プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年5月21日『棚からひとつかみ+リクエスト』

長崎市内は気温27℃、初夏のような爽やかな風が吹いています。
気持ちのいい1日でした。

今日のサンソン、リスナのお葉書に娘さん、お孫さん・・・といったお話が多くなってきました。それに呼応して、最近、達郎さんも、ご自身のお嬢さんのお話をけっこうされますね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

もう5月も後半でございますね。
早いものでありますが。

おかげ様で、ツアー順調に推移しております。

番組の方は、かなり前倒しなので、リアルタイムで申し上げられないのが申し訳ないですけど。
今日も、結構前倒しでございます(笑)

最近、週末にライブがありますので。
週の初めくらいに録ってしまうので、ちょっと時間があいてしまいます。

本日、5月21日でございますが。
昨日、今日と仙台でございます。
東京エレクトロンホール宮城、旧宮城県民会館でございます。

この番組はその前に録っておりますので、昨日は上手くいってるはずでございます。
本日は、お待ち申し上げております。

5月5日の青森
5月7日の盛岡
そして、5月11日、12日と、東京のNHKホール

これが終わった所で収録しております(笑)。

えぇ、おかげ様でどこも上手く(笑)
お出で下さいました皆様、ありがとうございました。

NHKホールも、東京公演、今年のツアーは初でございましたが、おかげさまで、いい演奏ができました。

昨日も、上手くいってるはずでございます。
今日もがんばっていきたいと思います。

なんか、こう生殺しみたいな感じでございます(笑)

で、番組の方は、前倒し、前倒しでございますので、ハガキが山のように、ドンと目の前に積まれまして。
それを一所懸命、よって、読んで、選曲して・・という感じでございます。

ここんところ、リクエスト特集、棚つか、交互にお届けしておりますが。
今日はもう、ミックスでいきます。

『棚からひとつかみ』
山下達郎のレコード棚からアトランダムにお聴きを頂きつつ、皆様のリクエストにもお応えしつつ。
『棚つか+リクエスト』
混合プログラムでございます。いつもの感じで。

その間にまた一所懸命ツアーを進行しております。
3分の1が過ぎました。
おかげさまで、今年は割りと調子がいい。

ありがとうございます。
やはり冬じゃなくて、暖かくなってツアーやって正解だと(笑)
そういう感じでございます。

日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。

本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。
『棚からひとつかみ+リクエスト』

えぇ・・季節柄なので、「パレード」なんか、いいんじゃないかなと、思います。
そうすると超常連の方がいつもリクエストして頂きます。

山下達郎、1976年のアルバム「ナイアガラ・トライアングル」からお馴染みの「パレード」

♪ パレード/山下達郎

~ CM ~

♪ Down The River Boogie/Potliquor


◎リスナーからのお便り(練馬区のA.Tさん) 

『いつも書いてあるセリフ「リクエスト!」
俺のリクエスト、シカトしないでくれー!」

達郎氏:

この人でも、私のむか~しNHKでですね、80年代にやっておりましたサウンドストリートというレギュラー番組でかけた曲ばっかりをリクエストするというですね。
不思議な人でございます。

バリー・マン、私が最も尊敬するアメリカの偉大なるソングライターでございますが。
バリー・マンの1971年のアルバム「LAY IT ALL OUT」という傑作アルバムなんですが、不運なことに全くヒットにもなりませんでしたけれども。

今聴いても十分に鑑賞に耐えるという。
これの2曲目に入っております。

D.J.トーマスとかデルフォニックスとか色んなカバーがありますけど、このバリー・マンのバージョンに優るものはありません!

ジョエル・オブライエン、チャールズ・ラーキー、ダニー・コーチマー、そしてバリー・マン自身のピアノにキャロル・キングがもう一人ピアノで参加するという贅沢なトラック。


♪ When You Get Right Down To It/Barry Mann


◎リスナーからのお便り(川崎市のS.Nさん) 

『去年、新潟のコンサートのあと、すっかり善人になって1年過ぎ、神様がご褒美に今年は横浜で達郎さんにあわせてくれました。

近くです。
楽しく夢のような時を過ごせました。
ありがとうございました。
幸せでいっぱいです。
誰かにわけてあげたい。

帰りの電車で、妊婦さんに席を素早く譲ることができました。
達郎効果継続中。
元気な善人になっています。

どうかお体にお気をつけてがんばってください。
CD楽しみです。
張り切って生活できます。』

達郎氏:

すてきなお便りでございます(笑)
ありがとうございます。
またお出で下さい。


◎リスナーからのお便り(川崎市のM.Sさん 33才) 

『番組ちゃんと聴くようになって、まだ1年弱でありますが、初めてハガキを送ります。
先日、幸運にも一般で当選しまして松本公演に行きました。

生で初めて達郎さんの歌とすばらしいパフォーマンスを見ることができ、感動しました。
また自分の父と同じ年である達郎さんのパワフルさに驚きでした。』


達郎氏:

イヒヒ(笑)

『長い公演、まだまだ続きますが、頑張ってください。

質問です。
仕事柄、自分より年下の人と仕事することがあるのですが、世代のギャップを感じることがあります。

達郎さんはギャップを感じることはありますか。』

達郎氏:

33くらいの方が、世代のギャップ、6つとか7つとか大きいです。

僕らくらいの年になると、逆にだんだん、だんだんそういうの、なくなってきます。
で、この方33で、うちの娘とほぼ同じ年代なのでですね。

このくらいの年代の方だと普通に話しができます。
かえってこのくらいの年代の方々と話ししてると楽しいです。
自分と同じ年代の・・・あの・・爺さん婆さんと話ししてるよりですね(笑)

楽しいです(笑)
刺激にもなりますし。
またください。


♪ Don't Be Afraid/Ronnie Dyson


♪ Body Language/Patti Austin



~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も、この調子でいってみたいと思います。

引き続き、リクエスト、お便りたくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係

6月からハガキが値上げになってしまいますが・・・
負けずに!(笑)
よろお願いします(笑)


◎リスナーからのお便り(仙台市のW.Tさん) 

『初めてお便りします。

5月7日に郵便局を定年退職された方のハガキを紹介されていましたが、私も3月末で定年退職し、38年の公務員生活を終えました。

4月になったらリクエストカードを書こうと思っておりましたが、父親の会社を引き継ぐこととなり、役所や銀行の手続き、税理士との打ち合わせ等、あっという間に一ヶ月が過ぎ、来月からハガキが値上げと聞き、あわてて筆をとった次第です。

昨年のツアーは仕事の都合で参加できず、今年は全国どこでも行く覚悟で、妻と今までの全公演に申し込んだところ、6月22日の大阪公演に当選しました。

久し振りに達郎さんの生の歌と演奏を楽しみにしております。』

達郎氏:

ありがたいお便りでございますね。


◎リスナーからのお便り(新潟県魚沼市のI.Tさん) 

『3月20日付けで41年努めた会社を退職し、4月からは楽隠居できると考えていましたが、私が甘かったようです。

孫娘が4月から保育園に行きましたが、昨年12月に生まれた二人目の孫・男子の世話に妻と二人で奮闘しています。

長男夫婦は共働き。
孫娘の保育園への送り迎え、下の孫のおもり。
朝晩の鯉のぼりの揚げ降ろし。

両親は85才と84才、まだまだ自分でできると思い、畑仕事をやるが、思うようにいかず素人の私が慣れない仕事を・・・

ストレスが溜まってしまいます。』

達郎氏:

すばらしいですね!

『7月の新潟県民会館、楽しみにしています。』

達郎氏:

でも皆さんほんとに、まだまだでございます。
一所懸命働きましょう!(笑)
お互いに(笑)


♪ For Your Love/Ed Townsend


◎リスナーからのお便り(大阪府豊中市のスナフキンさん) 

達郎氏:

これは内容がちょっと、なになので。
大阪府豊中市のペンネーム、スナフキンさん。

『初めてお便りを差し上げます。
35年位のファンです。

昔、2時間くらいの長い通学時間にウォークマンで「SPACY」や「GO AHEAD!」を聴いておりました。
達郎さんの他はラモーンズやストゥージズとかを一押す、偏った趣味の野郎です。』

達郎氏:

確かに偏ってるわ。

『このたび初めて達郎さんのライブチケット、6月1日大阪に当選することができて、ワクワクしております。
自分は昨年、胃がんを患い、胃切除。
なんとか生還しましたが、抗がん剤の副作用や職場の対応などで、しんどい毎日です。

日曜日に仕事のことも多いのですが、タイムフリーのお陰で生きがいのサンソンも聴くことが出来るようになりました。

あとは、この春大学を卒業した娘が、たまにデートをしてくれるのが楽しみです。
達郎さんは娘さんとデートされることはありますか。

ほんとに健康が一番です。
気をつけてご活躍下さい。

リクエストはBlue Cheerの「Summertime Blues」をお願いします。』

達郎氏:

くれぐれも、お体お大事に。
私は、娘とは、よく食事もしますし、話もしております(笑)
えぇ・・・自由業の強みです(笑)


♪ Summertime Blues/Blue Cheer

♪ Lift This Hurt/Chosen Few


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

来週も引き続き『棚からひとつかみ+リクエスト』でお届けします。

本日は仙台の東京エレクトロンホール宮城、宮城県民会館でのライブでございます。
来週は広島へわたって参ります。

広島 上野学園ホール
お待ち申し上げております。

来週も土日でございますので、前倒しでございます(笑)


宇都宮市の超常連、A.Tさん。

『先日の放送で、ツアー中は観光はしないとのお話をしていましたが、名物は食べに行くのですか。

「出雲そば」とか「餃子」とか「わんこそば」とか。

"そんなこと聞いてどうすんの"と流されそうですが。』

行きません!!
そんな暇ありません(笑)

メンバーはもう、ほんとにですね、盛岡行ったら午前中から「わんこそば」行って大騒ぎしてましたがですね。

前の日の録音を聴いて、いろいろとチェックをしてですね・・
そういう、真面目にやっております(笑)

年取って、どんどん、どんどん、真面目になってる(笑)感じでございます。

かなり規則正しい生活で生きております。
ですので、家へ帰っても規則正しい生活。
こんな・・どうすんのかという感じがいたしますが。

まあ、でもライブにいらして下さるお客さんのために・・全てでございます。

なんか、かっこ良すぎたりなんか、しますがですね。
でも、しょうがないです、やっぱり(笑)
ふへへ(笑)

真面目です!

今日の最後は、5月でございますので、たくさんリクエスト頂いております。
私の歌で、5月が出て来る歌であります(笑)

私の1991年のアルバム「アルチザン」から「片想い」


♪ 片想い/山下達郎


今週のオンエア曲


14:03 パレード/山下達郎
14:08 Down The River Boogie/Potliquor
14:13 When You Get Right Down To It/Barry Mann
14:19 Don't Be Afraid/Ronnie Dyson
14:24 Body Language/Patti Austin
14:32 For Your Love/Ed Townsend
14:37 Summertime Blues/Blue Cheer
14:41 Lift This Hurt/Chosen Few
14:46 片想い/山下達郎










スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ