プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2013年05月12日『棚つか』

長崎市内は良い天気に恵まれて、ポカポカした一日となりました。

今日のサンソン、少しだけ大阪フェスティバルホールのライブについて触れていましたが、来週はライブの様子をもっと詳しく聞けそうですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

5月、もうすぐ半ばでございます。
連休が明けましてですね、皆さんお忙しい毎日だと思います。

先週末は、結構全国的に暑い日がありましたので、雨が降ってちょっとお湿りでいいかなと思いましたが、それほど温度が下がらないという感じが致します。

季節は少しづつ夏の気配が高まっている今日この頃でございます。

私、もう先々週になりますが、ゴールデンウィークに大阪フェスティバルホールのこけら落とし、二日間公演、無事に終了いたしました。

お出で頂いたお客さま、まことにありがとうございました。

大阪らしいですね、大盛りあがりでございました。
御陰さまで気持ちよくやらして頂きましたが。

それでも一年ぶりに、二日間だけ独立した日なので。
たった二日のライブでもですね、50本のライブと手間は同じで(笑)
リハーサルも同じですのでですね(笑)、アレなんですが。

一年ぶりにやって、今日初日、明日千秋楽みたいな、そういう感じでしたのでですね(笑)
調子がちょっと、なかなか。

それといつもの構成とちょっと違ってた選曲でやっておりましたので。

初日は、ちょっと飛ばしすぎまして。
お客さんにあおられたというのもあるんですけど。

途中で息切れしそうになりまして。
必死の思いで回復しまして。

翌日はペース配分考え直しまして、事なきを得たという、そういう感じでございます(笑)
まだまだ、この年になっても修行が足らない今日この頃でございます。

この勢いで、また秋口からのツアー、全国49本ございます。
秋口からのツアー、また張り切ってやって行きたいと思います!

一段落でございます。

えぇ、ライブが一段落しまして、またスタジオに戻りまして新曲書いております。
ここ一週間、締め切り間近でございます。

詩書いております(笑)
詩、曲、編曲、全部一人でやっておりますので、結構パッツン・パッツン・・・
こんなパッツン・パッツン、十何年ぶり・・・
文句言ってもしょうがないんですが。

頑張って、新曲書いております。

ですので番組の方はですね、なかなか今日はハガキのチェックも、ままならない位な(笑)アレでございます。
フェスティバールホールへいらっしゃった方の、たくさんお便り頂いておりますが、ご紹介、少しづつという感じで。

今日はちょっと、十分にハガキがチェックできておりません。
仕事が忙しい時は、いつものレギュラープログラム『棚から一つかみ』

山下達郎のレコード棚から、今日もアトランダムに色々とお聴きを頂きたいと思います。

日曜日の午後のひと時、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます、山下達郎サンデーソングブック。

今日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します。

今日は特にもう、ほんとに「棚つか」ですので、CD化されてない音源とかですね、世界初CD化の最近出たやつとか、そういうようなもので「棚つか」らしい「棚つか」でいってみたいと思います。

えぇ、昨日あたりからちょっと雨がちでしたので、今日はこんな曲で、いかがかなと。

福岡県朝倉市のM.Mさん。
『毎回サンソン楽しみに聴いています。

皆さん、文章がう上手くて羨ましい限りです。
文章が下手な私は友人からヒントを時々頂いています。
友人は何度もハガキを読まれています。

前回のサンソンで達郎さんは、ハガキは必ず目を通していますとの言葉に、それだけでも十分ありがたく思います。』

全部、目を通してますので、引き続き下さい。
宜しくお願いします。

私の1979年のアルバム「ムーン・グロー」から「RAINY WALK 」


♪ RAINY WALK /山下達郎

~ CM ~

♪ I'm Not Ready (To Let You Go)/Street Corner Symphony


◎このアカペラ仕立ての曲が抜群 

達郎氏:

先日の大阪フェスティバルホールのライブの前のリハーサルをやっておりました。
都内の練習スタジオでございますが。

そこはスタジオが3つありまして、私の他にもいろんな人がツアーの練習をやってろおりましたが。
そん中に知り合いのミュージシャンがいまして。

彼は、今から三十数年前にですね、私が東京FMでやったコーラスのスペシャル番組がありまして。
それを聴いていて、それを今でもエアチェック持ってるというんですが。

その中でかかった曲がなかなか、見つからないと。
アルバムが見つからない、そういうような事を言っておりましたので、そのアルバムからですね、その曲を彼にあげまして。

で、久しぶりに聴いてみましたんですが、まだCDになってないということが判りまして。
じゃ、ま、ついでにリマスタリングしたいい音なので、かけちゃおう。

Street Corner Symphony

イーストコーストの黒人5人組のボーカルグループですが。
このアルバム、1975年に出ました。彼らのただ一枚のアルバム「Harmony Grits」というアルバムでございますが。

この中にアカペラが一曲入っております。
これがすごく言い出来でございますが。
これで全編これかと思いきや、あとは全部、いわゆる当時のビート物、ディスコ物・・・

そうしたもの・・・でございまして。

プロデューサーがMichael Zagerでございますので、ま、そういうような音なんですが。
なにしろ、このアカペラ仕立ての曲が抜群でございまして。
今日はこれからスタートしてみました。


◎リスナーからのお便り(東京都府中市のM.Sさん) 

『5月1日は、娘Sの誕生日であります。
娘も就職して、はや一カ月が経ちました。
仕事から帰宅すると、毎日勤め先に対する愚痴ばかりであります。

親としては、じっくり社会人としてのキャリアを積んで、自分の個性をどこへ行っても発揮できるようになってもらいたいと祈るばかりであります。

是非、達郎さんからも励ましの一言を頂ければ幸いであります』

達郎氏:

えぇ・・・お嬢さん、たいへんですね。
今、時代が時代ですから。
人が少なくて働かされてるという、そういう感じでございますが。

ま、ゆっくり行きましょう。
体だけ気を付けて。

どこ行っても同じです、今の世の中。
昔と違いますから(笑)
頑張って働いて下さい!

お父さんも援助してあげて下さい、精神的に。


♪ Love The Way You Love Me /Eddie Horan


◎リスナーからのお便り(神奈川県藤沢市のT.Sさん) 


達郎氏:

大阪フェスティバルホールのライブの感想、その他、たくさんの方から頂きましたが、今日はちょっとお便りをチェックしきれないので、また次の機会なんですが。

なかなか豪傑な方がたくさんいらっしゃいます。
神奈川県藤沢市のT.Sさん

『5月3日の大阪フェスティバルホールでは変わらぬ達郎さんの歌声を拝聴させて頂きました。

先行発売チケットを奇跡的にゲットすることができ、一カ月前からコンサートにあわせ、奈良観光を計画し、家内と楽しみにして、この日を待っていました。

しかし前半のゴールデンウィークで、つまらぬことで左足の甲を骨折。
その日からギブスと松葉づえの生活。
学生の頃から達郎さんの曲を聴き始め、以来欠かさずコンサートに足を運んでいた私にとって、この機会を逃すわけにもいかず、神奈川県から車いすで駆けつけました。

お陰さまでツアーとは違った素晴らしいコンサートをみることができ、また車いすに乗って移動するのも初めてで、思い出深いものになりました。

残念ながら奈良観光は取り止めました。
移動中、介助して下さったJRの駅員さんや、特にフェスティバルホールの係の方が親切に対応して頂いたことに感謝しています。

そして終始付き合って、車いすを押してくれた家内にも感謝です。

この秋のツアーも行きますので、今後も出来る限り続けてください。
お願いします。』

達郎氏:

・・・すごい・・ふふ(笑)
お大事に、無理せず。


♪ Cry Like A Baby /Dorothy Moore

◎リスナーからのお便り(川崎市のS.Cさん) 

『この前の朝、子供が寝坊して何も食べずに学校に行こうとしてたので、「これ飲んで行きなさい」と、トマトジュースをコップに入れて渡したと思ったら、なんと中身がキムチ鍋の素でした。

「なんだよ!もう!」と怒られましたが、同じような色で同じようなペットボトルに入って冷蔵庫のポケットに隣同士に置かれていたので、つい間違ってしまったのです。

その話を友人に話したら、その友達はウーロン茶と間違えて、めんつゆの素を子供の水筒に入れて持たせたことがあったそうです。』

達郎氏:

お母さん、子育てたいへんですが、頑張ってください。

♪ Carla My Love /The Softones&First Class


~ CM ~


◎来週も・・・ 

達郎氏:

来週も、これで。

いよいよ来週が締め切りでございまして。
そすと一段落しますので、5月最終週、なんかしましょうかね・・・

なんか、考えておきましょう・・・

でも(笑)、またその次に曲書きが待っているので(笑)
いったいどこまで行くのかという(笑)感じでございますが。
頑張ります!


◎ホールツアー 

達郎氏:

とかいいながら、今年の全国ホールツアーのスケジュールが出て参りました。
Performance 2013、私の全国ホールツアー、決定いたしております。

8月27日の埼玉県戸田市文化会館、皮切りでございます。
久しぶりに戸田市文化会館のオープニング。

そして12月24日のクリスマスイブの中野のサンプラザ。
ここまで全国26都市49公演のホールツアーであります。

詳しいスケジュール、チケットの販売方法は山下達郎オフィシャル・ホームページ
http://www.tatsuro.co.jp/
ここのライブページにアップされていますので、ご確認ください。


◎リスナーからのお便り(久留米市のH.Kさん) 

『2013年、全国ツアーのスケジュール確認させて頂きました。
最初が立見席でオペラグラス片手に見ていましたが、だんだんとステージの方へ近づいてまいりました。

今年は前回よりさらに良い席が確保できると信じます。
楽しみです。
今年の夏も暑そうです。
体調管理にお気を付け下さい。

11月、福岡サンパレスでお待ちしております。』

達郎氏:

気の長いお便りでございますが。

だんだん迫って来られると、なんかちょっと、こう・・・
何とも言えませんですね(笑)
ムズムズしますですね(笑)


♪ I Thank You Baby/June&Donnie


◎リスナーからのお便り(世田谷区のT.Mさん) 

『達郎さん、こんにちは。
私は沖縄料理のある居酒屋で料理を作っています。

仕込中、15時から沖縄そばのダシを作りながら達郎さんの曲をかけ、ダシに聴かせながら作ると、すごくいいダシが出来上がります。

そういう話をスタッフに言うと、私のモチベーションでしょと、冷やかな言葉が帰ってきますが、私的には確信している次第です。

日曜日はラジオを聴き、楽しみに仕込みをしております。
今後とも、宜しくお願いします。

私が唯一オールディーズで好きなDebbie ReynoldsのTammy を是非かけてください。

うちの系列店のバーにジュークボックスがあるのですが、なんと1950年代のもの。
達郎さんと同い年。

そこにTammy があるのですが、100円入れてボタン押したけどスルーして動かず。
レコード、そこにあるのに(汗)。
なので達郎さんにお願いするしかありません。
達郎さんの曲同様、私の青春の曲をもう一度。

長文で申し訳ありません。』

達郎氏:

・・・・

だし汁に、山下達郎を聴かせるという・・
ありがたいお便りでございます。

反応してしまいました。
Tammy 、ベタですけど、おかけいたしましょう。

♪ Tammy /Debbie Reynolds


◎ エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
来週も引き続き「棚つか」でございます。

今日は素敵なお便りが一枚あります。
横浜市のO.Aさん、19歳。

『いつも楽しく拝聴しております。
慌ただしい毎日の中で、毎週日曜日のこの時間が、母と私にとっての至福のひと時です。

今回初めて勇気を出して、お便りさせて頂きます。

昨年、私は大学受験を経験しました。
母は私の夢を大いに応援してくれて、予備校への送迎、お弁当作りを初めとして、私が自分の持つ力を発揮できるようにと、全てのことに気を配り、精神面でも、いつも支えてくれました。

大学は残念ながら第一志望校に入れませんでしたが、それでも今は自分の好きなバイオサイエンスについて学びつつ、充実した学生生活を送れているのは母のおかげです。

そんな愛情深い母の一番の心の支えは達郎さんの音楽です。

達郎さんの暖かい歌声や、やさしいメロディー、心に響く歌詞に毎日救われているようです。
大好きな達郎さんに大切な母が癒しの空間を与えて頂いているのは、達郎さんのちっぽけなファンとして、娘として嬉しい限りです。

辛い時、苦しい時に寄り添ってくれた達郎さんの愛にあふれた楽曲たちに感謝しております。

4月27日に誕生日を迎える母のために、二人三脚で歩んできた母を私にとって一番大切な曲「ずっと一緒さ」をリクエストさせて頂きたいと思います。

最愛の母へハッピーバースデーの想いを込めて、どうか宜しくお願い申し上げます。』


達筆の素晴らしい字でございます。
がんばって勉強してください。

平成生まれですね、19歳。
頑張って下さい。

京都市のN.Tさん、Aさん。
昨日、11日に入籍されたそうであります。

『48歳にして結婚することになりました。
結婚報告会の入場曲にラビアンローズを使わせていただきます。
末永く、ずっと一緒にいられるように願っています。』

おめでとうございます。
お幸せに。

というわけでお二方のリクエスト、お馴染「ずっと一緒さ」

♪  ずっと一緒さ /山下達郎

今週のオンエア曲

14:04 RAINY WALK /山下達郎
14:09 I'm Not Ready (To Let You Go)/Street Corner Symphony
14:15 Love The Way You Love Me /Eddie Horan
14:20 Cry Like A Baby/Dorothy Moore
14:25 Carla My Love /The Softones&First Class
14:33 I Thank You Baby/June&Donnie
14:37 Tammy /Debbie Reynolds
14:42 ずっと一緒さ /山下達郎






スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ