プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2015年01月25日『棚つか』


長崎は日曜日の夕方から雨になりましたが、それまでは良い天気に恵まれました。


今週のサンソンで達郎さんの愛車のお話が出ました。
車中でもドゥー・ワップ聴いてらっしゃるんですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

1月25日、今週でもう1月も終わりでございます。
最後の日曜日でございますが。

東京はほんとに寒くい日が続いております。

相変わらずインフルエンザ・・・流行っておりますが。
私のスタッフはノロウイルスにかかりましてですね。
今日は休んでおります。

色々な病気が・・
やっぱり、それは気候が寒いから、東京は。
全国的に雪がたくさん降りましてですね、各地でいろんなことが起こりますが。

皆様、お体は、くれぐれもお気をつけ下さい。
私はおかげ様で、何年かぶりに(笑)、のんびりした1月でありましたが。

その間に自宅の・・2年位何にもできなかった自宅の、自分の仕事場の掃除。
それから、そろそろ機材がですね、リニューアルしなきゃなんない・・

プロツールスの手入れとか、パソコンの買い替えとか。
メインに使っているウインドウズのマシン、昨日壊れましてですね。
たぶんOSが悪いのでウインドウズの再インストールをしなきゃいけないんですけど。

私、8にまだ行かなくて、7のままで・・10待でございます。
もうちょっと、もってくれれば10にいけたのに・・・そういうアレですが。
ブツブツ言いながら・・・

だいたい1月にパソコンが変になるのが多いんですが。
再インストール、これから帰って、また朝まで・・・ぞっとしますですね。

グズグズ言っててもしょうがないので(笑)

でも番組はおかげ様で、ちょっと心の余裕がありますので。
皆様のお便り、いろいろと拝見しつつですね、今日も頑張っていってみたいと思います。

昨年は、ほんとに、あのぉ・・纏まった特集もできませんでしたし、CDのオールディーズもののですね再発のCDも、ご紹介も思うに任せないで、やっておりましたけれども。

今日は、そうした昨年にかけたくて、全然かけられなかったようなヤツを、今日は棚からひとつかみ。

山下達郎のレコード棚からアトランダムにお聴きを頂くレギュラープログラムという形で、いろいろとお聴きを頂きたいと思います。

本来のサンデーソングブックのプログラムになります。
日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングをお楽しみ頂きたいと思います。

サンデーソングブック、山下達郎、今日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します。

とっとだけ、珍しいおリクエストハガキにもお応えしつつ、今日も張り切って参りたいと思います。

この季節ですと、この曲が随分リクエスト下さいます。
今日もリクエストカードたくさん頂きまして、今日もリクエスト特集で良かったんですけども。

でもなんか、かけたいのがあるので(笑)
すいません。

♪ ヘロン/山下達郎
 
~ CM ~

♪ Shining Star/The Manhattans

♪ It Couldn't Hurt/The Manhattans

◎リスナーからのお便り(茨木市のN.Mさん) 

『先日の放送で、宝くじ300円当たりましたと仰っていましたが、宝くじは連番でもバラでも10枚買うと、下一桁は0から9になっています。
なので必ず1枚は当たりです。

嬉しそうに喋ってる達郎さんが、少しおかしくて。
ちなみに年賀状、今年は1枚もあたりませんでした。』

達郎氏:

・・・知ってるんですけどね。
いいじゃありませんか。

自分で番号確認して、当たったと。
そいで、うちのスタッフがノロウイルスで今日欠席しているので、先週申し上げた、そのお年玉年賀はがきの照合・・・

どうしようもないですね!
ほんとに。

◎リスナーからのお便り(福岡県朝倉市のM.Mさん) 

『気になる質問です。

達郎さんは車での運転中、聴く曲はこだわりありますか?
それか、ラジオ派でしょうか。』

達郎氏:

私の車、古いのでですね・・・
あのぉ・・バッテリーがすぐ上がるので、いつもバッテリー切ってます(笑)

ラジオはチューニングが目茶苦茶になるので(笑)、聴くのはもっぱらiPodに入れてあるドゥーワップとサザンソウルです。

すいません。
時代変わりましたね。

◎リスナーからのお便り(豊中市のF.Kさん) 

『サンソンはオールディーズソング番組なのでしかたがないのですが、達郎さんのお気に入りの新譜、2014年が知りたいです。

松尾さんの番組にゲストで出ていただければ分かりそうなのですが、よろしければタイトルだけでもお教え下さい。』

達郎氏:

えぇ・・・新譜、手を出すとですね、とっても夜も眠れなくなっちゃうんです。
昔、NHKで30年前にレギュラーやってた時は新譜もやってたんですけどね。

このサンソンを始める20年前に新譜をやると体が持たないだろうなと。
オールディーズに特化すれば、なんとか自分の持ってる知識だけで、出来ますのでですね。

結構たいへんなんですよ(笑)こういう番組も。
新譜やろうと思うと。
一人じゃとても無理なので。
チャート追ったりするので。

でも、まぁこういうお便り頂きましたので。

これは、まぁこうしたオールディーズに挟んでも、新譜でもぜんぜん遜色が無いもんなので。
何を・・意味が判りませんけれども(笑)

ちょうど去年の今頃に出ました。
歌ってるのが、Robin McKelleという女性シンガーであります。

この人は、どっちかというとジャズのフィールドの人でサラ・ボーンの再来なんて言われてた人ですけども。
この人が去年の1月に突然サザンソウルのアルバムを出しましてですね。

タイトルもずばり「Heart of Memphis」というですね。

それでもうコテコテのサザンソウルなんですが。
しかもそれが殆ど自作で占められてる素晴らしいアルバムで、結構聴きまして。

プロデュースしてるのがスコット・ボーマーという・・・
この人は南部のメンフィスのベーシストかな・・ミュージシャンですが。
映画音楽担当してて結構有名な人です。

サザンロック好きな方でしたらですね2014年にこつ然と表れた、コテコテのサザンロック。

♪ Abount To Be Your Baby/Robin McKelle & The Flytones


◎リスナーからのお便り(京都市のS.Sさん) 

『十何年も聴視させていただいておりますが、ハガキを出すのは今回が初めてです。
大阪フェスティバルコンサートには何回か行きました。

ところで神戸、大阪、滋賀はよくいってらっしゃいますが京都では何故やらないのでしょうか。
達郎さんに合うホールが無いのでしょうか。

難波さんはたまに京都のライブハウスに出てらっしゃるようなのに。
ライブハウスコンサートでもいいので、京都でお願いしたいと思います。』

達郎氏:

よく、この・・
こうした同様なお便り頂きますが。

京都はですね、京都会館というホールしかないんですが。
あそこ、ほんとに、あの・・
「やらない」んじゃなくて「やれない」んです。

セットが乗らない。
バトンが少ないので照明も、思うようにいかないという・・
誰も行かないという・・ホールになってますが。

もうすぐ京都が、ホールがリニューアルするそうなので。
そしたら京都、出来るようになるので。
嬉しいです。

別に行きたくないんじゃないんです。
出来ないんです(笑)
もう少々お待ちください。

♪ This Time They Told The Truth/Z.Z.Hill

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週はどうしようかなぁ・・
ジミーウェッブ、もうちょっと準備したいな、というのもありますが。

未年なので「ひつじで棚つか」なんて馬鹿なこと考えましたが、曲があんまりいいのがないので。
来週、半分くらいやってみようかな・・。
来週は、この続き・・・ひつじ絡みの(笑)
へへ(笑) 馬鹿だね(笑)

引き続き、リクエスト、お便り、たくさんお待ち申し上げております。

102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


◎リスナーからのお便り(兵庫県川西市のN.Mさん) 

『初めてお便りします。
山下さんのファン歴は長いのですが、今回やっと息子が良き伴侶を得て新生活をスタートすることになりましたので、いつも聞かせて頂いている番組でお祝いのメッセージを送りたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

Yさん、Mさん、結婚おめでとう』

達郎氏:

伝言板みたいにんって来ましたね(笑)
ま、いいんです。
それでもお役に立てれば。

おめでとうございます。

◎リスナーからのお便り(熊本市のK.Aさん) 

『質問があります。

達郎さんのライブの際、一番前の席を確保することは、私のような凡人では不可能な事なのでしょうか。

ライブの時、いつも2階席から”前の人、いいなぁ。あの人はたち、超セレブ? 
それともファンクラブの中でも完璧な人?
それとも、すごーいコネのある人たち? ”
と思って観ています。

私もあんな風に近くで達郎さんの歌われる姿や、シャカシャカとギターを弾かれる姿を拝みたいと思うのです。

一番前で達郎さんの姿を見ることができたら、興奮しすぎて鼻血が出てしまうと思います。

こればかりは、どうにもこうにもならない事なのでしょうか』

達郎氏:

あのぉ・・
コネとかそういうの無いです。
僕んところは全然。

割とメカニカルにあれしますが
ほんとに最前列にお座りになられる方と、2階の後ろの方で・・何でだよって、そういうのはもうね、運でしかないんですよ。ほんとに。

一度もチケットが取れないってお叱りのお便りくださる方もいらっしゃいますし、今回は6回観たとかですね、7回観たとかそういうおっしゃる方もいらっしゃいますしですね。

こればっかりは運なので。
如何ともし難いですが。
頑張ってください(笑)

頑張ってくださいって、変ですね(笑)


♪ Alley Cat(ひとりぼっちの子猫チャン)/Les Brown & His Band Of Renown


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

また今日も時間が半端ですが・・。
お便り、お時間まで。

私もこの番組20年以上やっておりますのでですね、同世代の方、そろそろ定年の方が出てまいりました。

長野県千曲市のY.Kさんから頂きましたが。

『前略 毎週楽しく聴かせて頂いております。
私、この3月で満期退職となり、学生以来三十数年ぶりに無職の身となります。

生活不安はありますが、希望や期待感は膨らむばかりです。』

前向きのお便りでございますが。
まだまだ、人生は続いていきます。
ひとつ、楽しんで下さい。

と思いますと、こちらは京都市のK.Nさん。
珍しいご苗字の方ですが。

『達郎さんはじめまして。
私の父は達郎さんの大ファンで、私が物心つく前から、車内には達郎さんの歌やサンデーソングブックが流れていました。

私は5歳くらいからずっと「パパの誕生日をサンデーソングブックに応募してあげるね」と言い続けてきたのですが、一度も実行せず、誕生日になると父に「いつになったら応募してくれるのかな」と言われる始末でした。

今年、私は大学を卒業し、社会人の一歩を踏み出します。
22年間の感謝の気持を込め、そして17年後しの約束を守るために筆を執らせて頂きました。

お便りを書くのは初めてで失礼もあったかもしれませんが、是非宜しくお願いします。』

お父さんのTさんに、ハッピーバースデイ。
親孝行のお嬢さんですね。

社会人生活、踏み出して頑張ってやって下さい。

てなわけで、この続きはまた来週。
来週もたぶん、棚つか(笑)
羊で棚つか、という・・・半分くらい(笑)

今日の最後は、福島県田村市のO.Sさん。
しつこく、リクエスト下さいました。

『今年5月で、私もリスナー歴、丸20年を迎えます。
今年も毎週欠かさず放送を聴き、なるべく多くのリクエストハガキを出して行きたいと思いますので、宜しくお願いします。』

涙が出そうなハガキです!

綾瀬はるかさんが出演したCMで使われていた、児童合唱団による「いのちの歌」をお願いします。
この曲を頑張って”しつこ”でリクエストしていきたいと思います』

お待ちどう様でした。

日本生命のCMソングに使われておりました「いのちの歌」
歌っているのが、ゆりがおか児童合唱団という人達です。

120秒、借りてきました!

CMのですと、ナレーション入っておりますのでですね、元の音源、借りてきましたので。
「いのちの歌」ですので、一応スポンサー各位のご厚意でかけさせて頂きます。

今日の最後は、ゆりがおか児童合唱団「いのちの歌」


♪ いのちの歌/ゆりがおか児童合唱団



今週のオンエア曲

14:04 ヘロン/山下達郎
14:10 Shining Star/The Manhattans
14:15 It Couldn't Hurt/The Manhattans
14:23 Abount To Be Your Baby/Robin McKelle & The Flytones
14:29 This Time They Told The Truth/Z.Z.Hill
14:40 Alley Cat(ひとりぼっちの子猫チャン)/Les Brown & His Band Of Renown
14:45 いのちの歌/ゆりがおか児童合唱団
スポンサーサイト

copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ