プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2010年08月08日「納涼リクエスト特集」

放送された内容を、ちょいと纏めてテキスト化しました。

これからタイトなスケジュールぬってライブ、夏フェス、番組収録と、凄いスケジュールですね。
達郎さんのストレス発散は「レコード整理」。
私も煮詰まった時は、デスク整理とかPCのデータ整理とかやってます。

◎ 冒頭

達郎氏 :

ハチゾロ、八月八日でございます。
私、いよいよ先週からコンサートツアーがスタートいたしました。
全国24か所、35本というスケジュールでございます。

一昨日金曜日、神奈川県厚木市文化会館、ここで初日を迎えたはずでございます。
前倒して録っております。
本日、八月八日は宇都宮市文化会館、前回に引き続きまして、今年も宇都宮でございます。
本日お出でになるお客様、お待ち申しあげております。

今週は、水曜日に鳥取県の米子のコンベンション・センターです。鳥取県、僕生まれて初めてでして、
ずーっと島根でやっておりまして、鳥取県は米子のコンベンション・センター、比較的新しい綺麗なホールができましたので、初めて鳥取でございます。
お待ち申しあげております。

今週の末はなんと、夏フェスに出てしまいます。
北海道はライジン・サン・ロックフェスティバル2010 in EZOってやつですね。
ここに14日、どうなることか。
久しぶりの夏フェスですので、楽しんでやってやろうと思っております(笑)

というわけで、番組の方は前倒しで、今年はちょっとライブのスケジュールがタイトですので、前倒し前倒しでいく事になると思いますが、以前からそういう具合に申し上げておりましたので、皆さんから、ほんとにたくさんたくさんお便りを頂きまして、番組のほうはつつがなく進行することができるようになっております。

毎年夏は納涼リクエスト大会、今年も張り切ってまいりたいと思います。



◎ リスナーから質問(1)(川崎市 Kさん)

質問 : 

私は、ご夫婦の曲が全て入っているウォークマンをシャッフルで聴いて言います。
脳トレのつもりで、イントロで曲目を当てたいのですが、なかなか答えが出なくて七転八倒しています。
達郎さんは曲数が多いですね。全部で何曲くらいありますか?


達郎氏 : 

たいした事ありません。二百三十、いくつで、CM合わせて二百六十か七十くらいにかかるかもしれませんが、まだまだ、同世代の人たちに比べると、私、寡作なので曲数は。
作曲の人というのは、そんなに多くはありませんから、例えばキャロル・キングとかバリーマンなんかでも、3三百とか四百ぐらいが、せいぜいで、千曲書くっていう人は、ほとんどいませんね。

作詞の人ですと、二千曲、三千曲平気で書けるそうですけど。
作曲はそうはいきません。
ですから、筒美 京平みたいに、ほんとに二千曲とか、そういう方は超人というべきでございますが。
シンガーソングライターは、なかなか、そこまで書きませんね。
目標は三百曲ですけれども。
なんとか、あと数十曲書いてみたいな、と思っている今日この頃でございます。

◎ リスナーから質問(2)(北九州市 Nさん)

質問 :

最近B.J.トーマスの旧譜がどっと出てきましたね。
どれくらい売れているのでしょうか?
新譜も購入しましたが、ボサノバ集で、どうもしっくりしません。
やはり、彼は70年代が良いですね。
今も現役なのは、嬉しいかぎりです。

達郎さんの好きな彼の曲は何ですか?
是非お聞かせいただければと思います。

達郎氏 :

 B.J.トーマス、私、一頃、B.J.トーマスが好きで、よく聴いていいた時代がありますが、、B.J.トーマスというと、あの、「雨にぬれても」Raindrops Keep Fallin' On My Head、バート・バカラックの作品が有名ですけども、B.J.トーマスにバート・バカラックが合ったと思った事は一度もないです。
 B.J.トーマスは何と言っても南部のプロデューサー、作家チップス・モーマン、バディ・ビューイ、ジェイムス・コブ、そういう人達の作品、マーク・ジェイムス、南部のアトランタとかナッシュビルのレコーディングが、やはり合うようでございます。
 僕もB.J.トーマスで一番好きな曲は何と言ってもこれです。
1971年全米34位というスマッシュ・ヒットなんですが、作曲しているのがバディ・ビューイ、そしてアトランタの有名なドラマー、ロバート・ニックス、アトランタで有名なスタジオ・ワンというレコーディングのスタジオの音がしております。
 いわゆるゴスペルロックと言われる範疇にはいるゴスペルソングの内容の曲でございます。
B.J.トーマスのMighty Clouds of Joy。

◎ リスナーから質問(3)(熊谷市 Yさん)

質問 :

質問です(達郎氏:どうぞ)。
先日ラジオで、ある女性ミュージシャンが歌入れのレコーディングの際に裸足で歌うといいよ、とエンジニアから言われたと言っていました。どういう事でしょうか?
また、達郎さんの歌入れのスタイルを教えてください。

達郎氏:

 よくありますね。
あのぉ 体も楽器ですので、靴、何履くか、どういう所で歌うかで、なりが変わります。
コンクリの上で歌うのか、絨毯の上で歌うのか、木の上で歌うのか。
それから、裸足でいくのか、ハイヒールなのか、靴下なのか。
 私、最近歩いておりますので、ウォーキング・シューズ履いて歌入れをしましたらですね、全然抜けなくて、エアーってやつでしたけれども、やっぱり不安定で、声の通りが悪くて驚きましたが。
 いつもは普通の固い底の靴、でやっております。裸足で歌う人たくさんいますね。
あとは、オーディオ用のパネルっていうかボードがありまして、地球の振動を抑えるとか、そういうようなふれ込みですが、そういうのに乗ると、また音が変わるとか。ホントに変わるんですよね。
 そういうのに、アンプを乗っけると音が変わったりとかしますが。なにしろデジタルの時代ですので、ちょっとの変化がものすごく大変になって来るので、あまり普段やりつけないような事はしません。
 普通に靴履いて、普通のマイクの前で歌うという、そういう形でございますが。
裸足で歌うというのは、いいこともありますが、デジタルの前では、悪い結果になる場合もあるので、一概には言えませんね。

◎ リスナーから質問(4)(広島県福山市 Tさん)

 先日、つわりのひどい私を見かねて、結婚以来初めて主人が皿洗いをしてくれました。
ところが、その二日後にストレス性、突発性難聴になってしまいました。
そんなに、皿洗いがイヤだったのかとビックリしました。
 その週末、ちょうど一泊旅行を計画しており、旅行に行き、温泉に入ると、なんと難聴が消えました。
それ以来、お皿洗いは主人にしてもらってません。
という訳で、達郎さんも日々締め切り等に追われ、ストレスをかかえておられると思いますが、ストレスの発散方法はなんですか?

達郎氏 :

 良かったですね、難聴が治って。
私のストレス発散法は、あのぉ信用して頂けないんですけど、レコード整理です。
レコード整理すると、気分が爽快になります。
変わったヤツでしょ?

◎ 今日最後のお便り ちょっと気になった・・・・

達郎氏 :

 今日最後のお便りは、ちょっと気になった内容のお便りなのでご紹介しますので、
名前をご紹介できないのは残念ですが。
 
 また、私、こういうこと申し上げると、すぐ全国ネットだと、毒舌だとかそういう事おっしゃいますが、
シャレの通じない世の中なんですが、決してそんな、アレじゃありません。ちゃんとした私の意見でございます。
 
 山形市の女性の方です。還暦になられる方です。

お便り :

 昨年のツアーに引き続き、今年もライブが開催されると聞いて、嬉しかったのですが、友人に”今年もあるんだよ、楽しみなんだ”と言うと、”あなた還暦なのに、まだ達郎なの?”ってドキッとする言葉を投げ掛けられました。
 
 世間では、還暦にもなってアーティストに意識を向けるのはおかしいのでしょうか。でも27歳の時、務めていたアルバイトの大学生から、このLP聴いてみて、と貸してくれたのがSPACYでレコードに針を落とした時の音に”なんだこれは”と凄い衝撃を覚えたことは、いまだに鮮明に覚えています。
 
 それ以来33年ずーっと聴き続け、ライブも何よりの楽しみにしてきた私にとりまして、聴きに行くことは当たり前でした。でも、あらためて”その歳で”と言われると、何か心に引っかかるものが出来てしまい、気にせずに行こうと自分言い聞かせても、自分の心ほど自由にならないものはありませんから、魚の小骨が引っかかったごとくに、います。
 
 これから、毎回ライブがあるたびに、このことと葛藤しながら行くことになりそうですが、団塊の世代の新しい生き方に挑戦し続けていきたいと思います。9月の仙台でのコンサート頑張って聴きに行きます。夏なのでパシフィックのNostalgia Of Island をリクエストします。これだけ、いまだにLPレコードしか持っていないので宜しくお願い致します。

達郎氏 :

 あたしに言わせりゃ、カラスの勝手でしょう、そんなもん!
だって、だって、還暦なったら何聴きゃいいんでしょうね。
演歌聴くんでしょうかね、クラシック聴くんでしょうかね、それともジャニーズでしょうかね。
 33年も聴いて頂いたんだから、一緒にあれですよ、白髪の出るまで、もう白髪出ちゃってるけど(笑)、アレですよ、それこそが同世代音楽だっていう強さじゃありませんか。

そういう言い方、すごく不幸だな。僕に言わせると。
カラスの勝手だって、言ってやりなさい。友達に。
なので、リクエストお答えします。


◎ 業務連絡

達郎氏 :

 来週も納涼リクエスト大会でございます。
22、29の両日は、これもすっかりお馴染になりました「納涼・夫婦放談」、竹内まりやさんゲストにやります。今年はツアーでございますので、ひょっとしたら地方で収録することになるかも、しれませんが。
いすれにせよ、ツアーがタイトでございますので、8月22日、29日分はかなり前倒しで収録する予定でございます。ので、是非ともお早目のお便りお待ち申し上げております。今ならまだ間に合います。

〒102-8080
東京FM「山下達郎サンデー・ソングブック」係


今週のオンエア曲

14:04 The Theme From Big Wave / 山下達郎
14:08 It Shows In The Eyes / Ashford&Simpson
14:13 I Can See For Miles / The Who
14:20 Mighty Clouds Of Joy / B.J.Thomas
14:24 Hobo / Stone Ponys(Linda Ronstadt&Friends)
14:33 EBB TIDE / ROBERT MAXWELL
14:36 On Broadway / The Drifters
14:39 Your Summer Dream / The Beach Boys
14:45 Nostalgia Of Island (Part1) Bird Wind / 山下達郎








スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ