プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン『珍盤・奇盤』
山下達郎さん サンデーソングブック 2012年04月29日「珍盤・奇盤特集 Part2」

大型連休に入りました。
長崎は郊外向けの国道が混み合ってます。

長崎駅出口の「かもめ広場」に登場した「2代目アミュゴン」
4月28日(土)にお披露目式がありました。
2nd dragon


長崎アミュプラザのドラゴン、略してアミュゴン(・・・だと思います)。
初代アミュゴンの老朽化に伴いデザインを一般公募して、この姿に決定!
ちゃんぽんから色をイメージした2代目は島原市の漫画家の原画をもとに制作されたそうです。


ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

ゴールデン・ウィークでございます。
今年は9連休・・・すごいですね。

私のツアーも方も、いよいよクライマックス。
今日、明日が大宮ソニックシティでございます。
これを入れまして、残り5本!

今日、明日終わりますと、長野の5月6日。
来週の日曜日。

そして5月の11日、12日の沖縄市民会館で、ついに64本のツアーも終わりでございます。

えぇ・・・こんだけやってきますと、なんか名残惜しい気も致しますが。
59本終わりまして、残り5本になりました。

なんですが、相変わらず先週に引き続きですね、FM北海道AIR-G'のスタジオで溜録をやっております。
先週に引き続きまして、今週も珍盤・奇盤のパート2でございます。

ですので、全然、そのライブの現況報告が出来ないのが辛いとこでございますが。
帯広、函館、青森、岩手、秋田と無事に終わっていることを願いつつ、今日、明日、大宮ソニックシティ。
大宮のいらっしゃるお客様、お待ち申しあげております。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


さて、番組の方はですね(笑)
先週に引き続きまして、珍盤・奇盤。
ゴールデンウィークの頭が珍盤・奇盤かよ!(笑)

先週も申し上げましたが、ツアーがもう、あの・・・帰れませんので、東京に。

この北海道のAIR-G'のスタジオからですね、溜録でやっております。
先週は、割と・・・とっかかりでございます。
大人しめに行きました。

今週は、もうちょっと過激に(笑)
いってみたいと(笑)
思っております(笑)

どっちにしろ、あんまり変わらない・・(笑)

先週に引き続きましてTSUTAYAさんのCM、JA共済さんのCM
誠に申し訳ございませんがですね。
企画でございますので、何とも申し上げられません。

そういう訳で、ゴールデンウィークのとっかかりでございます。

もう、行楽にお出かけの方もいらっしゃると思いますが、全国38局ネットですがですね、日本国内ですれば、だいたいの所はお聴きいただけます。

そこまでして聴くプログラムか!という感じもしますが、今日のはですね・・・

日曜日のゴールデンウィークとっかかりのひと時をですね、笑って頂きたいと思います。
今日も最高の選曲(笑)・・・と言えるかどうか判りませんが、最高の音質でお届けを致します。

山下達郎、サンデーソングブック
先週に引き続きまして「珍盤・奇盤特集Part2」でございます。

先週と同じようにCM前に真面目な曲かけても浮くだけなので、やはり私が関わった珍盤・奇盤関係のヤツで、ソースで今日はお聴きを頂きたいと思います。

王様!

一世を風靡致しました。
日本語訳のロックを歌う王様。

1996年に出しました、王様の「浜っ子伝説」
すなわち、ビーチボーイズのメドレーでですね、やった際にですね、私にコーラス手伝ってくれというオファーが参りまして。

いろんな曲のメドレーでございますが、随所に顔を出しております!
ので、お聴きを頂けたら"あっ これかな?"
そういう具合に、お聴きを頂ければ、嬉しいですが。

ただ、一個だけですね。
ビーチボーイズのそうしたコピーバージョンっていうか、そういうものは実はビッグウェーブ以外にやった事は無いんですが。

マイク・ラヴの声っていうのは、実は非常に陽性な声なんです。
私の普段の歌い方でやるとビーチボーイズの曲、全然暗くてアレなんです。

ですからヘラヘラしながらですね、歌わないと、マイク・ラヴのあの感じにならないんですね。
実にビーチボーイズって陽性な音楽だなって再確認した(笑)・・・
王様のお陰で再確認できたアレでございます。

1996年の王様のCDシングル「浜っ子伝説」


♪ 浜っ子伝説 /王様

~ CM ~

♪ ハートを狙い撃ち /有馬竜之介

山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック。
先週に引き続きまして珍盤・奇盤のパート2でございます。

ゴールデンウィークの"とっかかり"としてはですね、今脱力すると、何かその先が怖いという感じでございますが。

えぇ、お知らせを挟みまして、定番中の定番でございます。
先週、ポリドールは凄いと申し上げましたが、全然負けていないのがクラウンレコードでございまして。

特にGSの時期は、高等向けな作品が沢山ございますが、これは"一人GS"と言いましょうかですね。
同じく、先週も申し上げましたが、だいたいコメディアンのレコードとか、笑を取りに行ってるものとか今聴くと面白くない。

本人達は真面目にやってるんですけど、何故かそれがですね、今の視点で聴くとあまりにもずれているというですね。
真面目さゆえの、そういう典型的なものでございます。

有馬竜之介さんの1969年のクラウンレコードからのシングル「ハートを狙い撃ち」
演奏が素晴らしい!

グルーブ!レンジャーズですかね、これ。
スタンダードナンバーでございます。
何も言うことございません。

・・CM明けには最高でございます。


◎演歌チャンチャカチャン /平野雅昭 

さて、こうしたレコードは全くヒットしてないものが殆どなんですが、珍盤・奇盤。
中には大ヒット曲でもですね、今の鑑賞に堪えるものがちゃんとございます。

そんな一枚

1977年、サラリーマンから転身して歌手になりましてですね。
いわゆる一発屋、ワンヒットでございますが。

ジワジワとヒットしまして、これテイチクレコードです。
やはりテイチクですね!
営業力が強い!

平野雅昭さん。

どなたでもご存知の我々の世代には有名な一作。
「演歌チャンチャカチャン」

♪ 演歌チャンチャカチャン /平野雅昭

いわゆる宴会芸の中でヒットするというのが沢山ありますが、そんなものの一曲でございます。
1977年、平野雅昭さんの演歌チャンチャカチャン

この後、ちょっと続きますが、時間の関係で(笑)
ここまでです(笑)


◎ラリラリ東京 /三浦正弘とアロハ・ブラザース 

今のはテイチクレコードでございましたが、また再びポリドールに戻ります。
ポリドールは超絶作品がたくさんありますが、これも、とっても超絶なものでございます。

ムード歌謡のグループでございます。
三浦正弘とアロハ・ブラザースという5人組みの全員兄弟というグループでございますが。

ムード歌謡っていうのはボーカル・インストルメンタルで自分たちで演奏しながら歌うコーラスグループで皆さん演奏力があります。
黒沢明とロス・プリモス、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、クールファイブ、敏いとうとハッピー&ブルー
沢山あります。

そんな中の、やっぱりグループの一つでございますが。
このグループは1968年に出しましたこのシングルはですね、当時何故か放送禁止になってしまいまして。

高度成長期ですので、放送倫理が厳しかった時代でございますが、何がこれが放送禁止なのかよく判りませんが(笑)

今では立派な珍盤・奇盤として通用する名作でございます。
それも演奏と歌のよさがあってのものでございます。

三浦正弘とアロハ・ブラザース、1968年の「ラリラリ東京」

♪ラリラリ東京 /三浦正弘とアロハ・ブラザース

しかし何度聴いても訳判りません。
何でイントロがトッカータで入り、最後に結婚行進曲が出るのか、全然判りませんがね(笑)

何でこれが放送禁止になるくらいの過激なものなのかですね(笑)
三浦正弘とアロハ・ブラザース、1986年の「ラリラリ東京」


◎ 珍盤・奇盤の重要人物 

こうやってですね私、珍盤・奇盤長いことやってましてですね、資料とかあたって行きますとですね、ある形がだんだん見えて来ます。

こうした珍盤・奇盤をですね・・・作家おたくなので、作家の面から見てみますとですね、何人かの重要人物といいましょうか(笑)、そういう方が浮かんでまいります。

今の「ラリラリ東京」を作曲した人もその一人でございましてですね。
信楽順、もしくは信楽順三とおっしゃる作曲家の方ですが。
一番有名なのは狩人の「アメリカ橋」。
1979年のヒットソングですが。

先週おかけしました「ミミの甘い生活」というのも信楽さんの作曲でございます。
この「ラリラリ東京」、作詞作曲でございましてですね。

真面目な作品も沢山あるんですが、浜蔵さんと同じように振幅の大きな人ですが、時々こういう高等向けなものを作られています。

◎ タリラリラン・ブルース(青春編) /信楽潤 

自分自身も歌を歌ってらっしゃいましてですね。
信楽潤名義で1970年に出したシングルというのがですねタリラリラン・ブルースというレコードでございまして。

A面が「青春編」という、これは大映の「タリラリラン高校生」という映画の主題歌でありましてですね。
峰岸さんとかが出ている映画であります。

監督が田中重雄さんっていうのは、このあたりの高校生番長シリーズのプログラム・ピクチャーの方でですね。
これの主題歌として出たものなんですが、これもかなりの名作でありますので、これを聴いて頂きましょう。

♪ タリラリラン・ブルース(青春編) /信楽潤

信楽潤、1970年のシングル「タリラリラン・ブルース」A面の青春編。
B面は社会編となっておりますが(笑)
ま、それは次の機会に(笑)

これは明らかにクレイジーのホンダラ行進曲のバリエーションで・・考えられますが。
70年安保の時代の鬱屈感といいましょうかね、そういうものをですね、良く出た名作だと思います。


~ CM ~


何度も申し上げますが、JA共済さん、すいません。
来週は、真面目にやります(笑)

という訳で山下達郎がお送りいたしておりますサンデーソングブック。
珍盤・奇盤特集でございます。

来週は、普通の棚つかでやれる予定でございますが。
5月に入りましたら、ツアー一段落致しますが、ちょっとまた仕事が入ってきまして(笑)
曲書き始まりそうな・・・

ま、忙しいのはいいことだという感じですね。

でもソングライターの特集はやりたいと思ってるんですが、とりあえずジミー・ウェッブ、ランバート&ポッター、そのへんで行ってみたいと思ってるんですが、なかなか思うようにまわせない。
曲が多いのでですね。相手がでかいので。

ツアー終わったら考えますが、この半年、片付けが出来ておりませんでレコードが山のようになっております(笑)
それを棚に戻す作業から始めなきゃ・・・一週間はかかります。
そんな事考えつつ。

◎ ミニミニデート(ラジオプロモーションCM)/山本リンダ 

ミノルフォン。
遠藤実さん率いるミノルフォン。
ここは沢山ありますがですね・・・

今聴いても、物凄いのばっかりでございますが。
これ一回、大瀧詠一さんと新春放談の時にかけた事がありますがですね。

90年代に突然、ポッと一枚のCDが出まして。
面白愉快で懐かし原盤という。
これは、私と赤坂さんとですね、散々かけまくった「雪子のロック」ってのが入ってましてですね。

藤健次さん「雪子のロック」せりふだけという。
これ、実は「雪子のロック」のせりふっていうのは、その後にちゃんと曲があったんですよね。

なんで、このCDに入って無いのかっていうのがありましてですね。
これミノルフォンで出たレコードなんですが、大映レコードの原盤を徳間が買いましてですね、それとミノルフォンの原盤とあわせて、そうした珍盤・奇盤のたぐいを沢山入れた・・・。

「タリラリラン・ブルース」先ほどのやつもこれに入ってるんですが。

ま、そういう突然これが出た訳なんですが、今日は、その中に入っておりいます山本リンダさんの「トンボのメガネ」、その前に「ミニミニデート」のラジオプロモーションのジングルが入ってるという、50秒のですね。

これ続けて聴くと、とんでもないという。
「トンボのメガネ」1970年の作品でございます。
ミノルフォン末期の作品でございますが、今聴いても超絶でございます。

♪ ミニミニデート(ラジオプロモーションCM)/山本リンダ
♪ トンボのメガネ /山本リンダ

作られてから42年。

いまだに脳天に突き刺さりますが。
山本リンダさんの「ミニミニデートCM」+「トンボのメガネ」

「トンボのメガネ」・・すごい!
作詞作曲、もちろん遠藤実さんでございます!
すごい・・・


◎ ローリング・ストーンズは来なかった /西郷輝彦 

クラウンレコードに戻りましょう。

そうした作家から見ますと、信楽潤さん、そして遠藤実さん。
この藤本卓也さんっていう作曲家の方もですね、いろいろな作品が残っています。
幻の名盤解放歌集では湯浅学さんがですね"夜のワーグナー"と賛辞を送っておりますが。

藤本卓也さんっていいまっすとですね、矢吹健さんが歌った「あなたのブルース」、これが大変有名であります。
私の母親が矢吹健の「あなたのブルース」、たいへん好きだったというのが記憶しておりますがですね(笑)

この藤本卓也さんがクラウンレコードで西郷輝彦に1973年に提供しました一曲「ローリング・ストーンズは来なかった 」というのがありましてですね。

これが凄い作品で。

ストーンズの来日が中止になったヤツがありまして、その時に出された、当然ヒットにはなりませんでしたけれども、今では傑作と称される。

西郷輝彦さんは大瀧詠一さんと同じ年でありますがですね。
ロックンロール感覚を十分に持った方ですので、この何とも言えない昭和歌謡の味がございます。

西郷輝彦さん、1973年のシングル「ローリング・ストーンズは来なかった」

♪ ローリング・ストーンズは来なかった /西郷輝彦


 ◎ エンディング 

作詞作曲、編曲も藤本卓也さんですね。

"ひとに出来て、俺に出来ないハズがないさ。お前もやれ"
凄いな!なんか(笑)

今日はこのへんで。
時間が半端だなぁ

なんか普通のお便り読む勇気が・・・(笑)
ないんですが(笑)

こないだ、ビートルズとかマイケルジャクソンとかストーンズで好きな曲を教えてくれというお葉書下さった川崎市のS.Rさん。

『先日の放送でビートルズとかマイケルジャクソンや世界的に有名なミュージシャンの好きな曲をご紹介されてましたが、それの第2段をやらせてください。

エルトンジョン
ビリージョエル
プリンス
エリッククラプトン
サザンオールスターズ

でお願いします。

そんな事聴いてどうするんだのコーナーでいいので宜しくお願いします。』

なんですかね・・・

エルトンジョンは「bennie and the jets」ですかね

ビリージョエルはなんつったって「An Innocent Man」でしょう。「Uptown Girl」と「For The Longest Time」

プリンス、意外と好きなのが多いですが「Sign O the Times」と「Kiss」かな・・

エリッククラプトンは僕は「There's one in every crowd」っていう、犬のジャケットの、あのアルバムはとっても好き。
特にB面「Better Make It Through Today」あのへんが死ぬほど好きです。

サザンオールスターズは初期のバンドぜんとしたとこが好きなので「C調言葉に御用心」ってのが僕はとっても好きな一作ですが。

そんな事聴いてどうすんでしょうかね(笑)


八王子市の"ももはな"さん

『番組が実名なのは知ってますが、恥ずかしいので。
サンデーソングブックはいつも聴いていますが、ハガキを出すのは初めてです。
4月6日、恋人に誘われて中野サンプラザに行きました。
パワフルが3時間40分、ありがとうございます。

プロポーズの歌の最中、隣で口ずさむ相手についキスをしてしまったのも、歌の成せる効果でしょうか。
残りのツアーも皆さんもお体お大事に』

かわいい・・・また下さい。


今回の珍盤・奇盤特集、リクエストもそれなりに頂いているんですが、何回も申し上げますように出張で録っておりますので、即応ができません(笑)

ネタが完全に仕込んで、フィックスでオンエアしておりますのでですね。

一応ご紹介だけ。
松江市のS.Yさん。
いつも有難うございます。

"イエローサブマリン音頭" もしくは、インチキ日本語のバンドですね、あれのB面かけろ。"あえいおあ"

すいません!
あとは宮崎県西都市のK.Hさんは”マナマナ”
”マナマナ”今回かけようと思ったんですけど、すいません。
また次の機会に。

『今回はカミさんと職場の20代前半の若者二人を誘って参加しました。
楽しくて、とても素敵なコンサートで感動しましたとの感想でした』

あと、久留米市のH.Kさんは先週かけました「Yoshiko」J's With Jamie
ご紹介するの忘れてました。すいません。

今日の最後は大瀧詠一さんの1978年名盤「レッツ・オンド・アゲイン」の中から、このあいだお亡くなりになりました布谷文夫さんの蘭越ジミー名義で「呆阿津怒哀声音頭」

今週のオンエア曲

14:04 浜っ子伝説 /王様
14:10 ハートを狙い撃ち /有馬竜之介
14:14 演歌チャンチャカチャン /平野雅昭
14:18 ラリラリ東京 /三浦正弘とアロハ・ブラザース
14:23 タリラリラン・ブルース(青春編) /信楽潤
14:29 ミニミニデート(ラジオプロモーションCM) /山本リンダ
14:30 トンボのメガネ /山本リンダ
14:34 ローリング・ストーンズは来なかった /西郷輝彦
14:41 呆阿津怒哀声音頭 (What'd I Say音頭)/ 蘭越ジミー(ジミー蘭越)





テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン『珍盤・奇盤』
山下達郎さん サンデーソングブック 2012年04月22日「珍盤・奇盤特集 Part1」

土曜日夕方から夜にかけて長崎は大荒れの天気で、風が凄かった。
日曜日は一転して、快晴。
青空が広がり、心地よい一日でした。


今日のサンソン、珍盤・奇盤特集
♪ 禁煙音頭 /竜ヶ崎宇童・・まさに珍盤・奇盤ですね。
達郎氏も途中で咽ながら歌ってます。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

4月後半に入って参りました。

えぇ、私は北海道、東北ツアー、真っ最中でございまして、いよいよ残り8本となりました。
随分、来たもんでございます。

えぇ、本日は青森市文化会館、青森でございます。
水曜日が岩手県民会館
木曜日が秋田県民会館

青森、岩手、秋田と今週はまわって参ります。

が、実はですね・・・
とっても番組は前倒ししておりまして。
私、今、北海道のですね、FM北海道AIR-G'におります。

AIR-G'で本日分と来週分を前倒しで録音しております。
えぇ  従いまして北海道のニトリ文化ホールの直後でございます。

これから帯広へ行く途中で収録しております。
かなりの前倒しでございますが(笑)

先週も、先々週も結構前倒しでございました。

山形、岩手とまわって参りまして・・・いいお客さんでありがとうございました。
北海道の札幌のお客さんも、素晴らしいお客さんで、いい演奏ができたと思います。

帯広、函館、上手くいってるハズでございますがですね(笑)
また、月、明けました頃に申し上げたいと思いますが(笑)

こんなに前倒しになるのも珍しいです。

えぇ、なんでこんなに前倒しかと言いますとですね、2週間出ずっぱりでございまして。
帰れないので、東京に。
ですので、何回か昔あったことがあります、FM仙台Date fmで生でだしたこともありますし。
広島で録ったこともありますが。

このAIR-G' FM北海道、2回目でございます(笑)
2010年に、一回夫婦放談を、夏・・・

てなわけで、なにしろ旅の空で番組やりますので、あまり手のかかった事はできないと思いきやですね。
そうでもないんですね。
ちょっと手のかかった事の方が、手間がかからなくて・・変な言い方ですが。

ちゃんと仕込みしていった方がいいという。
ちゃんと普通のだから、棚から一つかみ、そういう方が地方でやるのは辛いので。

纏まった事をやろう。
久々のですね、今日は珍盤・奇盤でお楽しみ頂きたいと思います。

先週、先々週のドゥ・ワップのオリジナルソングとは打って変わったですね、もう脱力満載の私のサンデーソングブック名物「珍盤・奇盤」。

昔からやっておりますが、今日もですね、今週、来週2週間かかって、色々とお送りしたいと思いますが。

如何せんですね、東京からの発信ではないので、データベースを持ってくる、いつも銀箱のでっかいのをですね二つ運んでおりますが、それを持って歩けないので。

あくまでコンピューターに入るデータでしかありませんので。
そうしますと、説明が色々出来ないんですが。

でも珍盤・奇盤は説明せずに聴いて(笑)
もう、すぐ即応でいますので。

前にかかったヤツもありますが、先週も申し上げましたが、えと何て言いますかね「珍盤・奇盤」、ホントにそんなに数が無尽蔵にある訳ではございません。

面白いヤツは何回聴いても面白いので。
ま、日曜日の午後のひと時をですね、今日は和んでいただこう、それだけでございます。

その間に私は、一生懸命ツアーをやっております。

そういう訳で日曜日の午後のひと時、今日は抱腹絶倒もしくは脱力して頂く、お馴染の「珍盤・奇盤特集 Part1」でございます。

日曜日の午後のひと時、今日は最高の選曲であるかは判りませんが、最高の音質で。
珍盤・奇盤ですら最高の音質でお届けするという、サンデーソングブック。

2週間に亘りまして珍盤・奇盤

こういう時に、CM前に真面目な曲かけてもしょうがないので。
珍盤・奇盤関係で私が関係してるヤツをいってみたいと思います。

まずは、今日のヤツはですね、大瀧詠一さん。
1978年の珍盤・奇盤といえば、まず出てきます。
レッツ オンド アゲイン
奇作でございます。

この中に入っております、歌っておりますのが竜ヶ崎宇童とクレジットになっておりますが、デビュー前のシャネルズです。当時のダウンタウン・ブギウギ・バンドのヒット曲「スモーキン'ブギ」のアンサーソングになります。

「禁煙音頭」というですね・・・

この真ん中のところでですね、Smoke Gets In Your Eyes が出てきます。
私がそれを咽せながら歌ってるという、ただそれだけの事なんですが。

1978年、大瀧詠一さんのナイアガラ・フォーリン・スターズという名義で出されましたレッツ・オンド・アゲインのアルバムから、竜ヶ崎宇童「禁煙音頭」

♪ 禁煙音頭 /竜ヶ崎宇童

~ CM ~


◎恋のバッキン! /オナッターズ 

達郎氏:

今のように、オート・チューンも歌直しも無い時代ですからですね、この何とも言えない音程がですね、逆にこう哀愁を誘うという。

このテクノのチープなオケ!
これ、河内さんのアレンジャーですねこれ(笑)

これ、パフューム、カバーしねぇかなぁ!
オナッターズ1985年の恋のバッキン!でございました。
すごいな・・・・


◎ リスナーからのお便り(福岡市のN.Tさん) 

達郎氏:

ライブの感想のお便り、沢山頂いておるんですが、まだネタばれができないのでストックしとこうと思いますが・・・

『3月22日福岡サンパレスのコンサートに行ってきました。
初めて達郎さんのコンサートに行ったのは、大学生の時でした。

まだ可愛い女子大生だった妻と行きました。
それから結婚して子供が生まれ、子供が独立して、また夫婦ふたちだけの生活になりましたが、その間ずっと達郎さんのコンサートには妻と欠かさず通っています。

達郎さん、来年還暦。
私は56歳になります。

達郎さんがライブを続ける限り、ついて行こうと思っています。
4月22日は、可愛い女子大生だった妻の・・・回目の誕生日です。

苦労ばかりかけて何もしてやれないので、大好きな達郎さんからおめでとうお願いします。』

えぇ、可愛いお便りでございますね。
また下さい。


 ◎ エンディング 

達郎氏:

というわけで今日は、このへんで。
来週は引き続き「珍盤・奇盤特集 Part2」でございます。

TSUTAYAさん、JA共済さん、すいません!
えぇ・・・CM、邪魔してます。
どっちが、アレだか判りません。

こういう時にお便り紹介するのも(笑)
アレなんですが。

珍盤・奇盤なので、あんまりこう、真面目なお便りも気が引けるんですが。

福岡市のA.Hさん。

『どうでもいい質問と大事な質問をさせて頂きます。

大事な質問。

コンサートでTシャツ3枚、パーカー1枚購入しましたが、家族皆の評判が良いのですが、全てのライブ終了後にファンクラブを介しての購入になるのでしょうか。』

今、私のホームページにグッズの紹介だけしておりますが、ライブ終了後に販売になりますので、それまで暫くお待ち下さい。宜しくお願いします。

『どうでもいいい質問

私、今年10月で57歳になりますが、とうとう老眼鏡を購入しました。
達郎さんは如何ですか? 
老眼鏡をかけた姿、想像してます』

この年になれば、みんな目はそうでしょうけど。
私は幸運な事にに、まだプラ1で済んでます(笑)

友達はプラ4とかラ5がざらにいるんですが、まだ、そのくらいで済んでますがですね・・・
えぇ・・まだいいかなと。
ですので、殆どCD見る時くらいで、あります。

この先どうなるか判りません!

ジジくせぇ話!

高崎市のF.Yさんもリクエスト下さいましたが。

『珍盤・奇盤でスターボーの「ハートブレイク太陽族」 』

細野さんの曲ですが、スターボーを珍盤・奇盤に入れるのはかわいそうでしょ、これ!
あれはテクノのあれなので。
そんなに、外れたネタじゃないので、なんか違う機会でどうぞ。

さいたま市のI.Hさんの息子さんKさんが相変わらず質問来ます。

『達郎さんの風邪予防法は何かありますか』

私はいつも申し上げているように、鼻うがいと下半身浴で、ほぼ風邪を撃退できております。
鼻うがいは鼻から食塩水で鼻の穴を洗うヤツでございます。
下半身浴は腰湯と言って、下半身だけに入浴して汗を沢山出すというですね。
それで風邪知らずで過ごせております。

それでも引く時は引きますので(笑)
気を付ける事はもちろんでございます。

暖かくなって来てるんですが、相変わらずインフルエンザが結構流行しておりますので、風邪には皆さんくれぐれもお気を付け下さい。

と言う訳で今日はこのへんで。
来週も引き続き宜しくお願いします。

今日の最後はですね、意外とほのぼの路線で行ってみたいと思います。
内山田洋とクール・ファイブ

クール・ファイブはシングル盤全作品、前川清さんのリードボーカルになりますが、ただ一曲1973年に出されました、このシングルだけがベースの小林正樹さんの・・・あのモミアゲが特徴のですね、あの方のリードボーカルでございまして。

しかもカバーでございます。
カーペンターズの大ヒットソング「Yesterday Once More 」のカバー、日本語バージョン。

内山田洋とクール・ファイブ

♪ Yesterday Once More /内山田洋とクール・ファイブ(Vo.小林正樹 Bass)


今週のオンエア曲

14:05 禁煙音頭 /竜ヶ崎宇童
14:09 The Girl Can't Dance /Bunker Hill
14:14 Yoshiko /J's With Jamie
14:17 ミミの甘い生活 /沢久美
14:22 恋のバッキン! /オナッターズ
14:28 もうだめもうだめよ /藤ユキ
14:33 モーレツのブルース /マイガールス
14:38 Puddy Cat (Mama-Meow-Mow) /Wade Curtiss & The Rhythm Rockers
14:44 Yesterday Once More /内山田洋とクール・ファイブ(Vo.小林正樹 Bass)




テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン『珍盤・奇盤』
山下達郎さん サンデーソングブック 2010年10月3日「珍盤・奇盤特集」

放送された内容を、ちょいと纏めてテキスト化しました。

長崎市は今日の午前中、雷雨で「大雨洪水警報」が発令されました。
空が急に暗くなり、「ピカッ」と光って雷が鳴り、激しい雨。
数時間で天候回復しましたが、どんどん、秋が深まって行く気配です。

さて、今日のプログラム、凄い曲ばかりですね。
ホテルカリフォルニアなんて、もう歌詞が全く原曲とは違うので、ホテルカリフォルニアとは言い難い曲になってますね。

「訳が分からない」って達郎氏が何度もコメントしてましたが、ほんと「訳が分からない」曲ばかりです。

◎ 冒頭

達郎氏:

10月に入って参りました。
えぇ、あっという間でございます。
私、9月はロードに次ぐロードでございまして、東京に4日しか居ることができませんでした。

15泊16日というロードが、アレですが。
10月からは、わりと東京周辺が中心になります。

本日、3日でございますので、昨日、本日と、東京中野のサンプラザホールでございます。
9月の29日、先週の水曜日はNHKホールでございます。

先週から今日にかけて東京公演でございます。
実を申しますと、ちょっとだけ前倒しでございます。

NHKホールとサンプラの間でございますので、今日お出でになる方、お待ち申しあげておりますが。
まだ、昨日の結果が申し上げられません。無事に終わってるハズでございます。

NHKホールいらして下さった皆さま、ありがとうございます。
この後は、追加公演で、また東京が3本ございます。
10月末から11月にかけてでございますが、今週は鹿児島に参ります。

水、木と10月の6、7と鹿児島市民文化第一ホール。二日公演でございます。
お待ち申しあげております。

今日のサンプラが終わりますと、2/3消化でございます。
残り1/3で、こうなりますと、あっという間に終わってしまうという感じでございますが。

この後、まりやのライブも待っておりますので(笑)、全然休めません。

番組の方は、ジャック・ケラー3週間、うち2週間は広島のスタジオからお届けを致しました。
ロードの間を縫ってサンデーソングブックやっております!

えぇ、さすがに2/3ツアーやりますとですね、ちょっと、色々とお疲れでございますが。
私自身のリラクゼーションを兼ねまして、久しぶりに「珍盤・奇盤」やってみたいと思います。

「珍盤・奇盤」だいたい5年にいっぺんとか6年にいっぺん位、ずっとやって参りましたが、久しぶりでございます。4年ぶり位でしょうかね。

「珍盤・奇盤」、もういい加減、ネタが無いかなと思って、急遽資料調べをしましたら、結構ありますね(笑)。

全然かかってないのが。えぇ、なので、全然あの、重複殆どすること無しに出来るんですけれども、「珍盤・奇盤」となるとですね、お便り下さる方もいらっしゃいますので、ま、アンコールにお答えするのも、ちょっとありつつですね。

すっかりお馴染になりましたサンデーソングブック恒例、もう何回やったでしょうね「珍盤・奇盤」、ヘンテコなレコードばっかりかけるやつでございますが。

えぇ、今日はマッタリ、もしくはゲンナリ、もしくは脱力して頂こうと思います。
今日は素敵なオールディーズソングと言えるかどうか判りませんけれども、日曜の午後のひと時、おおいに笑って脱力して頂きたいと思います。

山下達郎ジャックスカード、サンデーソングブック、本日は「珍盤・奇盤」でお届け致します!

そんな時にアレですが、竹内まりやさんのニューシングル、11月3日発売『ウィスキーがお好きでしょ』。
えぇ サントリーのハイボールのCMで使われおりますが。

これが11月3日でございます。
ちょうど一月後の発売でございますが、本日オンエア解禁でございます。
私のサンデーソングブックでオンエア解禁させていただきます。

11月3日リリース、『ウィスキーがお好きでしょ』。
もともとは石川さゆりさんが、やはりサントリーのCMでお歌いになったやつを、ゴスペラーズの皆さん、そして竹内まりやバージョンといろいろ出ますが、竹内まりやバージョン、今回は全部で3バージョン入れております。

CMアレンジ・バージョン、それからオーケストラ・バージョン、やはりオーケストラですが、英語のアレンジの違うバージョン。オーケストラの2アレンジ・バージョンと、それからCMで使われましたコンボ・バージョン、3つ入っております。

11月3日発売でございます。

また、番組の中ほどでですね、「珍盤・奇盤」の番組の中ほどで紹介するのも変なのですが、業務連絡でございますので、いろいろと更に詳しくですね御説明させていただきたいと思いますが、とりあえずは11月3日発売、竹内まりやニューシングル、本日初オン・エアでございます。

お聴きを頂きたいと思います。
CMで使われておりますCMアレンジ・バージョンで。

ウイスキーが、お好きでしょ / 竹内まりや

◎ Jungle Fever / The Chakachas

達郎氏:

久しぶりの「珍盤・奇盤」でございます。
えぇ、色々と今日も笑っていただこうかと思いますが。

あまり最初から刺激が強いヤツですとですね、アレなんで、少し大人しめにスタートしました。

まずは、1972年にですね大ヒット致しました、いわゆる”一発屋”でございますが、”チャカチャス”。
えぇアメリカでは全米8位、日本でも相当なヒットを記録致しました。
しかしてその実態はベルギーのスタジオミュージシャンのグループで6人組だそうでございます。

古いキャリヤですが、このワンヒットで知られております”チャカチャス”の「Jungle Fever」。
日本でも相当深夜放送でかかりました。





いま聴くと、いいグループなんですが、やっぱり訳が分からないという、えぇ、そういうものでございます。
この辺から、まずはスタート致しました。

「珍盤・奇盤」というと、とにかく、たくさんお便り頂きますが、ツアーの最中でございますので、ハガキのチェックが完璧にできないので、お許しください。勝手にやっております。


◎ リスナーのお便り 秋田市の超常連S.Aさん。

「10月1日は衣替えですね、早速娘の制服も冬物にチェンジです。秋の気配がしてきました。9月18日に主人と二人で小岩井農場に遊びに行ってきました。主人は一人で乗馬をし、私は一人でトロ馬車に乗りました。
ほんとは、馬車はお客さんを待って出発するはずでしたが、なかなか来ないので私一人で貸し切り状態で運転してもらい、贅沢な気分を味わいました」

達郎氏:

小岩井農場の絵ハガキを送って頂きました。
いいですね。

行楽の秋、始まりましたですね。


◎ 逢えば好き好き / マーガレット with バニーズ

達郎氏:

番組の方は「珍盤・奇盤」でございます(笑)。
たくさん、あるので片っぱしから、いいや。

まずは、いわゆるGSモノでございます。
1968年、寺内タケシさんの寺内企画からデビューを致しましたマーガレット。

本名マーガレット・リーバレット。お父さんがアメリカ人でお母さんが日本人んのハーフの方でございますが、この人のシングルは寺内タケシとバニーズ がバックに演奏をしておりますので、演奏はグルーブがあるんですが、このマーガレットさんの歌がですね、かなり走り気味というか、この走り気味がまた、いい。

マーガレットのセカンドシングル1968年のセカンドシングル。
これも、その筋ではかなり有名な作品でございます「逢えば好き好き」



マーガレット with バニーズ、1968年のシングル「逢えば好き好き」。
バニーズがどんなにパンキッシュな演奏を繰り広げても、それを脱力感で覆ってしまうという、このボーカルでございますが。

アンルイスさんが脱力したような歌い方している人ですが、えぇ 凄いですね。
えぇ・・・・・どんどん行ってみたいと思います。


◎ American Woman / The Texas Chainsaw Orchestra

達郎氏:

こうした「珍盤・奇盤」、訳のわからないレコードの宝庫はですね、洋楽では何と言ってもライノ・レーベルでございます。ライノから1997年にCDで出ました、これが”The Texas Chainsaw Orchestra”。

電動のこぎりで音楽をやる集団でございますが、もともとは85年にテキサス大学の学生がですね4人で結成したグループで、それで忘れ去られていたのが、97年に再結成して出したという。

この中から今日はAmerican Woman を聴いてみましょう。

 American Woman / The Texas Chainsaw Orchestra

あんまり、いつまでも聴いていたいという音じゃありません。
ま、「珍盤・奇盤」ですので、お許し下さい。
テキサス・チェーンソー・オーケストラ「American Woman」でございました。

◎ リスナーのお便り 松江市のSugitani Gちゃん

達郎氏:

私、こうやって番組でお便りを紹介しておりますと、時々お名前間違えたりしまして、たいへん失礼な事をしますがですね、急いでアレしてるので判らなかったりしますが。

先日も名前を間違えておりましたようで。
松江市のSugitani Gちゃん。

「私は、この前お手紙を読んでもらったSuzuki Gなんですが、ほんとはSugitaniGです。
ちょっと私の字が汚かったですか?
放送で流したいので、なんとかもう一度私の名前を言い直してもらえないでしょうか」

すいませんね、お父さんのSugitani Yさんからもですね、

「番組で名字をSuzukiと読み違えられたのですが、私は達郎さんのシグナルだけと受け取りましたが、娘はそれを読み取れず訂正依頼のハガキを出すといった次第ですので、非礼、無礼をお許し下さい」

非礼、無礼はこちらの方でございまして、えぇ 挟み撃ちでございます。
失礼をいたしました。
えぇ お詫びして訂正させて頂きます。

「珍盤・奇盤」の中でお詫びして訂正して、どうするのかって(笑)

◎ Yamasuki / Yamasuki's

達郎氏:

お知らせの前に、もう一枚。
これもすごいなぁ、前からかけようと思ってたんですが、なかなかチャンスがありませんでした。

1971年に発表された作品なんですが、”Yamasuki's”というベルギー人とフランス人の混合だそうで、当時は全くそんな資料は無かったんですけれど、最近だんだん、そういう資料が出てきました。

メンバーはダフト・パンク、フランスのテクノのデュオですが、この人のお父さんがやっているそうです(笑)
あとはベルギー人の人がやってるんですが、”Yamasuki's”というグループなんですが、何が変かというとですね日本語で展開されているんですが、デタラメな日本語なんです。

お聴きいただくと判るんですが、もう、得も言われぬですね、これも結構有名なやつです。
お聴きいただく方が早いです。

1971年Yamasuki's、シングルカットされました「Yamasuki 」

・Yamasuki / Yamasuki's


◎ 業務連絡

達郎氏:

竹内まりや11月3日ニューシングル『ウイスキーが、お好きでしょ』
サントリーの角ハイボールのCMソングとしてオンエアされて参りました。
この11月3日にシングルカットされます。

この曲は杉真理さんの作曲になる作品でございます。
かつては石川さゆりさんがお歌いになっておられましたが、これを竹内まりやが今回シングルカットいたします。

3バージョン、シングルには入っております。
CMアレンジ・バージョン、それから
オーケストラ・バージョンが二つ。

一つはオーケストラ・バージョンの日本語編、もうひとつはアレンジが違うストリングス・バージョンとクレジットに入っておりますが、これは英語詞のバージョンでございます。
3バージョン入っております。

オーケストラの方は服部克久さん、いつものように華麗なるストリングスのアレンジでオーケストレーション展開されております。

えぇと、今回はですね、ジャケットがなんとですね、浅井健一さん、BLANKEY JET CITYの方ですね。
浅井健一さんがですねCDのジャケットのイラストをですね描いてくださいました。
素敵なイラストでございます。是非ご覧くださいませ※。

※以下、タワーレコードのサイトより


mariya takeuchi




◎ モッコシモコモコ / オナッターズ

達郎氏:

1980年代に、テレビ朝日の番組から出てきました”オナッターズ”というですね、しかし何ていう名前でしょう!
3人組の女性グループでございますが。

この人達の1985年に徳間ジャパンからリリースされましたセカンドシングル、タイトルが「モッコシモコモコ」というヤツでございましてですね。

えぇ ちなみにこのメンバーの一人でございます小川 菜摘(おがわ なつみ)さんていう方が、ダウンタウンの浜田さんの奥さんになられた方でございます。余談でございますが(笑)!

1985年のオナッターズ「モッコシモコモコ 」

イントロが長すぎるよなぁ(笑)
全然、女の子の歌いくまでが、何分かかるんだって、これじゃヒットしないよな(笑)
えぇ すごいなぁ(笑)


◎ ホテル・カリフォルニア / タンポポ

達郎氏:

お次は洋楽の日本語カバー。よくありますね、「珍盤・奇盤」では恒例でございますが。
今回は”タンポポ”という、これも有名な作品でございますが、女性のデュエット、フォーク・デュオのお二人、タンポポ。

この人たちのヒット曲よりもこっちの方が有名なくらいであります。
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」を日本語詞にして歌われたものでございますが、日本語の訳詞がなかにし礼さんなので、全くイーグルスの原作の世界とは、全く関係の無い世界で仕上がっておりますが。

タンポポ1977年の作品「ホテル・カリフォルニア」




今日、おかけしてるのは伊集院光さんが監修した「おバ歌謡 」というCDから、ここは音が良いので、ここからリマスタリングしてかけておりますが。

この中のライナーが(笑)
「さあ、どうぞ、いらっしゃい、ときて頭の中に甲州街道沿いのケバイホテルのネオンが浮かんだら、そこがタンポポ盤のホテルカリフォルニアです」

うまいですね、マカロニウェスタンの趣がありますね!
なかにし礼作詞、凄いですね。


◎ 太陽に抱かれたい / ジョニー広瀬

達郎氏:

ジョニー広瀬さんの「太陽に抱かれたい」。
もう何回かけましたかね、この「珍盤・奇盤」。
何回かけても、こんなもの凄いものはありません。

遠藤実の最高傑作といってもいいですが。

ジョニー広瀬さんという方は、吉本興業のですね、奇術、マジシャンの方でございますけども。
これと、この歌うたってるジョニー広瀬さんは違うという説もあります。確定的な事がでませんが。

1967年のミノルフォンからのシングル。
作曲、遠藤実。

なんで、こういう作品が作れるのか全然判りませんが、ま、これも聴くしかない。





◎ 雪子のロック / 藤健次

達郎氏:

ついでだから、短いので、こっちもいっちゃいましょう。
台東区のM.Yさん。

「10月3日、”珍盤・奇盤”を聴いてサンプラザへGOです。楽しみ」

おそろしい(笑)

これは、赤坂泰彦さんが番組で取り上げて有名になりました。
その流れで、こっちに流れてきましたが、藤健次さん。
もともとは、スリーファンキーズの高倉一志が芸名変えてソロになって藤健次ということでございますが。

この歌、1967年の、これも訳のわからないヤツですが「雪子のロック」。


◎ イエローサブマリン音頭 / 金沢明子

達郎氏:

という訳で「珍盤・奇盤」、久しぶりでございましたが、如何でしたでしょうか。
えぇ 毎週やれというお便りもありますが、(笑)とても、そんな気力がありません。
結構エネルギーいるんです、選曲とか、聴くとかですね。

えぇ 来週は「棚から一つかみ」プラス「リクエスト」。
最近仕入れたお皿もたくさんございますので、いろいろと「棚から一つかみ」プラス「リクエスト」でしのいでいきたいと思います。

あとひと月ちょっとで、ツアーが終わりますので、ツアーが終わったら、ゆっくりできると思いきや、その後、竹内まりやさんのライブでございますので、引き続き頑張って、番組製作していきたいと思っております。

今日の最後は「珍盤・奇盤」といえば大瀧詠一さんの作品で、いつも終わっております。
1982年の、これもあまりにも有名な金沢明子さんの「イエローサブマリン音頭」




今週のオンエア曲

14:05 ウイスキーが、お好きでしょ / 竹内まりや
14:10 Jungle Fever / The Chakachas
14:15 逢えば好き好き / マーガレット with バニーズ
14:18 American Woman / The Texas Chainsaw Orchestra
14:23 Yamasuki / Yamasuki's
14:30 モッコシモコモコ / オナッターズ
14:35 ホテル・カリフォルニア / タンポポ
14:41 太陽に抱かれたい / ジョニー広瀬
14:44 雪子のロック / 藤健次
14:46 イエローサブマリン音頭 / 金沢明子













テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ