プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年1月15日『鳥で棚からひとつかみ Part.2』

長崎市内、土日は寒さが厳しくなりましたが、晴天になりました。

写真は長崎半島の先端にある野母崎地区の「水仙の里」で行われている「のもざき水仙まつり」に行ってきた一コマです。軍艦島を望むことができる素晴らしいところです。
野母崎_水仙_軍艦島_20170114_009


今日のサンソン、インペリテリの超高速ギタープレイを聴けるとは思いませんでした。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

1月なかばになりました。
昔は、今日が成人式でございますが、最近は違います。

寒波が全国的に襲来しておりまして。
東京も寒いですが、天気予報を見ますと「暴風雪」!
新潟とか金沢・・・すごい。

また雪が、たくさん降るところがございます。
お見舞い申し上げます。
寒いですので、インフルエンザも流行っております。

お体、皆様くれぐれも、お大事に。

1月も半分過ぎてしまいました。
私、新曲のレコーディングがほぼ終わりましてですね。
あとちょっと細かいダビングが待っておりますが。
それを待っておりますので・・・

もう1曲、録ろうかなぁなんていうことを思っております。
曲のアレンジを打ち込みながらしておりますが。

番組の方は、酉年でございます。
「チキンで棚つか」
先週やりましたが。
結構、チキンもの、たくさんございます。

特にロックン・ロール、ファンク、そういうようなものですね・・
たくさんございます。
もう1週間やってみようかなと。

今日も割りとロッケンロールですが。
先週よりはもうちょっと柔らかいやつ選ぼうと(笑)、努力はしましたが、あまり反映されておりません。

酉年ですので、鳥で棚からひとつかみを考えましたら、鳥で全部行くと、もう際限ないので。
鳥は「ニワトリ」、酉年のニワトリでございますね。
「チキンで棚からひとつかみ」

欧米ですと「チキン」ちょっと意味が違うんですが、まぁどうでも・・
えぇ・・適当に。
寒さを吹っ飛ばすロックン・ロール・・

本日も日曜の午後のひととき、素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます。
酉年にちなみまして「チキンで棚からひとつかみ」、先週に引き続きましてPart.2でございます。

本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。

先週申し上げましたが、私の曲、鳥の曲がないんですね。
いわゆるチキンの曲ないので。
ですので、しょうがないので、先週は結局鳥がらみではないので、ドーナツソングで逃げましたが。

よく考えるとですね、チキンじゃなきゃ、あるんです。

「ヘロン」!
サギですね、振り込めのサギではありません。
鳥のサギです。

これでいってみようと。
やっぱりこう・・趨勢を読んで頂いたというか、たくさんリクエストを頂きました(笑)

仙台市のK.Nさん。

『突然ですが、私は車を運転する時、100%達郎さんの音楽を聴いておりますが、達郎さんは運転されるとき、何を聴いておられますか。

鳥と言えば、私の中では「ヘロン」です。
1,2月の寒さは「ヘロン」を聴いて元気に乗り切って参ります。
リクエスト、達郎さんの「ヘロン」をお願いします。』

素敵なお便り、ありがとうございます。

横浜市のI.Kさん。

『ライブとても楽しみです。
チケット取れるとよいのですが。
宝くじ当たるより達郎さんのライブが当たる方が嬉しいな。』

品川区のM.Mさん。

『昨年は、ほとんど読んで頂けませんでした。涙・・・』

すいませーん!
今年は努力します。

最近、もうとにかく、おもいっきりハガキが増えてきまして(笑)
お正月だということもありますけれども。

お正月、山のように(笑)
今までで一番多く、頂きましたけれども。
まで全部読みきれてないという(笑)体たらく!!
がんばります!

♪ ヘロン/山下達郎

~ CM ~

♪ Chicken Bone Bone/The Manhattan Transfer

◎Chicken Bone Bone/The Manhattan Transfer

達郎氏:

まずはマンハッタン・トランスファー。
1971年、彼らの実質的なデビューアルバムの1曲目に入っております。
「Chicken Bone Bone」
鶏の骨ですね。

75年にマンハッタン・トランスファー、ブレイクしますが、その前のものですので、あとでリイシューされて、我々は耳にするあれですけども。

割りといい出来なんですけど、ま、時代の趨勢といいましょうか、そういうものだと思いますが。


♪ Chicken/Quicksilver Messenger Service


◎こじつけみたいな特集 

達郎氏:

こうした、まぁ、最近ここ数年間「なんとかで棚からひとつかみ」っていうですね、こじつけみたいな特集をやっておりますが。

往々にして、いつも申し上げておりますように、曲の粒がですね揃えるのが難しいんですが。
ま、今回はチキン、たくさんありましたので、割りといい曲選ぶことができましたが。
こういう時じゃないと、かからない曲ばかりなので(笑)
ま、いいかなと(笑)

今年は3年ぶりに仕事場の大掃除をしまして。
ここ3年、ライブがタイトだったので。
冬から春にかけるライブが曲年ありましたので。
去年、全く手付かずでありました。

だいぶ、きれいになりました。
その、きれいになった所で一所懸命、曲を書こうと。

そんなこと、どうでもいいんですが(笑)


◎チキン・ピッキング 

達郎氏:

チキンというですね、ロックン・ロールで、アメリカの音楽ですと、ギターのプレイとしてのチキン・ピッキングと呼ばれる奏法が、特にカントリーであります。

チキン・ピッキングというと、カントリーのそうした奏法の全般を指すという。
それの代表的なインスト曲を1曲。

弾いておりますのは、ドン・リッチという・・
バックオーエンスというカントリーシンガーのバックバンドで有名であります。

ビートルズのリンゴが好きなですね「アクト・ナチュラリー」、あれのオリジナルのグループですが。
そのバッカルースのリードギタリストのドン・リッチという人がこうしたチキンピッキング、カントリーピッキングの代表的な奏者であります。

1967年のDon Rich & The Buckaroosというクレジットで発売されましたシングル「Chicken Pickin'」

♪ Chicken Pickin'/Don Rich & The Buckaroos

カントリーは、こうしたミュートをかけた奏法といいましょうかですね。
こんな難しくは弾けませんが。
いわゆるチキン・ピッキングの典型的なフレーズってのは・・

♪ Gui (by Tatsuro Yamashita in studio)

こういうのをチキン・ピッキングと言いますが。
こういうのを、みんなで昔はですね、演ってカントリーごっこをして遊んだもんでございますが。


◎17th Century Chicken Pickin'/インペリテリ

達郎氏:

アメリカのチキン・ピッキング、いろんなとこに波及しておりまして。
お次に聴いて頂きますのは、いわゆるハードロックでございます。

クリス・インペリテリ
世界最速のギタリストとうたわれております。
インペリテリが、1996年に出しましたアルバム「スクリーミング・シンフォニー」というアルバムの中にですね「17th Century Chicken Pickin'」という曲があります。

17世紀のチキン・ピッキング!

これはでも、明らかにカントリー・フレーバーを意識して付けたタイトルであります。
出て来るフレーズはもうインペリテリの超高速フレーズでございますけども。

♪ 17th Century Chicken Pickin'/インペリテリ

一瞬、伊藤政則さんの番組と聞き間違えますが、山下達郎サンデーソングブックでございます(笑)

こんなのまで持ってる自分が怖い(笑)
ま、なけりゃ、ひとから借りてくればいいんですが(笑)


♪ ファンキー・チキン パート1/ウィリー・ヘンダーソン&ソウル・エクスプロージョンズ

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週は、年末の「年忘れリクエスト大会」でご紹介しきれなかったリクエストカードからリクエスト特集をしたいと思います。

残り物には福があるという。

もうすぐライブのリハーサルが始まったりしますので。
ライブ始まりますと、皆様の、またお便りがとっても助けになります。
引き続き、リクエストおたより、たくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係

宜しくお願い申し上げます。


♪ Chicken Shack/Ike & Tina Turner

♪ (They Call Him) Chicken Of The Sea/The Go-Go's

♪ ザ・チキン/ジェームス・ブラウン


◎エンディング 

達郎氏:

というわけで2週間、酉年にちなみまして「チキンで棚からひとつかみ」(笑)
いかがでしたでしょうか(笑)

当分いいな(笑)
っへへ(笑)

あとは本当のチキン食べればいい、という感じでございますが。
今日はこのへんで。
来週は、そういうわけでリクエスト特集でお届けします。
宜しくお願いします。

今日は、今年最初の収録であります。
1月1日と8日の分は、まとめて録っちゃったので。
半月くらいインターバルがありますので。
ちょっと調子が・・いまいち(笑)

来週はもうちょっと上手く行くでしょう!
来週も宜しくお願いします。

チキン、鳥、邦楽、和物であまりいいのが無いんですが。
最後に持ってきましたのは MICHELLE GUN ELEPHANT。
97年のアルバムで「Chicken Zombies」というアルバムがあるんですね。

これで行ってみよう・
こじつけです。こじつけ・・・

こんなかに鳥モノの曲が1曲あります。
「バードメン」という1曲があります。
これを最後に「鳥で棚からひとつかみ」チキン縛り、ご清聴ありがとうございます。

♪ バードメン/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

今週のオンエア曲

14:04 ヘロン/山下達郎
14:10 Chicken Bone Bone/The Manhattan Transfer
14:15 Chicken/Quicksilver Messenger Service
14:20 Chicken Pickin'/Don Rich & The Buckaroos
14:23 セヴンティーンス・センチュリー・チキン・ピッキン/インペリテリ
14:27 ファンキー・チキン パート1/ウィリー・ヘンダーソン&ソウル・エクスプロージョンズ
14:34 Chicken Shack/Ike & Tina Turner
14:38 (They Call Him) Chicken Of The Sea/The Go-Go's
14:41 ザ・チキン/ジェームス・ブラウン
14:46 バードメン/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT












スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ