FC2ブログ

プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年04月26日『間(あいだ)をとって山下達郎のライブで棚つか』(#1437)

長崎市内は、日曜日は午後から曇り空になってきました。
明日は、お天気崩れそうです。

今日のサンソン、達郎さんのライブ音源でした。
いつ聴いても、いいなぁ。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

この番組、テレワークでもって自宅で、スタッフ、私・・制作を始めました。
3週間目になりました。

だいぶ慣れてまいりました。

で、メールに変えて2週目なんですけども。
また先週よりさらにですね、大幅にたくさんのメールでのですね、お便りリクエストいただきまして嬉しい悲鳴をあげております。

ある方はとっても生真面目な。
またある方はですね・・あのぉ・・洒落心に満ち溢れた・・
どなたもが愛に溢れたお便りで。
こんなにもですね、私の番組は・・私の作品にですね、思いを寄せて頂いてるのかと・・
胸が熱くなります。

特に20代30代の私の娘より若いような方々ですね、これまた熱いお便りに全くもって驚いております。

本当にありがとうございます。
誠にミュージシャン冥利に尽きます。
これからもサンソンリスナーの皆さんに喜んで頂けるような番組作りに努力して参りたいと思っております。

相変わらずウイルス問題はですね予断を許しません。
このウイルスについて本質的な部分はまだあまり判明していませんので、引き続き、ここしばらくは感染拡大防止のため、みんなで助け合っていて、労わりあって、努力して参りましょう。

冷静に
落ち着いて
過ごしてまいりましょう。

で、ここずっと私のライブソースをお聴きを頂いております。
メールの方も・・・私のライブソースに関するリクエストが山のように頂いております。

先週はめちゃくちゃ古いやつでお届けして。
その前はですね、2010年代の後半で統一しましたので。

今日は真ん中取って90年代中心でお聴きを頂こうと思います。
まあ、あの・・いろんなところの、いろんなライブ・ソースがありますので。
それをDATだとかカセットだとかで持っておりますが。
それ引っ張り出すのに、結構時間かかりますのでですね・・・

とりあえずリクエストの多い曲のライブソースで見つかったものから、おかけするという(笑)。
もう行き当たりばったりの世界でございますけれども(笑)
今日は、あまりかかったことないヤツも多いので。

マニアックな方には喜んでいただけるか・・わかりませんがですね(笑)
がんばってます!(笑)

で、今日もですね、そういうわけで、音の方は出来る限り補正をしておりますけれども(笑)
音の方は、ご勘弁いただけたらと思います。

日曜日の午後のひと時、本日も山下達郎サンデーソングブックで楽しみいただきたいと思います。

山下達郎ライブ。
番宣では、新旧取り混ぜてといってましたけど。
90年代ですから、真ん中とって(笑)山下達郎ライブで棚からひとつかみ・・
なんでもいい(笑)

てなわけで、本日もお楽しみいただきたいと思います。
それでは、お知らせを挟んで早速始めます。


~CM~


◎ LOVE SPACE

達郎氏:

♪ Love Space (LIVE/'13.12.19 大阪フェスティバルホール)/山下達郎

山下達郎が送り致しておりますサンデーソングブック
4月に入りましてからは、ずっと山下達郎ライブソースでサンデーソングブック、ずーっとお聴きを頂いております。

今日も、お家でお過ごしのサンソン・リスナーの皆様のために、少しでもお楽しみいただければと。

それにしても、たくさん、たくさんリクエストカード頂きました。
ありがとうございます。

今日は、だから割と多めのやつを中心に。

先週はですね、70年代から80年代前半
大昔の山下達郎ライブソースでお楽しみいただきまして。

先々週は、割りと直近のここ2、3年のですねライブ・ソースでお楽しみいただきましたので。

今日は真ん中をとってみたけど・・
あれですけど(笑)
どのぐらいの真ん中なのか、よくわかりません(笑)
なにしろ、今年、私、デビュー45年になるのでですね。
どこで拾おうかで考えるだけで結構大変なんですけど(笑)。

頑張ります。

で、一番沢山頂いたのは、なぜか Love SPACE でありまして。
LOVE Space はですね80年代、90年代
21世紀になっても、色んなところでやってるんですけども。

なかなか難しい曲でしてですね。
なかなかベストプレイというのが決定できないんで。

昔は、もう勢いだけでやってたんですけども。
しょっちゅう、ひっくり返っておりまして(笑)

今の方が、なんか丁寧に歌ってるっていう・・
自分で感じがありますので。

この曲は、2013年の大阪フェスティバルホールが新装開店した年でございますが。
その年の大阪フェスティバルホール、2013年12月の19日のライブバージョンでございます。

たくさんリクエストいただきました。
足立区のI.Mさん。
初めてくださいまして、熱烈なお便りをくださいましたが。

『我が夫婦の歴史は達郎フリークの歴史です。
年に一度のライブは大切なかみさんとデートの日なんです。』

いい、ご夫婦でございますね。

千葉県習志野市のI.Kさん。

『先日12日の方法の達郎さんの声が、かすれて聞こえたので心配してます。』

最初のテレワークの日ですけど(笑)
家で始めたときにですね、ヘッドホンしちゃったんですよね。

いつもスタジオでやる時はヘッドホンしないです。
ヘッドホンするとですね、なんか夜の感じになって・・声が落ちるんです。

「皆さんこんにちは・・・」

そういう感じになっちゃう(笑)
なので、いつもヘッドホンはずしてするんですけど。

うっかり、最初の12日の放送はですね、ヘッドホンしたままやったので。

反省して、先週、本日と、いつものようにヘッドホンしないで、やってますので。
ちゃんと通っていってると思います。

ご心配ありがとうございます(笑)


埼玉県は春日部市のT.Kさん。

『今の私にとって、達郎さんのライブは生きる力の源泉と言っても過言ではありません。
ただライブからだいたい10ヵ月ぐらい経つとバッテリーが切れてくるようで。
特に今年はツアーが開催されないからか、早くも既に禁断症状の兆しが出ております。』

申し訳ございません!

『リクエストは私がこれまでの人生で出会った名曲10傑のうちの一つ 「Love Space」。』

すごい!


◎ Mermaid 

達郎氏:

先週の番組でご紹介しました明石市の医療従事者の女性の方。
この方は、ご所望のリクエスト

『1988年から89年にかけてツアーで倉敷市民会館での音源があればどの曲でも結構です。主人と結婚前に一緒に行った初めてのライブです。』

探してきました!

1989年1月10日倉敷市民会館
正月明け一発目なんですが。

この時のツアーのやつは、JOYに結構レパートリーに入っておりましてですね。
ですのでJOYに入ってないやつ。
今まで、一度もかけたことないやつ(笑)

POCKET MUSIC に入っております。
「マーメイド」という英語の歌詞でございますが。

これもなかなか、演奏が難しいんですけれども(笑)
このツアーで一回やったきりで(笑)

あとは一度もやったことがないという(笑)
難しいから(笑)

ですので、レアなライブです!

89年1月10日 倉敷市民会館での「マーメイド」

♪  Mermaid (LIVE/'89.01.10 倉敷市民会館)/山下達郎

1989年1月10日倉敷市民会館でのマーメイドございます。

医療関係の皆様、ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。


◎ メリー・ゴー・ラウンド 

達郎氏:

お次はメリー・ゴー・ラウンド

これも沢山頂いておりますが。
代表して何人かの方。

練馬区のO.Yさん。

『私は達郎さんの曲を聴いて40年近くになり、学生時代から仕事して、結婚して、子育てして、そして今も聞いていますが。
それを子供達の音楽教育に応用してきました。

主に、家族で週末で車で出かける時にカセットテープのA面に「 Melodies」
B面に「ビッグウェーブ」を入れて、何処に行くにもこのテープを流していました。』

恐ろしい!

『オートリバースなので、渋滞の時など4、5時間延々とこの二つのアルバムが流れており、子供達は寝ても覚めても達郎さんの曲を聴いておりました。

面白いことに、子供たちはそれについて全く文句を言いませんでした。
子供ながらにいい曲だなぁと思っていたのかもしれません。』

ほんとかよぉ(笑)

『今や全員成人した4人の子供たちが口をそろえて言うのは、
「お父さんに達郎さんの曲で洗脳された」
今でも車に乗ったり旅行に行くと、達郎さんの曲が頭に流れてくるということです。

こんな私の音楽教育でしたが、みんな音楽が好きになり、達郎さんの曲を子供達に残せて良かったと思っています。

リクエストは子供たちがよく車の中で曲と共に口ずさんでいた「メリー・ゴー・ラウンド」をライブ・バージョンでお願いします。』

素直なお子さんでございます(笑)!

お父さんがご迷惑おかけして(笑)
申し訳ございません(笑)。

サブリミナル、刷り込み・・たいへんでございます(笑)

えぇ、お手柔らかに、ひとつ!(笑)
未来は、あなた方のものですから!
がんばってください。

今日は、1999年2月の11日 大阪フェスティバルホールでのライブでございます。
2000年前後にこの番組でかけたことがあります。

♪ メリー・ゴー・ラウンド (LIVE/'99.02.11 大阪フェスティバルホール)/山下達郎

メリー・ゴー・ラウンドでございました。
この後レッツ・ダンス・ベイビーが続くんでカットアウトになってます。

というわけで前半は3曲しかかかりませんでした(笑)

後半また、しつこくいきます(笑)
山下達郎サンデーソングブック
今日は、90年代前後の山下達郎の音源を中心にお聴きを頂いております。
『間をとって山下達郎ライブで棚からひとつかみ』


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:


山下達郎が送り致しておりますサンデーソングブック。

先週は『大昔の山下達郎ライブで棚つか』。
先々週は『直近の山下達郎ライブで棚つか』
でしたので、今日は、間をとって・・間をとってって何だかよくわかりませんが(笑)

90年代を軸にして前後っていう感じで始めましたが。
ちょっと看板に偽りあるかもしれませんが。

来週はですね、ゴールデンウィークど真ん中で。
あの・・私のサンデーソングブック、確かに私自身の曲をおかけするのが多いんですけれども。

いわゆる洋楽のオールディーズをかける、というのが本文であります。
それでやっとりますので。

「山下達郎の曲どうでもいいから洋楽かけれくれよ」
そういうお客さんが、ゼロではないんですね。

ですので、それも間をとって・・

来週はですね山下達郎ライブソースですけども。
カバーバージョンで。
自分の曲じゃない、人のカバーを歌った洋楽、邦楽合わせてですけども。

『山下達郎カバーバージョンライブで棚からひとつかみ』

これでいってみよう!

そすとまた、わがままなリスナーの方はですね、色々とご所望で・・(笑)
どしどしください(笑)

tatsuro@tfm.co.jp


◎フォーマット 

達郎氏:

ハガキオンリーで27年以上やってきましたので。

ハガキの方・・お送りくださる方・・
お名前忘れる方とかですね、曲を忘れる方(笑)
いらっしゃいますので(笑)

それは、フォーマットがないんです。
私はTFMでホームページ持ってないんで。

早急にですね、フォーマット作りますので。
ちゃんとお名前、お所、リクエスト、コメント・・
そういうような具合にフォーマット作ろうと思っておりますので、しばらくお待ちいただきたいと思います。

私の番組は、基本的にラジオネーム、受け付けておりません。

ラジオネームでご紹介しませんのでですね。
もし匿名ご希望の方は、匿名でということをお書き添えください。

そうすればお名前申し上げませんので。

でも面白いお便りはですね、お名前ご紹介したほうが、なんとなく和がひろがって(笑)・・

すいません!
よろしくお願いします。

私も不慣れでございますので。
まだ2回目ですので。
少しずつ改善していきたいと思っております。

メールに慣れた方は、一つご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

◎お願い 

達郎氏:

さて今日一つ皆様にお願いがあります。

緊急事態宣言の発令及びその拡大に伴ってですね、様々な業態の皆さんが、営業停止の要請を受けて、経営的に大変逼迫した状況になっております。

私に近いところでも、色々な地方のライブハウスが資金繰りに窮して、廃業とか閉店するところが出始めたようであります。

そこで、私も、多くのことはできませんけれども・・
そういったライブハウスの中で、この9月にアコースティック・ライブの延期公演の開催予定しております、東京は高円寺のJIROKICHIでですね、応援の意味込めましてJIROKICHIと、私、山下達郎のコラボ T シャツなどのチャリティー販売をさせていただこうという具合に考えました。

本日この番組終了後15時から山下達郎 ONLINE SHOP にて通販開始させて頂きますので、ご賛同頂けます皆様、どうぞお買い求め下さいますようお願い申し上げます。

今回 T シャツお買い求めくださった皆様には、私の直筆サイン色紙をプレゼントさせていただきます。

今、がんばって書いております!

なお受注生産となっておりますので、お届けまでには少々お時間いただきますことご了承ください。

詳しくは山下達郎オフィシャルサイト にてご確認下さい。

できることを少しずつという感じてあります。
よろしくお願いします。


◎Funky Flushin’ 

達郎氏:

それではリクエストに戻ります。
これもいつもとてもリクエストが多いですけれども「ファンキー・フラッシン」

これ、結構、演奏難しい(笑)

なかなか、パーカッションも一人二人いると、よかったりするんですけど・・
ブツブツ言ってないで、はやくやれ(笑)

今日、一番ウケたお便りのひとつ。

岐阜県は岐阜市のM.Tさん

『新型コロナウイルスに世の中が自粛の流れになっている中で、山下さんの音楽は最高の癒しになっています。

私が特に好きな曲は、ファンキー・フラッシンです。
特に音源がないかと気になっているのは、ファンキー・フラッシンを演歌歌手がカバーしたものがないかということです。
もしないのであれば、達郎さんの昔の音源をリクエストしたいです。』

よくわからない・・全く(笑)

1992年3月15日中野サンプラザでのアルチザンツアー


♪ Funky Flushin' (LIVE/'92.03.15 中野サンプラザ)/山下達郎


1992年3月15日中野サンプラザでのファンキーフラッシンでございました。


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこの辺で。

今日の最後は、やっぱりこれもですね大変リクエストたくさんいただきました『蒼茫』

台東区のA.Yさん。

『ロサンゼルスに暮らす恋人から、達郎さんの番組を強くお勧めされ、先週末初めて拝聴させていただきました。

こちらも大変な状況の中、日本のラジオ達郎さんの番組には、いつも元気をもらっているようです。

素敵な番組を教えた彼は、今ロサンゼルスで公務に勤しんでおります。
この春に会う予定もキャンセルになり、次に会う予定も立てることができない状況ですが、海の向こうで、がんばっている彼に、いつも勇気と元気をもらっています。

色々なことがある人生ですが、いつか二人笑顔で一緒に過ごせる日が来る事を信じ、今は一人でもできるだけ笑顔の多い毎日を過ごしていきたいです。

彼は4月20日に誕生日を迎えるのですが、達郎さんの音楽を届けていただけないでしょうか。
彼が大学生の時によく聞いていた、以前にカラオケで歌ってくれた私も大好きな曲です。

大好きな彼に「お誕生日おめでとう」』

お若い方にとっては、本当に大変だと思いますが、お体、お互いに気をつけて、元気に会える日までがんばりましょう。

今日は、バンド演奏ではなくてですね、2003年にサンデーソングブックが10周年、それから私のファンクラブが10周年で、難波弘之、伊藤広規、私と3人のおなじみのトリオのですねライブで全国をツアーしました。

その時の大冒険で、多分大阪のライブソースだと思うんですけど。

今日は、このアコースティック・セットの「蒼茫」がいいかなと思って。おかけします。

来週は、そういうわけで『山下達郎カバーバージョンのライブで棚からひとつかみ』
いつまで続くライブ!
頑張ります!

♪  蒼氓 ('03 SSB 10th LIVE)/山下達郎


◎クロージング 

達郎氏:

お送り致して参りました山下達郎サンデーソングブック
『間をとって山下達郎ライブで棚からひとつかみ』
90年代を軸にお届けしました。

来週は、私山下達郎の洋楽、邦楽を取り混ぜたカバーのライブでありまして。
変なやつも持ってきますので。
お楽しみいただけると思います!

他がどうあろうと、私のサンデーソングブックは、明るく楽しく皆様の為に。

皆様、くれぐれもお体をお大事に。
そして、私たちが、こうして家にいる間にも、表で働いていらっしゃる多くの皆様に、心より感謝を申し上げつつ。

そして、不幸にして病気になられて、いろいろな場所で治療もしくは待機されている多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

お早いご快癒をお祈り申し上げております。

山下達郎サンデーソングブック、来週もセイム・タイム、セイム・ チャンネルで皆さんごきげんよう、さようなら。


今週のオンエア曲

14:04 Love Space (LIVE/'13.12.19 大阪フェスティバルホール)/山下達郎
14:14 Mermaid (LIVE/'89.01.10 倉敷市民会館)/山下達郎
14:21 メリー・ゴー・ラウンド (LIVE/'99.02.11 大阪フェスティバルホール)/山下達郎
14:33 Funky Flushin' (LIVE/'92.03.15 中野サンプラザ)/山下達郎
14:42 蒼氓 ('03 SSB 10th LIVE)/山下達郎
スポンサーサイト



テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2020 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ