FC2ブログ

プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2019年7月28日『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集 Part 3』(#1398)

長崎市内は気温30度超えで真夏の天気です。
今日のサンソン、宮治さんとのコンビは、ほんとに楽しそうですね、達郎さん。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

7月最後の日曜日でございます。

今日は、前倒しで録っておりますので、お天気の話とか申し上げられませんけれども。

そろそそ、なんか・・梅雨が明けてるんではないかと、予想いたしますけれども。

えぇ、私、全国コンサートツアーに戻っております。
7月25、26、木、金のですね、埼玉大宮ソニックシティ、上手くいってるはずでございます。

上手くいかなかったら、困ります。

今週は、仙台に参ります。
東京エレクトロンホール宮城、7月30日、火曜日、31日、水曜日。

7月最後の2日間は、仙台です。
仙台のみなさん、お待ち申し上げております。

で、番組はですね(笑)・・・

普段でしたら、例年でしたら・・・
もう、納涼リクエスト大会とか、そういう季節ですけれども・・
な~んか変な・・
それと自分が体調を崩してしまいましたので。

リクエストカードは山のように、なっているんですけれども。

休んだ時にですね。
風邪で寝ていたときに宮治淳一さんに助けて頂きまして。


彼が全面的に、選曲、プロデュース、監修・・・
ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツの5,6,7,8,9,10

5,6,7は昨年の10月
8,9,10は今年の4月

計6枚

こっからピックアップしてですね、お届けしようと思ったんですけども。
1週間では、とても間に合わない。

5,6,7
8につま先突っ込んだところで終わってしまいました。

で、今日は、9、10
この9、10というのが、また(笑)・・・

大瀧詠一さんが、1970年代から80年代にかけてラジニ日本、当時はラジオ関東でございますが。
そこで、オンエアしておりました「ゴーゴー・ナイアガラ」

なんと、これのですね曲目リストから宮治さんが、ワーナーのカタログのものをピックアップして、権利をクリアして。
それで2枚CDを作って・・・

もう、超・・・(笑)
超・・(笑)

で、あのぉ・・
宮治さん、アレですね(笑)

去年の暮が、なんかゴーゴーナイアガラのアーカイブをやったんですよね。

宮治氏:

はい。
全部は、当然ね・・放送できないんで。
十何回か、やらせて頂きました。

達郎氏:

それの延長で、自分がプロデュースしてるので、ポップ・ロック・ナゲッツ 大瀧詠一 ゴーゴーナイアガラ・スペシャル Part&2 というのをやりました。

今日は、それを中心で、大瀧さんの話、交えつつですね。
今日も、宮治淳一さんに、お越し頂いて、いろいろと・・

7月最後の日曜日でございますが。

超マニアックでございます(笑)

いいんです!
サンソンらしいサンソンになってまいりました(笑)

日曜日の午後のひと時、超マニアックでございます・・・
今日も素敵なオールディーズソングで、でも曲は粒よりでございます。
お楽しみいただけると思います。

今日も、最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。
山下達郎サンデーソングブック『ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ特集 Part.3』

で、今日も1曲でも多くかけたいので、お知らせへ参って、さっそく始めたいと思います。


~ CM ~

♪ ミーン・トゥ・ミー/ジョニー・ソマーズ

◎ 濃いことやってるんですね 

達郎氏:

先ほども申し上げましたけれども。
ゴー・ゴー・ナイアガラの特集をラジオ日本でされましたけれども。

ゴー・ゴー・ナイアガラ自体は聴いてたんですか、宮治さんは。

宮治氏:

75年の確か6月に始まったんですけれども。
ちょうど大学入ったころで・・
一番オージーズを聴きたくてしょうがない時期だったので・・

3時ですよ!

達郎氏:

夜中のね(笑)

宮治氏:

朝なのか、夜なのかわかんない微妙な時間帯で。
ま、それまで起きてられないので。
時計をねじ巻いて、3時になるーとリーンと鳴って

達郎氏:

目覚ましね。

宮治氏:

パッと!
120分のカセットをパッと押して。
で、また寝ると。

でも3回に1回はですね、起きれずに、そのまま(笑)

達郎氏:

ふはははは(笑)

宮治氏:

というくらい(笑)
それほど熱心に聴いてたというわけではありませんが。

ま、いいオールディーズの教科書的な・・

達郎氏:

プレイリストは全部残ってるんですか?

宮治氏:

残ってますね。

達郎氏:

音は100%ないですよね。

宮治氏:

ほぼ100%・・

達郎氏:

それ、大瀧さんが自分で持ってきた・・

宮治氏:

なんかカセットらしんですよ。
持っていらっしゃるのが。

なんか・・は局にあずけて、直前に消去された。
消去する前にダビングしといたカセットが今の・・

曲目リストをチェックして。
ワーナーのカタログだけ抽出して・・・

達郎氏:

何曲くらいあったんですか。

宮治氏:

なんだかんだと言いながら、5,60曲ですね。

達郎氏:

5,60曲 ほー。

宮治氏:

それと今まで出たものと重ならないもので・・

達郎氏:

なるほど。

宮治氏:

かつ、いいものである、というふうに・・
となってくるとですね、せいぜいVOL.2かな。

でも、まあ50曲くらいいけましたのでね・・
あ、もっとありましたね、100曲くらいはありました。

達郎氏:

27×2ですもんね。

宮治氏:

100曲くらいありましたね。
だから5割くらいですね、ここに入ってるのは。

達郎氏:

これだけで、これだけのことを語れるくらい濃いことやってるんですね(笑)



♪ プリーズ・ドント・プリテンド・アゲイン (MONO)/ハニーカムズ

♪ 夢を見たのかな/カスケーズ

♪ ラスト・キス (MONO)/J.フランク・ウィルソン&ザ・キャヴァリアーズ 


~ CM ~

◎さきほどの「ラスト・キス」 


達郎氏:

ところで、宮治さん、さきほどのJ.フランク・ウィルソンの「ラスト・キス」なんですけど。

僕、今日、アルバム持ってきたんですが。

このアルバムの表は、男性が女性を抱いているという・・

宮治氏:

交通事故にあった・・

達郎氏:

それがあれなんですけど。
ファーストプレスは女性の死体からちょっと・・

宮治氏:

ちょっと血が出ているような演出だったんですね。
ところがですね、やっぱり、これは問題だと。

いろいろ批判の声があってですね。
セカンドプレスから、そこをリタッチして血が流れていないという・・

達郎氏:

ファーストプレスは高いですよね、きっとね。

ママス&パパスのファーストアルバム、「California Dreamin’」が入ってるやつ。

あれ、便器が写ってるって・・それをこう・・

宮治氏:

高いですよね、便器バージョンは。

達郎氏:

持ってますよ、僕、それ(笑)

宮治氏:

持ってます?便器バージョン!(笑)

達郎氏:

ふふふ(笑)
バカですね!笑


♪ いつも青空/クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ

♪ ヘヴン・ヘルプ・アス・オール (MONO)/ブルック・ベントン with ザ・ディキシー・フライヤーズ

♪ サム・カインド・オブ・ワンダフル/ソウル・ブラザーズ・シックス

♪ Come Back My Love/The Cardinals


◎エンディング 

達郎氏:

というわけで、3週間、宮治さんにお付き合いいただきまして、宮治さん全面プロデュース「ワーナー・ポップ・ロック・ナゲッツ」

まだ先がありますからね。

宮治氏:

はい、がんばりたいと思います。

達郎氏:

ドゥ・ワップ・ナゲッツの続編やります。
バリアント特集なんてね・・いいかなと。

宮治氏:

そんなこと・・(笑)
宿題が・・・

達郎氏:

やっぱりストラテジックって名前の通り。

宮治氏:

戦略的にやる!
はい、その通りでございます(笑)

達郎氏:

ありがとうございました。
3週間。おかげさまで・・

宮治氏:

おじゃましました。
ほんとに、こんなね日曜日の真昼間に、こういう曲がかかるなんて・・

達郎氏:

いつものことですよ。

宮治氏:

そうですか(笑)
そう思うと、ちょっと楽になりますけどね。

達郎氏:

いつもよりちょっと有名かもしれない(笑)

で、来週は、リクエストにいきますので、少し柔らかくいきたいと思います。

大瀧さんのゴー・ゴー・ナイアガラの2枚を今週は中心にやってきましたので。
最後は大瀧さんの好きなバッファロー・スプリングフィールド

宮治氏:

大瀧さんもバッファロー・スプリングフィールドの回があるんですね、ちゃんと。

達郎氏:

そうなんですか(笑)

宮治氏:

だけやってるんですよ。

達郎氏:

ハッピーエンドってバッファロー・スプリングフィールドのコンセプトに沿った形で音楽性を追求したんですけど。

僕に大瀧さんが話てくれた話があって。

もうそれまで聴いてたアメリカン・ポップスは、そういう時代じゃないんだと。
モントレーとかウッドストックがあって、やっぱり新しいロックだという意識でやってたんだけど。

スプリングフィールドの曲のクレジットをみたら、スクリーン・ジェムズって書いてあった・・・って。

そこで、目から鱗だったって。
なんだ、おんなじじゃん!

モンキーズもスティルスも、みんなそういう・・いいんだって。

そこから、すごいコペルニクス的展開だったんだって。

宮治氏:

それでバッファローに一気に行っちゃったんですか。

達郎氏:

バッファローが一気にアメリカンポップに戻ったって。

宮治氏:

へぇ~

達郎氏:

やってもいいんだって。
だから「ウララカ」とかそういう路線になるわけです。

宮治氏:

なるほど・・・

達郎氏:

それを僕にすごく話をよくしてた。


♪ オン・ザ・ウェイ・ホーム/バッファロー・スプリングフィールド

今週のオンエア曲

14:05 ミーン・トゥ・ミー/ジョニー・ソマーズ
14:13 プリーズ・ドント・プリテンド・アゲイン (MONO)/ハニーカムズ
14:16 夢を見たのかな/カスケーズ
14:21 ラスト・キス (MONO)/J.フランク・ウィルソン&ザ・キャヴァリアーズ
14:28 いつも青空/クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ
14:34 ヘヴン・ヘルプ・アス・オール (MONO)/ブルック・ベントン with ザ・ディキシー・フライヤーズ
14:38 サム・カインド・オブ・ワンダフル/ソウル・ブラザーズ・シックス
14:42 Come Back My Love/The Cardinals
14:47 オン・ザ・ウェイ・ホーム/バッファロー・スプリングフィールド






スポンサーサイト



テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2019 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ