいうものなんですけど。

まりやさん:

でも、こういう時代だからこそ、せめて歌ではね、希望だとか明るい気持ちとか、そういものを届けたいと思うし、人々の気持ちにリンクするような歌を作りだしたいなと思いますね。

達郎氏:

そうですね・・・。
こういう時代になったら、ほんとに、そういうものが最優先されますよね。
平和な豊かな時代だと、批評精神とかね、そういうのもアレですけど。

こういう暗いっていうか、沈んだ時代っていうのはね、やっぱりね、少しでも奉仕しないと。
人の心に。

まりやさん:

それは凄く感じた1年だった。

達郎氏:

ほんとにそうですね。

まだ、不透明なところも沢山あるので、来年は少しでも前進させていくと。
そいう年にしたいなと、いうことですね。

◎  人生の扉 /竹内まりや 

達郎氏:

今年は、ほんとにそういうお便り、たくさん頂くようになりました。
そういう方が、この曲をお聴きになって、いろいろと感じる方もあると・・・

そうした歌を通じて、少しでも力になれればと祈りつつ。
竹内まりやの「人生の扉」

♪ 人生の扉 /竹内まりや

◎  エンディング 

達郎氏:

というわけで今年も一年お送りして参りましたサンデーソングブック。
今年最後のサンデーソングブックでございました。

ゲスト竹内まりやさんでお送りしてきました。

まりやさん:

ありがとうございます。

達郎氏:

年忘れ夫婦放談

ジャックスカードさん、1002回に亘ってスポンサリングをして頂きました。
心より御礼申し上げます。

まりやさん:

ジャックスさん、どうもありがとうございました。

達郎氏:

新年からのサンデーソングブックは新スポンサーで運営されます。
また心機一転、新しいサンデーソングブックが始まりますので、皆さん是非ご期待頂きたいと思います。

先週、今週申し上げましたみたいに、新春放談お休みになりますので、普通の新年、ちょっと色々と考えてみたいと思いますが(笑)
ツアーやっておりますのでですね、どうしようかと。
そういう感じでございますが。

いずれにせよ新年・・・
ほんとに今年一年は、いろいろあった年でございます。

来年は少しでも良い方向に世の中が向かうように。
世界が向かうように、祈りつつ今年のサンデーソングブックはお開きにしたいと思います。

竹内まりやさん、今年もありがとうございました。

まりやさん:

ありがとうございます。

達郎氏:

来年もまた宜しくお願いします。
それではみなさん、メリー・クリスマス!

そして来年も皆様にとって良いお年でありますように。

今年のサンデーソングブックはこれでお開きでございます。
それではみなさん、良いお年を。


今週のオンエア曲

14:03 すてきなホリデイ /竹内まりや
14:08 White Christmas (Happy X'mas Show Version) /山下達郎
14:12 輝く女性よ!(CM Size) /竹内まりや
14:17 いのちの歌(ドラマサイズ) /竹内まりや
14:22 THE CHRISTMAS SONG /竹内まりや
14:34 希望という名の光 /山下達郎
14:40 人生の扉 /竹内まりや





スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ