FC2ブログ

プロフィール

9thNUTS

Author:9thNUTS
音楽を聴いたり、そして達郎さんのコピー・バンドでライブ演奏したり・・・・
音楽が・・達郎さんサウンドが大好きな人間です。
長崎の街から達郎さんを応援しています。

このブログについて

免責事項

since May 2009


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


サンソン、メール可否


FC2投票


FC2投票


フリーエリア


フリーエリア


フリーエリア


DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年04月26日『間(あいだ)をとって山下達郎のライブで棚つか』(#1437)

長崎市内は、日曜日は午後から曇り空になってきました。
明日は、お天気崩れそうです。

今日のサンソン、達郎さんのライブ音源でした。
いつ聴いても、いいなぁ。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

この番組、テレワークでもって自宅で、スタッフ、私・・制作を始めました。
3週間目になりました。

だいぶ慣れてまいりました。

で、メールに変えて2週目なんですけども。
また先週よりさらにですね、大幅にたくさんのメールでのですね、お便りリクエストいただきまして嬉しい悲鳴をあげております。

ある方はとっても生真面目な。
またある方はですね・・あのぉ・・洒落心に満ち溢れた・・
どなたもが愛に溢れたお便りで。
こんなにもですね、私の番組は・・私の作品にですね、思いを寄せて頂いてるのかと・・
胸が熱くなります。

特に20代30代の私の娘より若いような方々ですね、これまた熱いお便りに全くもって驚いております。

本当にありがとうございます。
誠にミュージシャン冥利に尽きます。
これからもサンソンリスナーの皆さんに喜んで頂けるような番組作りに努力して参りたいと思っております。

相変わらずウイルス問題はですね予断を許しません。
このウイルスについて本質的な部分はまだあまり判明していませんので、引き続き、ここしばらくは感染拡大防止のため、みんなで助け合っていて、労わりあって、努力して参りましょう。

冷静に
落ち着いて
過ごしてまいりましょう。

で、ここずっと私のライブソースをお聴きを頂いております。
メールの方も・・・私のライブソースに関するリクエストが山のように頂いております。

先週はめちゃくちゃ古いやつでお届けして。
その前はですね、2010年代の後半で統一しましたので。

今日は真ん中取って90年代中心でお聴きを頂こうと思います。
まあ、あの・・いろんなところの、いろんなライブ・ソースがありますので。
それをDATだとかカセットだとかで持っておりますが。
それ引っ張り出すのに、結構時間かかりますのでですね・・・

とりあえずリクエストの多い曲のライブソースで見つかったものから、おかけするという(笑)。
もう行き当たりばったりの世界でございますけれども(笑)
今日は、あまりかかったことないヤツも多いので。

マニアックな方には喜んでいただけるか・・わかりませんがですね(笑)
がんばってます!(笑)

で、今日もですね、そういうわけで、音の方は出来る限り補正をしておりますけれども(笑)
音の方は、ご勘弁いただけたらと思います。

日曜日の午後のひと時、本日も山下達郎サンデーソングブックで楽しみいただきたいと思います。

山下達郎ライブ。
番宣では、新旧取り混ぜてといってましたけど。
90年代ですから、真ん中とって(笑)山下達郎ライブで棚からひとつかみ・・
なんでもいい(笑)

てなわけで、本日もお楽しみいただきたいと思います。
それでは、お知らせを挟んで早速始めます。


~CM~


◎ LOVE SPACE

達郎氏:

♪ Love Space (LIVE/'13.12.19 大阪フェスティバルホール)/山下達郎

山下達郎が送り致しておりますサンデーソングブック
4月に入りましてからは、ずっと山下達郎ライブソースでサンデーソングブック、ずーっとお聴きを頂いております。

今日も、お家でお過ごしのサンソン・リスナーの皆様のために、少しでもお楽しみいただければと。

それにしても、たくさん、たくさんリクエストカード頂きました。
ありがとうございます。

今日は、だから割と多めのやつを中心に。

先週はですね、70年代から80年代前半
大昔の山下達郎ライブソースでお楽しみいただきまして。

先々週は、割りと直近のここ2、3年のですねライブ・ソースでお楽しみいただきましたので。

今日は真ん中をとってみたけど・・
あれですけど(笑)
どのぐらいの真ん中なのか、よくわかりません(笑)
なにしろ、今年、私、デビュー45年になるのでですね。
どこで拾おうかで考えるだけで結構大変なんですけど(笑)。

頑張ります。

で、一番沢山頂いたのは、なぜか Love SPACE でありまして。
LOVE Space はですね80年代、90年代
21世紀になっても、色んなところでやってるんですけども。

なかなか難しい曲でしてですね。
なかなかベストプレイというのが決定できないんで。

昔は、もう勢いだけでやってたんですけども。
しょっちゅう、ひっくり返っておりまして(笑)

今の方が、なんか丁寧に歌ってるっていう・・
自分で感じがありますので。

この曲は、2013年の大阪フェスティバルホールが新装開店した年でございますが。
その年の大阪フェスティバルホール、2013年12月の19日のライブバージョンでございます。

たくさんリクエストいただきました。
足立区のI.Mさん。
初めてくださいまして、熱烈なお便りをくださいましたが。

『我が夫婦の歴史は達郎フリークの歴史です。
年に一度のライブは大切なかみさんとデートの日なんです。』

いい、ご夫婦でございますね。

千葉県習志野市のI.Kさん。

『先日12日の方法の達郎さんの声が、かすれて聞こえたので心配してます。』

最初のテレワークの日ですけど(笑)
家で始めたときにですね、ヘッドホンしちゃったんですよね。

いつもスタジオでやる時はヘッドホンしないです。
ヘッドホンするとですね、なんか夜の感じになって・・声が落ちるんです。

「皆さんこんにちは・・・」

そういう感じになっちゃう(笑)
なので、いつもヘッドホンはずしてするんですけど。

うっかり、最初の12日の放送はですね、ヘッドホンしたままやったので。

反省して、先週、本日と、いつものようにヘッドホンしないで、やってますので。
ちゃんと通っていってると思います。

ご心配ありがとうございます(笑)


埼玉県は春日部市のT.Kさん。

『今の私にとって、達郎さんのライブは生きる力の源泉と言っても過言ではありません。
ただライブからだいたい10ヵ月ぐらい経つとバッテリーが切れてくるようで。
特に今年はツアーが開催されないからか、早くも既に禁断症状の兆しが出ております。』

申し訳ございません!

『リクエストは私がこれまでの人生で出会った名曲10傑のうちの一つ 「Love Space」。』

すごい!


◎ Mermaid 

達郎氏:

先週の番組でご紹介しました明石市の医療従事者の女性の方。
この方は、ご所望のリクエスト

『1988年から89年にかけてツアーで倉敷市民会館での音源があればどの曲でも結構です。主人と結婚前に一緒に行った初めてのライブです。』

探してきました!

1989年1月10日倉敷市民会館
正月明け一発目なんですが。

この時のツアーのやつは、JOYに結構レパートリーに入っておりましてですね。
ですのでJOYに入ってないやつ。
今まで、一度もかけたことないやつ(笑)

POCKET MUSIC に入っております。
「マーメイド」という英語の歌詞でございますが。

これもなかなか、演奏が難しいんですけれども(笑)
このツアーで一回やったきりで(笑)

あとは一度もやったことがないという(笑)
難しいから(笑)

ですので、レアなライブです!

89年1月10日 倉敷市民会館での「マーメイド」

♪  Mermaid (LIVE/'89.01.10 倉敷市民会館)/山下達郎

1989年1月10日倉敷市民会館でのマーメイドございます。

医療関係の皆様、ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。


◎ メリー・ゴー・ラウンド 

達郎氏:

お次はメリー・ゴー・ラウンド

これも沢山頂いておりますが。
代表して何人かの方。

練馬区のO.Yさん。

『私は達郎さんの曲を聴いて40年近くになり、学生時代から仕事して、結婚して、子育てして、そして今も聞いていますが。
それを子供達の音楽教育に応用してきました。

主に、家族で週末で車で出かける時にカセットテープのA面に「 Melodies」
B面に「ビッグウェーブ」を入れて、何処に行くにもこのテープを流していました。』

恐ろしい!

『オートリバースなので、渋滞の時など4、5時間延々とこの二つのアルバムが流れており、子供達は寝ても覚めても達郎さんの曲を聴いておりました。

面白いことに、子供たちはそれについて全く文句を言いませんでした。
子供ながらにいい曲だなぁと思っていたのかもしれません。』

ほんとかよぉ(笑)

『今や全員成人した4人の子供たちが口をそろえて言うのは、
「お父さんに達郎さんの曲で洗脳された」
今でも車に乗ったり旅行に行くと、達郎さんの曲が頭に流れてくるということです。

こんな私の音楽教育でしたが、みんな音楽が好きになり、達郎さんの曲を子供達に残せて良かったと思っています。

リクエストは子供たちがよく車の中で曲と共に口ずさんでいた「メリー・ゴー・ラウンド」をライブ・バージョンでお願いします。』

素直なお子さんでございます(笑)!

お父さんがご迷惑おかけして(笑)
申し訳ございません(笑)。

サブリミナル、刷り込み・・たいへんでございます(笑)

えぇ、お手柔らかに、ひとつ!(笑)
未来は、あなた方のものですから!
がんばってください。

今日は、1999年2月の11日 大阪フェスティバルホールでのライブでございます。
2000年前後にこの番組でかけたことがあります。

♪ メリー・ゴー・ラウンド (LIVE/'99.02.11 大阪フェスティバルホール)/山下達郎

メリー・ゴー・ラウンドでございました。
この後レッツ・ダンス・ベイビーが続くんでカットアウトになってます。

というわけで前半は3曲しかかかりませんでした(笑)

後半また、しつこくいきます(笑)
山下達郎サンデーソングブック
今日は、90年代前後の山下達郎の音源を中心にお聴きを頂いております。
『間をとって山下達郎ライブで棚からひとつかみ』


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:


山下達郎が送り致しておりますサンデーソングブック。

先週は『大昔の山下達郎ライブで棚つか』。
先々週は『直近の山下達郎ライブで棚つか』
でしたので、今日は、間をとって・・間をとってって何だかよくわかりませんが(笑)

90年代を軸にして前後っていう感じで始めましたが。
ちょっと看板に偽りあるかもしれませんが。

来週はですね、ゴールデンウィークど真ん中で。
あの・・私のサンデーソングブック、確かに私自身の曲をおかけするのが多いんですけれども。

いわゆる洋楽のオールディーズをかける、というのが本文であります。
それでやっとりますので。

「山下達郎の曲どうでもいいから洋楽かけれくれよ」
そういうお客さんが、ゼロではないんですね。

ですので、それも間をとって・・

来週はですね山下達郎ライブソースですけども。
カバーバージョンで。
自分の曲じゃない、人のカバーを歌った洋楽、邦楽合わせてですけども。

『山下達郎カバーバージョンライブで棚からひとつかみ』

これでいってみよう!

そすとまた、わがままなリスナーの方はですね、色々とご所望で・・(笑)
どしどしください(笑)

tatsuro@tfm.co.jp


◎フォーマット 

達郎氏:

ハガキオンリーで27年以上やってきましたので。

ハガキの方・・お送りくださる方・・
お名前忘れる方とかですね、曲を忘れる方(笑)
いらっしゃいますので(笑)

それは、フォーマットがないんです。
私はTFMでホームページ持ってないんで。

早急にですね、フォーマット作りますので。
ちゃんとお名前、お所、リクエスト、コメント・・
そういうような具合にフォーマット作ろうと思っておりますので、しばらくお待ちいただきたいと思います。

私の番組は、基本的にラジオネーム、受け付けておりません。

ラジオネームでご紹介しませんのでですね。
もし匿名ご希望の方は、匿名でということをお書き添えください。

そうすればお名前申し上げませんので。

でも面白いお便りはですね、お名前ご紹介したほうが、なんとなく和がひろがって(笑)・・

すいません!
よろしくお願いします。

私も不慣れでございますので。
まだ2回目ですので。
少しずつ改善していきたいと思っております。

メールに慣れた方は、一つご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

◎お願い 

達郎氏:

さて今日一つ皆様にお願いがあります。

緊急事態宣言の発令及びその拡大に伴ってですね、様々な業態の皆さんが、営業停止の要請を受けて、経営的に大変逼迫した状況になっております。

私に近いところでも、色々な地方のライブハウスが資金繰りに窮して、廃業とか閉店するところが出始めたようであります。

そこで、私も、多くのことはできませんけれども・・
そういったライブハウスの中で、この9月にアコースティック・ライブの延期公演の開催予定しております、東京は高円寺のJIROKICHIでですね、応援の意味込めましてJIROKICHIと、私、山下達郎のコラボ T シャツなどのチャリティー販売をさせていただこうという具合に考えました。

本日この番組終了後15時から山下達郎 ONLINE SHOP にて通販開始させて頂きますので、ご賛同頂けます皆様、どうぞお買い求め下さいますようお願い申し上げます。

今回 T シャツお買い求めくださった皆様には、私の直筆サイン色紙をプレゼントさせていただきます。

今、がんばって書いております!

なお受注生産となっておりますので、お届けまでには少々お時間いただきますことご了承ください。

詳しくは山下達郎オフィシャルサイト にてご確認下さい。

できることを少しずつという感じてあります。
よろしくお願いします。


◎Funky Flushin’ 

達郎氏:

それではリクエストに戻ります。
これもいつもとてもリクエストが多いですけれども「ファンキー・フラッシン」

これ、結構、演奏難しい(笑)

なかなか、パーカッションも一人二人いると、よかったりするんですけど・・
ブツブツ言ってないで、はやくやれ(笑)

今日、一番ウケたお便りのひとつ。

岐阜県は岐阜市のM.Tさん

『新型コロナウイルスに世の中が自粛の流れになっている中で、山下さんの音楽は最高の癒しになっています。

私が特に好きな曲は、ファンキー・フラッシンです。
特に音源がないかと気になっているのは、ファンキー・フラッシンを演歌歌手がカバーしたものがないかということです。
もしないのであれば、達郎さんの昔の音源をリクエストしたいです。』

よくわからない・・全く(笑)

1992年3月15日中野サンプラザでのアルチザンツアー


♪ Funky Flushin' (LIVE/'92.03.15 中野サンプラザ)/山下達郎


1992年3月15日中野サンプラザでのファンキーフラッシンでございました。


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこの辺で。

今日の最後は、やっぱりこれもですね大変リクエストたくさんいただきました『蒼茫』

台東区のA.Yさん。

『ロサンゼルスに暮らす恋人から、達郎さんの番組を強くお勧めされ、先週末初めて拝聴させていただきました。

こちらも大変な状況の中、日本のラジオ達郎さんの番組には、いつも元気をもらっているようです。

素敵な番組を教えた彼は、今ロサンゼルスで公務に勤しんでおります。
この春に会う予定もキャンセルになり、次に会う予定も立てることができない状況ですが、海の向こうで、がんばっている彼に、いつも勇気と元気をもらっています。

色々なことがある人生ですが、いつか二人笑顔で一緒に過ごせる日が来る事を信じ、今は一人でもできるだけ笑顔の多い毎日を過ごしていきたいです。

彼は4月20日に誕生日を迎えるのですが、達郎さんの音楽を届けていただけないでしょうか。
彼が大学生の時によく聞いていた、以前にカラオケで歌ってくれた私も大好きな曲です。

大好きな彼に「お誕生日おめでとう」』

お若い方にとっては、本当に大変だと思いますが、お体、お互いに気をつけて、元気に会える日までがんばりましょう。

今日は、バンド演奏ではなくてですね、2003年にサンデーソングブックが10周年、それから私のファンクラブが10周年で、難波弘之、伊藤広規、私と3人のおなじみのトリオのですねライブで全国をツアーしました。

その時の大冒険で、多分大阪のライブソースだと思うんですけど。

今日は、このアコースティック・セットの「蒼茫」がいいかなと思って。おかけします。

来週は、そういうわけで『山下達郎カバーバージョンのライブで棚からひとつかみ』
いつまで続くライブ!
頑張ります!

♪  蒼氓 ('03 SSB 10th LIVE)/山下達郎


◎クロージング 

達郎氏:

お送り致して参りました山下達郎サンデーソングブック
『間をとって山下達郎ライブで棚からひとつかみ』
90年代を軸にお届けしました。

来週は、私山下達郎の洋楽、邦楽を取り混ぜたカバーのライブでありまして。
変なやつも持ってきますので。
お楽しみいただけると思います!

他がどうあろうと、私のサンデーソングブックは、明るく楽しく皆様の為に。

皆様、くれぐれもお体をお大事に。
そして、私たちが、こうして家にいる間にも、表で働いていらっしゃる多くの皆様に、心より感謝を申し上げつつ。

そして、不幸にして病気になられて、いろいろな場所で治療もしくは待機されている多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

お早いご快癒をお祈り申し上げております。

山下達郎サンデーソングブック、来週もセイム・タイム、セイム・ チャンネルで皆さんごきげんよう、さようなら。


今週のオンエア曲

14:04 Love Space (LIVE/'13.12.19 大阪フェスティバルホール)/山下達郎
14:14 Mermaid (LIVE/'89.01.10 倉敷市民会館)/山下達郎
14:21 メリー・ゴー・ラウンド (LIVE/'99.02.11 大阪フェスティバルホール)/山下達郎
14:33 Funky Flushin' (LIVE/'92.03.15 中野サンプラザ)/山下達郎
14:42 蒼氓 ('03 SSB 10th LIVE)/山下達郎

テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年04月19日『大昔の山下達郎ライブで棚からひとつかみ』(#1436)

長崎市内、4/19(日)は午後から雨が降り出しました。ちょっと寒い日曜日です。

今日のサンソンのオンエアされた「 Love Talkin'」@長崎市公会堂。
達郎さん(ソロ)の長崎初ライブだったそうです。
私もちょうどそのライブにいました。達郎さんライブの初体験でした。
青山純さんと伊藤広規さんのリズム隊を目の当たりにして度肝を抜かれたのを今でも覚えています。
このメンバだったような・・間違ってたらすいません!

山下達郎(vo, g)
青山純(ds) 伊藤広規(ba)
椎名和夫(gui)
野力奏一(p, key)
中村哲(key)
渕野繁雄(as, bs)
佐野公美(cho)
森真帆(cho)
村田和人(cho)

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ、先週申し上げましたみたいに、こういう状況の中・・
私は27年半、この番組、ハガキ・オンリーでやって参りましたけれども、いろいろ状況鑑みまして、今週からしばらくの間、ハガキからメールに変更いたすということを申し上げました。

ハガキからメールに変えましたところですね、びっくりするほどの数のお便りをいただいました!(笑)

しかも、リスナーの皆さま方の圧倒的な熱量の高さ!

前向きの力強いメッセージ!

私が逆に励まされ、力頂いております。

誠にありがとうございます。

こんな状況下でも、番組を変わらずにお聴きをいただいている全国のリスナーの皆さま方の心の平安のために、ほんの少しでもお手伝いできればと、努めてまいります。

それが、私の音楽家として、そしてラジオDJとしての仕事です。

現場で懸命な活動をされておられる医療従事者の皆さまからお便りを頂いております。

そうした皆さまに、ひとときでも安息をお届けできればと、いう思いで、私は、私がするべきことを行っていこうと思います。

人類の歴史上、幾多の疫病、感染症が生まれましたけれど。
それらは、ずべて制圧されてきました。

今回のものも、必ずやワクチンが開発され終息に向かうと信じておりますけれど。

まだ事態が始まったばっかりで・・長期戦も含めて、今は、じっと我慢の子であります。

現在の外出自粛の中にあって、感染のリスクと戦いながら医療活動にかかわっておられる皆さま。

それから生活必需品を扱っておられる現場の生産者のみなさん。

それらを毎日、我々のもとに運んでくださる配送業のみなさん。

不安ななか、ビニールカーテン越しに、時にはいらだちまぎれの客の罵声に堪え、仕事を続けておられる店頭販売業のみなさん。

救急

保健所

介護施設

警察

検疫・・・

枚挙にいとまがありませんけれど。

こんな状況下で、人知れず、黙々とお仕事をこなしておられる全国のすべてのみなさん。


まことにありがとうございます。

私はただ御礼を申し上げることしかできませんけれど。

この番組を通じて、私の思いが少しでも届くことを願いつつ。


また不幸にしてウィルスに侵され、病気と闘っておられるみなさん。

病院やホテルなどで不自由な生活をなさっておられるみなさん。
心よりお見舞い申し上げます。

ご快癒、心よりお祈り申し上げております。


というわけで、本日のサンデーソングブック
今週も、私のライブで、お楽しみいただこうと思います。

先週は、ここ数年の直近のライブをお聴きいただきましたけれど。
今日は、一転して、めちゃ~んこ古い、大昔のライブソースを持ってまいりました。

題して

『大昔の山下達郎ライブで棚からひとつかみ』

若気の至りの山下達郎、どうぞ聴いてやってください!(笑)

山下達郎サンデーソングブック、日曜の午後のひと時、本日も山下達郎のライブでお楽しみをいただきます。

それではCMを挟んで、さっそく始めます。

~ CM ~

◎ 80年代 

達郎氏:

『大昔の山下達郎ライブで棚からひとつかみ』
と、先週ちょっと申し上げましたら・・

まぁ、みなさんわがままなリクエスト、どっとお寄せくださいました。

私もだんだん悪乗りしてまいりまして(笑)
家で昔の音源、ごそごそ物色しました結果・・

今日はほんとに大昔のライブ特集です!

ほとんどが80年代の音源でお届けしたいと思います。

今日お聴きをいただきますものはですね。
正式なレコーディングではなくて、ほとんどはカセットで録音されたものです。

いつものようなPAアウト、それだけではなく、中にはオーディエンス側からワンポイント・マイクで録音された・・ま、ブートみなたいなものまで、いろいろ持ってまいりました。

えぇ・・ですので、如何せん・・
35年落ち前後の古~いものですので。

今日は、音質の方はいつも以上にご勘弁いただきたいと思います。

30歳前後の自分のライブですので。

荒いです!!

あと無駄に長いところが多いので、そういうところは編集して、すり抜かしてあります(笑)

でないと曲数が、かせげませんので。
言い訳ばかりで、すいません(笑)

お楽しみいただければ幸いです。


◎ Down Town 

達郎氏:

それではまずシュガー・ベイブ
1976年2月24日

東京都千代田区は、都市センターホールでのライブ。

オーディエンス側からワンポイントで録音しました。


♪ Down Town (LIVE/'76.02.24 都市センターホール)/Sugar Babe


この日、実は、解散をするということをオーディエンスの人に言った日であります。


◎ ハガキとメール 

達郎氏:

なにしろハガキとメールだと、勝手が非常に違います。

ハガキだとID確認がですね、やっぱり皆さんデザインが超常連の方、凝ってますので・・

ですけど、メールですと、ずーっとこう並んでるだけなので。

名前を覚えてる方は、ほんとに超常連の方ですけれど。

これを繰り返していっても、なんか・・・
「あ、常連の方だな」という、認知ができませんね・・

なんか顔文字かなんか書いていただいたりすると・・
わかりやすい(笑)

なかなか難しいですね!

がんばります!


◎ 愛を描いて 

達郎氏:

今日は、1980年8月2日、葉山マリーナでの土砂降りの雨の中のライブでございます。

私の長いライブ人生の中で、最も記憶に残っている1本(笑)


♪ 愛を描いて -Let's Kiss The Sun- (LIVE/'80.8.2 葉山マリーナ)/山下達郎


「Let's Kiss The Sun」はいい演奏がないんですよ・・

このころは過酷なツアーに・・とにかくもう・・
1曲目が多いので。

歌になってない(笑)

そのなかで比較的出来がいいやつは、これでありました(笑)

音が悪い!
すいません(笑)

えぇ、カセットですから!


◎ いつか (Someday) 

達郎氏:

NHKのサウンドストリートでかけたやつの同録ですけれど。
あのテープは、もうへたっちゃって、かけられません!

今日は、それなので、カセットからデジタル・プロセッシングしたのをお聴きをいただきます。


♪ いつか (Someday) (LIVE/'85.02.24 神奈川県民ホール)/山下達郎


♪ 夜翔 (Night-Fly) (LIVE/'85.02.24 神奈川県民ホール)/山下達郎


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

今月は、もうず~っとこの調子でいきましょう!

もうライブでやれるだけやって。

で、先週は直近の最近のやつで、やりまして。
今週は大昔なので。

来週は『間(あいだ)をとって山下達郎のライブで棚つか』(笑)

考えてみます!

もう、こうなったら、徹底的にいきましょう!

こんなにメールのお便りいただくと、やる気になりますね!

来週も山下達郎ライブやりますので、リクエストおたより、たくさんお待ち申し上げております。

tatsuro@tfm.co.jp


◎ Love Talkin' 

達郎氏:

「 Love Talkin'」はですね・・
『FOR YOU』出たころに1ツアーか、2ツアーしかやってません。

あれギター弾きながら歌うの、難しいんですよ(笑)

それで、やったらに無駄に長い!
なので(笑)

今のメンバーでも2、3回練習してるんですけどね(笑)
ま、チャンスがあればという感じですが(笑)


兵庫県神戸市のM.Kさんとお読みするのかな・・・


『達郎さん、こんにちは。
乱筆で、ハガキでのリクエストははばかられていたのですが、メールでのリクエストを受け付けていただくことができ、ありがとうございます・・』


この方、長崎のご出身でありまして。

『今週は、「大昔の山下達郎ライブで棚からひとつかみ」とのこと。

存在するか?
いや、達っつぁんなら絶対あるだろうと勝手に思い込み、80年代の、できれば長崎市公会堂での「ライド・オン・タイム」をリクエストします。

あの時の高校2年生も53歳と齢(よわい)を重ねてしまいました。
個人の思い込みとのそしりを重々承知の上ですが、何卒よろしくお願いします。』


今からおかけする「 Love Talkin'」はですね、長崎市公会堂でのPAアウトのカセットテープから録ったやつなんです。

残念ながら、「ライド・オン・タイム」がですね、その次のテープか、次のテープか、出てこないんです。すいません!(笑)

今日は「 Love Talkin'」でご勘弁いただきたいと思います。

1982年11月12日
長崎市公会堂

生まれて初めて長崎市公会堂でソロライブをやったときのPAアウトのテープです。


♪  Love Talkin' (LIVE/'82.11.12 長崎市公会堂)/山下達郎

(曲の途中)

すいませ~ん!
時間がなくなってしまいました!

この続きはまた来週。

今日はこのへんで。


◎ 医療関係者の方 

達郎氏:

昔からですね、私のライブは医療関係者の方が、とても多いんです。

ですので、今回こうしたメールをいただく中でも、医療関係者の方、たくさん、ご自分のスタンスの報告をしてくださいました。

全部ご紹介できないのが、ほんとに心苦しいんですけれど。

その中から、ひとつ、ふたつ・・・
ぜひともご紹介したいものがあります。


内容が内容ですので、匿名で。

荒川区の方です。

『都内の大学病院で働く看護師です。
4年前に看護師国家試験を受けたというお便りを読んでいただいたものです。

達郎さんに自分のお手紙を読んでいただき、また激励の言葉をいただいたことは、毎日の医療現場で、とても励みになっております。

今回のコロナウィルスは、私たち医療従事者にとって、毎日厳しい現実を突きつけてきます。

幸い、私が務めている大学病院では、要請患者を受け入れておりますが、院内感染は起きておりません。

多くの医師、看護師、コメディカルが暴露しないよう、とても気を付けているものだと思います。

私は手術室に勤務しているのですが、手術は緊急を要するもの以外はストップしてしまいました。

本来なら、この期間に手術をしてよくなることを想像していた患者さんがいる中で、医療者として何もできないこと、歯がゆく感じておりました。

そんな折、部署の看護師長からコロナウィルス用の隔離病棟へ応援に行くように打診を受けました。

めったにない機会であることや、何か貢献したいという思いから、二つ返事で参加を決意し、いつ呼ばれてもいいようにと、その日に検診参加し準備をしました。

しかし、家に帰り冷静になると、妻、両親、兄夫婦や姪っ子のことを勧化てしまいました。

もし私が感染してしまったら、院内感染をおこして、それがうつってしまったらと考えると、非常に怖いです。

もちろん手指衛生や予防策を適切に講じれば感染はしません。
それでも、万が一を考えてしまいました。

自分が感染源になるということは、家族やその家族の職場など、非常に多くの人たちに迷惑をかけてしまいます。

簡単に参加を決意したことを、少しだけ後悔しました。
しかし、今現在ウィルスと闘っている患者さんの一助となるべく、私たち医療者はがんばらなくてはなりません。

私のできることは、微々たるものですが、少しでも貢献できるようにと、思うようになりました。

今は、いつ配属されてもいいように準備をしております。
今まで、平凡な日常が、どれだけありがたいものであったのか、今回の騒動でわかりました。

事態が終息し、また家族や友人たちと気軽に集まれる世の中を祈っております。

長くなって申し訳ありません。
メールを書いたことで、心の整理をつけることができました。
ありがとうございました。』


27歳の方です。

心から敬意を表します。

尊いお仕事です。

くれぐれもお気をつけて。


もう1通。
この方も匿名で。

兵庫県明石市の方です。

『毎回楽しみにしています。

コロナ流行で、たいへんな状況になっています。
過去には、震災を経験しましたが、街もたち、私も立ち上がることができました。

開けない夜はない、と、ひとりひとりができることを、最大限とはいいません、できる範囲でいいのです。
力を合わせて乗り越えましょう。

私は医療者として働いています。
もともとはコロナ対応病院ではなかったのですが、その対応病院で対応困難になったため、白羽の矢が立った病院に働いています。

どれだけテレワークといわれようと、ステイホームといわれようと、毎日、密室の通勤電車で通っています。

家族のためにも、患者さんのためにも、自信の感染予防に努めて出来ることを出来る限りで頑張ります。

政治家や自粛しない人々、マスコミを批判することは簡単ですが、そんなことをしても感染が終息するわけでもなく。
粛々と自分ができることをやるしかありません。

院内感染など、私自信が感染することの恐怖も感じますが、とにかく与えられた役割を全うするまで。

終息して、達郎さんのライブに行ける日が来ることを、心待ちにしています。
リクエストは1988年から89年にかけてのツアー、倉敷市民会館での音源があれば、どの曲でも結構です。

主人と結婚前に一緒に行った初めてのライブです。
よろしくお願いします。』

来週おかけします(笑)

倉敷、先週かけましたけどね(笑)
88年から89年、ちょっと探してきましょう!


ほんとうに、現状と向かい合って、対峙してですね・・
闘っていくという意思が、はっきり表れております。

ほんとに、ありがとうございます。

私のリスナーの言葉として、こういうのを自分の放送にのせられるということを、ほんとに私は誇りに思います。

みなさん、ほんとに、くれぐれもお体、ご自愛くださいませ。

いい仕事してください。

陰ながら応援させていただきます。


というわけで今日はこのへんで。
『大昔の山下達郎ライブで棚からひとつかみ』
お付き合いくださいまして、ありがとうございました。



今週のオンエア曲

14:06 Down Town (LIVE/'76.02.24 都市センターホール)/Sugar Babe
14:12 愛を描いて -Let's Kiss The Sun- (LIVE/'80.8.2 葉山マリーナ)/山下達郎
14:19 いつか (Someday) (LIVE/'85.02.24 神奈川県民ホール)/山下達郎
14:26 夜翔 (Night-Fly) (LIVE/'85.02.24 神奈川県民ホール)/山下達郎
14:38 Love Talkin' (LIVE/'82.11.12 長崎市公会堂)/山下達郎











テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年04月12日『最近の山下達郎のライブソースで棚からひとつかみ』(#1435)

長崎市内、日曜日は午前中は雨、午後から曇り。
気温も低めで、ひんやりします。

今日のサンソンから、達郎さんもテレワークで番組制作を開始されました。
そして、当分のあいだは、リクエスト、おたよりをメールで受け付けるとのことです。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ、非常事態宣言が出されました・・・

それに対して、いろいろな声があります。

普通に社会生活を送っている人にとって、家にこもって外へで出るなという・・
また、中小の経営者にとって店舗の営業を自粛せよという・・

今の状況に対して不安のない方など、ひとりもおりません。

怒りのない方だって、ひとりもおられないと思います。

みんなジリジリした気持ちです。
それを口にしたい衝動をみんな抱えています。

政治のふがいなさ、不明確さ。

いつものごとく、官僚の責任意識のあいまいさ、行政の拙速さ

企業の保身

メディアの的外れ

エトセトラ、エトセトラ・・・


私くらいの年齢になりますと、いったい裏で何がうごめいているのかという、いろいろと想像が膨らんでしまいます。

こういう現状の中で生まれる、数々の不条理への戸惑いとか、うっぷん、いらだちを抑えきれず・・・

ある人はそれをネットに噴出させ。

ある人はメディアを使って、ぶちまけています。

そうした気持ちは、痛いほどわかります。

私だって、思いっきり怒鳴りまくりたい衝動があります。

でも、そんなことをしても、ウィルスがなくなるわけではありません。

毎日毎日メディアに登場する、細部をつついては、批判と罵倒に明け暮れている・・・

そういうものが人々の不安を、どれだけあおっているか。

なぜもっと寛容な建設的な言動、行動がとれないのか・・・
不思議でなりません。

私は、そうした政治的な言説に、あまり深く立ち入らないように努めているんですけれども。

でも、まあ、一番必要なのは、政治的な利害を乗り越えた団結ではないかと思います。

今は政治的対立を一時休戦して、いかにこのウィルスと戦うかを

この国のみんなで

世界中のみんなで

助けあって

考えなければならないときです。


えぇ・・・

なんでも反対 なんでも批判の政治プロパガンダはお休みにしませんか。

責任追及とか糾弾は、このウィルスが収束してからでも、いくらでもすればいいと思います。

再三再四 申し上げているように
こういうときは
冷静さと、
寛容さが、
何よりも大事です。

静かに落ち着いて、物事を語りましょう。

正確な判断は冷静さからしか生まれません。


過酷な現場で働く医療スタッフのみんな・・
それぞれの思いを黙々と・・・

戦っていらっしゃいます。

スタンドプレーのメディア・ピープルではなくて
医療従事者のみなさん、見えないところで人知れず働く方に思いをはせましょう。

彼らを励まし
盛り立て
我々は、我々のできることを、いたしましょう。

今はできる限り、他社との接触を避けて、感染のひろがりを防ぐ努力をいたしましょう。


というわけで、このサンデーソングブック
音楽番組ですけれども、こういう状況なので、どういうような番組構成にするか、非常にこう・・・

迷うところなんですけれども。

それでも、あくまで、このサンデーソングブックのリスナーのみなさんのために番組を作っていきたいと思っております。

このウィルス騒ぎが始まってから、何度か私のライブソースをお聴きをいただきました。

非常にご好評をいただいております。

こういう状況のなかで、音楽にどれほどのことができるか。
はなはだ心もとないんですけれども。

それでも、このサンデーソングブックのリスナーの方には、少しでもまったりして、いただければと。

本日も山下達郎のライブソースでお楽しみいただきたいと思います。

本日は2010年代の後半、わりと最近のライブソースで統一してお聴きをいただきたいと思います。

いつものようにPAアウトでお届けいたしますので、音質の方は、ご容赦ください。

日曜日の午後のひと時、本日は山下達郎のライブソースでお楽しみをいただきます。

『最近の山下達郎のライブソースで棚からひとつかみ』

最高の選曲で、最高の音質・・・・でがんばります!(笑)

というわけで、今日はお知らせ前の曲はなしにしまして、お知らせ挟んで、さっそく始めてみたいと思います、山下達郎サンデーソングブック!


~ CM ~

◎ 「スパークル」「あまく危険な香り」 

達郎氏:

先週の番組で「スパークル」そして「甘く危険な香り」
リクエストいただきました。

来週かけます、なんてことを申し上げましたので。
ひとつ今日はライブでお楽しみをいただきます。

昨年2019年のライブツアーはですね、1曲目が「スパークル」で2曲目が「あまく危険な香り」なので。

つづきでやっておりますので。
ちょうどいいので・・


♪  Sparkle (Live/'19.10.18 岡山・倉敷市民会館)/山下達郎

♪ あまく危険な香り (Live/'19.10.13 北海道・根室市総合文化会館)/山下達郎

達郎氏:

このときの根室のお客さんは、熱かったぁ!


◎ 新・東京ラプソディー 

♪ 新・東京ラプソディー (Live/'18.10.13 静岡・静岡市民文化会館)/山下達郎

達郎氏:

最近のライブはですね、静岡は日帰りコースになってしまったので。

でも、私、コンサートの終演時間がわりと遅いので。
急いで(笑)
「こだま」に乗りますですね(笑)

静岡市民文化会館

古いんですけど好きなホールであります。


♪ 潮騒 (Live/'17.07.01 兵庫・神戸国際会館)/山下達郎


~ CM ~

◎ お知らせ 

達郎氏:

さきほど『我々は我々ができることをしましょう』と申し上げました。

本日の収録からですね、このサンデーソングブック
担当スタッフと、それから私自身の安全のために、全員自宅にとどまったままで、いわゆるテレワークによる番組制作を開始しました。

ディレクターの山岸君は、彼女の自宅で。
技術の丸山君も自宅で。
編集の大塚君、そして私もコンピューター画面に映されるウェブ会議形式のやりとりで、本日の番組は作られました。

まだちょっと完璧ではないんですけども。

これによりですね・・
自宅と半蔵門、東京FMとの往復による第三者との接触を回避できまして。
感染リスクを多少なりとも減らすことができると考えました。

情勢が一段落するまで、当面この形態で続行することになりました。

まだちょっと完全ではないんですけれど、来週、再来週と繰り返すうちに少しづつ形が整っていくと思います。

この番組は台本がありませんでですね。
選曲は私が100%受け持っております。


音素材も自宅でリマスタリングを施して、データで東京FMに持ち込んでいますので。

まぁ、あの・・私の自宅でナレーションを録音するために、機材を少しそろえて。
東京FMのスタジオへ行かない、以外は作業工程はあんまり変わらないんです(笑)

一般の録音番組ですと、もう少し制約が出ると思います。

その点はラッキーなんですけど。
一般の番組ですと、パーソナリティーが家でナレーション録ったりしましても、最終的な編集はやはりスタジオで行わないと・・

放送作家とか、そういう方がいらっしゃる番組はそうなんですけど。
私の番組は、家内制手工業なので、そういうことができます。

それがほかの番組とはちょっと違うところなんですけども。
完全に全員自宅で制作することができるように、がんばっております!



◎ お願い 

達郎氏:

つきましてはですね、リスナーの皆さまにひとつお願いがあります。

私のこのサンデーソングブックは27年半、ひたすらハガキ・オンリーでやって参ったんですけれど。

このテレワーク方式で番組を制作するしばらくの間は、スタジオでハガキがチェックできなくなりました。

ぜひとも、メールでのおたよりとリクエストをお願いできればと思います。

この番組はハガキ好きの方が大勢いらっしゃる番組で・・

ですので「エェ~ッ!」という声が聞こえてきますけれど。

今は非常事態ですので、なにとぞご理解とご協力、ご支援賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

メールでのリクエスト、おたよりも、変わらずにお待ち申し上げております。


tatsuro@tfm.co.jp


東日本大震災のときにメール受付にしたことがありあました。
あのときと同じとお考え下さい。

でも、メールもまた楽し!
なにごとも良いように考えましょう!

よろしくお願いします!


♪ Bomber (Live/'19.03.16 北海道・小樽ゴールドストーン)/山下達郎


◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

来週は、どうしようかなぁ!
状況鑑みてですけど。

こういう状態なので
なるべく、とにかく
皆さんの心が癒されるような
プログラムを目指して。

今日は、新しめの『山下達郎のライブで棚つか』だったので。

来週は、めちゃくちゃ古い山下達郎のライブで・・・(笑)
ソースあるかなぁ!(笑)

ま、がんばってきます!


今日の最後はですね・・
2018年にちょうど3月11日、東日本大震災の7年目のときにですね

3月11日、日曜日だったんです。

そのときに7年目の番組を制作したときに、家でひとりで弾き語りで歌った、いわゆるスタンド・アローン・バージョンを作りました。

それを最後にお聴きをいただければと思います。

♪ 希望という名の光 (Stand Alone Version)/山下達郎

今週のオンエア曲

14:07 Sparkle (Live/'19.10.18 岡山・倉敷市民会館)/山下達郎
14:11 あまく危険な香り (Live/'19.10.13 北海道・根室市総合文化会館)/山下達郎
14:17 新・東京ラプソディー (Live/'18.10.13 静岡・静岡市民文化会館)/山下達郎
14:23 潮騒 (Live/'17.07.01 兵庫・神戸国際会館)/山下達郎
14:36 Bomber (Live/'19.03.16 北海道・小樽ゴールドストーン)/山下達郎
14:45 希望という名の光 (Stand Alone Version)/山下達郎




テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年04月05日『棚からひとつかみ+リクエスト』(#1434)

長崎市内、土曜日・日曜日は、暖かい天気となり、春爛漫の気候となりました。
今日のサンソン、達郎さんが志村けんさんを尊敬する理由についておっしゃってましたね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ、新年度になりました。

4月5日でございます。

本日より「楽天カード」がサンデーソングブックの冠スポンサーとなりました。
えぇ・・「楽天カード」、よろしくお願いします。

「楽天カード」使っております・・

サンデーソングブック
もともとはサタデーソングブックとして1992年の10月に放送をスタートいたしまして、この4月で、放送27年半でございます。

28年目でございます。

今年の10月には28周年となります。
新年度でございます。
よろしくお願いします。

今日、スタジオ来ましたら、入り口でガードマンの方が体温チェック!サーモグラフィ。
体温チェック、異常ない! 入ってよし!

検問でございます。

だんだん、すごいことになって参りました。

前日に収録しておりますので。
土曜日の時点で、東京の感染者が1日100人超えたというですね・・
報道でございます。

いよいよ、そうした、都市封鎖になるのでしょうか。
でも、東京の場合は城郭都市ではないので、都市封鎖といっても、そんなに徹底的にはできないという、そういう事情もありますけれども。

私、一介のミュージシャンですのでですね。
なんか、こうした放送のメディアを通して、ものを申し上げておりますけれども。
何者になったようなですね、そんなようなセリフはなるべく申し上げないように、日ごろから心がけておるのですけれども。

ついつい、口がすべってしまします。

こういう状態になりますと、とにかく、ここの数週間、ずっと毎週毎週、この番組ではですね、
「冷静に」
「落ち着いて」
と、繰り返し申し上げてはおりますけれども。

あいかわらず、メディア。
特にネットがですね不満と罵倒の嵐で。

そうした心の不安の、なんつぅか、こう・・裏返しといいましょうか。
吐口とうっぷんばらしの道具と化している気がいたします。

私、スマホに入れてるネットニュースのアプリ、全部消しました。

CNNとBBCは残してですね。
そういう一次資料とデマもどきの雑音がですね、まるであたかも等価であるかのように並んでるという垂れ流し的なメディアですと、的確な情報が得られませんのでですね。

そういうアクセス数ほしいだけという、そういう感じのものを見てもしょうがないので。

消してしまいました!

私がこんなとこで、ぶつぶつ言ってもしょうがないのでですね。

メディアの情報をうのみにせず、
他力本願ではなく
そうした市井の良心で
できる限りお互い助け合って、思いやってですね・・

まぁ、なかなか、こういうふうになってきますとですね、たいへんですけれども。

こんなことしか、申し上げられず、すいません(笑)

結局は、戦前から大本営発表みたいに、ずーっと延々と続く政治屋と官僚とメディアの問題に帰結するんですけれど。
そんなこと言ってもしょうがない!

なので世界中が不安と怯え、恐怖・・
そうしたことに満ちておりますので。

そういうものをですね再生産しでもしかたがないので。

私は私の身の丈でですね、できることを、やっていきたいと思います。

テレビとかネットとか、もともと縁遠い私にとっては、このラジオの番組のリスナーの皆さまが少しでも、心の癒しを感じていただけるような55分にするべく・・・

というわけで、新年度でございます(笑)

おかげさまでサンデーソングブック、27年半。
スポンサーも新しくなりまして、引き続きよろしくお願い申し上げます。

先週も申し上げましたけれども。
こういうところで、選曲がほんとに迷いますが。

そういうときには、もうなんかパッと思いついたところを並べていくのが、一番いいという。
これを称して「棚からひとつかみ」と申します。

山下達郎のレコード棚からアトランダムに、今日もいろいろお聴きいただきつつ。
皆さまからいただいた今週も、たくさんお便りをいただいております。

お便り紹介しつつ。
『棚からひとつかみ+リクエスト』
新年度、1434回目のサンデーソングブック。
今年度もですね、素敵なオールディーズ・ソングをお届けいたします。

どんな状況になりましても、私の番組は明るく、優しく、癒しでいければと、思っております。

本日も最高の選曲と最高の音質でお楽しみをいただきます山下達郎サンデーソングブック。
『棚からひとつかみ+リクエスト』でございます。

どんなに人間社会がいろいろありましても、自然は変わりなく春が迎えてきております。

神戸市のI.Hさん。

『この4月から息子Tが社会人生活をスタートいたします。
「さよなら夏の日」が好きで、よく歌っていた幼稚園児が社会人です。

今までの時間を振り返ると感慨深いものがあります。
コロナウィルスの影響で大学院の卒業式も入社式もなく、また神戸に帰ってくることもなく、東京から直接工場実習を行う東北へ旅立ちました。

何もないままというのも、どうかと思い、フェイスタイムを使って妻とともに旅立ちを祝い、社会人の先輩としての言葉を送りました。

約1年間、工場実習、販売実習を行ったあと、エンジニアとして職務をスタートさせる予定です。

思う存分挑戦をしてほしいと思っております。
達郎さんには成長の節々で暖かい言葉をかけていただき、ありがとうございます。
たいへん感謝しております。

1年後に関西に戻ってくる予定です。
昔のように、二人で達郎さんのライブに参加したいと思っております。』

すてきなお便りでございます。


宮城県気仙沼市のI.Mさん。

『尖って、丸さのかけらもなかった、失礼、若いころの達郎さんの毒舌を若い方に聞かせたいものですが、影響が大きい達郎さん、寸止めでお願いします。』

へへへ(笑)

洒落がありますね!

横浜市のE.Kさん。

『これだけ毎日先が見えない状況が続くと、明るい曲や、明るい話題のはがきにしてしまって、よいものか、悩んでします自分がいます。

それでも外に出れば、桜に目を奪われたり、春野菜に季節を感じたり、人間のあたふたさに左右されない自然のおおらかさ、ゆるぎなさに感動するこのごろ。

達郎さんもライブが延期や中止になっていますが、別の形で達郎さんが私たちに届けてください。
心待ちにしています。』


福井県敦賀市のU.Yさんは

『あちこちで外出規制、コロナ疲れなんて言葉を聞きます。
私はというと、出かけずに家にいることが苦痛じゃないので、食べ物さえあれば、いつまでも出かけずにいられると思います。

ラジコプレミアムを導入してからラジオを聴くのが、ますます大好きになりました。
この土日はたくさんギター弾きました。
ほんまに楽しいです。』


♪ 色・ホワイトブレンド/竹内まりや


~ CM ~


♪ ミシシッピー・クイーン/マウンテン

♪ Don't Worry Baby/The Beach Boys

♪ This Time/Jackie Trent


◎ 志村けんさん 

達郎氏:

先週、志村けんさんの話題をとり上げまして。

ヒゲダンスとですねテディ・ペンダーグラスかけましたら・・・

志村けんさん、お亡くなりになってしまいました。

誠に残念です。

戦後、日本の最高のコメディアンのおひと方でございます。

僕がなんで志村けんさん、好きかといいますと。
あの方は、絶対に文化人になろうとしなかった・・
一コメディアンとしての人生を全うされようと努力しましてですね。

だいたい芸人の方でも、いろんな方いらっしゃいますけども。

やっぱりこの、先生になっていく方
やっぱり文化人、知識人の道を歩む方

そういう方もいらっしゃる中でですね。
徹底して志村さんは、そういうことを拒否して生きられた方で。

僕は、それがほんとうに尊敬に値すると思いました。

心よりご冥福をお祈りします。

先週はテディ・ペンダーグラスねただったんですけれども。
今週もそうした志村さんの洋楽、リズム&ブルース好きのですね、一面が表れた作品を1曲おかけしようと思います。

1980年ですから、まぁ、ヒゲダンスと同じ時期ですけれども。
「早口ことば」というのがありまして、「ドリフの早口ことば」

みなさんよくご存じだと思いますけれども。

まずはドリフターズの「早口ことば」・・・
全員で交代でやっているんですけども、すごく長いので、一番頭の加藤茶さんの早口ことばと、一番最後の志村けんさんの担当で・・

これなぜか、志村けんさんだけですね、ケロケロ声でですね。
音声が上がっております。

早いから、舌が回らないので、正確さを期すので倍転でやったのかとか、いろんなあれがありますけれども。

伺っておけばよかったですね・・・

なんで志村さんだけがケロケロ声なのかという疑問が昔からありますけれども・・
ここで、その話題ではございません。
まずは、ドリフターズの1980年の「ドリフの早口ことば」


♪ ドリフの早口ことば/ザ・ドリフターズ

間に仲本工事さん、高木ブーさん入ってるんですけど、今日は志村さんの追悼なのでカットしてしまいました。
すいません。

このリズムの元がですねウィルソン・ピケットの1971年の全米ソウルチャート、ナンバーワン・ソング。ミリオンセラーとなりました。

♪ ドント・ノック・マイ・ラヴ(パート1)/ウィルソン・ピケット


この曲は、早口ことばのネタというよりは、リズムパターンがですね参考にしたという感じなので。

先週テディ・ペンダーグラスはリズムパターンが全く同じですので。


~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週は、また状況次第ですが。

このまま、状況がですね悪化して殺伐としてきましたら、またライブかなんかでお送りしようと思っております。

考えたら、昨日、今日がですね名古屋のクワトロでアコースティックライブやる予定だったんですけども。
やめになってしまいましたので。

アコースティックライブの音源を、なんか今月中はやってみようかな、なんて思っております。

で、このまま進みましたら、来週はウォーカーブラザース、スコットウォーカーの音源が結構たくさんありますので、それをやってみようかなぁと。

ほんとは、いろいろ企画、やってるんですけど。
ここんとこ、ずーっとアコースティックライブがやめになったりしてますのでですね。

珍盤・奇盤とかですね、用意しているんですけれども・・

もう、ほんとにすごいことになって、世の中殺伐としましたら、珍盤・奇盤でも、なんでもやってみようと思います。

そすと、また不謹慎だとか声があがりますが、関係ありませんので(笑)

笑い飛ばすしかないんです。
そういう時は。

あくまでこの番組は、オールディーズの番組で、このサンデーソングブックのリスナーの方のために、やってる番組ですのでですね。

このリスナーの方が、よろこんでいただける企画で、やってみたいと思っておりますので。

はやく、そうした普通の企画に戻りたいです(笑)
というのが本音でありますけれども。

まぁ、文句言ってもしょうがない。

ぐずぐず言ってもしょうがない。

前に進むしかないので。


♪ Take This Heart/David Cassidy

♪ アルバトロス/フリートウッド・マック



◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

来週は、そういう感じで。

情勢鑑みて、やりたいと思います。

今日の最後は、兵庫県加古川市のK.Hさん。

『先が見えない状況で世界中が混乱しております。

おっしゃるように、ここは敵も味方もなく日本で力をあわせて、この難局を乗り越えるしかないと考えます。

ライブ中止が相次ぐなかで1曲でも多く達郎さんの曲を拝聴したく、なにとぞお願いします。
1日も早く平穏な日々に戻りますように。

こんな時こそ、どこえも行かずに癒されるこの曲をリクエストします。』

今日は、ライブバージョンでお届けします。

2003年3月21日 東京FMホールで、これはアコースティックライブでございます。
サンデーソングブック10周年。

10周年より、もう17年もたってしまったんだ(笑)

すごい!

♪ ひととき (Live)/山下達郎

今週のオンエア曲

14:07 色・ホワイトブレンド/竹内まりや
14:12 ミシシッピー・クイーン/マウンテン
14:15 Don't Worry Baby/The Beach Boys
14:21 This Time/Jackie Trent
14:26 ドリフの早口ことば/ザ・ドリフターズ
14:29 ドント・ノック・マイ・ラヴ(パート1)/ウィルソン・ピケット
14:38 Take This Heart/David Cassidy
14:41 アルバトロス/フリートウッド・マック
14:45 ひととき (Live)/山下達郎






テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:山下達郎サンデーソングブック 
山下達郎さん サンデーソングブック 2020年03月29日『棚からひとつかみ+リクエスト』(#1433)

長崎市内は、3/29の日曜日は朝からよい天気になりました。
山桜が満開できれいですね。
今日のサンソン、選曲がすばらしい!

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。


◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ・・・
たいへんなことに、なって参りました。

東京は・・
この週末は、外出自粛、他県からの往来自粛、でございます。

もう全世界的に、だんだん大変なことになって参りましたので。
もうこりゃ、完全にですね、戦争状態だと、思います。

日本も、じわじわという感じでございますが。

スーパーマーケットから
納豆が消え・・
パスタが消え・・
肉が消え・・

スーパーマーケットの、あの行列を見ておりますと、今から75年前の敗戦後の買い出し列車の図を思い出します。

こうなったら、右往左往してジタバタしてもしょうがない!

何度で申し上げますけれども。

冷静に

落ち着いて

自分のできること、なすべきことを、致しましょう!

このあいだ、テレビで話しておられましたラグビーのアスリートの方のようにですね、「さぁ、みんなで助けあって試練を乗り切るぞ!」って、メディアの方はどうして、そういうことを言えないんですかね(笑)

ほんとに!

私の知り合いの飲食店のおやじはですね、もう、こうなったらしょうがない! とにかくがんばるだけだ、と。

今までもそうしてきたし、必死でがんばってダメだったら、自分がそれだけのもんだっただけだし・・

まぁ、悪口はやめて・・

「励まし」と
「寛容」と
「協調」に努めましょう!

オリンピックのドタバタに象徴されるごとくですね、すべての政治と利権で動くのが、今の世の中の常ですけれども。

この際、論争とか利害、対立、一度お休みして、休戦協定結んで、今この世界が危機的状況、および我が国の状況に対して何ができるのか!

皆で力を合わせて考えて行動しなければ!

そう思います。

また、医療関係者の方々のご努力に、もうただただ期待するしかありません。

人類の歴史上では、いろんな疫病が発生してまいりました。
何度となく発生してまいりましたけれども。

その都度、制圧してきました。

今回も必ず乗り越えられると、私は信じています。

私自身は、私のスタッフとかミュージシャンの、そうしたケアを考えつつですね、がんばっていきたいと思います。

みなさんと共に、がんばって参りましょう!

このようなことを申し上げておりましたら、9年前の大震災のときに、同じようなことを言ってるのを思い出しました。

こういう場合の重要要素は、
「寛容」と
「臨機応変」と、それから
「専門家への委託」

と、あのときも申し上げておりました。

みんなで、がんばって参りましょう!


こういうときに、番組、どういう番組にするか、むずかしいんですよね(笑)
選曲をどうするか!

大変なんで。

でも、いろいろと世情はありますけれども。
年度末でございます。

3月29日

昨日は、めちゃくちゃ暑かったんですが、今日は、なんか寒いという。

録音なので正確なこと申し上げられませんけども。
なんか不順な天候でございますけれども。

それでも、年度末でございます。

ので、今週、来週あたりですね、『棚からひとつかみ+リクエスト』
リクエストカード、この間たくさん頂いておりますけれど。
なかなかお応えすること、できません。

また、この状態続いてまいりますとですね・・・

またサンソンのリスナーの方のためにですね、自分のライブ音源で構成してお届けしようかなと思っておりますけれども。

とりあえず年度末でございます。
今日は『棚からひとつかみ+リクエスト』

なるべく、今の世情にかんがみて、優しい感じで!
あとは明るい感じ!

日曜日の午後のひと時、山下達郎サンデーソングブック
本日も素敵なオールディーズ・ソングでお楽しみをいただきたいと思います。

本日も最高の選曲、最高の音質でお届けをいたします山下達郎サンデーソングブック。
『棚からひとつかみ+リクエスト』

山下達郎のレコード棚からアトランダムに。
プラス皆さまのリクエストカードにお応えしまして。


この季節になりますとリクエストいただきますのは、竹内まりやさんの「明日の私」

地方から上京して就職にくる女の子の歌でございますけれども。

今年は、就職もこういうウィルス騒ぎで、いろいろと大変でございますけれども。
それに負けないで、がんばってください!


♪ 明日の私//竹内まりや

~ CM ~

♪ Wait Til' My Bobby Gets Home/Darlene Love

◎ リスナーからのお便り(埼玉県秩父市の男性の方) 

『今回の新型コロナウィルスの件で、音楽がこんなに癒されるなんて、思いませんでした。
「明るい山下達郎」そして「少し明るい山下達郎」
うれしくて元気でました。

人生、数回の入院をして、いかに普通の生活をして幸せなことか実感していますが、今回は萎えていました。

ツアーポスターを飾っていますが、後光がさした気がしました。
まだ終息は見えませんが、好きな音楽とおいしい食事、冷静な判断と行動したいです。

達郎さんとドゥーワップの曲、なごみます。
西武線の終点、埼玉の秩父より。』

達郎氏:

ありがとうございます!
がんばっていきましょう!


♪Graduation Day/The Beach Boys


◎ リスナーからのお便り(宮崎市のT.Mさん) 

『先日スーパーに買い物に行ったときに、新玉ねぎが並んでいましたので購入し、さっそく夕食の一品に。

薄くスライスして削り節にポン酢を少々。
シャキシャキっとした歯ごたえで、甘く、とってもおいしかったです。

いろいろありますが、季節はちゃんと春を迎えているんですね。

旬のものをいただき、そしてよく笑い、達郎さんの音楽とサンデーソングブック。
これでウィルスなんかに負けません。

達郎さんは、何か春の旬の食材は召し上がりましたでしょうか。
それでは、また。』

達郎氏:

旬の食材・・

ホタルイカ
たけのこ

ホタルイカは北陸行かなきゃ、旨くねぇとかいわれてですね・・
すいませんとか・・そういうあれですね。
そういう頑固な店のおやじが、おありますですね。


♪ First Rose Of Spring/Willie Nelson


◎ リスナーからのお便り(川崎市のN.Tさん) 

『コロナウィルスの影響で、みなさん毎日窮屈に感じていることと思います。

私も仕事がやりにくかったり、不便に思うことは数々ありますが、時差勤務のため帰宅が早くなり、普段は独身寮で生活している長女もテレワーク中で自宅に戻ってきているので、家族全員で夕食の食卓を囲むことができるという、思いがけないうれしいこともあります。

こういった小さな幸せを支えに、あと数か月と信じたい・・を乗り切っていきたいと思います。』

達郎氏:

前向きなお便りでございます。
ありがとうございます。


◎ 志村けんさん 

達郎氏:

報道によりますと、志村けんさんがコロナにかかって入院されているという情報が流れてまいっております。

志村けんさんは、私、あの・・ちょっとだけでも知己を得ております。

志村けんさんは、私が一番好きなコメディアンの方で、あります。

25年くらい前はですね、飲み屋が同じで、よく話させていただきまして。
対談もさせて頂いたこともあります。

くれぐれも、陰ながらですけれども、お大事に・・回復をお待ち申し上げております。

志村けんの応援で1曲。
志村けんさんといえば、全員集合でですね「ヒゲダンス」という大ヒットしたネタが、ございますけれども。

このときに演奏されておりました「ヒゲのテーマ」という。
これは、たかしまあきひこさん・・全員集合の音楽を担当されていた方ですけれども・・

この方がレコード化しまして。
エレクトリック・シェーバーズ  80年にレコード化しましたけれども。

実はこれは、それの1年前、79年にテディ・ペンダーグラスのアルバムで「Do Me」という曲がありますけれども。
これのカバーでありますね。

ここのインスト部分を「ヒゲダンス」のダンスミュージックとして使ったというものなので。
まずは、「ヒゲのテーマ」

♪ ヒゲのテーマ/たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ

それでは、オリジナルバージョン

♪ Do Me/Teddy Pendergrass

テディ・ペンダーグラス 1979年の「Do Me」でございました。

今はR&Bブームでですね、この曲ももてはやされておりますけれども。
当時は、日本版テディ・ペンダーグラスのアルバム、700枚しか売れませんでした(笑)

時代は変わるものでございます。

志村さん、ご快癒心よりお祈り申し上げております。
「志村魂」さんざん観させていただきましたが、また拝見させてください。




~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

今日で年度が終わりまして、来週から新年度が始まります。
たいへんな新年度になりましたけれども。

番組は引き続き、続行でございます。

27年半でございますが。

引き続き、おたより、リクエスト、たくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係


なんか、ハガキから・・送ると・・なんか感染するんじゃないかみたいな、そういうのが・・
ありません!!
そんなのは。

大丈夫です。
安心してお送りください。


◎ 名古屋 CLUB QUATTRO 

達郎氏:
 
今週末、4月4日、5日に開催予定しておりました名古屋 CLUB QUATTROでの、私、山下達郎 Acoustic Liveでございますけれども。

ウィルスの感染が拡大している状況を鑑みまして、公演中止を決定させていただきました。

チケット受付後の中止決定となりましたので、お申込みいただいておりました抽選受付につきましては、誠に申し訳ございませんけれどもキャンセルとさせていただきます。

チケット受付ご応募くださった皆様、ライブ楽しみにしてくださっていた皆さま、たいへん申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

とにかく、私だけじゃなくてですね、全国こういう状況でございますので。
もっと・・ドームが中止になるとか、そういう方はもうほんとに、たいへんであります。

なにとぞ、ご理解いただきたいと思います。

今のところ、中止と申し上げておりますけれども、できれば延期の準備をしたいと思うんですけれども。
今、延期先の時期をいつごろに設定するか、いつになれば安全にライブを行えるかという、そういう状況が誰もわからないので。

今は中止とさせていただいておりますけれども、落ち着いてまいりましたら、名古屋 CLUB QUATTRO あらためて、やってみたいと思っておりますので、引き続き、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまも、くれぐれもお大事に。



◎ 誇らしく感じる今日この頃・・ 

達郎氏:

番組の冒頭にも申し上げましたけれども。

こんなことろで何かを言ってですね、どうなるものでもないんですけれども。
それでも、まぁ、私、この番組が発信場でございますので。
申すべきところは、申し上げたいと思っておりますが。

ただ、私のこの番組はですね、リスナーのみなさん、ほんとに洒落があります。

お便りが前向きですし。
トゲトゲした方は、ひとりもおりません。

音楽の同行の絆っていうのは、かくも強いものかっていうですね。

こういう時に、ほんとに強く感じます。

誠に私はですね、自分の私の番組のリスナーの方々が、誇らしく感じる今日この頃でございます。


◎ 洒落が通じない・・ 

達郎氏:

とにかく、今の世の中ですね、私が一番怖いと思うのは、洒落が通じない!

西暦2000年ごろでしたら、この番組でレコード会社の役員の悪口とか言ってましたけど、それでも洒落で済んでたんですけど。

ところが、今はそうじゃない!

何かというとですね、片言隻句とらまえて、切り取り強盗よろしくネットでさらされまして。

すると、どこからかですね、怪しげな恫喝が飛んでくるんですね。

別にそんもん、少しもビビりませんけれども。
まるで、近くのどこかの独裁国家のようでですね・・

まったくおかしな世の中だと思います。

ネットの罪と申しましょうか・・・
そういうようなのが、ありますけれども。

でも、申し上げることは申し上げたいと思っておりますが。

私の東京的なものの言い方が、なんか「辛口だ」とかですね、「きつい」とかですね、おっしゃる方もいらっしゃいますけれども。

こんなの全然!
まだ控えめで、控えめでしゃべってるんです。

本気になったら、こんなもんじゃありません!
やめましょう(笑)
っへへへ(笑)


♪ 春来たりなば/スコット・ウォーカー


◎エンディング 

達郎氏:

というわけで、今日はこのへんで。
来週から新年度でございますが。

来週も『棚つかプラスリクエスト』の感じで、いってみたいと思います。

状況がわかりませんので、もなるべく直近で・・収録しております。

長野市のT.Mさん。

『この番組でレコードやCDの収納についての質問が時々ありますが、疑問に思ったことがあります。

達郎さんはCDの8cmシングルは何枚くらい所有しているのでしょうか。
それは、どのように保存しているのですか。

半分に折って・・またはそのまま。
専用の収納ケースなどあるのでしょうか』

そんなこと聞いてどうすんだ(笑)

CDの棚に横にしてですね、少しはみ出ますが。
でも、そんなにはありませんね。

CDシングルは好きじゃなかったんで。
音悪いし・・

そんな、こと言ってましたら、姫路市のA.Mさん。

『初めて買ったCDは「マジで恋する5秒前」なのですが、細長いCDで8cmCDであってますか?

最近というか8センチCD、どうしてなくなったんですか。
いまさらながら、とても気になって。
達郎さんに聞いたら、納得のいく答えがいただけそうで質問しました。』

いろいろ理由はりますが。

レコード店で陳列しにくいというか、そういうのとかですね。

あとはハードですね。
CDプレイヤーで8センチをかけるシステムがですね、くぼみを入れるとか、アダプターでかけるとか、そういうのが不便だと。

あと、当時のカーステレオでかけられなかったという。

そういうもので、だんだん8センチシングルっていうのが、衰えて12センチに統一されていったという・・CDシングルってやつですね。

マキシシングルってやつですね。
諸説ありますが、そんな感じです。


世田谷区のT.Hさん。
毎週毎週 律儀にいただきますが。

『あいかわらずテレワーク中心の仕事が続いておりますが。
満員電車の通勤がないと、こんなにもストレスがないのかと、とても新鮮な驚きがありました。

社会人になって、もうまもなく36年目に突入しますが、ほぼ毎日、満員の電車に揺られて通勤していましたので、なんとも言えずうれしい。

せっかくできた時間なので、無駄にせず大切につかおうかと思います。

友人からのメールで新型コロナと聞くと、昔のトヨタの車を思い出すとの内容に、くすっと笑ってしまいました。

今は、逆境を笑いに変えることも必要ですね。
リクエストは、まりやさんの「明日の私」をお願いします。
お体にお気を付けください。』

洒落があるお便りでございます。

というわけで今日の最後は、おなじみ「蒼氓」

♪ 蒼氓/山下達郎


今週のオンエア曲

14:05 明日の私//竹内まりや
14:11 Wait Til' My Bobby Gets Home/Darlene Love
14:17 Graduation Day/The Beach Boys
14:21 First Rose Of Spring/Willie Nelson
14:27 ヒゲのテーマ/たかしまあきひこ&エレクトリック・シェーバーズ
14:28 Do Me/Teddy Pendergrass
14:38 春来たりなば/スコット・ウォーカー
14:44 蒼氓/山下達郎







テーマ : FMラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2020 未来の自分が振り返る all rights reserved.Powered by FC2ブログ