プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2014年02月23日『アカデミー主題歌賞で棚からひとつかみ』

長崎は、天気が良く、もう春がスタンバイしている感じです。
今日は、バンドの練習で新曲などをやりましたが、達郎さんの曲は、ほんとに難しい!

今日のサンソンは、高音質で聴く映画音楽。
素敵でした。
ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

早いもので、もう2月も最後でございます。
雪に悩まされたり、いろいろありましたが、少しづつ春の気配がやってくる今日このごろでございますが。

私、先週あたりは、ずっとですね、昼間は竹内まりやさんのレコーディング、やっておりました。

夜になりますと、1月がものすごく忙しかったので、ちょっと遅めの新年会というのをですね、レコード会社のスタッフとか、オフィスのスタッフとかやりまして。

だいだい20代から30代にかけての人が、ほとんどなんですが。
まぁ、とにかくよく飲むんです、みんな!

こんなに飲むのか!というくらいですね・・・
ものすごい酒量でございます。

最近の若い人たちは、あんまり、こう・・・
群れないっていうか、飲み会とか飯会とか行きたがらないとか、酒を飲まないとか・・

ウソです!

すごい、アレでございます。
そういう若い人たちの飲みっぷり、食べっぷりみてても、やっぱりこっちは歳だなぁって感じが(笑)致しますがですね。

そんなような事をしつつ、2月も終わろうとして参ります。

いつも、二月にいっぺん、聴取率週間というのがございますが。
いわゆるレーティングというヤツですね。

今日が、私の番組の期間なんですが。
ま、いろいろいつもやってます、ライブ特集とかですね、ベタリクとか、いろんな事やっておりますが。

だんだんネタが切れてきました。

放送局の方からですね、アカデミーが近いので、アカデミーでやってくれと。
そういえば、そういうことやった事ありませんね。

だいたい僕、そういうアカデミー賞とかグラミーとか、レコード大賞とか、ま、そういうこう、いわゆるロビーングに基づいた、そういう賞レースって、あんまり興味がないですが。

アカデミー賞、戦前からずっと・・・主題歌賞、音楽賞、ありますが。

じゃ、まぁやってみようかと・・・
一週間で、とても出来るアレじゃありません。

ま、我々の世代の・・・ベタでですね、「タイタニック」とかありますがですね。
「愛と青春の旅立ち」とか。

そういうベタなやつかけてもしょうがないのでですね。
今日は、ひとつサンソンらしく、めっちゃくちゃ昔のヤツで、行ってみたいと思います。

戦前から始まって、50年代くらい、60年代頭くらいまで。
いわゆる、有名な曲ですが、なるべくオリジナルサウンドトラック、そらから、アカデミー主題歌賞、とった時の本人のレコーディング・・・

そういうものを、オリジナルまで遡って、いってみたいと思います。

特に戦前のものは、音が悪いので。
そこはですね、サンソンのデジタル・プロセッシングでですね、最高の出来る限りの最高の音質でお届けを致します。

こんなにいい音で、聴けるものは、他にございません。

ま、ほんとに、舐める程度ですけども。
今ではスタンダード・ナンバーとして良く知られた、どの曲もですね、オリジナルの映画主題歌まだ遡ったテイクでお聴きを頂きます。

今日は『アカデミー主題歌賞で棚からひとつかみ』
何が飛び出しますか。

今日も日曜日の午後のひととき、今日は映画音楽でお楽しみいただきます。
もう、バリバリのミドルオブ・ザロード・プログラムでございます。

ジェットストリームもまっ青!

それでも音質は最高でございます。
最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします『アカデミー主題歌賞で棚からひとつかみ』

で、最初に自分の曲をかけるのだから、やっぱり映画のタイアップがいいかなと思いまして。

一番、直近のヤツ。

♪ 光と君へのレクイエム /山下達郎

~ CM ~

♪ The Way You Look Tonight/Fred Astaire

♪ Over The Rainbow /Judy Garland

♪ When You Wish Upon A Star /Cliff Edwards

♪ Secret Love /Doris Day

♪ High Noon /Tex Ritter


~ CM ~

◎来週・・・ 

達郎氏:

来週は、3月のひな祭り近いので、サンソン恒例、『ひな祭りガールシンガー、ガールグループ特集』にしたいと思います。

◎リスナーからのお便り(北海道苫小牧市のS.Y君 17才) 

『今日は達郎さんにひとつお願いがあります。

今、僕は受験生であり、国公立の前期試験が2月25日火曜日にあります。
そこで、何か「頑張れ」だけでもいいので、励ましの言葉を下さい。

おそらく全国の達郎さんファン受験生が喜びます。
頑張ります!
是非、宜しくお願いします』

達郎氏:

今、丁度高校受験の季節ですが。
寒いですのでですね、風邪ひかないように、頑張って下さい。
良い成果をお祈りしております。

また、お便り下さい。

◎ 先週・・・ 

達郎氏:

先週、福島県の須賀川市からハガキを出すと、ウルトラマンのスタンプが消印で押してくれるので、送りますといって、送って頂いた方がですね・・・

全然押されてなくて、私、ブツブツ言いましたらですね、今日、届きました。

福島県須賀川市のH.Kさん。
この方が送って頂いたハガキはですね、ウルトラマンのスタンプ、押してあるんです! これ。

どうなってんでしょうね?
カサブランカの絵葉書だ、これ(笑)
ありがとうございます。
また、下さい。


◎リスナーからのお便り(新潟県新発田市のO.Tさん) 

『次男のK君にハッピーバースデー。

私は現在出張中でホテル住まいです。
少々、腰痛持ちなのもあり、出先のベットで体が馴染むまで3,4日かかったりもします。

達郎さんはツアー中、毎日のように寝るところが変わるわけですよね。
枕が変わると・・なんて言ってられないと存じ上げますが、ストレス対策は何ですか。

プロ意識の一言で突き放さないで下さい。』

達郎氏:

浅田真央さんが宣伝してます『エアウィ―ヴ』というのを僕は何年も愛用してます。
ああいう手が何種類がありましてですね。
僕の場合は『エアウィ―ヴ』ですけど、ほかにも、ま、そんなに変わらないと思いますが。

随分違うものです。

あれと枕は持参しております。
でも、昔から比べたら、随分、ホテルのベットも寝やすくなりました。
昔はもう、ほんとに毛布1枚、寒いの震えながらビジネスホテルで寝たものですから。

それから比べましたら、ほんとに今はもう極楽みたいなものであります。

お大事に。
腰はたいへんですからね。

♪ Love Is A Many Splenored Thing/The Four Aces

♪ Moon River /Henry Mancini & His Orchestra

◎ エンディング 

達郎氏:

というわけで今日は『アカデミー主題歌賞で棚からひとつかみ』と題しましてですね。
もう60年代の中頃までで、あと時間がなくなってしまいました。

この先になると、どんどん、どんどん曲が長くなるのでですね。
ますます、アレなんですが。

機会があれば、もう一度、と行きたいところですが、あとはもうほんとに、Rainfall・・・そんなのばっかりですのでですね。
ベタになるので。

そういうわけで今日は、 1966年のMatt Monroの野生のエルザ、Born Free
これをお聴きをいただきながら『アカデミー主題歌賞で棚からひとつかみ』
ご清聴ありがとうございました。

♪ Born Free /Matt Monro


今週のオンエア曲

14:04 光と君へのレクイエム /山下達郎
14:10 The Way You Look Tonight/Fred Astaire
14:14 Over The Rainbow /Judy Garland
14:18 When You Wish Upon A Star /Cliff Edwards
14:22 Secret Love /Doris Day
14:26 High Noon /Tex Ritter
14:36 Love Is A Many Splenored Thing/The Four Aces
14:40 Moon River /Henry Mancini & His Orchestra
14:44 Born Free /Matt Monro



スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ