プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2011年05月29日『棚から一つかみ』

先日、福岡市の"海の中道"に行ってきました。
あいにくの天気でしたが、福岡アイランドシティを抜けて走る車中は小田和正さんのアルバム「どーも」を聴きながら。
雨の情景にもピッタリのアルバムです。 

小田さんは『曲を先に作って、詩は後』と仰ってましたが、メロディー&リズムに詩がピタッとフィットしてます。
達郎さんも『曲先で詩後』、いよいよアルバムもフィニッシュを迎えるようです。

このブログでは、山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

5月最後の日曜日、早いものでございます。

台風が、近づいております。
前日収録なので、今頃は九州あたりに接近してるという感じでございます。

なんか、5月に台風が二つも来るというは、なんか観測史上始まって以来だという。
地球全体が、なんかこう、火山が爆発したり津波、地震・・・えぇ、日本に限らず世界全体にですね、竜巻・・
地球が怒ってるっていう感じがしますが。

怒ってるというか、クシャミをしてる程度なんでしょうけれども、それでも人間の世界には甚大な影響が及ぼされます。

くれぐれもお気をつけ下さいませ。

こんな事しか放送で言えないので、情けないですけども。

日曜日は全国的に雨という天気予報が出ております。
各地の皆様、くれぐれもご注意ください。

という訳で、雨の日の番組になりそうでございますけれども。
私、いよいよ、歌入れと、その他、ラストスパートにかかっておりますので、詩書いて歌入れをしている毎日でございます。

いよいよ、アルバムのフィニッシュに近づいて参りましてですね、それなりの集中力とか、そういうものが要求されて参りますので(笑)

番組を続行する場合に手の込んだ事が出来なって参ります。
今後、数週間はですね、そういう訳で・・・

ほんとにアルバムがフィニッシュになって参りますと、人の音を聴くとか、そういう事もなんか辛くなる時期が来ますが。

ミックスダウンに入りますと、まだ、それでもアレですけど、今が一番、集中力が要する一時期なので、こういう時はほんとに、そういう意味じゃ、「棚から一つかみ」です。

先週、先々週はゴスペル特集でお楽しみを頂きましたが、今日はもう、ほんとに、レコード棚から持ってきたヤツをかけるという。

正確に申し上げますと、こういう時に、こういう事もあろうかと、常日頃、買ったシングルとかCDから、少しづつデジタルプロセッシングしてですね、音、素材を持っております。

ストック持っておりましてですね、ストックを吐き出すという。
保険でございます。

なので今日はほんとに「棚つか」なので、割とマニアックな選曲でございます。
未CD化の音源ですとか、最近仕入れたシングルで良かったなぁと思ったヤツをデジタル化して、データにして録ってあって、いつの日か、かけようと。

そういうようなものを、引っ張り出してやる「棚からひとつかみ」でございます。
山下達郎のレコード棚からアトランダムに今日は、色々とお聴きを頂きます。

日曜日の午後のひと時、今日は、全国的に雨の傾向であるそうでございますが、前日なので、そういじゃ無かったらすいません。
"まだうちは晴れてるぞ"っていう方はお許し下さい。

えぇ、それでも、晴れても曇っても、雨でも、日曜日の午後のひと時、私、山下達郎がお送りいたします、ジャックスカード・サンデーソングブック。

今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみ頂きたいと思います。
今日も最高の選曲、そして最高の音質でお届けを致します。

歌入れ、ずーっと続けておりますので、あのぉ、口が回んで、今日(笑)
滑舌があんまり無いというですね(笑)
不思議なもんですね。

言葉を歌っているので、そういう事になるんでしょうけれども。

藤沢市の超常連、S.Kさん。
『今週の土曜日、5月28日は運動会の予定です。』

昨日、雨だったから、どうでしょうね・・・
藤沢ですから微妙なとこですかね。

『4月から移動してきた立場なので、遠慮しながら、あの鈴割の駆け足入場に・・・
相手が"入場はあげ足だよ、お爺さんやお婆さんと入場するから"

"じゃ、玉入れの入場は?"
”駆け足!"

"入場曲は、山下達郎さんの「アトムの子」をかけたいんだけど"
"いいよ"

という事で、今年も達郎さんの「アトムの子」を運動会で流す事に成功しました。
うまくいくと、3回くらい流せる予定です。
ヤッター! という事でリクエストは「アトムの子」』

広報活動、ありがとうございます!
心より御礼申し上げます。

札幌市のT.Kさん。

『私の娘は、5月13日に2歳になります。
これからの未来は、今の子供たちが造り上げてくれると思うので、「アトムの子」をリクエストします。
大震災で、まだまだ大変な生活をしている方がたくさんいますが、希望を持って頑張ってほしいです。
達郎さんも、お体に気を付けて頑張ってください。』

というお便りです。

というわけで、今日の一曲目は、1991年のアルバム「アルチザン」からお馴染
「アトムの子」

◎ リスナーからのお便り(神戸市のI.Hさん) 

『ファミレスのレジで待っていた時の事です。
よくレジの近くには、お菓子やおもちゃが置いてありますが、小学校低学年くらいの男の子が、そこにやってきて、ガムやおもちゃを手にとって見ていました。

その後にレジに来ると、少し見上げてじっとしてます。
どうしたのだろう?と見てみると、視線の先には震災募金の箱がおいてありました。

しばらくすると、ズボンのポケットに手を入れてゴソゴソとしています。

取り出した手の中には10円だまや50円玉がありました。
すると、そこからいくつかの硬貨を募金箱の中に入れて自分のテーブルに戻って行きました。
僅かな時間でしたが、とても素敵な光景に出合えて幸せな気持になりました。

あんなに小さな子でも、体験していなくても、感じるものがある。
それほどまでに大きな試練ですが、子供たちに希望のある未来を残してあげるためには、私たち大人が未来に希望を持って今をしっかり生きないと思った次第です。』

達郎氏:

というお便りでございますね。
また、下さい。

ありがとうございます。

◎ リスナーからのお便り(さいたま市のI.Hさん) 

達郎氏:

毎週々頂きますが、いつも息子のK君が、質問コーナーというのを毎週書いてきてくれます。
オヤジさんに書かされているとはいえ、大変ですね、毎週!

えぇ・・すごく溜まっておりますが、いくつか。

『達郎さんのとっている新聞の種類は?』

達郎氏:

うちは読売です(笑)

『達郎さんの、今、曲を書きたいアイドルはいますか?』

達郎氏:

ん~ NYC(エヌワイシー)かな(笑)

『達郎さんは足の爪を誰に切ってもらってますか?』

達郎氏:

そんな事聞いて、どうすんだって!
足の爪、自分で切ります。

『達郎さんはゲームを持っていますか?
プレステとか持っていますか?』

達郎氏:

プレステは、1,2,3全部ありますね。
最近やる暇がありませんけどね。

DSは最近のちっちゃいゲームは目が痛くなるので大変ですけど、一応買ってはありますがですね・・・

えぇ、携帯のゲームになると、もうお手上げですね。
携帯でドラクエちょっとやりましたが、もう疲れて止めました。

えぇ、また下さい(笑)
って来週も来るんだろうな(笑)
溜めてまた、そのうち纏めてお答えしましょう。

◎ 名もなき無名の市井の人々 

達郎氏:

レコーディングが終わって、プロモーション時期に入りましたら、一段落しますので。

そしたら、いよいよ特集に代わっていけるかな、と思っておりますが。
また、相変わらず世情は予断を許さないと言いましょうかですね、原発問題が、まだ全然終息しませんし。

なかなか、こう、睨みながら、番組の方もやるしかありませんがですね。

それにしても、しかし、なんか2カ月も経ってから言ったか言わないか知りまんが、注水がどうしたって今更どうなんだって、それが!

えぇ、なんか不思議ですね、ああいう人達って、ほんとに。

この番組で毎回、ここのCM明けのコーナーが"ぼやきタイム"になって、きましたけれども。

なんか、こう、政治家、原子力関係者、それから電力会社の幹部
ああいう人ごとのようなコメントを繰り返すと、ああいうのって、何なんでしょうか。

裏にある怯えを隠すためなのか、それとも、ほんとの鉄面皮なのか。

それは判りませんが、でも、私も60年近く生きてる人間なので、そういう社会生活も、それなりに過ごしてきたので、ああした電力利権の裏に渦巻く、こう・・・うごめく魑魅魍魎っていうんですか、そういうものを、ひしひしと感じる今日この頃で、ありますがですね。

ああいう政治家を選んだ我々の責任等もありますので、そういう、今後の反省材料と言いますでしょうかね。

私もこういう小っちゃな業界で生きていますけど、それはそれなりに、やっぱりそうした幹部の官僚的な体質とか、そういうものが垣間見ておりまして。

全く・・反原発に対する恫喝とか、そういうようなものがですね、垣間見れますが。

私たちの業界でも、ま、なんか、例えば"干してやる"とかですね、"仕事ができないようにしてやる"とか、そういうような事がですね・・・えぇ・・・何度も、垣間見て降りますが、どこでも同じでございます。

結局、一番頑張ってやってるのは、名もなき無名の市井の人々であります。
まさに、私の作った「蒼氓」という歌の文句ではありませんけれど。

えぇ・・引き続き、そうした世情に・・・鑑みつつ、番組を少しでも、良い方向で作って参りたいと思っております。

◎ リスナーからのお便り(那覇市のK.Kさん) 

『山下さんが、たまに鳴らすギターは、どこの、何ていうギターですか?
いつも、凄い良い音で気になってました』

達郎氏:

ギブソンの、エレクトリック・アコースティックの草分けですが、ギブソンの160Eというやつで、ジョンレノンとジョージハリソンの「ア・ハード・デイズ・ナイト」で弾いているやつ・・・

最近、弾きませんね!
ギターに目が行かない(笑)

◎ リスナーからのお便り(横浜市のK.Jさん) 

『4月からベースを習い始めました。
 今まで縦笛くらいしか、やった事のない私は、弦というものに全く触れたことがなく、初めての体験にワクワクです。

初会のレッスンは私にも、あの素敵な低音を響かせてくれたので感激。
しかし、それまででした。

2回目のレッスンで早くも自分の手が思う様に動きません。
ツー・フィンガーズに泣いております。

特に左手は神経が通っているのかと、疑いたくなるありさまです。
こんな・・歳の私ですが、夢はダンサーやラブスペースが弾けるようになる事です。

まだまだ始めたばかりですが頑張ります。』

達郎氏:

へへへへ(笑)
練習あるのみ!
頑張ってください。

でも、ちゃんと練習すると、ある程度まで弾けるようになりますから。
別に、プロのベーシストとか、プロのキーボード・プレイヤーになるんじゃないので。
それで無ければ、ちゃんと練習すると、ある程度いけます。

あのぉ・・ロケット工学で有名な糸川英夫先生という方がいらっしゃいますが、彼は50歳過ぎてからチェロを始めて、なかりの腕前になられた方です。

ので、全然遅くありません。
ご健闘を。


◎ エンディング The Mississippi Mass Choir 

達郎氏:

ハガキご紹介して、おわりにしましょうか。
福井市のI.Iさん。

『先日、娘の通う幼稚園で父親参観がありました。
ホールに足を踏み入れるとBGMはなんと、オン・ザ・ストリート・コーナー3。

最後の歌までフルコーラスで流れていました。

幼稚園の先生によると園内のBGMはクラシック、讃美歌、オンスト3の3種類。
子供たちに英語で親しんでもらうために、発音がきれいなオンスト3を流しているそうです。

わが娘の英語耳は達郎さんにかかっています。』

達郎氏:

ありがたい、お便りですね~
本日、挙式される会社の御同僚のA.TさんとKさんに、ご結婚おめでとうのメッセージでございます。

てなわけで、今日は、このへんで。

先週児玉清さんのご逝去に伴いまして、児玉清さんが竹内まりやさんのシングルジャケットを切り絵で描いて頂いたですね「幸せのものさし」をおかけしましたが。

この切り絵のジャケット自体は、カップリングの「うれしくてさみしい日」をモチーフにした切り絵でございますので、それの関係で「うれしくてさみしい日」にもリクエスト頂いております。

今日は、そちらをおかけしようと思います。
わりと結婚式シーズンが近づいておりますので、丁度いいかなという。

竹内まりやさん、2008年のシングル
「うれしくてさみしい日」


今週のオンエア曲

14:05 アトムの子 /山下達郎
14:10 Turn Around And Look At Me /The Vogues
14:16 Tick-Tock /Connie Stevens
14:21 Let My Love Bring Out The Woman In You /Lonnie Young Blood
14:26 I'd Rather Be By Myself /EBO
14:38 Stranger In Paradise /Tony Bennett
14:43 うれしくてさみしい日(Your Wedding Day) /竹内まりや






スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ