プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:サンソン『珍盤・奇盤』
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年2月26日『昼の珍盤奇盤特集』

まだまだ寒い日が続いております。
長崎市内、土日は曇りがちでしたが、外出するにはもってこいの天気でした。

今日のサンソン、珍盤奇盤で村上ポンタ秀一さんのドラムが聴けるとは・・。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

2月も最後の日曜日でございます。

えぇ・・・少しづつ春の気配といいましょうか・・・
とは申せ、今日は前倒しで録っておりますので、お天気の話は申し上げられません。

いよいよ3月でございます。
雛祭り近い、今日このごろでございますが。

私、相変わらず3月の中旬から始まります今年のツアーのリハーサルに勤しんでおります。

今日はちょっと前倒しなので、具体的なことは申せませんが(笑)
うまくいってるはずでございます(笑)

先週2月19日は、2本立てで、サンデーソングブックをお送りしました。
昼と夜ですね。
「夜のサンデーソングブック」お楽しみ頂けましたでしょうか。

いろいろなところで物議を醸していることと思います。
すいません(笑)
プロデューサーの上田くんの責任ですから(笑)
私のせいではありません(笑)

でですね、その余韻も冷めやらぬ(笑)
1週間後に(笑)
サンデーソングブック戻って参りましたが(笑)

これで何か「棚からひとつかみ」とかやったら、何かすごい嘘つきみたいに思われるので・・
ひとつ、連続で今日も珍盤奇盤いってみたいと思います。
先週の「夜の珍盤奇盤」でしたので、本日は昼間の2時ですので「昼の珍盤奇盤」。

ぐっとおとなしくなります。
何がおとなしいんだか、わかりませんが(笑)

先週の「夜の珍盤奇盤」につづいて「昼の珍盤奇盤」をやろうと思ってたんですけども。
今リハーサルやってますので、音ネタを仕込むのが、なかなかたいへんでございまして。
ですので、今日はちょっとアーカイブ気味でございます。

昔「ベスト・オブ・珍盤奇盤」なんてやりましたよね。
ま、そこまではいきませんけども。
今日も、なかなか、あの・・今までかけたことのない(笑)・・
いろいろとあります(笑)

なんだか判りませんね(笑)

えぇ、でも、まぁ、悪ノリして。
何で、しかし2月あたりなんでしょうね、いつもね。

このへんの聴取率週間のところが、珍盤奇盤のツボなのかもしれませんが。
これがまた上田プロデューサーの狙い通りというか。

フフフとニタニタと笑っておりますがですね。

そういうわけで日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングかどうかわかりませんがですね、最高の選曲かもわかりませんが(笑)
「昼の珍盤奇盤」・・

ま、サンデーソングブックのリスナーの皆さんはお馴染みでございます。
今日はオールモスト 邦楽でございます。
お楽しみいただけるかと、思います。

最高の音質で・・
なんで、これを最高の音質で出さなきゃいけないのかと、いうこもともありますが。・・
お届けします。

前、飛ばして行こうと思ったんですけど、なんかやっぱり、ちょっとですね。
1曲くらい、自分のですね、まともなやつを、やんないとですね(笑)
バチが当たる。


♪ BLOW/山下達郎

~ CM ~

♪ 赤く赤くハートが/ザ・レインジャーズ

◎赤く赤くハートが/ザ・レインジャーズ

達郎氏:

あんまり、あのぉ・・毎年やりたくないんですよね。
ネタがすぐ無くなるのでですね。
3年にいっぺんくらいで、ちょうどいいんですがね。

結構、苦労してるんです(笑)
ですので、今日はアーカイブ系で、前にやったやつを久し振りに。

でも、まぁ珍盤奇盤、20年くらい、サンデーソングブックでやってますけども。
やっぱり、ベスト・オブ・ザ・ベストというと、今お聴きを頂きましたザ・レインジャーズ。

GSでございざいます。

リードボーカルの宮城ひろしさん。
今年で70才をお迎えになりますが。
何してらっしゃるんでしょうか・・。

レインジャーズは、たいへん演奏力のあるバンドでクラウンからデビューしたグループ・サウンズでございます。

1967年の作品「赤く赤くハートが」
もう鉄壁でございます。
何百回聴こうが、傑作中の傑作でございます。


◎太陽に抱かれたい/ジョニー広瀬

達郎氏:

珍盤奇盤といいましたら、ミノルフォンにとどめを刺します。
遠藤実さんのレーベルでございます。

いったい、いつ寝てるのかっていうくらい、すごい制作本数でございます。
もう、中には、どうしてこれが出来てるのかっていう。
これが発売されたということ自体がですね、奇跡に近いようなのが何枚もあります。

同じく67年。
ま、こういう時代だったんですね。
向こうでは、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンドとかですね、ドアーズのデビューとかですね。

ジェファーソン・エアプレインの シュールリアリスティック・ピロー 。
67年はエポックメイキングの年なんですけども。

珍盤奇盤にとってもエポックメイキングな年です。

歌っておりますのがジョニー広瀬さん。

♪ 太陽に抱かれたい/ジョニー広瀬

これしかし、キーの設定、ほんとに、これでどうやって遠藤先生は決定したんでしょうね。

詩もすごいですね!
「涙が バッチリ 乾くまで」
この時代だって、こういうのないっすよ、これ・・・

すごいですね・・・これ。

これ、何百回聴いてますけど、これ謎に満ちた作品でございますね。
これ、オリジナル盤欲しくて探したんですけど、なかなか手に入りませんね、これ(笑)


◎Ieki吐くまで/片岡鶴太郎

達郎氏:

で、オリジナル盤を探してるんですが、ついに見つかったやつがありましてですね。
片岡鶴太郎さんの1986年の作品「Ieki吐くまで」という。

これ、あのぉ・・秋元康さん作詞、見岳章さん作曲、竜崎孝路さん編曲というですね。

私、秋元さんの初期の作品のコレクターでありまして。
昔、一緒に飲みながら、いろいろ教えてもらったんです(笑)
「僕は、いろいろとやってるんだ!」

機動戦隊ムテキングのアルバムの中の曲はですね、シンガーの許諾がおりなくてCD化されなかった(笑)
このあいだ、ついにそのアルバム手に入れてですね、秋元さんにサインもらいましてですね(笑)

それもようやく、この1枚もようやく・・
「Ieki吐くまで」(笑)

いわゆる、あの・・演歌モノでございます(笑)
まずは、どうぞ(笑)
手に入れた嬉しさでかけるだけです(笑)

♪ Ieki吐くまで/片岡鶴太郎

これ、惜しむらくはですね、これ、ほんとに上手い演歌歌手の人がですね歌ったら、もっとすごみが出るというかですね・・

氷川きよしさん、やらないですかね(笑)

これまだCD化してないんですよね。この頃は。
カラオケほしいですよね、これね(笑)

それで、B面がですね、「床上手」って曲なんですけど。
これ、歌、片岡鶴太郎&乳ナヲミっていうですね。

この乳ナヲミさんって誰かって・・
秋元さんに聞いたら、秋元さんのオフィスの事務員だったって(笑)
機会があればB面も(笑)

何だよそれ(笑)


◎ツイスト・アンド・シャウト/東京ビートルズ 

達郎氏:

さて、ツイスト・アンド・シャウト、先週のリクエスト特集でお聴きをいただきましたがですね。
日本でもツイスト・アンド・シャウト演ってるひとが、たくさんいますので。

それの一番超絶なやつはですね、ご存知大瀧詠一さん監修で、有名にいきなりなりました東京ビートルズでございます。

2枚目のシングルのB面にツイスト・アンド・シャウト入っております。

1964年、ビートルズとリアルタイムで、したという、GS前期といいましょうかですね。
超絶的な「ツイスト・アンド・シャウト」


♪ ツイスト・アンド・シャウト/東京ビートルズ

バックが少しもR&Bじゃないんですよね。

♪~C'mon C'mon C'mon が、譜割りがはまりきってないというですね。
あそこが、なんとも言えないという。

訳詞はもちろん漣健児さんでございます。

えぇ・・くフフフ(笑)

よくこれ、大瀧さんCDにしましたよね4曲。
「抱きしめたい」
「プリーズ・プリーズ・ミー」
「キャント・バイ・ミー・ラヴ」
「ツイスト・アンド・シャウト」


◎You Did It To Me/The American Beetles

達郎氏:

東京ビートルズ、あの当時はですね、東京ベンチャーズとかですね、あとクレイジービートルズなんてありましたね。

そういう焼き直しと言いましょうか、その、まぁ二番煎じというか。

「みそら ひはり」そういうようなのと同じですね。
で、そういうのは日本だけかと思うでしょ?
アメリカにもあるんですね。

アメリカンビートルズっていうバンドがありましてですね。

もともとはフロリダのバンドなんですが。
アーベルスって元々は名前だったんですが、それはアメリカンビートルズにさせられちゃいまして。

シングル何枚か出しました。
もちろんヒットはしてません。

そのあとはレイザーズ・エッジという名前に変えまして、今度はサイケシーンにいくという、なかなか幸せなのか不幸なのか、判りませんがですね。

最近手に入れたんです、これ。
ルーレット版のですね、64年のシングル。

ルーレット、今、ワーナーなので出せますね、これね。
ワーナー珍盤奇盤とか(笑)

これ、普通に演奏してるんで珍盤奇盤でもないです。
アメリカンビートルズっていう名前がですね・・
ビートルズも「Bea」じゃなくて、いわゆるBeetlesですね。

カブトムシのビートルズのスペルになっております。

♪ You Did It To Me/The American Beetles

普通の演奏を聴くと、なんか物足りなく感じるようになるとですね、あなたは、危ない体になりつつありますね。

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週はまたリクエスト特集に戻る予定でございます。
引き続き、おたより、リクエスト、たくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係



◎アローン・アゲイン/草刈正雄

達郎氏:

私のサンソンの珍盤奇盤でですね、何度もお聴きをいただきました、九重佑三子さんの「アローン・アゲイン」を訳詞した「また一人」というですね・・・

なかにし礼さんの訳詞ですが。

「わたしとしたことが・・」というですね。

ギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」というのは失恋の歌でありまして。
わりとメロディーがきれいな割にですね、内容が非常に、こう・・暗いんですよね。

それを、まあ九重佑三子さんの場合はちょっと、なかにし礼さん風に洒落のめして作りましたが。
実は「アローン・アゲイン」、もう一個作品がございます。

1976年に草刈正雄さんのサード・アルバムに収録されております「アローン・アゲイン」。
こちらは、山上路夫さんの訳詞でございます。

こっちの方が、ギルバート・オサリバンのですね原詩に、ちょっと近い形でございます。

それを日本語にしますと、非常に陰惨な内容になります。
草刈正雄さん、1976年のサード・アルバム「青春の光と影」に入っております。

♪ アローン・アゲイン/草刈正雄

編曲が東海林修さんなので、洒落たアレンジでございます。


草刈さんってのは、私と同学年なんですよね(笑)
ですから、このレコーディングのときは24才ですからね。

歌、いいですね、味があって。
上手ですね。

最近は渋い魅力で攻めておりますけれども。
若いときは、ほんとの美男子でございました。

うらやましい!


◎スター・ウォーズのテーマ~カンテナバンド/子門真人

達郎氏:

もうひとつ、訳詞もの。

訳詞オタクってのが世の中にいましてですね。
洋楽の訳詞のやつを集めるっていう。
そういう趣味の人がいますが。

そういうひとの中でも人気作ですが。

子門真人さん。

1978年にですねスター・ウォーズのテーマを録音されております。
これは日本語詩が有川正沙子さん。

♪ スター・ウォーズのテーマ~カンテナバンド/子門真人 

子門真人さん、1978年のシングルです、これ。
「スター・ウォーズのテーマ~カンテナバンド」

むやみに明るくて、長くて、くどい・・
すごいですね。

これ去年かけたゴジラに似てますね。
♪ ゴジラ、ゴジラ・・・
あのムードに近いものが、ありますね。

えぇ・・すっごい(笑)

これ完全に村上ポンタさんですね、タイコ(笑)。

さっきの草刈正雄さんのもポンタですね(笑)
この頃はもう一番売れてた人ですから。
完全にポンタさんのタイコですね。

アレンジ、国吉良一さんがやっておりますので。
えぇ・・フフフ(笑)
すごいですね(笑)


◎ゆうわく(オリーブの首飾り)/ローレン中野

達郎氏:

訳詞もの、もう一個。

これも有名なやつですが。
歌っているのがローレン中野さん。
この方は、ホノルル生まれの日系3生の方ですけども。

和田弘とマヒナスターズと組みまして、出しましたシングルが「ゆうわく」という曲でございます。

これはポール・モーリアでヒットしました「オリーブの首飾り」に日本語詩をつけたもので。
こういうのは、もう日本語の詩といえば、なかにし礼さんでございます。

再び登場でございます(笑)

♪ ゆうわく(オリーブの首飾り)/ローレン中野

「ダメよ あなた」って詩がすごいですね。
この発想!


◎(Sittin'On) The Dock Of The Bay/ボルテイジ

達郎氏:

これもアーカイブもので、昔、よくかけてたヤツでございますが。

私、これ、GSものでは、家で聴いてて一番笑ったやつでございますが。
ボルテイジ、5人組のグループサウンズでございますけども。

1968年のアルバムに入っております。
オーティス・レディングの「The Dock Of The Bay」


♪ (Sittin'On) The Dock Of The Bay/ボルテイジ


◎エンディング 

達郎氏:

というわけで、昼の珍盤奇盤特集でございました。
また機会があれば(笑)

来週はリクエスト特集でいってみたいと思います。

笑う門には福来る。

でも、あのぉ・・コメディアン、芸人の人が狙ってやった作品は一個もないんです。
みんな、それなりにきちっとやってる。
ですが、それがオーバーランしてしまう。
そういうようなものですね。

台東区のY.Hさん。

『その昔、珍盤奇盤の時にかけてくれた曲で、笑い袋みたいにずっと笑って、笑い声だけの曲がありましたよね。

曲名が判らないのですが、録音しておきたいので、よろしくお願いします。
誰もが幸せになる曲だと思います。』

レコードが出来た当初、ドイツで録音されたものだと推測されます。
1922年の作品だと言われておりますが。
オーケーレーベルの最初のアメリカに輸入されたものでありますが。
のちに大きなイミテーションを生みました。

やってる人は判りません。
アンノウンでございますが。

Okeh Laughing Record で知られる1枚でございます。

昼の珍盤奇盤特集、ご清聴ありがとうございました。


♪ The Okeh Laughing Record/Unknown


今日はこのへんで。


♪ 

今週のオンエア曲

14:04 BLOW/山下達郎
14:09 赤く赤くハートが/ザ・レインジャーズ
14:12 太陽に抱かれたい/ジョニー広瀬
14:17 Ieki吐くまで/片岡鶴太郎
14:22 ツイスト・アンド・シャウト/東京ビートルズ
14:26 You Did It To Me/The American Beetles
14:31 アローン・アゲイン/草刈正雄
14:35 スター・ウォーズのテーマ~カンテナバンド/子門真人
14:40 ゆうわく(オリーブの首飾り)/ローレン中野
14:44 (Sittin'On) The Dock Of The Bay/ボルテイジ
14:47 The Okeh Laughing Record/Unknown



テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:サンソン『珍盤・奇盤』
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年2月19日『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』


今日のサンデーソングブック、昼と夜の2部構成。
達郎さんの解説が洒落があって面白かったですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

皆さん、こんばんは。
ごきげんいかがでしょうか、山下達郎です。

私、山下達郎、いつも毎週日曜日の午後2時からサンデーソングブックというレギュラー番組を担当しております。
おかげさまで、今年の10月で25周年を数えております。

JFNネットでも長寿番組の仲間入りをしております。
毎週日曜、午後2時、お昼は洋楽中心としたオールディーズ番組、古い曲をかける番組でございますけれども。

私のサンデーソングブックの人気企画の一つとしましてですね、「珍盤奇盤」というのがあります。

えぇ、古今東西のですね、ヘンテコなレコードをかけまくってお届けする。
それも随分長い歴史がございます。
それを、やっておりますとですね、普段からですね好評頂いておりますので。
何かというとですね、そういう変なものを探す癖がついて、もう何十年もやっております。

そんな中で・・
なかなか日曜日の午後にはですね、こう・・かけられない様なですね、危ないモノが結構出てきます。

えぇ、流石にですね、それをこう・・日曜日の真っ昼間に、白昼堂々と、ご披露する勇気が、ありませんでですね。

それが、だんだん、だんだん積み重なってきて、量が溜まってきております。
それを、まぁ、今回はですね、夜にやってしまおうと。
昔から一度やってみたかった企画なんですが。

題しまして『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』

東京FMをキーステーションと致しまして、JFN全国38曲ネットで今日は夜にサンデーソングブック、お届けしたいと思います。

ま、いわゆる、そういう珍盤奇盤シリーズのですね、行き着く先と言いましょうかですね・・・
到達点・・
何を(笑)

昔から一度やってみたかったんですが、何ヶ月か前にスタッフと酒飲んでた時にですね、そういう話しをしましたら、プロデューサーの上田が乗っちゃったんですね・・えぇ。
それで盛り上がりまして。

今日はそういうヤバイやつを、たっぷりとですね、お届けしたいと思います。

ま、いわゆる一言で申し上げるとエッチなヤツですね。
ワイセツなやつ・・・

ほとんどのものがお聴き頂くだけで、説明が全くいらない音源でございますので。
私、途中で説明なんかしませんのでですね。
1分1秒でも多く、ご堪能いただきたいと思います。

えぇ、とても日曜日の午後には無理なものばかりでございます。
でもですね、単にそうしたワイセツなだけだと面白くないですね。
一抹、洒落がないとですね。
こういうものはですね。

むかーしからそうした、まあ、あのぉ・・シモネタとかですね、そういうような作品てのは、もう昔から沢山あります。

レコード文化の中でも60年代、70年代、今よりですね非常に規制が激しくて、ま、放送禁止、発売禁止と言われるような、自主規制も含めました放送審理委員会、倫理委員会とか、いろんなものがありますが。

そういう規制が、今よりはるかに厳しかったので、逆に厳しければ厳しいほどにですね、間隙を縫って、あの手この手で、色んな作品が出ております。

その中からですね、選りすぐった、今日は55分間をお届けしたいと思います。

『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』

最高の選曲・・かどうかは判りませんが(笑)
最高の音質で今晩もお届け致します。

こういう企画ですと、赤坂泰彦さんとかですね、伊集院光さんとか、そういう方々がやってらっしゃいますが。
そういう方々に負けすにですね、私もがんばって、桑田くんの『マンピーのG☆SPOT』に負けないようにですね、がんばっていきたいと思います(笑)

なお、企画の性格上、ラジコのタイムフリーの番組には該当しておりません。
聴き直しができませんので(笑)

それではお知らせに続きまして『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』

たっぷりとお楽しみ下さい。


~ CM ~

♪ 恋の会話1/林京子

♪ ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ/ジェーン・バーキン&セルジュ・ゲンスブール

♪ Love To Love You Baby/Donna Summer

♪ Me & My Vibrator/Suzie Seacell

♪ 吐息のループ/部長と桜子

♪ ドラマチック・ブルース/應蘭芳


◎前半が終了でございます 

達郎氏:

山下達郎がお送りいたしております『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』
いつもは日曜の午後2時にお届けしておりますサンデーソングブック、夜に出張しましてですね、かなりのヤバネタのプログラムで展開しております。

前半が終了でございます。

前半お届けした曲を、ざっとご説明したいと思いますが。

◎恋の会話1/林京子

達郎氏:

一番最初に短いナレーションが出てきます。
これ60年代にビクターレコードから発売されました「スペシャル ピンクムード デラックス」という、いわゆるムードミュージックですね。
そのムードミュージックの間に、そうしたナレーションが入っているという。

この60年代にたいへん人気があった林京子さんというナレーターの方がいらっしゃいます。
この頃はそうしたお色気路線でですね、深夜放送なんかで喋ってる方もたくさんいらっしゃいましたが。
そういうお色気ナレーターの代表的な存在でございます。

林京子さんの「恋の会話1」というですね。


◎ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ/ジェーン・バーキン&セルジュ・ゲンスブール

達郎氏:

続きましては洋楽でございまして。
大スタンダードでございます。
1969年、フランスのジェーン・バーキンと当時の彼氏だったセルジュ・ゲンスブール
この二人でですね、展開されます。

映画にもなりました。
それのテーマソングと言ってもいいんですけども。

日本でも大変話題になりまして。
でもこれ放送禁止だったんです。当時は。
ですので有線でしか聴けませんで。

有線ではもうかかりまくっておりまして。
「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」
ジェーン・バーキン&セルジュ・ゲンスブール


◎Love To Love You Baby/Donna Summer

達郎氏:

それに続きまして、これも大変有名ですけれども。
ドナ・サマー、1975年のデビューヒットでございます。
「Love To Love You Baby」

12インチ、アルバムミックス、12インチミックスのですね前半部分をピックアップしてお聴きをいただきました。


◎Me & My Vibrator/Suzie Seacell

達郎氏:

続きましてですね(笑)
アメリカのライノ・レコードは、こういった変な珍盤奇盤を出すのが大好きな会社でありまして。

80年代に出たアルバム、コンピレーションですけども。
『The Rhino Brothers' Greatest Flops』というコンピレーション・アルバムに入っております。
Suzie Seacellという女性シンガーが歌っております。

「Me & My Vibrator」という(笑)
ヤバイ(笑)
かんべんして(笑)

えぇ・・何も言えません(笑)


◎吐息のループ/部長と桜子

達郎氏:

3連発で洋楽続きましたので、邦楽になりますが。
これ10年ほど前の2007年に出たCDシングルでございますが。
「部長と桜子」というクレジットで。

部長は詳細不明であります。
桜子という方は、吉野桜子さんというですね・・・
北海道生まれの血液型A型という。

よくありますよね(笑)

「歌手女優、そして一人の女性として、常にときめいていたい」

ときめけよ(笑)
部長と社員の、ま、社内不倫でございますね(笑)。


◎ドラマチック・ブルース/應蘭芳

達郎氏:

前半最後の1曲は應蘭芳という、この方たいへん有名な、シングル何枚も出して。
女優の方ですが。
日本人と中国人のハーフであります。

その中から代表作の1作でございます。
1971年「ドラマチック・ブルース」という、たいへんに良く考えられた一作でございます!

なかなか、ふっははは(笑)

山下達郎がお送りいたしております「夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18」と題しましてお届けしております。

後半は、またさらに凄いことになります(笑)


~ CM ~

♪ Baby Doll/Petite M'amie

♪ 愛の野球場/スネークマンショー

♪ ピエールとカトリーヌ/BLUE FILM

♪ 新町/青森最後の詩人ひろやー

♪ ラブ・ウォント・レット・ミー・ウェイト/メジャー・ハリス

◎お時間・・ 

達郎氏:

残念!
時間が来てしまいました。

山下達郎がお送りいたしております『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18』
いつもは日曜日の昼間の午後2時からお届けしておりますサンデーソングブック。
夜出張版でございます。

人気企画「珍盤奇盤」のヤバネタ版でございます。

後半お聴きを頂いた曲は・・・


◎Baby Doll/Petite M'amie

達郎氏:

プティ・マミという名前で1971年に発売されました「ガールフレンド・ベイビー・ドール」というアルバムがございますが。

しかしてその実態は・・・
麻里圭子さんという女優兼歌手の方でございますけれども。

これも傑作でありますね。
「ダメ」と「イヤ」しかないというですね。
それで、ちゃんとした音楽をバックにしてますが、これはなかなか有名な作品です。

ここ数年で確かCD化されたと思いますが。


◎愛の野球場/スネークマンショー

達郎氏:

こうした、一ネタの最高峰はスネークマンでございます。
桑原茂一さん率いますスネークマンショー

小林克也さん、伊武雅刀さん・・・
そうそうたる方々が、もうブラックかつ過激なものですけれども。

1981年のアルバム「戦争反対 死ぬのは嫌だよ」に入っております。
「愛の野球場」という。

これ、プティ・マミさんと声が似てるんですけども(笑)
こちらの声優さんは島津冴子さん、この方とっても有名な方ですね。

そして小林克也さん、伊武雅刀さん・・
野球中継がバックになっているんですが、これは実は元ネタがありまして、1974年にチーチ&チョンが出しましたWedding Album、この中に入っております。

チャンピオンシップ・レーベルで・・
こちらプロレス実況中継をバックに同じような展開になる、あれですけれども(笑)

よく研究されております。


◎ピエールとカトリーヌ/BLUE FILM

達郎氏:

続きましても、スネークマンネタですが。
もうこれもスネークマンのですね、一連のあれでは極致といっていい、ブルーフィルムというですね・・

4枚CD出てますけれども。これで。
今日お聴きを頂きましたのは「ピエールとカトリーヌ」という、これもすっごい有名な・・
BLUE FILM1993年の[マンドラゴラ]というアルバムですが。

ピエールは松尾貴史さん、カトリーヌは藤井千夏さんという、この方も声優でございますが。
もうこれ、スネークマンの面目躍如です。

音楽がちゃんとしてるのがミソで、そうでないと洒落になりませんね。
下品なんですけど、下品さが音楽の演奏力で埋まるといいうですね。

そんなこと言って、一生懸命解説したってしょうがない(笑)


◎新町/青森最後の詩人ひろやー

達郎氏:

今日お聴きを頂いた作品の中で、一番新しいやつですが。
2010年、青森最後の詩人ひろやー

何だよ、これ(笑)
その方の「津軽曼荼羅」というアルバムに入っております「新町」。

これも、なかなか21世紀に入ってからの傑作だとおもいます。
知る人ぞ知るですね。
ふっへへへ(笑)

プロデューサーの上田がすごい好きだと言ってます。


◎ラブ・ウォント・レット・ミー・ウェイト/メジャー・ハリス

達郎氏:

で、ラストはですね、綺麗に行こう(笑)
何が!綺麗に行こう(笑)

これはたいへんに有名な1975年、全米ソウルチャートNo.1
全米チャート6位の大ヒットソングでございます。

元、デルフォニックスのシンガー、メジャー・ハリスがソロになりまして、かっ飛ばした大ヒットソングであります。

これもほんとに、我々の世代はですね、一所懸命もう最後まで聴きたくてLPを買ったという(笑)
そういう・・ね・・・
ふっへへへ(笑)

22,3の話しですから(笑)
しょうがないですね。


◎エンディング

達郎氏:

てなわけで山下達郎サンデーソングブック、夜に出張しまして『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤R-18』と題してお届けを致しました。

全11曲、ご堪能頂けましたでしょうか。
機会があれば、また。

ご清聴ありがとうございました。



今週のオンエア曲

23:05 恋の会話1/林京子
23:06 ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ/ジェーン・バーキン&セルジュ・ゲンスブール
23:10 Love To Love You Baby/Donna Summer
23:14 Me & My Vibrator/Suzie Seacell
23:16 吐息のループ/部長と桜子
23:20 ドラマチック・ブルース/應蘭芳
23:27 Baby Doll/Petite M'amie
23:31 愛の野球場/スネークマンショー
23:35 ピエールとカトリーヌ/BLUE FILM
23:39 新町/青森最後の詩人ひろやー
23:42 ラブ・ウォント・レット・ミー・ウェイト/メジャー・ハリス











テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年2月19日『リクエスト特集』

長崎も春一番が吹きました。
陽のあたる場所はポカポカ陽気です。

今日のサンソンは、昼・夜の2部構成。
夜が楽しみですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

2月、後半に入ってまいりました。
バレンタインが過ぎまして・・・

東京は金曜日に春一番が吹きました。
まだまだ全国的には、北陸あたりは雪が大変でございますけれども。

少しづつ春の気配がしてくる今日このごろであります。

寒暖の差がとっても激しい。10度以上あく・・寒暖の差があると言いますか。
お風邪にくれぐれもお気をつけくださいませ。

私、ツアーのリハが始まりました。
まだリズムセクションだけでございます。
5人だけでやっております。

ま、おかげ様でスムーズにいっております。
あんまり、初めからテンパっておりますと、後から疲れますので(笑)
ゆっくりやろうと(笑)思っておりますが。

番組の方は、本日は、とにかくリクエストカードがたくさん溜まっておりまして。
片っ端から片付けないと、たいへんなので。

棚からひとつかみ、わりと新入荷おnオールディーズもののCDがたくさんあるんですけど。
とりあえず、お便りたくさん頂きましたので、今日は『リクエスト特集』

今日はですね、サンデーソングブック、夜にもございます。
夜の11時から『夜のサンデーソングブック』
先週も申し上げましたが。

『珍盤・奇盤 R-18』

詳しいことは番組の中ほどで(笑)
昼間はカタギです。
リクエスト特集

日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます。
皆様のリクエストにお応えしまして、1曲でも多く、1枚でも多くご紹介したいと思います。
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します山下達郎サンデーソングブック。

快晴の日にはですね、ほんとに春の気配がしております。

そんな時はこんな曲。

三重県津市のK.Eさん。

『山下さんはバレンタインデーにまりやさんからチョコレートもらいますか?
私はもてない夫のために、イヤイヤチョコを買い、渡します。』

そんな可哀想なこと(笑)

私の1979年のシングル、お馴染み「愛を描いて」

♪ 愛を描いて-LET'S KISS THE SUN-/山下達郎

~ CM ~

♪ Two Divided By Love/The Grass Roots

♪ 平和の旅路/ポケッツ


◎リスナーからのお便り(沖縄県読谷村のY.Nさん) 

『久し振りにペンを取りました。
無事に第4子の出産を終え、毎日子育てに奮闘中です。』

達郎氏:

4日目!
すばらしい。

『さて、ここ沖縄はサトウキビの収穫シーズン真っ最中です。
日曜日は家族で刈り取りの手伝いをしていた主人。
実家はサトウキビの収穫で大忙しです。

そんな主人もサンソンを聴きながら刈り取りをしていて、エバーグリーンの曲達を聴きながら、サトウキビを刈り取る。
俺って、なんてかっこいいんだ!
なんて思っていたそうです。』

達郎氏:

意味わかりませんがですね(笑)
生活感、あふれるお便りでございます!
がんばって下さい!
サトウキビ!

♪ Love Don't Feel Like Love No More/C.L.Blast


◎リスナーからのお便り(富山県富山市のY.Yさん) 

達郎氏:

さきほど(笑) ポケッツもY.Yさんですから、こっちの方は東京の方で。
字が違いますね、下の字が。
同姓同名とはいえませんが(笑)
珍しいパターンでございます。

一瞬、ドキッとしました。

『お誕生日おめでとうございます。
私は2月1日生まれなので、達郎さんとこんなにも近い日に生まれたことに、あらためて驚きを覚えます。

我が家は6人家族なのですが、私と父、弟と3人が2月生まれです。
私も37才となり、いろいろと思うところがあるのですが、今年はいろいろま事にチャレンジし、充実した1年にできればと思っています。

ところで、私は80年代洋楽の大ファンなのですが、私の生まれた1980年2月のヒット曲が聴きたいです。

我がままなリクエスト、どうかよろしくお願いします。』

達郎氏:

クリス松村さんとこに出しそうなリクエストカードですね(笑)
しかし80年生まれ!
すごいなぁ(笑)

僕の「ライドオンタイム」の年ですね(笑)
へっへっへっへっ(笑)

27違うんですね、僕とね(笑)
すごいですね!

80年の2月のヒット曲というとですね、有名なところでキャプテン&テニールの「Do That To Me One More Time」

そのちょいと前が「Rock With You」ですね、マイケル・ジャクソンの。
調べましたら。

あとはクイーンの「Crazy Little Thing Called Love」
これが2月とかですね、ほとんど4週間ほどナンバーワンをとりました。

で、1980年の2月のヒット曲でしたら、ぜったいこれ!
ま、好みです。
色々ありますが、他にもですね。

♪ クルージン/スモーキー・ロビンソン

~ CM ~

◎夜のサンデーソングブック

達郎氏:

先ほど、あとは先週もお伝え致しましたが。
本日はですね、サンデーソングブック夜にも放送されます。

夜に出張しましてですね、特別プログラムでございます。
今夜11時から、JFN全国38曲ネットでございますが。

『夜のサンデーソングブック 珍盤・奇盤R-18』
と題しましてですね。

私のこのサンデーソングブック、人気企画の珍盤・奇盤というのがあります。
この番組のレギュラーでしたらお馴染みですけども。

その珍盤・奇盤のですね大人版。
R-18でございます。

ちょっと、やばいやつ。
お色気路線というか、もうちょっと凄いんですけども。

いわゆるエッチものの、大人のサンソンでございます。
これまでお届けして参りましたですね珍盤奇盤の総力を(笑)
・・・何が総力だよ(笑)

結集いたしましてですね。

最高の選曲かどうかわかりませんが、最高の音質でお届けしたいと思います。

企画の性質上、ラジコ・タイムフリー行いません。
お子様、寝かせつけてからですね、ヘッドホンでリアルタイムでお聴き頂いたほうがですね、波風立たなくて宜しいんじゃないかと、思います。

本日、午後11時、23時からですね、全国38曲ネット、JFNでお送りいたします。

『夜のサンデーソングブック 珍盤奇盤 R-18!』

お楽しみに!


◎来週

達郎氏:

で、来週はですね、これでお聴きになって、普通にですね棚つかとかやっても、何だよみたいな、そういう・・・ならないとは思いますが。

なので、来週は昼間の珍盤奇盤を、いってみたいと思います。
急に思いついたので、急ごしらえです。
ですから、まぁ、アーカイブものもあります。

でもですね、珍盤奇盤なんて何回聴いてもいいんですよ!
何回おんなじもの聴いてもですね。
同じように笑えると、これがいいところでございましてですね。


♪ Twist & Shout/The Isley Brothers


◎リスナーからのお便り(気仙沼市のI.Mさん) 

『先日の「バースデーで棚つか」、楽しく聴きました。
山下さんのお誕生日の日曜日が重なるのは、
2018年
2024年
2029年
2035年
2046年
2052年
2057年
まだまだ続きますのでバースデー曲を小出しに、いついつまでも楽しませてください。』

達郎氏:

すごいですね(笑)
100才までやれっていうのかよ(笑)

というわけで来年はあれですね。
日曜日だそうでございます。
マヌケなあれでございます。

♪ Love At Last/The Modulations

◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

お時間までお便り。

新潟県阿賀野市、W.Sさん。
この方は学校にお努めでございますが。

『遅れ馳せながらお誕生日おめでとうございます。
先週はハガキを書く心の余裕がありませんでした。
忙しいです。

先日、校長に突然、校長室に呼び出されました。
何だろうなと思って、校長室に行くと、「実は◯◯の仕事、頼みたいんんだよね」と言うんです。

たいへんな仕事なので、即断ろうと思ってると、「返事は急がないから週末までにイエスかハイで答えてくれ」と明るく言うではありませんか。
では、返事は後ほどと校長室を出ようとすると、「人使いが荒い校長で困っております、と山達に投稿していいから、よろしくね」とダメ押しされてしまいました。笑顔で。

こんなうちの校長に達郎さんから、何か言ってやっていただけないでしょうか。
たいへんな1年になりそうで、今年のツアーはチケットが取れるかどうかに加えて、時間が取れるのか心配です。』

面白いお便りですね、これね(笑)

どんどん、やっぱり校長先生働かせないと、ダメなんですね(笑)。
ノーコメントでいきたいと(笑)
みなさん、お気張りやす(笑)

お若い方は、だいたい暇つぶしのお便りが多いんですが。

長野県上田市のS.Kさん。

『先日のラジオで歯医者に近々行くと仰っていましたが、虫歯でもあるのでしょうか。
それとも、検診ですか。

僕は2年ぶりに歯医者に行きました。
前歯がとてつもなく痛くなったので。
お互い歯は大切にしましょう。

それと余談ですが、おみくじに「歯に注意」と出ました。』

ふっふっふっ(笑)
暇つぶし(笑)

歯は、定期検診です。

板橋区のK.Tくん。23才。

『先日、ひどい口内炎を発症してしまいました。
食べ物もスムーズに食べられず、歯磨きをするにも一苦労。
口も大きくあけられず、まさに笑えない状況です。

そこで、ふと思ったのですが・・・』

思うなよ(笑)

『達郎さんはコンサートの本番前は、唇をかんでしまわないように何か気配りしていることはありますか。
まもなくツアーも開始ですが、くれぐれもお気をつけ下さい。』

こっちもかなりの暇つぶしですね(笑)

あの・・時々あります、口内炎とかですね。
やっぱり長く商売やってますと。

京都でものすごく口内炎が厳しくなったことがありまして。
病院で治療受けたんですけど、ものすごく痛くてですね。

本番前の5分前、10分前に、さぁ痛み止め飲もうかなと・・
でも痛み止め飲むとですね、まま、喉にちょっと影響が来ることがありましてですね。

まぁ、いいや、痛かったら、その時飲めばいいやって、ステージ出ていったんですけども。
あら不思議!
痛みが止まるんですね。
いわゆるアドレナリンっていうやつで。

その日は、全く何の痛みも感じずに本番終わりまして。
本番終わったら、痛みが引いちゃったっていうかですね。
なかなかすごいですね。

そういう人間の体って不思議なもんだなって、そういう想い出が昔あります。

てなわけで(笑)

今日の最後は横浜市のT.Rさん。

『お誕生日おめでとうございます。
達郎さんの歌声に出会ってから35年ほど経ちました。
それ以来、ずっと私にとって唯一無二の最高の歌手です。

人生の節目や日常の想い出の中にはいつも達郎さんの曲があります。
これからも益々若くパワフルにさらなるご活躍をお祈りしております。

寒いこの季節になぜか聞きたくなります。』

私の1998年のアルバムCOZYから「FRAGILE」

♪ FRAGILE/山下達郎

今週のオンエア曲

14:03 愛を描いて-LET'S KISS THE SUN-/山下達郎
14:07 Two Divided By Love/The Grass Roots
14:12 平和の旅路/ポケッツ
14:18 Love Don't Feel Like Love No More/C.L.Blast
14:23 クルージン/スモーキー・ロビンソン
14:32 Twist & Shout/The Isley Brothers
14:37 Love At Last/The Modulations
14:45 FRAGILE/山下達郎







DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年2月12日『棚からひとつかみ』

先日2/7に福岡市のライブハウスGat's7で開催された「本気でAOR NIGHT ツアー2017」を堪能してきました。

70年代から80年代にかけて生まれたAOR楽曲を完全コピーで再現するという素晴らしいライブでした。ボーカル、ドラムには達郎さんのライブサポートでお馴染みの三谷さん、小笠原さんなど、全員超豪華メンバ。
セットリストはボズ・スキャッグス、ペイジズ、ボビー・コールドウェル、
マイケル・フランクス、クリストファー・クロス、TOTO、
ドゥービー・ブラザーズなどなど定番の名曲ばかり。
きれいな音を奏でて、安定したダイナミクスで演奏するプロのテクニックをあらためて実感することができました。

増崎孝司(G) 種子田健(B) 小笠原拓海(Ds) 中島オバヲ(Per)、友成好宏、宮崎裕介(Key)、竹上良成(Sax) 、三谷泰弘(Vo)
※アンコールラストは撮影OKが出ましたのでスマホで撮影!


今日のサンソン、来週の夜のサンソンが楽しみです。
ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

2月2週目でございます。

今週は、恐るべきバレンタインデーですね。
えぇ・・・また、事務所の女子、レコード会社の女子・・
またひと月後を目当てにですね、大挙して訪れるのが怖くてですね(笑)

今日は、前倒しで録っております(笑)

これで、何とかなると(笑)
いう感じでございます(笑)
ふっへへへ(笑)

今日はお天気の話しが申し上げることが、できませんが。
いよいよ来月からツアーが始まりますので、ツアーのリハーサルがスタート致します。
譜面書きに勤しんでる今日このごろでございます。

今年は、どういうセットにしようかと、いろいろ考えておりますけれでも。
もう9年目になります。
ライブを再開しましてですね。

早いものでございます(笑)
還暦まで頑張ろうと思ったのが64まで、がんばっております。

このままでいくと、まぁ、いつまでいけるかって感じでございますが(笑)

今年も、全国49公演でございます。
各地、おじゃましますので、よろしくお願いします。

まだひと月以上ありますので(笑)
もうちょっと近づかないと、ダメですけども。
チケットの一般発売も始まっております。

よろしくお願いします。

さて、そういう世界なので、前倒しというあれで(笑)
譜面書きとか、やっておりますので。
今日は、山下達郎のレコード棚からアトランダムにお聴きを頂くレギュラープログラム『棚からひとつかみ』

ちょいと毛色の変わった棚からひとつかみで、前半はお届けします。
後半は、ここ半年くらいに出たCDの中から、いろいろと。
あとは思いつき。

今日は、ほんとの棚つかです!
なんか、あんまり脈絡がありませんが。
そういう方が、いいとおっしゃるリスナーの方も「たくしゃん」いらっしゃいます。

「たくしゃん」じゃない(笑)
訛っちゃいけない(笑)

日曜日の午後のひととき、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。

レギュラープログラム『棚からひとつかみ』
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。

この季節になりますと、リクエストが増えます、この1曲。
川崎市の超常連S.Hさん。
毎週毎週いただきますが、なかなかご紹介ができません。

川崎なのに苫小牧のチケットをお取りになった。
ご旅行ですね。

今日もたくさん頂きました。
ありがとうございます。
この曲が発売されて二日後に東日本大震災が起こってしまいましたが。

不運な曲なんですが、私、この曲けっこう自分で気に入ってる曲なので、時々かけさせて頂いております。
今の季節にぴったりです。

♪  愛してるって言えなくたって/山下達郎

~ CM ~

♪ Expressway (To Your Heart)/The Soul Survivors

♪  (Why Don't You) Go Out Walking/The Soul Survivors

♪ Temptations 'Bout To Get Me/The Soul Survivors

♪ エヴリシングス・チェンジング/ソウル・サヴァイヴァーズ

~ CM ~

◎来週・番外編 

達郎氏:

さてですね、来週はリクエスト・ハガキがたくさん溜まっておりますので。
リクエスト特集を1週やりまして・・・
その先が、また恐怖の「聴取率」でございます。

どうなるか、わまりませんが。

で、来襲の日曜日なんですが。
リクエスト大会やりますが。

この昼の本編とは別にですね、夜にサンデーソングブックの番外編を放送することになりました。

サンデーソングブック放送開始25年になりますが。
出張して初めてやります。
2月19日、日曜日の夜11時からのJFN全国38曲ネットでございますけれども。

このサンデーソングブックですっかりお馴染みですが、珍盤・奇盤というプログラムがあります。
この番組のリスナーの皆さんでしたら、よくご存知なんですけども。
いわゆる「珍盤・奇盤」ですね。

ヘンテコなやつをかけるんですけども。

それも25年近くやっておりましてですね。
あのぉ・・かなりヤバイものがあります。

昼間の2時、日曜日の2時ですと、とてもかけられないというですね。
というモノが溜まってきておりましてですね。

それを、このあいだ、番組のプロデューサーの上田くんと酒のんで話ししてましたら、それを夜にやってみようかと。

題しまして『夜のサンデーソングブック・珍盤・奇盤 R18』というですね。
R18です!

ヤバイんです!

いわゆるお色気ネタで統一するという。

2月19日の日曜日、夜11時から全国38曲ネットでこれをやってしまおうというですね。
ですので、あのぉ・・かなり凄いので、お子様は泣かしつけてからお楽しみ下さい。

えぇ、で、ラジコのタイムフリー、しません!
オンエアでしかしません!
あんなもん、昼間にタイムフリーで聴かれたらたいへんなので。

ほんとは、もうちょっと遅く、夜の1時とか2時とかだといいんですけども。

上田くんが、調子に乗って11時にやっちゃったんですね。
これ、だいじょうぶかなという。

でもプロデューサーが大丈夫だと言うから大丈夫でしょうね。
僕は知りませんよ、だから。

で、「珍盤・奇盤」シリースで25年のですね、このサンデーソングブックの珍盤・奇盤の総力を結集しましてですね「珍盤・奇盤 R18」夜のサンデーソングブック!

2月19日、夜11時から。
お楽しみ下さい。

昼間は地味に「リクエスト特集」でございます。

来襲は、昼のサンソンと夜のサンソン、豪華2本立てでございます。
お楽しみに!

ふっへへへ(笑)
だいじょうかよ、ほんとに(笑)
上田プロデューサー、だいじょうぶかな(笑)

僕、知らーんもんね(笑)


◎リスナーからのお便り(兵庫県神戸市のM.Fさん) 

『達郎さん、長年愛用されているものは、何かありますか。
お金を出せば、なんでも手に入る時代ですが、昔のものは作りが丁寧で、大切に使えば長持ちするものが多いような気がします。

私は義理の父が使っていたハサミをずーっと使い続けています。
大きなハサミで、こまめに磨ぐと良く切れて、何かと重宝します。』

達郎氏:

この方、読むとですね、すごいスムーズなんですよね(笑)
文章上手いんですね(笑)

私は、えぇーっと・・ストップウォッチがありますね。
ミネルバのストップウォッチです。

CMで生活してた時代に、CM作家やってた時代にCMの代理店の方が、僕がCMの賞をとった時に、いただいたんですけども。

40年、ずーっと使っております。
数年前に一回壊れましたけども、ミネルバに出しましたら、ちゃんと修理して戻ってきました。

今でも、愛用しております。
アナログの、デジタルじゃない時代ですので、アナログのストップウォッチなので。
アナログじゃなきゃ、ダメなんです、今でもね。

デジタルのストップウォッチ、ダメなので。

その他は、もうギターですね。
茶色のテレキャスは38年目。
あとはスタジオで使っておりますタンバリン、ラディックのタンバリン、これ40年使っております。

これはもう、ほんとに、これが無いと(笑)できないので(笑)
ケース別です!

そういうの多いんですよね。
何気に使ってる、ハッと気がつくと代えが無いっていうものは、割と多いので。
そういのは大事にしたいと思っております。

♪ How Long/Brandye

♪ ザ・グレイテスト・ラヴ/ジョー・サウス

♪ Oh What A Time/Maurice & Mac

◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

来週2月19日は「リクエスト特集」になります。

引き続き、リクエスト、お便りたくさんお待ち申し上げております。

来週2月19日は2本立てになります。
昼は「リクエスト特集」
夜は11時から「夜のサンデーソングブック」と題しまして、今までに無い試み。

珍盤・奇盤のR18

ちょっとヤバイ珍盤・奇盤で、お色気路線で攻めてみたいと思います。
2月19日、日曜日、昼間の2時からの昼の部そして夜11時からの夜の部。
どちらもJFN38曲ネット、フルネットでお送りします!
お楽しみに!

今日の最後ですが、川崎市のW.Nさん。

『先日、電車の中で見た素敵なシーンがありましたので、お葉書します。
私、半蔵門線を通勤で使用しているのですが、午前中地元の歯医者に行き、午後から渋谷に向かっていました。

席に座られていた老夫婦の方が1台のiPadでイヤホンを共有し音楽を聴かれていました。
隣でしたので、何気にiPadを見ると、なんとまりやさんの「人生の扉」の歌詞が表示されており、お二人で歌詞を見ながら、小さく口ずさんでおられました。

ご年齢は70代ぐらいでしょうか。
とっても、優しい気持になり、自分も将来そういう夫婦になりたいなぁと、思った次第です。
歌詞が表示されるアプリもあるようです。

達郎さんはスマホなどでも音楽聴かれますか?
最近、ラジコでは1週間前も聴けるので、サンソンは2回聴いています。』

ご愛顧、ありがとうございます。

今日の最後は「人生の扉」

♪ 人生の扉/Amazonへのリンク竹内まりや


今週のオンエア曲

14:03 愛してるって言えなくたって/山下達郎
14:08 Expressway (To Your Heart)/The Soul Survivors
14:13 (Why Don't You) Go Out Walking/The Soul Survivors
14:16 Temptations 'Bout To Get Me/The Soul Survivors
14:22 エヴリシングス・チェンジング/ソウル・サヴァイヴァーズ
14:32 How Long/Brandye
14:37 ザ・グレイテスト・ラヴ/ジョー・サウス
14:41 Oh What A Time/Maurice & Mac
14:44 人生の扉/Amazonへのリンク竹内まりや

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2017年2月5日『バースデーで棚からひとつかみ』


長崎市内はランタン祭りで賑やかですね。
写真は深夜の中華街。
『千と千尋の神隠し』のような雰囲気が漂っています。
20170204ランタン祭りDSC_0862

今日のサンソン、キャロル・キングの歌声を聴くと、その時代を思い起こしてちょっとセンチメンタルな気分になってしまいます。
ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ、2月に入って参りまして、2月最初の日曜日でございます。
節分なんてのがありまして・・

今日は全国的に割りと雨がちな天気であります。
雪じゃないだけ、いいような気がしますが。

でも東京は寒い・・です、結構。
寒いというか、昼間は暖かくても夜がどんと冷えますですね。

私の友達、インフルエンザ・・
あとはノロウイルスとかですね。
いろんな所で、いろんな事が起こっております。

私は何とかくぐり抜けて、避けております。

そろそろライブの準備が近づいて参りました。
今週は譜面書きなんかを始めるアレでございます。

えぇ、私・・・昨日、2月4日で・・・が、誕生日でございまして。
64才になりました。
来年が年金受給でございます。

よく、ねえ・・・
なにを言わせるんですか(笑)

まあでも、今は、ほんとに、あのぉ・・60代、昔と違ってですね、私もそうですけど、周りの60代、みんな若いので。
まだまだですね・・。

それに乗じてですね、老人というのを七十いくつに引き上げようと。
んなような事を言っておりますが。
あれ、そんなんが目的ではないです。
年金の支給をですね、遅らそうとかですね、そういう魂胆でございますので。

役人の考えることは、良く判りませんね。
えぇ・・・ま、そんなことはどうでもいいんですけれども(笑)

たくさんバースデー・カード頂きました、リスナーの皆さんから。
ありがとうございます。
お祝いのお便りもたくさん頂いております。
ありがとうございます。

この場を借りて、皆様にお礼を申し上げます。
なかなかドンピシャで日曜日に2月4日があたりませんけども。
1日遅れですけども。

数年前に1回やったことがありますが。
お誕生日をテーマにした歌。
バースデーをテーマにした歌。

そういうものが、たくさんございます。
そういうのを、まとめてですね『バースデーで棚からひとつかみ』
今日は、それでいってみたいと思います。

節分の次の日が、私の誕生日でございまして、豆まいた後が誕生日。
めでたいのか、よく判りませんが。
いずれにしましても、それをかこつけまして『バースデーで棚からひとつかみ』

前やったときは割りとベタなやつで終始しましたけども。
調べてみますとですね、結構バースデー・ネタというのは、たくさんあるんだなというですね。

今日は、結構たくさん見繕って、そん中から厳選しましたので。
今日は割りと、棚からひとつかみというよりは特集に近い!
密度が濃いものになると思います(笑)

だからどうしたって(笑)
自分の誕生日にかこつけて、バースデーで棚からひとつかみ。

今日も日曜の午後のひととき、素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。
『バースデーで棚からひとつかみ』

本日も最高の選曲、最高の音質でお届けをいたします。

千葉県四街道市のI.Kさん。

『達郎さん、こんにちは。
お誕生日おめでとうございます。
私も一足お先に4月28日で64才です。

そこで達郎さん、私同い年のリスナーの64才をお祝いして、ベタリクですが今年も宜しくお願いします。

今の64才は、まだまだ若いし、元気。
私もこれからひと花もふた花も咲かせたいです。
ご健康に留意され、アルバムにツアーがんばってください。』

ありがたいお便りでございます。

同じく、千葉県の我孫子市、K.Sさん。

『お誕生日おめでとうございます。
これからも心に響くよい曲をたくさんリリースされることを期待しております。
ちなみに達郎さんの後を追うこと293日で、私も64才になります。

64才にちなんだ曲をリクエストしたいと思います、とくれば、ビートルズの「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」を達郎さんにおプレゼントいたします。』

ビートルズの曲を、まともにかけたのはサンソンで何回目・・
やっぱ64才なのでですね(笑)
この曲、かけようかな(笑)
ただそれだけです(笑)


ポール・マッカトニーが64才になった時に、そういうインタビューを受けてですね、まさかその曲を作った時には、そうぞうがつかなかったけど、自分が64才の時に、それを聴くのか、というようなことを発言していましたけれども。

私、この「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」1967年の作品ですが、私、中学3年でした。

64なんて、どうなのかなって・・
うちの、おじいちゃんくらいの年齡でありましたけども。

それが自分の誕生日の次の日に、これをかけるようになるとはですね(笑)
まったく長生きはするもん。

リクエストありがとうございます(笑)
珍しいパターンですが、ま、バースデーで棚からひとつかみなので、お許し頂ましょう。

ザ・ビートル、1967年のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」から、これはマッカートニーが、随分前に、ビートルズのデビュー前に作ったという話しが伝わっております。

Old time music,Good time music好みのマッカートニーらしい一作でございます。

♪ ホエン・アイム・シックスティ・フォー/ザ・ビートルズ

~ CM ~

♪ ハッピー・バースデイ、ルーシー・ベイビー~ルーシーの誕生日/マッギネス・フリント

◎先週のナゲッツ特集 

達郎氏:

先週のナゲッツ特集、どうなることかと思いましたが、想像以上にですね、ご講評頂きまして(笑)

ああしたガレージ・パンク好きな方、いらっしゃるんですね、たくさん。
当たり前ですけど(笑)
そういう方からは、良かったというお便りも頂きましたが。

大田区の超常連、E.Mさん。

『お誕生日おめでとうございます。
これからも益々のご活躍期待しています。

あまり年齡を感じさせない達郎さんは日頃のウォーキングや半身浴など、メンテナンスと努力の賜物なのですか?
腰痛も経験なしということで、羨ましいです。

そんな、とてもお元気な達郎さんでも、年令を重ねてこられて、これは参ったなぁという事はおありですか。
1月29日のサンソンでは、若い頃平気だったのに、ナゲッツの音楽がうるさいと仰っておられましたが(笑)、好みが変化したなどありましたら、教えてください。』

えぇ(笑)
あれ、洒落ですよ(笑)
うるさい音好きですからね(笑)
ああいうの爆音で聴くのが。
楽しいんです。

うるせぇ―!ってのは褒め言葉です!

そういうアレでございますね。
全国38曲ネットですとですね、なかなかこの地方差がありまして。
「不真面目だ!」とかですね。
ふっへへ(笑)

洒落が通じないとこも(笑)
あんまり直球でとらないで下さいね(笑)
東京の人間なので(笑)
洒落きついのでですね。

立川談志さんまではいきませんけども。
よろしくお願いします。

まだおかげ様でですね、そんなに極端なことは、ありませんけども。
やっぱ、ちょっと体を捻るときにですね、あ・・あれ?って思うことが、少しづつありますので。

やっぱストレッチとか、そういうのやらなきゃいけないかなと思う今日このごろでありますが。

ま、そりゃもう歳ですからね。
ジワジワ・・歳になります。


♪ Happy Birthday Boogie/Louis Jordan


◎リスナーからのお便り(横浜市の匿名さん) 

達郎氏:

内容があれなので、今日は匿名で。

『達郎さん、お誕生日おめでとうございます。
きっとお祝いのメッセージで、いつにも増してハガキが多いと思います。
がんばって読んで下さいね。

突然ですが、私は以前から達郎さんの誕生日を携帯のパスワードに使っています。
だから、何なんだと言われそうですが、この機会に一応ご報告でした(笑)

きっと私と同じことしてる方、全国に何人かいると思います。』

ほんとかよ!

お名前ご紹介すると・・
パスワード、ばれますので。

当たり障りの無いときに(笑)、お名前お読みします(笑)


◎リスナーからのお便り(神戸市のM.Fさん) 

達郎氏:

最近は手書きで頂くようになりました。
文章の上手い方です。

『お誕生日といえば、私が子供の頃、母が巻きずしやちらし寿司を作って、お祝いをしてくれたことを思い出します。
今では回転寿司が出来て、気軽にお寿司を食べられますが、私が小さかった頃は、来客や祝い事しか食べられない、ごちそうでした。

ところで達郎さんは、にぎり寿司のネタは何がお好きですか。』

にぎりのネタね・・
最近はあんまり、にぎりじゃないんですね。
酒飲みますので、つまみでいきますのでですね(笑)

えぇ、ベタで赤身とですね白身も、ま、そういうこう・・季節の白身!
えぇ、なんかあんまり答えになってませんけど。

私の場合はやっぱり、お寿司、たしかに小さい頃はですね、なかなかお寿司取るっていったら、もうそれは、冠婚葬祭!

結婚式か葬式か!みたいな、そういう感じでございますが。

同様に、鰻も同じなんですね。
貧乏人のこせがれですとですね、やっぱ鰻が食べられる!それもやっぱり晴れの日というか・・そういう感じが・・。

僕は寿司よりも鰻にシフトした・・
そういう感じでございますね。


♪ Baby's Birthday/Guess Who

♪ Happy Birthday Just The Same/The Dovells


◎リスナーからのお便り(札幌市のY.Kさん) 

達郎氏:

札幌市のY.Kさん、23才、若い方ですが。
この方もう10代の時から、お便り頂いている方で・・
こんな文面が届きました。

『お誕生日、おめでとうございます。
久しぶりのハガキです。
新社会人生活、なんとか無事に毎日を過ごしています。

サンソンの時間こそが1週間で一番のリフレッシュです。
最近のサンソンは10代、20代のリスナーが多く、僕がハガキを書き始めた10年近く前よりも、リスナーもファンも若返ってるのがすごい。
おそろしいですね。

64歳になった山下達郎さん、益々パワフルで、これからも走り続けてください。
今年もツアー楽しみです。
なんと網走まで!
道民でも、なかなか行ったことがないです(笑)』

行ってみたかった!

昔、12,3才からお聴きになってるリスナーの方が20才とか30才になってですね。
この番組も25年続いておりますので。
そういう方が、いまだに頂きます。
ありがたいことです。

今後ともよろしく。

♪ ハッピー・バースデイ/ココモ

~ CM ~

◎リスナーからのお便り(新潟市のI.Mさん) 

達郎氏:

変なおたより、たくさんあるんですよね・・

『私事ですが、お正月にもちを食べていたら、歯の詰め物が2個も取れてしまい、歯医者に行ってきました。
治療台の上は、いつも緊張します。

達郎さんは、最近歯医者に行かれましたか。
よろしければ教えてください。』

教えてどうすんだって(笑)

歯医者、1年行ってないです。
だから今週行こうと思ってますけどね。

取り立てて悪いのがないので。


◎リスナーからのお便り(練馬区のI.Mさん) 

『好きな靴下の色はりますか。
柄物は好きですか。』

達郎氏:

何だい、それ!(笑)

好きな靴下って・・黒です、黒!
柄物、あんまり履きませんね。

『ライブの時はシャツと同じ色なのでしょうか』

んなわけ無いじゃないですか(笑)
ふふふ(笑)
えぇ・・(笑)

『ハガキがたくさん届いているようなので、これはボツかしらと思いながら、ちょっと気になっているので教えてください。

リクエストは足つながりで「あしおと」をお願いします。』

って、これどこまで真面目に書いてんのか、よくわかりませんね(笑)

『達郎さんのライブ、夫と私、第1希望の6月の中野とNHKがあたりました。今からとっても楽しみです。』

お待ちしております。
むかーしから頂く方ですが。
時々、こういうの来ますね。


♪ Unhappy Birthday/Jaine Grant

♪ Happy Birthday/The Kac-Ties

♪ バースデイ・ソング/キャロル・キング


◎エンディング 

達郎氏:

後半駆け足でしたけれども『バースデーで棚からひとつかみ』でありましたけれどもですね。
今、ディレクターの山岸くんから教わりましたが、来年の2月4日は日曜日だそうです(笑)

間抜け!(笑)

なんだい!それ!(笑)

えぇ、すいません(笑)

来年はやりません(笑)
それはできません(笑)、ネタこんだけ仕込むとですね(笑)

なんだよ!(笑)
がんばってまた探そうかな。
しょうがないな!

ぶはぁーっ!

おもしろくねぇ!

来週は普通の棚からひとつかみでお届けします。
ここんとこ、出てるCDとか、やりたいのでですね。

よろしくお願いします(笑)

今日の最後は、誕生日ですので「HAPPY HAPPY GREETING」、たくさん頂いております。
群馬県太田市のH.Kさん。

『2月4日は、達郎さんのお誕生日。
そして私も、そして長男の結婚式でもあります。東京で。
なんと次男も3月に入籍することになりまして、嬉しい春です。』

おめでとうございます。

・・もう山のように頂きました(笑)
ありがとうございます。
というわけで『バースデーで棚からひとつかみ』でございました。
ご清聴ありがとうございました。

♪ HAPPY HAPPY GREETING/山下達郎

今週のオンエア曲

14:05 ホエン・アイム・シックスティ・フォー/ザ・ビートルズ
14:09 ハッピー・バースデイ、ルーシー・ベイビー~ルーシーの誕生日/マッギネス・フリント
14:15 Happy Birthday Boogie/Louis Jordan
14:20 Baby's Birthday/Guess Who
14:23 Happy Birthday Just The Same/The Dovells
14:27 ハッピー・バースデイ/ココモ
14:33 Unhappy Birthday/Jaine Grant
14:36 Happy Birthday/The Kac-Ties
14:39 バースデイ・ソング/キャロル・キング
14:43 HAPPY HAPPY GREETING/山下達郎






テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ