プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン「夫婦放談」
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年8月20日『納涼夫婦放談 Part.1』

お盆過ぎて、少し気温が下がった感じです。
でも長崎は、雨がほとんど降らず、暑い日が続いています。

今日のサンソン、達郎さんの人間ドックでの聴覚検査の対応・・・
たいへんです、病院は。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

お盆休みも終わりまして、また日常に戻るという。
えぇ・・ご家族サービス、お父さんお疲れの方、たくさんいらっしゃると思います。

今日は、前倒しでございます。
ですので、お天気のこととか申し上げられませんけれども。

ツアーは続行しております。
いよいよラストスパートでございます。

先週、8月15,16、札幌ニトリ文化ホール。
そして19日、昨日ですね、苫小牧市民会館。
上手くいってるはずでございます(笑)

残り3本になりました。

明日、生まれて初めての網走。
網走市民会館。
1000人、キャパシティがないところです。
さあ、どうなりますか!

生まれて初めて!

今まで、人生で初めて、日本の北でございます。
お待ち申し上げております。

それが終わりますと、もうあとは金沢、長野で、今年のツアー、めでたく千秋楽ということになります。
がんばっていきたいと思います。

今年は、ほんとにあのぉ・・たくさんお便りを頂きまして。
納涼リクエスト大会、6回やりまして。
結構充実したプログラム作れました。
ありがとうございました。

また、よろしく・・年末になりますかね(笑)

さて、夏といいますと納涼リクエスト大会のあとに控えておりますのは8月の最終週、今週、来週2週間・・

毎年恒例、この方ゲストに『納涼夫婦放談』

まりやさん:

こんにちは。竹内まりやです。
よろしくお願いします。

達郎氏:

ツアーやっておりますと、なんか時間が経つのが遅いような、早いような・・

まりやさん:

早いです。

達郎氏:

早いかな。

まりやさん:

見てる方だから早いかもしれない。

達郎氏:

ふふふふ(笑)

まりやさん:

でも今年はもう、なんか・・駆け抜けてますね。

達郎氏:

そうそう・・夏は楽ですわ!

まりやさん:

そうですか?

達郎氏:

ほんとに。

まりやさん:

今年はヒヤヒヤしなくて、風邪引かないようにって・・
まあ冷房とかもね気をつけなきゃいけないとか。

達郎氏:

そう、なんか、インフルエンザ流行ってるとこもあるって。

まりやさん:

そうなんだ。

声、絶好調じゃないですか!
あたし、もしかしてこれ40年位ずっとライブみてるけど、声が出てるという意味においては一番出てんじゃないですかね。

達郎氏:

なんかね・・

まりやさん:

64才に・・

達郎氏:

若返っちゃいましたね(笑)

まりやさん:

ほんとに頑張ってます。

達郎氏:

で、おかげさまで無事に、さしたる障害もなく終わりつつありますが。

まりやさん:

あと、たった3本。

達郎氏:

そうです。

まりやさん:

早い!

達郎氏:

メンバーは寂しい寂しいと言っておりますが。
そのあとに氣志團万博に・・

まりやさん:

それ、私すごい楽しみにしてんの。

達郎氏:

ふへへへ(笑)
がんばって行きたいと思いますが。

毎年恒例『納涼夫婦放談』でございます。
年に2回、竹内まりやさんに登場願いまして。

ここんところ、なんか地下潜行の・・

まりやさん:

忙しく、私なりにやってるんですよ。
音楽活動をちょっとね。
潜ってやってますんで。

達郎氏:

そのへんも伺いたいと思います。
今週、来週2週間、毎年恒例『納涼夫婦放談』
竹内まりやさんと色々といってみたいと思います。

COMEALONGがですね、「3」が出ましたのに伴いましてCOMEALONG「1」「2」もリマスターで再発いたしました。

まりやさん:

懐かしいですね。

達郎氏:

すごいですね。
もう37年?

まりやさん:

最初カセットだったもんね。

達郎氏:

そうです。
最初カセットだったんです。

で、そのカセットのCOMEALONG「1」のやつですが、ま、当時はカセットもA面、B面っていうのがありましてね。

そのB面にあたりますKIKIステーション・サイド、ハワイのKIKIを模しまして、小林克也さんがですね、アレした・・そこになんとですね17才の竹内まりやが出て来るという。


まりやさん:

高校生としてね・・なんかね

達郎氏:

恐ろしい!

まりやさん:

リクエストするみたいな

達郎氏:

そうです。
これをまずは、いってみましょうか(笑)

COMEALONG「1」から「WINDY LADY」

♪ WINDY LADY(COMEALONG1 /山下達郎)

~ CM ~

♪ もう一度/竹内まりや

◎もう一度 

達郎氏:

現在NHKのBSプレミアムで「定年女子」というドラマが・・
そろそろ最終回ですかね。
南果歩さん主演でございます。

この主題歌でいきなり「もう一度」が・・

まりやさん:

そうなんです。
ありがたいですね。これ使ってくださって。

すごくいいドラマで・・
50代で仕事を続けてきた女性達の今のあり方というか、思いがね・・
それぞれの思いが描かれてるんですけど。

役者さんが、みんないいんですよ。

石野真子さんとか、草刈民代さんとか、清水ミチコさんとか、草笛光子さんとか・・
果歩さんも、すごく素敵なんですけど。

私もしっかり見させて頂いています。

達郎氏:

もともとは「くれない族の反乱」というですね・・

まりやさん:

そのドラマの主題歌だったんです。

達郎氏:

大原麗子さんと田村正和さん・・

まりやさん:

この曲を聴いて、パッと思い出すのは、レコーディングしてるとき、おなかに赤ちゃんがいて、私・・

すっごい、つわりが大変な時にね(笑)
歌、入れてたのを、すごい思い出すの。

ワンコーラス歌うと「ちょっと待って下さい!」みたいな(笑)

達郎氏:

たいへんですね。

まりやさん:

そんな想い出がある(笑)


◎リスナーからのお便り(埼玉県久喜市のO.Tさん) 

まりやさん:

『7月のサンデーソングブックで達郎さんはドーナツを食べたことはありますか?という質問が。

私は、ははぁ~ん、と。

だってライブでドーナツソングを歌ってる時、達郎さんは全然おいしそうな顔してないんですもん。』

達郎氏:

なんだい、それ(笑)

まりやさん:

『そこで、まりやさんに質問。
達郎さんは普段のお食事で、おいしい時は表情が変わるのでしょうか。
主婦としては家族のおいしそうな顔が一番嬉しいですよね。』

って書いてありますけど。

達郎は、割りとおいしい時はおいしいって言ってくれるし。
例えば梅干しの味がちょっと変わると「あっ! これどこで買ったの?」とか、結構食いついてくれるよね。

達郎氏:

でもね、江戸っ子はね、そんなね「うめぇ~な」なんて顔して食っちゃいけないんです。

まりやさん:

あ、そうなの(笑)

達郎氏:

見栄ですからね、そんなもん。

まりやさん:

でもね、作ってる側としては、そう言うほうが嬉しい。

達郎氏:

でも、どーやって(笑)

まりやさん:

ドーナツソングの時、美味しそうな顔して歌うって、どーすんの?

達郎氏:

僕は、笑いながら歌うの嫌いな人間なので!

まりやさん:

そうだよね。
すごく明るい曲でも、目を見るとトンガッてるよね。

達郎氏:

そうですよ。

まりやさん:

ふひひひ(笑)

達郎氏:

それが、サブカルチャーのあれですから。

まりやさん:

そうなの(笑)

達郎氏:

やっぱり、あの・・ほらエンターテイナーっているじゃないですか。
昔のテレビ見るとね。

特に名前言いませんけど、例えばポール・アンカとか、ああいうようなね。

まりやさん:

ショーマンね。

達郎氏:

みんな満面の笑顔でね。
これ、あれがダメなんですよ、僕。

まりやさん:

でも、まあ曲によっては満面の笑みの方がいい場合もあるしね。

達郎氏:

いや・なるべくしないように。

まりやさん:

しないの?

達郎氏:



まりやさん:

ふーん。

達郎氏:

なるべく平常心。

まりやさん:

だそうです(笑)
ドーナツくらい食べてるわね。

達郎氏:

・・しょうもない(笑)
甘いもの、そんなに好きじゃないです。

まりやさん:

もともとね。



◎夏の恋人/竹内まりや 

達郎氏:

えーと「夏の恋人」

まりやさん:

懐かしいところ、持ってきましたね。

達郎氏:

78年デビュー・アルバム「BEGINNING」

まりやさん:

LAのララビーサウンドでレコーディングして。
結構メンバーが豪華だったんですよね。

Mike Porcaroがベース、Jim Keitnerがドラム、それからTom Scottさんがサックスで
Lee Ritenourがギターという。

達郎の作詞作曲で初めてだったんだよね。

達郎氏:

これ、曲だけ先送って、電話で送ったんだよ、ディレクターに。
LAに。

まりやさん:

そうだよね。

達郎氏:

真夏の、真夏の、プールサイドで・・・

まりやさん:

でもあの頃、ファクシミリ、もうあったけどね。

達郎氏:

いや、でも電話送りだった、その時。

まりやさん:

そうなの。

達郎氏:

うん。

まりやさん:

で、それ受けて次の日に歌入れみたいな感じだったかね・・
アル・キャップス、アレンジ。
結構好きな曲ですね。

達郎氏:

これ、なかなかシンプルで、いいアレンジです。



えぇ・・・広島市のI.Hさん。

『まりやさんは達郎さんの長袖姿を見て暑いとは感じませんか。
また達郎さんは、どんなに暑くても腕まくりをしないのですか。

もし、しているなら七分袖くらいですか。
それとも肘が出るくまでまくって・・』

写真よく見ろ!(笑)

まりやさん:

写真みてください(笑)
全部腕まくりしてます(笑)

ただ半袖は似合わないんだよね。

達郎氏:

だめです。

まりやさん:

得にTシャツとかポロシャツはもうダメだよね。

達郎氏:

両腕がですね、ほっそりしてダメなんですよ。
やっぱりこう、マッチョなね・・

まりやさん:

でも、私、基本的に長袖のシャツを着てる男の人が好きなんで・・

達郎氏:

パーカッションやってたから、なんての・・
腕の先の方が太いんですよ。
肩から、ここの・・両腕きゃしゃなんです、はい。

まりやさん:

写真みてくださーい。

達郎氏:

だからどうしたって(笑)


♪ 夏の恋人/竹内まりや


まりやさん:

これ聴いてたらなんか、コールマークホテルって、すごい安いホテルで泊まって・・・

達郎氏:

この頃はね、金がないからね(笑)

まりやさん:

毎日ララビーに通った、そのカリフォルニアの青い空を思い出すわ。

達郎氏:

RCAの人はみんなあそこなんです(笑)
モーテルね。

まりやさん:

モーテルだよね。

達郎氏:

で、プールがあるわけでしょ。

まりやさん:

道挟んだところにパンケーキハウスあったよね。
あそこで朝食たべてさ。

達郎氏:

いつもそうだよね。

まりやさん:

で、とにかくアメリカのレコーディングというと、ランチは、これだけ、こんなハンバーガーか、サンドイッチでね、毎日それだからさ。

あとは中華ね。

達郎氏:

山のようなポテトフライ。

まりやさん:

でも、いい思い出だね。

達郎氏:

若いからね。
まだ23,4,だから(笑)

まりやさん:

贅沢なレコーディングだったなと思いますよ。

達郎氏:

メンバーはね(笑)

まりやさん:

ほんとに。

達郎氏:

泊まるとこ、ひどいけど(笑)


◎リスナーからのお便り(大阪府茨木市のN.Mさん) 

達郎氏:

『まりやさんが昨年末までサンソンにゲスト出演した回数。
92年から、昨年末12月25日の放送で、ちょうど100回目』
だという・・・

まりやさん:

そうだったんだね。

達郎氏:

『24年間で100回ということは、1年に4回平均』

まりやさん:

数えたこともなかった!

達郎氏:

2週間づつ、夏と年末だからな。

まりやさん:

92年から入ってたことも、私はちょっと覚えてなかった

達郎氏:

でも92年から始まったから・・番組ね。

まりやさん:

こういうマメな人は、いいよね。
助かりますよね。

達郎氏:

ふははは(笑)

まりやさん:

私達自身がデータ持ってないんで。

達郎氏:

『あと10年で140回、20年で180回、25年で200回』だって(笑)

まりやさん:

そうか、今日は101回目か(笑)

達郎氏:

そうだね。

まりやさん:

がんばろー



◎リスナーからのお便り(仙台市のS.Hさん) 

まりやさん:

『達郎さん、まりやさん、アンパンマンの威力を知っていますか?
私には来月9月で1才になる姪がいるのですが、どんなにぐずっていてもアニメを見せると、急におとなしくなります。

そこで質問なのですが、お二人はアンパンマンの中で好きなキャラクターはありますか。
そんなの知らないよと、言いそうな達郎さんは、とりあえず知ってるキャラクターでいいので答えて下さい。

ちなみに私はドキンちゃんが好きです。』

達郎氏:

やっぱりカレーパンマンでしょ。

まりやさん:

何で(笑)

達郎氏:

あのキャラっていうか。
でもバイキンマン、そんなに嫌いじゃないよ俺。

まりやさん:

あぁ、判る判る。
あたしはね、食パンマンが好きなの。
なんか、あの人の声がいいじゃん。

達郎氏:

今さらね!(笑)

まりやさん:

うちの娘も、小さいころ、アンパンマンかどうか判んないけど、アニメを見せると、とりあえずグズりが止まるじゃん。

達郎氏:

そうそうそう、おとなしくさせるのにね。

まりやさん:

ディズニーとかさ。
みんな世の中変っても、ずっとね、これは続くんだよね。

達郎氏:

そんなに変わりませんよ(笑)

まりやさん:

ですよね。

達郎氏:

すごいですね(笑)


♪ 夏のモンタージュ/みつき


◎YES/加山雄三

まりやさん:

山形県のS.Bさんから。

『先日、朝日新聞土曜版のコラムに加山雄三さんのコラムが載っていました。
80才の誕生日に家族に連れられて都内のライブハウスに行き、貸し切りで桑田佳祐夫妻や山下達郎夫妻から祝ってもらったとか。

手料理でお世話になった人をもてなすそうで、エッグキャビアという卵料理が最高の味になった時に食べてくれたのが達郎さんご夫妻だったと載っていました。

その時の様子をお味も含めて教えていただけませんか。』


達郎氏:

あのエッグキャビア最高だった。

まりやさん:

いいお誕生会ができましたよね。
80才のね。
桑田くんが発起人になって、歌って、皆さんでもてなしたんですけど。

そのお返しという形で光進丸でね、フランス料理をいただきました。

達郎氏:

あのエッグキャビア、すばらしかった。

まりやさん:

素晴らしかったですよね!
とにかくフランス料理のフルコースが・・

達郎氏:

すべてご自分で

まりやさん:

ご自分で・・
恐縮しちゃいましたけど。

達郎氏:

天は五物も六物も与える!

♪ YES/加山雄三


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

今日は前倒しでやっておりますが、次回は直近でいけますので、まだ間に合いますので。
お便り、リクエストお寄せ下さい。


〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係
納涼夫婦放談



◎リスナーからのお便り(千葉県柏市のO.Dさん) 

達郎氏:

『今年の母の日、僕は母が好きな猫のぬいぐるみをプレゼントしたんですが、来年は何をあげたらいいと思いますか。』

自分で考えろ!(笑)
そんなこと(笑)

まりやさん:

それ読んでもらうためのハガキじゃないんですか(笑)
かわいいよね、でもね。

考えましょうね、自分でね。
お母さんの好みもあるでしょうからね。

それ、私達わかんないんで(笑)


◎松木恒秀さん 

達郎氏:

ツアーの間、ほんとに、あの・・・
なかなか触れることができませんでしたけど。

ギタリストの松木恒秀さんが、お亡くなりになりまして。
ここの間、竹内まりやさんの趣味のレコーディングに随分付き合って頂きまして。

まりやさん:

そうですね。
「アロハ式恋愛指南」のギターソロ弾いて頂いて以後、定期的にレコーディングしましょうよということで、カバー曲、洋楽カバーを一緒にやったりしていたんですけども。

公でレコーディングしたものとしては、最後のセッションになってしまったんですけども。
でも3,4曲一緒にできて・・よかったなと思ったし。

達郎も私も新宿ピットインに出して頂いて、一緒にライブができたのも、ほんとにいい思い出になりました。

こんな早く逝くとは思ってなかったんですけど・・・

達郎氏:

いわゆる未発表ですけど、これから先に発表になる曲がありますので。

まりやさん:

松木さん自身でアレンジもしてくださったし。
その中の1曲で彼が素敵なアコースティック・ギターを弾いてくれてるこの曲を聴いて下さい。

松木さん、ありがとうございました。

♪ Fly Me To The Moon/with What Is HIP?


達郎氏:

2015年くらいだったのかな、これは。

まりやさん:

そうですね、はい。

達郎氏:

What Is HIP?
松木さん、ギター
野力奏一さんキーボードで、村上ポンタ秀一ドラム
高水健司さんベース


◎リスナーからのお便り(船橋市のT.Mさん) 

達郎氏:

『私は達郎ファン歴30才の48才です。
サンソンはタイムフリーを使って毎週欠かさず聴いています。

が、最近は耳の聞こえが、特に高音域が聞きづらくなったようで、以前テレビで周波数の高い音から低い音へ、順に4段階流していて、小中学生の息子たちは問題なく聞こえるのに2才下のカミさんは一番高い周波数の音が聴こえず、私にいたっては高い方から2つ目まで聴こえないという結果で、愕然といたしました。

達郎さんやまりやさんは私より一回り以上年上ですが、商売道具の一つである耳の方はだいじょうぶでしょうか。』

まりやさん:

どうだろう?自覚ある?

達郎氏:

僕は全然・・・あの・・聴覚検査で大丈夫です。
だけど、上は聴こえませんよ。
このくらいの年になれば。

僕らもそういうこと、やりますけど。
ドラムの小笠原くんが聞こえる音よりは、僕とか佐橋くんとかは聴こえません。
でも・・あのね・・

まりやさん:

それ、加齢現象なの?

達郎氏:

そうだけど。
そんなハイエンド聴こえなくていいんです。

ダイナミックレンジじゃなくて、音の良し悪しはグルーブなので。

まりやさん:

なんか達郎がよく言ったのは、聴覚検査で病院に行った時に、聴こえたらボタン押して下さいってのがあるじゃない。

あれ、達郎さ、ずーっと押してさ(笑)。


達郎氏:

ヘッドホンのSNが悪すぎるのよ!

まりやさん:

病院で喧嘩したとか(笑)

達郎氏:

こんな性能の悪いヘッドホンで、そんな音聞こえるわけないでしょ!
喧嘩になってさ。

まりやさん:

ずるじゃん(笑)
ずーっと押して、聴こえてもいないのにさ。

達郎氏:

だって、面倒くさいだもん。

まりやさん:

聴こえてるかのようにさ。

達郎氏:

面倒くさいだもん。

まりやさん:

でも怒ってたって言ってた、検査室でさ。
達郎っぽいなと思って。

達郎氏:

だから人間ドック行くたびに、その女の人「あぁ、またこいつ来やがった」って顔して。
それの横がね、いわゆる呼吸の「吐いて、吸って、吸って!」って、あれダメなの、僕、ぜんぜん。

「もっと吐いて、もっと吐いて」って・・途中でやめちゃうの。
その二人の女性、二人がね、もうね、俺が入ってくると「この野郎来やがった」って、そういう顔して。

まりやさん:

想像できる(笑)

達郎氏:

6,7年続きました。

だから、いわゆるそのダイナミックレンジというものは、いい音じゃないんですよ。
特にロックンロールにとってはね。

グルーブなんです。

いい音って感じる音がするのは、そういうものじゃないんです。

まりやさん:

とりあえず、今問題は特にないと、私は思ってるのね。

達郎氏:

FMラジオとかAMラジオなんて、別に10Kとか、そんなとこ出ないでしょ。
AMラジオに至ってはね、7Kとか、そのくらいとか。

むしろ中音域、4000とか。
エンジニアなんかは、4000キロがもう全然聴こえない人とか、ざらにいるもん。

まりやさん:

あぁ・・職業病って感じ。

達郎氏:

職業病。
それだって、いい音作れるもん。

まりやさん:

そうだよね。

達郎氏:

ハイなんかね、20Kなんかね、聴こえなくていいの、全然。

まりやさん:

時々、達郎のヘッドホン、パッと借りると、あまりの大音響にビックリすることある!

達郎氏:

僕、そんなこと、ないよ。

まりやさん:

そうなの?

達郎氏:

もう、60過ぎるころから、すごい小さい音にしてる。

僕らのステージの上って、ものすごい小さいから、音。

まりやさん:

そうだよね。
中音は小さく聴こえてるけど。

達郎氏:

爆音でなんか、やってない。


◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで、来週も引き続きお届けします、納涼夫婦放談。

今日の最後はですね・・・

松木さんの特集もしたいんですけど。
ツアー終わってからですが。

でもね、やっぱりね深い人は、なかなかできません。

大瀧さんは、まだやってないし。
村田くんもできないんですよ。

そうやって、なんか、やっぱりあの人すごくて、この曲かけましょう!って、そういう気にならない。

まりやさん:

気持、思いが大きい人ほど、逆に軽くできない。

達郎氏:

そういうこと!

やっても、やっぱり極私的っていうか。
この間の青山純の特集みたいな・・・

まりやさん:

そうだね・・・

達郎氏:

極私的なものしかできませんね。
一般的なバイオグラフィーとかね、ディスコグラフィーとかで、偲びましょうなんて、とてもね・・・ダメですから(笑)

その時が来たら。

で、村田くんのリクエストたくさん来ています。
「SUMMER VACATION」

で、私のバージョン、村田くんのバージョン、いろいろありますが。
今日は村田くんのバージョンでいきます。

1984年のアルバム「MY CREW」から「SUMMER VACATION」

納涼夫婦放談 Part.1竹内まりやさんゲストでした。
来週もよろしくお願いします。

♪ SUMMER VACATION /竹内まりや&村田和人

今週のオンエア曲

14:04 WINDY LADY(COMEALONG1 /山下達郎)
14:10 もう一度/竹内まりや
14:19 夏の恋人/竹内まりや
14:26 夏のモンタージュ/みつき
14:31 YES/加山雄三
14:39 Fly Me To The Moon/with What Is HIP?
14:47 SUMMER VACATION /竹内まりや&村田和人





スポンサーサイト

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ